家族カウンセラーの想いつれづれ
    「母を棄ててもいいですか?-支配する母親、縛られる娘-」

    発売早々ですが、カウンセリング中にすでに数名から反響がありました。
    少しずつ私も読み進めていますが、皆さん早いのでびっくりです。


    ・熊谷早智子さんの言葉(友人に理解を求めても無理)に納得する

    ・怖くてなかなかよめない

    ・ああ、母もそうだ

    ・「愛情をもらえない」以前かもしれない

    ・怖いんだって改めて自分の感情を実感した

    ・etc


    Amazon:母を棄ててもいいですか? 支配する母親、縛られる娘 (こころライブラリー) [単行本(ソフト カバー)]

    カスタマーレビュー
    があります。

    この本で感じたことを、ぜひ書かれるといいなと思います。

    ・さらに沢山の方に読んでいただける。
    ・「ひとりじゃない」という間接的な繋がりが心の中に生まれる。

    このふたつの理由で、書くことをお勧めします。



    ハラスメント界をほぼ脱するまで最低でも数年かかると感じています。(その後も自分次第ですぐに戻れてしまう。)
    そこと関わっている間に繋がる相手は、ハラッサーやハラッシーが圧倒的に多いです。

    よく似た仲間を見つけたはずが、気がついたら比較や嫉妬や批判や苦しい束縛の関係になっていた・・・

    いつのまにか上から発言している自分・・・

    いつのまにか、受け皿になってしまっている自分・・・

    相手は無自覚なハラッシーやハラッサーだった・・・

    良い悪いと指摘したりされていたり・・・



    繋がることがこれほど難しいなんて・・・

    いえいえ、そこでハラスメントを感じたら離れていいのです。
    最低限の関わりで立ち去ることが出来たら、そんな苦しいこともありません。

    はじめはとてつもない勇気が必要だと感じるかもしれません。

    しかし想像してみてください。

    人からどう思われるとか、罪悪感とか、それらを誰が引き受けているでしょう。

    誰もいません。

    自分の中で抱えていることです。

    自分の抱えているものをじっくり向き合って手放してゆきます。





    ハラスメント界が消えるわけではありません。

    相変わらず存在しています。

    混在している中で、繋がる相手が自律した人になってゆくだけです。

    心がハラスメント界にある限りは、必ずハラッサーかハラッシーと出会ってしまいます。

    同じその人でも、こちらの心のありようでハラッサーじゃない部分と接することは出来ます。

    相手にハラッシーを感じても、引き受けさせないでいればいいのです。

    それでも、うっかりということがあります。

    その時は、相手のせいじゃないことを知っていられたらそれで十分な気付きになります。




    この本の中にも、とんでもモラハラな母親が書かれています。

    「棄てる」という厳しい言葉ですが、それくらいの決意が必要なのです。

    あらゆるモラハラな関係者は、棄てる覚悟を強く持って離れることから自分の人生が始まります。

    ためらいは無用です。

    依存しながらモラハラをする悪魔のような人物は、自分自身を全く悪いと思いません。

    反省しません。

    自分にも非があったと口先だけで言いながら、誰かを加害者にしたてます。

    常に自分は被害者だと訴えます。

    被害者だった側面が過去にあったとしても、今では立派な加害者です。

    人を陥れ、人間関係を破壊し、疑心暗鬼を撒き散らし、まことしやかな嘘をつく。

    そして、被害者を装うのだから騙されることもあるでしょう。

    彼らは満足することを知りません。

    足りない、足りない、と文句ばかり言います。

    ここまでわかったら、もうどんな理由もいりません。

    離れるしかないと決意することです。

    たとえどんな関係でも。


    たとえ、どんな関係でも!です。


    この本に共感された方は、見えないところで繋がっています。
    関連記事


    追記を閉じる▲
    Amazon:母を棄ててもいいですか? 支配する母親、縛られる娘 (こころライブラリー) [単行本(ソフト カバー)]

    カスタマーレビュー
    があります。

    この本で感じたことを、ぜひ書かれるといいなと思います。

    ・さらに沢山の方に読んでいただける。
    ・「ひとりじゃない」という間接的な繋がりが心の中に生まれる。

    このふたつの理由で、書くことをお勧めします。



    ハラスメント界をほぼ脱するまで最低でも数年かかると感じています。(その後も自分次第ですぐに戻れてしまう。)
    そこと関わっている間に繋がる相手は、ハラッサーやハラッシーが圧倒的に多いです。

    よく似た仲間を見つけたはずが、気がついたら比較や嫉妬や批判や苦しい束縛の関係になっていた・・・

    いつのまにか上から発言している自分・・・

    いつのまにか、受け皿になってしまっている自分・・・

    相手は無自覚なハラッシーやハラッサーだった・・・

    良い悪いと指摘したりされていたり・・・



    繋がることがこれほど難しいなんて・・・

    いえいえ、そこでハラスメントを感じたら離れていいのです。
    最低限の関わりで立ち去ることが出来たら、そんな苦しいこともありません。

    はじめはとてつもない勇気が必要だと感じるかもしれません。

    しかし想像してみてください。

    人からどう思われるとか、罪悪感とか、それらを誰が引き受けているでしょう。

    誰もいません。

    自分の中で抱えていることです。

    自分の抱えているものをじっくり向き合って手放してゆきます。





    ハラスメント界が消えるわけではありません。

    相変わらず存在しています。

    混在している中で、繋がる相手が自律した人になってゆくだけです。

    心がハラスメント界にある限りは、必ずハラッサーかハラッシーと出会ってしまいます。

    同じその人でも、こちらの心のありようでハラッサーじゃない部分と接することは出来ます。

    相手にハラッシーを感じても、引き受けさせないでいればいいのです。

    それでも、うっかりということがあります。

    その時は、相手のせいじゃないことを知っていられたらそれで十分な気付きになります。




    この本の中にも、とんでもモラハラな母親が書かれています。

    「棄てる」という厳しい言葉ですが、それくらいの決意が必要なのです。

    あらゆるモラハラな関係者は、棄てる覚悟を強く持って離れることから自分の人生が始まります。

    ためらいは無用です。

    依存しながらモラハラをする悪魔のような人物は、自分自身を全く悪いと思いません。

    反省しません。

    自分にも非があったと口先だけで言いながら、誰かを加害者にしたてます。

    常に自分は被害者だと訴えます。

    被害者だった側面が過去にあったとしても、今では立派な加害者です。

    人を陥れ、人間関係を破壊し、疑心暗鬼を撒き散らし、まことしやかな嘘をつく。

    そして、被害者を装うのだから騙されることもあるでしょう。

    彼らは満足することを知りません。

    足りない、足りない、と文句ばかり言います。

    ここまでわかったら、もうどんな理由もいりません。

    離れるしかないと決意することです。

    たとえどんな関係でも。


    たとえ、どんな関係でも!です。


    この本に共感された方は、見えないところで繋がっています。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/12/07 08:04】 | ハラスメント
    【タグ】 ハラッシー  ハラッサー  モラ母    
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック