家族カウンセラーの想いつれづれ
    存在不安が強い人の家の結界 7本殿―5,面的に覆うもの(カーテン、暖簾)

    で、思い出したことがあります。


    昔、夫は音と光があると眠れませんでした。

    朝日に目が覚めちゃうのでなんとかならんものかと、黒地のカーテンをつけたことがありました。




    私は外の明るさを感じながら起きるのが心地いいので、逆に朝起きれるかなと思いました。

    まぁ、当時は目覚まし時計が OKだったので大丈夫でしたが・・・。

    目覚まし時計が壊れた時に「音が煩いから」と言うので止めましたっけ。

    そこで私は腕時計の小さい目覚まし音で起きていました。

    おしゃれな腕時計じゃなくて実用的で目覚まし機能があるのを選んでいました。

    そうそう、思い出した!すぐに止められるように腕時計をして寝てたんだ。

    腕時計を探している間に、夫が起きてしまう・・・って。

    新婚でもらった壁掛け時計が壊れて買い換えようとしたら「いらない」と夫。

    時間に(しろなんにしろ)【束縛される】のが夫は嫌だったんだろうなぁ。

    私にしたら自分の腕時計が頼りだったんだなぁ〜。

    腕時計の謎も解けたわ。(。-_-。)






    さて、黒いカーテンです。

    昼間は開けているのでそう気になりませんが、夜は明かりをつけてカーテンをします。

    それがまた、大きな窓を覆うから好きになれませんでした。

    閉じ込められているようで嫌でした。

    多分夫もそうだったのでしょう。

    まもなく明るい色の遮光カーテンを買い、黒いカーテンは、眠るだけの北側の部屋につけました。






    これが子どもたちの「おばけのちーちー」という遊びに使われました。

    独立した北の部屋なのでカーテンをすると相当暗くなります。

    大人は中に入れてくれないのですが、愉快な笑い声が聞こえてきます。

    後から「何やってたのぉ?」と聞いても、「ふふふ」「内緒」って。

    「おばけのちーちー」はたっちゃんと娘しかわかりません。

    たっちゃんが来ると「おばけのちーちーしよう!」

    「うん!ママ、ペン貸して。」


    ある日、たっちゃんのママとこっそり覗いてみました。

    たっちゃんのママは子どもに口出ししないで見守る、とても気楽なママ友だちです。

    真面目な私たちは勇気を出して「見ないでね」という禁を犯したのですが・・・

    ふたりはお絵描き帳にいろんな蛍光ペンで紙に線を描いては「おばけのちーちー」と言って大笑い。

    その繰り返し。

    たっちゃんのママと首を傾げながらそーっと襖を閉めて居間に戻りました。

    なんだかわからないけどあんまり楽しそうに笑うので居間で“もらい笑い”します。

    親が見た事がわかって興ざめして止めちゃったらつまんないので、見たことは内緒にしました。

    「わっ!」とか脅かす気も満々だったけど、あの世界を壊したくなかったのです。


    転勤して何年も経ってから

    「おばけのちーちーって覚えてる?」と聞くと

    「覚えてる!楽しかったもん。」

    「ママたちでこっそり覗いて首傾げてたんだけど何か物語があったの?」と聞くと

    「ないない!なんであんなに楽しかったのかわかんないけど、たっちゃんとだから楽しかったんだと思うよー。」

    ですって。

    社宅の大親友たっちゃんと空想の世界でわかちあった楽しさ面白さなのね〜。






    たっちゃんのお引越しで「おばけのちーちー」遊びがなくなって、黒いカーテンも役目を終えました。

    色という色を遊びまくる子どもたちのパワーは頼もしいです。

    ちゃんちゃん♪






    ----------------------------------------------------------

    カウンセリング受付

    中尾相談室の方針
    関連記事


    追記を閉じる▲



    私は外の明るさを感じながら起きるのが心地いいので、逆に朝起きれるかなと思いました。

    まぁ、当時は目覚まし時計が OKだったので大丈夫でしたが・・・。

    目覚まし時計が壊れた時に「音が煩いから」と言うので止めましたっけ。

    そこで私は腕時計の小さい目覚まし音で起きていました。

    おしゃれな腕時計じゃなくて実用的で目覚まし機能があるのを選んでいました。

    そうそう、思い出した!すぐに止められるように腕時計をして寝てたんだ。

    腕時計を探している間に、夫が起きてしまう・・・って。

    新婚でもらった壁掛け時計が壊れて買い換えようとしたら「いらない」と夫。

    時間に(しろなんにしろ)【束縛される】のが夫は嫌だったんだろうなぁ。

    私にしたら自分の腕時計が頼りだったんだなぁ〜。

    腕時計の謎も解けたわ。(。-_-。)






    さて、黒いカーテンです。

    昼間は開けているのでそう気になりませんが、夜は明かりをつけてカーテンをします。

    それがまた、大きな窓を覆うから好きになれませんでした。

    閉じ込められているようで嫌でした。

    多分夫もそうだったのでしょう。

    まもなく明るい色の遮光カーテンを買い、黒いカーテンは、眠るだけの北側の部屋につけました。






    これが子どもたちの「おばけのちーちー」という遊びに使われました。

    独立した北の部屋なのでカーテンをすると相当暗くなります。

    大人は中に入れてくれないのですが、愉快な笑い声が聞こえてきます。

    後から「何やってたのぉ?」と聞いても、「ふふふ」「内緒」って。

    「おばけのちーちー」はたっちゃんと娘しかわかりません。

    たっちゃんが来ると「おばけのちーちーしよう!」

    「うん!ママ、ペン貸して。」


    ある日、たっちゃんのママとこっそり覗いてみました。

    たっちゃんのママは子どもに口出ししないで見守る、とても気楽なママ友だちです。

    真面目な私たちは勇気を出して「見ないでね」という禁を犯したのですが・・・

    ふたりはお絵描き帳にいろんな蛍光ペンで紙に線を描いては「おばけのちーちー」と言って大笑い。

    その繰り返し。

    たっちゃんのママと首を傾げながらそーっと襖を閉めて居間に戻りました。

    なんだかわからないけどあんまり楽しそうに笑うので居間で“もらい笑い”します。

    親が見た事がわかって興ざめして止めちゃったらつまんないので、見たことは内緒にしました。

    「わっ!」とか脅かす気も満々だったけど、あの世界を壊したくなかったのです。


    転勤して何年も経ってから

    「おばけのちーちーって覚えてる?」と聞くと

    「覚えてる!楽しかったもん。」

    「ママたちでこっそり覗いて首傾げてたんだけど何か物語があったの?」と聞くと

    「ないない!なんであんなに楽しかったのかわかんないけど、たっちゃんとだから楽しかったんだと思うよー。」

    ですって。

    社宅の大親友たっちゃんと空想の世界でわかちあった楽しさ面白さなのね〜。






    たっちゃんのお引越しで「おばけのちーちー」遊びがなくなって、黒いカーテンも役目を終えました。

    色という色を遊びまくる子どもたちのパワーは頼もしいです。

    ちゃんちゃん♪






    ----------------------------------------------------------

    カウンセリング受付

    中尾相談室の方針
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/11/25 15:10】 |
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック