家族カウンセラーの想いつれづれ
    ソフトバンク、北海道・帯広に大規模太陽光発電所の実験施設自然エネ協、「宣言」を採択(日本経済新聞)2011/7/14付

    ソフトバンクの孫正義社長が提唱し、自然エネルギーの普及・促進を目指す「自然エネルギー協議会」の第1回総会が13日、秋田市内で開かれた。全国35道府県の知事らが参加、太陽光や風力など自然エネルギーの意欲的目標の設定や、電力の全量買い取りを電力会社に義務付ける制度の早期確立などを国に求める「秋田宣言」を採択した。
     総会では、橋下徹・大阪府知事が「原発の依存度を下げるべきだ」などと発言し、知事らの意見が一致した。会長に選出された石井正弘・岡山県知事は「自然エネルギーの普及に向けた政策提言を一致団結しながら進めていきたい」と強調した。

     ソフトバンクは地方自治体と連携し、休耕田などを活用した大規模太陽光発電所(メガソーラー)を全国10カ所以上に設置する計画を打ち出している。具体化するために、北海道帯広市に太陽光発電の実験施設を建設する方針を明らかにした。年内に着工する。

     孫社長は「施設には複数のメーカーの太陽光パネルを集め、発電効率やコストなどのデータを収集する」と説明。その情報を各地方自治体に提供し、今後のメガソーラーの建設に役立てる。

     ただ、メガソーラー計画の実現には電力の全量買い取りを電力会社に義務付ける制度の法制化や、送電線への接続義務化が不可欠。孫社長も「再生エネルギー特別措置法案が成立しないとすべては始まらない」と話しており、実際に事業展開に至るまでは複数の障壁も横たわる。

    引用終わり___________




    東電と川崎市、国内最大級の太陽光発電所稼働2011/8/11付

    東京電力と川崎市は10日、共同事業として建設してきた川崎市臨海部の浮島太陽光発電所が営業運転を始めたと発表した。同じ臨海部で12月に稼働予定の扇島太陽光発電所と合わせた最大出力は約2万キロワット。一般家庭なら5900世帯分の電力需要を賄える国内最大級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)となる。

     羽田空港に近い浮島発電所は川崎市のごみ処分場の敷地11ヘクタールにシャープ製太陽光パネル約3万8000枚を敷き詰めた。最大出力は7000キロワットで、2100世帯分の電力需要を賄える。

    引用終わり____________




    国内最大メガソーラー、愛知に 三井化学・東芝・三井物産5万キロワット規模2011/8/20 2:00

    三井化学と東芝、三井物産は共同で、出力が5万キロワットと国内最大の太陽光発電所の建設に乗り出す。再生エネルギー特別措置法案の成立を見越した動きで、2013年から発電全量を中部電力に販売する。土地代を除く事業費は約200億円。9割を日本政策投資銀行が低利融資し、事業に出資する企業の採算性を高める。大手企業の本格参入で、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の普及に弾みがつきそうだ。
    引用終わり__________





    原発推進の日立さんの名前はお見かけしませんが、東芝さんは嬉しいなぁと思います。

    メーカーだから、ニーズがあれば対応するのはごく当たり前のことです。
    原発の発注があれば作るのでしょう。
    しかし、作っている過程で危険を感じていたと、今ではあちこちで生の声が聞こえます。
    また、元社員だった方が、内情(嘘もごまかしも)を教えてくれています。
    飄(つむじ風)さんよりほんの1例(文もあります)



    作ったメーカーさんは最後まで技術面でのフォローが必要と思いますので、頑張って欲しいです。
    今後は、作り手の理念をしっかり持っていただきたいと念じてやみません。
    未来の子どもに汚れた地球を残すことにひとつも罪悪感がないとしたら、闇にまみれた真っ黒なものを感じます。


    闇の支配(ハラッサー)にまみれたあと、光(自律)に向かう時にも罪悪感は起こりますね。
    その罪悪感はインナーペアレンツですから要りません。
    が、日常的に、悪心が沸いたときに罪悪感が沸くのは良心のたまものです。
    良心が育っていることに感謝したいです。

    原発は必要だという方の中には事実を知る機会のない方も多いと思います。
    最近では、ネットから広がった渦の影響で、テレビでも事実、現実を取り上げるようになりましたので、知る機会が増えると思います
    この流れが止まらないことを祈ります。





    原子力のおかげで潤っている市町村の方々の、苦しい過去の歴史を思うと、非難する気持ちにはなれません。
    が、一番大事なのはお金でしょうか。
    過疎化が進んでいても、土があって自給自足が出来たら、人が集まる大都市よりも安全と安心が保障されています。

    阪神大震災の時の、大都市の弱さを思い出します。
    ビル街の大火事が消防車も手をつけられず、ずっとずっと燃え続けていたこと。
    高速道路が破壊された残酷な映像。
    それでも人々は復興に励みました。
    あの頃、子ども会の役員だったのですが、最後の廃品回収の金額が寄付しました。次の子ども会もその次の子ども会も引き継ぎながら寄付していたと聞きます。
    きっと多くの持続的な支えが、復興を助けたことと思います。地震国に住む仲間として忘れることは出来ません。


    原発の事故さえなければ、すぐにでも復興に手をつけられました。
    発送電が分離されていたら、どこかの発電所が送電に成功してあんな悲惨な本州の何分の一という地域が停電に陥ることはなかったのじゃないかと思います。
    (地震が来たら船は沖に出す)という教えを守って急ぎ船を出した人々は、船が守れても海が汚れて漁が出来ません。
    目の前に作れる田畑があるのに、作れません。
    美しい景色が見えるのに、見えない放射能のせいで観光事業も立ち行きません。
    こんな悔しく哀しいことがありましょうか。
    原発さえなかったら・・・涙があふれてきます。





    道産子の私は泊原発の結果にがっかりしています。

    試運転も運転しているんだから同じことだというけれど、全然イメージが違います。知事は認めたのです。
    せめて試運転のままでいて欲しかった。(本当は止めて欲しいけど。)
    海の幸、山の幸、畜産業、サラブレッド、雄大な大自然、
    大都市札幌は約70キロです。

    高橋はるみ知事は、道民の声を無視しました。

    北大教授をはじめとする北海道の50人の大学教授の反対さえありました。
    活断層が見つかり危険だとわかり声をあげる人もいました。
    道民のデモや高まる声に長々と遅刻した高橋はるみ知事は、議員たちの良心的な意見に対して翌日に先送りし、あろうことか、原発のある村や町の声を聞いて決めたといいます。
    彼らが反対するには、どれほどの勇気が必要か。(原発推進の人ばかりとは思いたくないです)

    たとえば、六ヶ所村の人々が口を閉ざして何も言わない。国と心中するつもりかと思うくらいです。
    「持っていく場所がないんだから、これからもここにおいておいたらいい。」という映像を見て、それは自己犠牲なのか、お金なのか、わからないけど、他に引き受け先がないことは事実ですから複雑な思いで見ました。






    しかし、流れは自然エネルギーに向いているとかんじます。
    今ではテレビでも流されているようですが、岩手県葛巻町では自然エネルギーで全世帯の180%をまかなえるエネルギーを生み出しています。
    土地を大事にした町長の意志を引き継いで、風車を増やし、牛を飼い、山葡萄でワインを作り、バイオマスもやっています。
    原子力発電は5円と言っていますが、実際は国民の税金が大量に回されているのです。
    電気料金にごまかされません。
    原発を動かすために、町村に落とすお金を含め税金がかなり使われていることはもう誰もが知ってしまいました。
    この税金が早く廃炉の方向に使われることになってゆくといいなと思います。


    自然エネルギー180%の岩手県葛巻町



    脱原発・エネルギー自給は、高知県梼原町から「脱藩の道」を辿って全国へ!
    には高知県の梼原町が取り上げてあります。

    自然エネルギーで暮らす~高知県梼原町



    トップにいる人によって、町はどんな風にでも変わってゆけるのでしょうね。





    電力会社が倒産したら失業するというけど、後処理がありますから、失業している暇はないと思うのは私だけでしょうか。
    長い手順で進めてゆくであろう廃炉の道には、更に原子力や放射能の研修者が大事にされるべきだと思います。



    児玉教授が
    「人間が作ったものを除染できないわけがない」というようなことを言われまして、えらく簡単な発言に思えて「え?」と軽く驚きましたが、科学の視点では、そういうことなんだろうと思いなおしました。
    そこには、原子力を扱ってきたことの当時の必然も反省も含めて、それでも己を卑下することない勇姿を感じます。
    児玉教授の、時に現状の人々を思い涙をうかべつつも、「夢」と「希望」を語っておられる姿に感動します。
    この方が、誰かを個人批判したのを見たことがありません。
    在り方や姿勢を批判したことはありますが、個人批判をした映像を見たことがありません。
    今、何かしなくては!何も出来ない!と自責の念にとらわれることはなく、自分が出来ること、今の生活を営むこと、がめぐりめぐって被災地のためになってゆくと思います、という趣旨のことを話されていました。

    それぞれが無理をせず、それぞれの守備範囲を守って大事に生きてゆきたいですね。
    関連記事


    追記を閉じる▲
     総会では、橋下徹・大阪府知事が「原発の依存度を下げるべきだ」などと発言し、知事らの意見が一致した。会長に選出された石井正弘・岡山県知事は「自然エネルギーの普及に向けた政策提言を一致団結しながら進めていきたい」と強調した。

     ソフトバンクは地方自治体と連携し、休耕田などを活用した大規模太陽光発電所(メガソーラー)を全国10カ所以上に設置する計画を打ち出している。具体化するために、北海道帯広市に太陽光発電の実験施設を建設する方針を明らかにした。年内に着工する。

     孫社長は「施設には複数のメーカーの太陽光パネルを集め、発電効率やコストなどのデータを収集する」と説明。その情報を各地方自治体に提供し、今後のメガソーラーの建設に役立てる。

     ただ、メガソーラー計画の実現には電力の全量買い取りを電力会社に義務付ける制度の法制化や、送電線への接続義務化が不可欠。孫社長も「再生エネルギー特別措置法案が成立しないとすべては始まらない」と話しており、実際に事業展開に至るまでは複数の障壁も横たわる。

    引用終わり___________




    東電と川崎市、国内最大級の太陽光発電所稼働2011/8/11付

    東京電力と川崎市は10日、共同事業として建設してきた川崎市臨海部の浮島太陽光発電所が営業運転を始めたと発表した。同じ臨海部で12月に稼働予定の扇島太陽光発電所と合わせた最大出力は約2万キロワット。一般家庭なら5900世帯分の電力需要を賄える国内最大級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)となる。

     羽田空港に近い浮島発電所は川崎市のごみ処分場の敷地11ヘクタールにシャープ製太陽光パネル約3万8000枚を敷き詰めた。最大出力は7000キロワットで、2100世帯分の電力需要を賄える。

    引用終わり____________




    国内最大メガソーラー、愛知に 三井化学・東芝・三井物産5万キロワット規模2011/8/20 2:00

    三井化学と東芝、三井物産は共同で、出力が5万キロワットと国内最大の太陽光発電所の建設に乗り出す。再生エネルギー特別措置法案の成立を見越した動きで、2013年から発電全量を中部電力に販売する。土地代を除く事業費は約200億円。9割を日本政策投資銀行が低利融資し、事業に出資する企業の採算性を高める。大手企業の本格参入で、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の普及に弾みがつきそうだ。
    引用終わり__________





    原発推進の日立さんの名前はお見かけしませんが、東芝さんは嬉しいなぁと思います。

    メーカーだから、ニーズがあれば対応するのはごく当たり前のことです。
    原発の発注があれば作るのでしょう。
    しかし、作っている過程で危険を感じていたと、今ではあちこちで生の声が聞こえます。
    また、元社員だった方が、内情(嘘もごまかしも)を教えてくれています。
    飄(つむじ風)さんよりほんの1例(文もあります)



    作ったメーカーさんは最後まで技術面でのフォローが必要と思いますので、頑張って欲しいです。
    今後は、作り手の理念をしっかり持っていただきたいと念じてやみません。
    未来の子どもに汚れた地球を残すことにひとつも罪悪感がないとしたら、闇にまみれた真っ黒なものを感じます。


    闇の支配(ハラッサー)にまみれたあと、光(自律)に向かう時にも罪悪感は起こりますね。
    その罪悪感はインナーペアレンツですから要りません。
    が、日常的に、悪心が沸いたときに罪悪感が沸くのは良心のたまものです。
    良心が育っていることに感謝したいです。

    原発は必要だという方の中には事実を知る機会のない方も多いと思います。
    最近では、ネットから広がった渦の影響で、テレビでも事実、現実を取り上げるようになりましたので、知る機会が増えると思います
    この流れが止まらないことを祈ります。





    原子力のおかげで潤っている市町村の方々の、苦しい過去の歴史を思うと、非難する気持ちにはなれません。
    が、一番大事なのはお金でしょうか。
    過疎化が進んでいても、土があって自給自足が出来たら、人が集まる大都市よりも安全と安心が保障されています。

    阪神大震災の時の、大都市の弱さを思い出します。
    ビル街の大火事が消防車も手をつけられず、ずっとずっと燃え続けていたこと。
    高速道路が破壊された残酷な映像。
    それでも人々は復興に励みました。
    あの頃、子ども会の役員だったのですが、最後の廃品回収の金額が寄付しました。次の子ども会もその次の子ども会も引き継ぎながら寄付していたと聞きます。
    きっと多くの持続的な支えが、復興を助けたことと思います。地震国に住む仲間として忘れることは出来ません。


    原発の事故さえなければ、すぐにでも復興に手をつけられました。
    発送電が分離されていたら、どこかの発電所が送電に成功してあんな悲惨な本州の何分の一という地域が停電に陥ることはなかったのじゃないかと思います。
    (地震が来たら船は沖に出す)という教えを守って急ぎ船を出した人々は、船が守れても海が汚れて漁が出来ません。
    目の前に作れる田畑があるのに、作れません。
    美しい景色が見えるのに、見えない放射能のせいで観光事業も立ち行きません。
    こんな悔しく哀しいことがありましょうか。
    原発さえなかったら・・・涙があふれてきます。





    道産子の私は泊原発の結果にがっかりしています。

    試運転も運転しているんだから同じことだというけれど、全然イメージが違います。知事は認めたのです。
    せめて試運転のままでいて欲しかった。(本当は止めて欲しいけど。)
    海の幸、山の幸、畜産業、サラブレッド、雄大な大自然、
    大都市札幌は約70キロです。

    高橋はるみ知事は、道民の声を無視しました。

    北大教授をはじめとする北海道の50人の大学教授の反対さえありました。
    活断層が見つかり危険だとわかり声をあげる人もいました。
    道民のデモや高まる声に長々と遅刻した高橋はるみ知事は、議員たちの良心的な意見に対して翌日に先送りし、あろうことか、原発のある村や町の声を聞いて決めたといいます。
    彼らが反対するには、どれほどの勇気が必要か。(原発推進の人ばかりとは思いたくないです)

    たとえば、六ヶ所村の人々が口を閉ざして何も言わない。国と心中するつもりかと思うくらいです。
    「持っていく場所がないんだから、これからもここにおいておいたらいい。」という映像を見て、それは自己犠牲なのか、お金なのか、わからないけど、他に引き受け先がないことは事実ですから複雑な思いで見ました。






    しかし、流れは自然エネルギーに向いているとかんじます。
    今ではテレビでも流されているようですが、岩手県葛巻町では自然エネルギーで全世帯の180%をまかなえるエネルギーを生み出しています。
    土地を大事にした町長の意志を引き継いで、風車を増やし、牛を飼い、山葡萄でワインを作り、バイオマスもやっています。
    原子力発電は5円と言っていますが、実際は国民の税金が大量に回されているのです。
    電気料金にごまかされません。
    原発を動かすために、町村に落とすお金を含め税金がかなり使われていることはもう誰もが知ってしまいました。
    この税金が早く廃炉の方向に使われることになってゆくといいなと思います。


    自然エネルギー180%の岩手県葛巻町



    脱原発・エネルギー自給は、高知県梼原町から「脱藩の道」を辿って全国へ!
    には高知県の梼原町が取り上げてあります。

    自然エネルギーで暮らす~高知県梼原町



    トップにいる人によって、町はどんな風にでも変わってゆけるのでしょうね。





    電力会社が倒産したら失業するというけど、後処理がありますから、失業している暇はないと思うのは私だけでしょうか。
    長い手順で進めてゆくであろう廃炉の道には、更に原子力や放射能の研修者が大事にされるべきだと思います。



    児玉教授が
    「人間が作ったものを除染できないわけがない」というようなことを言われまして、えらく簡単な発言に思えて「え?」と軽く驚きましたが、科学の視点では、そういうことなんだろうと思いなおしました。
    そこには、原子力を扱ってきたことの当時の必然も反省も含めて、それでも己を卑下することない勇姿を感じます。
    児玉教授の、時に現状の人々を思い涙をうかべつつも、「夢」と「希望」を語っておられる姿に感動します。
    この方が、誰かを個人批判したのを見たことがありません。
    在り方や姿勢を批判したことはありますが、個人批判をした映像を見たことがありません。
    今、何かしなくては!何も出来ない!と自責の念にとらわれることはなく、自分が出来ること、今の生活を営むこと、がめぐりめぐって被災地のためになってゆくと思います、という趣旨のことを話されていました。

    それぞれが無理をせず、それぞれの守備範囲を守って大事に生きてゆきたいですね。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/08/21 11:56】 | 災害・脱原発・エネルギー
    トラックバック(0) |

    Re: 心強いです
    中尾真智子
    鍵コメさん、同じ願いと祈りを持つ仲間がいること、嬉しく思います♪



    真智子
    アヨさん、私も女性の知事だからこそ止めて欲しかったです。
    泊の次に続こうとしている県の名前が出ているのを見ると、いっそう残念でたまりません。



    アヨ
    私も北海道知事の決断、残念でした。同じ女性としても残念です。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    Re: 心強いです
    鍵コメさん、同じ願いと祈りを持つ仲間がいること、嬉しく思います♪
    2011/08/24(Wed) 12:01 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    アヨさん、私も女性の知事だからこそ止めて欲しかったです。
    泊の次に続こうとしている県の名前が出ているのを見ると、いっそう残念でたまりません。
    2011/08/21(Sun) 17:05 | URL  | 真智子 #-[ 編集]
    私も北海道知事の決断、残念でした。同じ女性としても残念です。
    2011/08/21(Sun) 12:47 | URL  | アヨ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック