家族カウンセラーの想いつれづれ
    首都圏壊滅の危機感 菅前首相に聞く,2011年9月6日 07時09分

    私もほぼそんな感じじゃないかなーと思うことが書かれてありました。
    東京新聞なので記事の削除をされることはないと思いますが、産○や色々な記事が紹介されてすぐに削除されるのも見てきていますから、一応全文載せます。
    ______________


    2日に退任した菅直人前首相が5日、本紙の単独インタビューに応じ、東京電力福島第一原発の事故発生当初に原子炉の状態が把握できず、水素爆発が相次ぐ中で「東京に人っ子一人いなくなるような事故に拡大するかもしれない」と、首都圏壊滅の危機感を持ったことを明らかにした。事故の体験から「日本の技術なら大丈夫」との考えが変わり、7月の「脱原発依存」宣言につながった。


     菅前首相は、事故四日後の三月十五日に東電本店に乗り込んだ理由を「午前三時ごろ、海江田万里経済産業相(当時)から『東電が第一原発から撤退の意向を示している』と言われた」ためと明言。「(第一と第二で)十基の原発と十一個の核燃料プールを放置したら、何時間か何十時間の間に原子炉とプールの水は空になり、どんどんメルトダウン(炉心溶融)する」との危機感から、本店に政府と東電の対策統合本部を設けたと述べた。


     その上で「撤退したら今ごろ、東京に人っ子一人いなくなっていたかもしれない。まさに日本が国家として成り立つかどうかの瀬戸際だった。(旧ソ連)チェルノブイリ事故の何倍、何十倍の放射性物質が出ていたかもしれない」と説明。こうした体験から「日本の技術なら大丈夫」との考えを改め、原発に依存しない社会を目指そうと思ったという。


     五月六日に中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の運転停止を要請した理由は「東海地震が発生する確率が非常に高いとの研究結果があり、事故が起きたら完全に東京と大阪の間が遮断されて、日本の経済、社会に極めて大きな影響を及ぼすから」と話した。


     九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働目前に新たな安全検査の導入を決めた理由は「(経産省原子力安全・)保安院は、私の知らないところで、保安院だけで再稼働を判断する従来のやり方を取ろうとした。それでは国民の理解を得られないと言った」と述べ、経産省の対応を批判した。太陽光などの再生可能エネルギーについては「産業的にも可能性があるが、電力業界と経産省が三十年前から抑え込んできた。それをどう突破するか。私も頑張ってやろうと思う」と述べた。


     高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の運転再開や核燃料サイクルは「技術的に極めて難しい。根本的に再検討する時期にある」との見方を示した。

    (東京新聞)




    菅さんが、防護服も着ないで乗り込んだと国会でも責められ続けたことを思い出します。
    「国の代表がそんな無防備なことをしてどうするんだ!」というようなことを何度も繰り返されていました。
    重箱の隅をつつくようなくだらない国会は、小学校の学級会より酷いと感じてしまいます。


    管さんが、東電社員を怒鳴ったと批判記事があったのは、初期の頃でした。
    事故を放り投げて撤退しようとしていた、いや、実際幹部は撤退していたという話もあります。
    この無責任さを怒るのは当たり前じゃないでしょうか。
    撤退して放置してどれだけの放射能を撒き散らすことになったかと思うとぞっとします。


    菅さんが関東から人がいなくなるかもしれない、と発言したことも一部で流れていましたが、こういうことだったのですね。


    なぜ他じゃなく浜岡を止めた?という批判記事も見かけましたが、私が住んでいた静岡の町では9/1に町をあげて避難訓練をしました。炊き出し、救急手当て、消防隊出動、実際のホースはとても重たいのでしらないで扱うと大怪我につながります。いつ来てもおかしくない地震、富士山の爆発、を皆さんが意識していました。
    そこにある原発を止めて欲しいという運動は危機感の歴史があるのです。
    そこに応えてくれたことは心から嬉しいことでした。


    管さんの言葉より
    ____

    九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働目前に新たな安全検査の導入を決めた理由は「(経産省原子力安全・)保安院は、私の知らないところで、保安院だけで再稼働を判断する従来のやり方を取ろうとした。それでは国民の理解を得られないと言った。」と述べ、経産省の対応を批判した。
    太陽光などの再生可能エネルギーについては「産業的にも可能性があるが、電力業界と経産省が三十年前から抑え込んできた。それをどう突破するか。私も頑張ってやろうと思う」と述べた。
    ____

    突然のストレステストで批判を受けていましたが、潰されるわけにいかないことだったから、なんと批判されようと国の代表として表に出る言葉にしたかったのではないでしょうか。



    そして早速菅さんを潰すような動きが出ています。
    元の福島県知事の佐藤さん(今の佐藤知事は県民のことを案じているとは思えません)のように、また他の議員さんたちのように重箱の隅をつついてほじくって、私たち国民ががっかりするようなことを流すのでしょう。

    私たちの弱さは「お金」でしょう。

    だれそれが献金を受けていたとか聴くと、たちまちこれまでの成功も地に落とす勢いで攻撃します。
    ひとつひとつ丁寧にみてゆきたいと思います。

    電気代が安い原発の嘘。実際は税金がたくさん使われていること、電気代としてじゃなく原発誘致のために莫大なお金が使われていることを忘れないでいたい。

    【電気料金も高くする、なぜならば火力にお金がかかるから。原発を動かしたら値下げする。】という動きになっているそうです。
    電気代が高くなるのは困る、どうせ動いているなら使ったっていいじゃないか、という思考に向かうよいになっています。
    廃炉にするにもお金も時間もかかりますから、動いている間はお金を稼いで欲しいのでしょう。
    それでは、意味がないんです。
    はっきりとしたビジョンで【廃止】と決めないと、人は弱いものです。
    決意がないと、迷いも多くなります。


    原子力の科学はまだまだ必要でしょう。
    原子力を選んだけど、こんなことになって就職とかどうなるんだろうという声もあるようですが、科学は夢があると思うのです。(人間の驕りが問題なのではないでしょうか。)
    技術が進んで、何十年何百年いやもっとと言われている廃炉への期間が、少しでも短くなったら素晴らしいではないでしょうか。

    「人間が作り出したものだから、人間が除染出来ないと思わない。」でしたか。
    児玉教授の言葉は、こういうことだったのではないかと思っています。

    関連記事


    追記を閉じる▲

    2日に退任した菅直人前首相が5日、本紙の単独インタビューに応じ、東京電力福島第一原発の事故発生当初に原子炉の状態が把握できず、水素爆発が相次ぐ中で「東京に人っ子一人いなくなるような事故に拡大するかもしれない」と、首都圏壊滅の危機感を持ったことを明らかにした。事故の体験から「日本の技術なら大丈夫」との考えが変わり、7月の「脱原発依存」宣言につながった。


     菅前首相は、事故四日後の三月十五日に東電本店に乗り込んだ理由を「午前三時ごろ、海江田万里経済産業相(当時)から『東電が第一原発から撤退の意向を示している』と言われた」ためと明言。「(第一と第二で)十基の原発と十一個の核燃料プールを放置したら、何時間か何十時間の間に原子炉とプールの水は空になり、どんどんメルトダウン(炉心溶融)する」との危機感から、本店に政府と東電の対策統合本部を設けたと述べた。


     その上で「撤退したら今ごろ、東京に人っ子一人いなくなっていたかもしれない。まさに日本が国家として成り立つかどうかの瀬戸際だった。(旧ソ連)チェルノブイリ事故の何倍、何十倍の放射性物質が出ていたかもしれない」と説明。こうした体験から「日本の技術なら大丈夫」との考えを改め、原発に依存しない社会を目指そうと思ったという。


     五月六日に中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の運転停止を要請した理由は「東海地震が発生する確率が非常に高いとの研究結果があり、事故が起きたら完全に東京と大阪の間が遮断されて、日本の経済、社会に極めて大きな影響を及ぼすから」と話した。


     九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働目前に新たな安全検査の導入を決めた理由は「(経産省原子力安全・)保安院は、私の知らないところで、保安院だけで再稼働を判断する従来のやり方を取ろうとした。それでは国民の理解を得られないと言った」と述べ、経産省の対応を批判した。太陽光などの再生可能エネルギーについては「産業的にも可能性があるが、電力業界と経産省が三十年前から抑え込んできた。それをどう突破するか。私も頑張ってやろうと思う」と述べた。


     高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の運転再開や核燃料サイクルは「技術的に極めて難しい。根本的に再検討する時期にある」との見方を示した。

    (東京新聞)




    菅さんが、防護服も着ないで乗り込んだと国会でも責められ続けたことを思い出します。
    「国の代表がそんな無防備なことをしてどうするんだ!」というようなことを何度も繰り返されていました。
    重箱の隅をつつくようなくだらない国会は、小学校の学級会より酷いと感じてしまいます。


    管さんが、東電社員を怒鳴ったと批判記事があったのは、初期の頃でした。
    事故を放り投げて撤退しようとしていた、いや、実際幹部は撤退していたという話もあります。
    この無責任さを怒るのは当たり前じゃないでしょうか。
    撤退して放置してどれだけの放射能を撒き散らすことになったかと思うとぞっとします。


    菅さんが関東から人がいなくなるかもしれない、と発言したことも一部で流れていましたが、こういうことだったのですね。


    なぜ他じゃなく浜岡を止めた?という批判記事も見かけましたが、私が住んでいた静岡の町では9/1に町をあげて避難訓練をしました。炊き出し、救急手当て、消防隊出動、実際のホースはとても重たいのでしらないで扱うと大怪我につながります。いつ来てもおかしくない地震、富士山の爆発、を皆さんが意識していました。
    そこにある原発を止めて欲しいという運動は危機感の歴史があるのです。
    そこに応えてくれたことは心から嬉しいことでした。


    管さんの言葉より
    ____

    九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働目前に新たな安全検査の導入を決めた理由は「(経産省原子力安全・)保安院は、私の知らないところで、保安院だけで再稼働を判断する従来のやり方を取ろうとした。それでは国民の理解を得られないと言った。」と述べ、経産省の対応を批判した。
    太陽光などの再生可能エネルギーについては「産業的にも可能性があるが、電力業界と経産省が三十年前から抑え込んできた。それをどう突破するか。私も頑張ってやろうと思う」と述べた。
    ____

    突然のストレステストで批判を受けていましたが、潰されるわけにいかないことだったから、なんと批判されようと国の代表として表に出る言葉にしたかったのではないでしょうか。



    そして早速菅さんを潰すような動きが出ています。
    元の福島県知事の佐藤さん(今の佐藤知事は県民のことを案じているとは思えません)のように、また他の議員さんたちのように重箱の隅をつついてほじくって、私たち国民ががっかりするようなことを流すのでしょう。

    私たちの弱さは「お金」でしょう。

    だれそれが献金を受けていたとか聴くと、たちまちこれまでの成功も地に落とす勢いで攻撃します。
    ひとつひとつ丁寧にみてゆきたいと思います。

    電気代が安い原発の嘘。実際は税金がたくさん使われていること、電気代としてじゃなく原発誘致のために莫大なお金が使われていることを忘れないでいたい。

    【電気料金も高くする、なぜならば火力にお金がかかるから。原発を動かしたら値下げする。】という動きになっているそうです。
    電気代が高くなるのは困る、どうせ動いているなら使ったっていいじゃないか、という思考に向かうよいになっています。
    廃炉にするにもお金も時間もかかりますから、動いている間はお金を稼いで欲しいのでしょう。
    それでは、意味がないんです。
    はっきりとしたビジョンで【廃止】と決めないと、人は弱いものです。
    決意がないと、迷いも多くなります。


    原子力の科学はまだまだ必要でしょう。
    原子力を選んだけど、こんなことになって就職とかどうなるんだろうという声もあるようですが、科学は夢があると思うのです。(人間の驕りが問題なのではないでしょうか。)
    技術が進んで、何十年何百年いやもっとと言われている廃炉への期間が、少しでも短くなったら素晴らしいではないでしょうか。

    「人間が作り出したものだから、人間が除染出来ないと思わない。」でしたか。
    児玉教授の言葉は、こういうことだったのではないかと思っています。

    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/09/07 08:27】 | 災害・脱原発・エネルギー
    トラックバック(0) |

    3.11から半年
    中尾真智子
    3.11から半年の頃ですね。
    そして、私のコメントはもうすぐ一年という時に書いています。
    何も解決していない。
    どころか、雪がとけた4月以降の線量が心配されている現状です。

    自分と繋がって自分自身で選んで決めて生きてゆきたいと思います。


    ぐり
    菅さん首相辞めちゃいましたが、いまだに菅さんがそんなに世間でたたかれてるほど悪いかったのだろうかと思ってます。

    詳しい内容しらないんですが、菅さんって首相に就任したときいままでみたどんな人よりやりたくなさそうな感じだったのをよく覚えています。そして今の日本を立て直すには3年はかかります、3年耐えてください見たいなことをいったのもよく覚えてます。

    ほかの人って首相になるともっと首相になった!そしてどんどんやります!!見たいな感じの人が多いので、そのときにこの人現実見えてるなぁと思いました。

    感覚でしかないので裏付けは何もないんですが、菅さんの世間の評価はなんだかいまだに違和感を感じます。

    書いたはいいけれど・・・
    pao
    長くなってしまいました。
    なのでアップするのを止めようとしましたが、
    それではこれまでの自分と一緒なので
    やっぱりコメントします。

    私は脱原発に賛成です。
    あまりにも無関心すぎたのですが、今回の事故が起こるまで日本に原子炉が54?基も出来ていたとは知らず驚きました。
    だって私の小さい頃の記憶では原子力は良くないもの、これから減らしていくものだったからです。
    非核三原則を習ったり、広島の原爆資料館見たり、核分裂について習ったりすると、どう考えても原子力発電はリスクが大きすぎるとしか思えなかったし。
    子供の私がそう思うんだから大人はそんなこと解りきってるんだろうって思ってました。
    だからクリーンなエネルギーと言われていたなんて事故後初めて知って「なに言っちゃってんの?!」と怒りすら覚えました。
    大人は解りきっていたんだと思います。
    ただお金に目がくらんだんです。
    気付かないフリをしたんです、たぶん。

    私の父の勤めていた会社は石油会社です。
    今太陽光発電を進めている会社です。
    だから何も考えないで「太陽光発電いいよね」って思ってました。
    でもトータルで考えた時、太陽光など自然エネルギーと言われているものが果たして本当に良いと言い切れるのか私には自信がありません。
    太陽光パネルをひとつ作るのに必要な二酸化炭素について考えれば、加工・輸送・廃棄などトータルで見た場合、人間が作りこんでいる分排出量は大きいように思えて仕方ないです。
    エコのために省エネタイプの家電に買換えることが推進された時もすごく違和感を覚えました。
    使う時に費やされるエネルギーは少なくても、
    作るときや廃棄するときなど消費者に見えない部分では逆にエネルギー使ってるんじゃないの?って。
    実際LED電球は半導体が使われてるんですけど、その半導体を作るのにものすごい量の二酸化炭素使ってるみたいなんです。
    照明メーカーに勤めている時、そのことについて会社に質問をしたことがあったんですが回答がありませんでした。
    そのことが真実を語っているように思います。
    企業は環境のことよりあれこれ理由をつけて買い換えてもらってお金儲けがしたいんです。

    化石燃料が本当に無くなるのかも疑問です。
    石油を握っている人達が
    本当はまだあるのに石油無くなるよって言って
    石油の価格を保持したり、
    無くなったら困るから
    太陽光へシフトしましょうって言って、
    石油と太陽光の
    両方のエネルギーを手にするつもりなのかな
    なんて勘ぐってしまいます。

    それにやっぱりエネルギーについてトータルで考えるとよく解りません。
    もし風力発電機をある場所に設置したら
    そこで風力は私達の使う電力として取られます。
    発電機が作られる前、その風は他の何かに使われていたはずです。
    それまで得られていたエネルギーが得られなくなった時、自然環境のその部分にまたは全体として少しずつ異変が起こるかもしれません。
    石油に比べて石炭に比べてどっちが負荷が少ないのでしょうか。

    ソフトバンクの孫さんが太陽光を推進しています。
    孫さんは今回の震災で
    巨額の義援金を出されました。
    なんて有難いことだ、
    すばらしい方だと思っています。
    ただ、ソフトバンクは非常に大々的に広告を打っています。
    そこに違和感があります。
    広告費は非常に曖昧だと聞いたことがあります。
    ある意味東電の電気代のように言い値であると。
    そんな広告に莫大な費用を費やし、
    そのお金は通話料から支払われています。
    広告はイメージでその会社の実態とは違います。
    なぜ今孫さんが自然エネルギーの中で風力でも水力でも地熱でもなく太陽光へかかわるのか。
    何となく違和感を覚えます。

    この何ともいえない変な感じを拭い去れない限り原子力を止めた後、どのエネルギーをどんな風に使っていくかについて、もう少し見極める時間が欲しいです。

    並行して、
    エネルギーを使う量を減らして行くことが大切だなと思います。
    そのためには建物の在り方が大切です。
    太陽の光の取り入れ方や空気の流れを今まで以上に積極的に利用したり、室内環境をエネルギーを使わずに快適にする為の材料選びや構法も取り入れていく必要があります。
    日本の山を守る為に木材の循環ももっと考えていけるといいです。
    (私はつい最近まで引きこもりでしたが、アルバイトを始めました。そして将来的には大学で学んだ建築の仕事に携わっていこうと考えているのでこんなことを書きました。)

    でも今回の震災で、津波で全部モノがさらわれたのを見て、すごく不謹慎かもしれませんが毎日頑張ってるゴミの分別って本当に必要なんだろうか・・・と思ってしまいました。
    私のエネルギーの使う方向間違ってるのかも・・・なんて。
    どうなんでしょう?
    ほんと生きるってよく解らない、何が正しくて何が間違ってるかなんてあるんだろうか。
    むずかしいです。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    3.11から半年
    3.11から半年の頃ですね。
    そして、私のコメントはもうすぐ一年という時に書いています。
    何も解決していない。
    どころか、雪がとけた4月以降の線量が心配されている現状です。

    自分と繋がって自分自身で選んで決めて生きてゆきたいと思います。
    2012/02/25(Sat) 17:09 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    菅さん首相辞めちゃいましたが、いまだに菅さんがそんなに世間でたたかれてるほど悪いかったのだろうかと思ってます。

    詳しい内容しらないんですが、菅さんって首相に就任したときいままでみたどんな人よりやりたくなさそうな感じだったのをよく覚えています。そして今の日本を立て直すには3年はかかります、3年耐えてください見たいなことをいったのもよく覚えてます。

    ほかの人って首相になるともっと首相になった!そしてどんどんやります!!見たいな感じの人が多いので、そのときにこの人現実見えてるなぁと思いました。

    感覚でしかないので裏付けは何もないんですが、菅さんの世間の評価はなんだかいまだに違和感を感じます。
    2011/09/19(Mon) 21:53 | URL  | ぐり #HlYXEWHA[ 編集]
    書いたはいいけれど・・・
    長くなってしまいました。
    なのでアップするのを止めようとしましたが、
    それではこれまでの自分と一緒なので
    やっぱりコメントします。

    私は脱原発に賛成です。
    あまりにも無関心すぎたのですが、今回の事故が起こるまで日本に原子炉が54?基も出来ていたとは知らず驚きました。
    だって私の小さい頃の記憶では原子力は良くないもの、これから減らしていくものだったからです。
    非核三原則を習ったり、広島の原爆資料館見たり、核分裂について習ったりすると、どう考えても原子力発電はリスクが大きすぎるとしか思えなかったし。
    子供の私がそう思うんだから大人はそんなこと解りきってるんだろうって思ってました。
    だからクリーンなエネルギーと言われていたなんて事故後初めて知って「なに言っちゃってんの?!」と怒りすら覚えました。
    大人は解りきっていたんだと思います。
    ただお金に目がくらんだんです。
    気付かないフリをしたんです、たぶん。

    私の父の勤めていた会社は石油会社です。
    今太陽光発電を進めている会社です。
    だから何も考えないで「太陽光発電いいよね」って思ってました。
    でもトータルで考えた時、太陽光など自然エネルギーと言われているものが果たして本当に良いと言い切れるのか私には自信がありません。
    太陽光パネルをひとつ作るのに必要な二酸化炭素について考えれば、加工・輸送・廃棄などトータルで見た場合、人間が作りこんでいる分排出量は大きいように思えて仕方ないです。
    エコのために省エネタイプの家電に買換えることが推進された時もすごく違和感を覚えました。
    使う時に費やされるエネルギーは少なくても、
    作るときや廃棄するときなど消費者に見えない部分では逆にエネルギー使ってるんじゃないの?って。
    実際LED電球は半導体が使われてるんですけど、その半導体を作るのにものすごい量の二酸化炭素使ってるみたいなんです。
    照明メーカーに勤めている時、そのことについて会社に質問をしたことがあったんですが回答がありませんでした。
    そのことが真実を語っているように思います。
    企業は環境のことよりあれこれ理由をつけて買い換えてもらってお金儲けがしたいんです。

    化石燃料が本当に無くなるのかも疑問です。
    石油を握っている人達が
    本当はまだあるのに石油無くなるよって言って
    石油の価格を保持したり、
    無くなったら困るから
    太陽光へシフトしましょうって言って、
    石油と太陽光の
    両方のエネルギーを手にするつもりなのかな
    なんて勘ぐってしまいます。

    それにやっぱりエネルギーについてトータルで考えるとよく解りません。
    もし風力発電機をある場所に設置したら
    そこで風力は私達の使う電力として取られます。
    発電機が作られる前、その風は他の何かに使われていたはずです。
    それまで得られていたエネルギーが得られなくなった時、自然環境のその部分にまたは全体として少しずつ異変が起こるかもしれません。
    石油に比べて石炭に比べてどっちが負荷が少ないのでしょうか。

    ソフトバンクの孫さんが太陽光を推進しています。
    孫さんは今回の震災で
    巨額の義援金を出されました。
    なんて有難いことだ、
    すばらしい方だと思っています。
    ただ、ソフトバンクは非常に大々的に広告を打っています。
    そこに違和感があります。
    広告費は非常に曖昧だと聞いたことがあります。
    ある意味東電の電気代のように言い値であると。
    そんな広告に莫大な費用を費やし、
    そのお金は通話料から支払われています。
    広告はイメージでその会社の実態とは違います。
    なぜ今孫さんが自然エネルギーの中で風力でも水力でも地熱でもなく太陽光へかかわるのか。
    何となく違和感を覚えます。

    この何ともいえない変な感じを拭い去れない限り原子力を止めた後、どのエネルギーをどんな風に使っていくかについて、もう少し見極める時間が欲しいです。

    並行して、
    エネルギーを使う量を減らして行くことが大切だなと思います。
    そのためには建物の在り方が大切です。
    太陽の光の取り入れ方や空気の流れを今まで以上に積極的に利用したり、室内環境をエネルギーを使わずに快適にする為の材料選びや構法も取り入れていく必要があります。
    日本の山を守る為に木材の循環ももっと考えていけるといいです。
    (私はつい最近まで引きこもりでしたが、アルバイトを始めました。そして将来的には大学で学んだ建築の仕事に携わっていこうと考えているのでこんなことを書きました。)

    でも今回の震災で、津波で全部モノがさらわれたのを見て、すごく不謹慎かもしれませんが毎日頑張ってるゴミの分別って本当に必要なんだろうか・・・と思ってしまいました。
    私のエネルギーの使う方向間違ってるのかも・・・なんて。
    どうなんでしょう?
    ほんと生きるってよく解らない、何が正しくて何が間違ってるかなんてあるんだろうか。
    むずかしいです。
    2011/09/07(Wed) 18:39 | URL  | pao #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック