家族カウンセラーの想いつれづれ
    負の感情をしっかり自分の中に認めて浄化させてあげる
    すると、負の感情が残したものが忍耐力や思いやりとなって生きる力になる


    誰かの言動に不愉快になった時、その不愉快は自分の中から芽生えた感情であることをしっかり自覚することです。
    あんなことがあって不愉快にさせられたと自分の感情を引き受けないでいたら、自律へ進んでいたはずがハラスメント界に方向変換しています。

    自分の感情は自分のものですから、その感情の沸き起こるふるさと(主に親子関係)が投影していること。
    心地いい感情は懐かしんで慈しんでいけます。
    が、負の感情に対しては悪者扱いして自分の中に認めてあげられないことが多いようです。
    負の感情も、そのふるさとがあります。慈しんであげてください。


    人に憎しみや怒りを向けた時、源家族との関係を投影していることに気がつくだけでも心のありようが変わります。

    人に解ってほしい、解らせたい、という気持ちを持ち続けていたら自分主体の人生になってゆきません。
    自分以外を見て、比較や嫉妬という生き癖に束縛されていることでしょう。
    誰かにわかってほしいという飢餓感で一杯で、どんなストロークも求めてさまよったくせに、いざ傷つくと自ら関わった相手のせいにして怒りと憎しみ を抱えて、心理ゲームを仕掛けてしまいます。
    その感情は、誰よりも自分に解ってほしいし受け止めて欲しいと沸き起こっているのに、自分以外の誰かに求めてばかりいては感情がかわいそうです。

    そういう依存を身近で受け取ったら「壁」になりましょう。この「壁」は相手にとっては「鏡」になるでしょう。



    身内、友人、仕事仲間、サークル活動、ネット環境などなど、どんなところにも、自律した人もいれば、ハラッサーもいます。
    ハラッシーもいます。ハラッシーはハラッサーになれることを忘れないことです。
    参照;ハラッサーはもともとはハラッシー


    壁になる。

    これは、慣れないとはじめは苦しいと思います。
    誰かの役に立ちたいと捧げる生き癖を持っていると、ついかかわりたくなってしまいます。
    しかし、壁になる必要があったらなりましょう。

    壁は返事をしません。

    無視しているという罪悪感が芽生えたら、その罪悪感じたいが自分のやさしさ(優しさor易しさ)とも言えるでしょう。
    その思い(やさしさ)を対象者に伝えたくなったら、思いとどまります。
    伝えた時には、ストローク飢餓の相手は心理ゲームを仕掛けてきて巻き込まれかねません。
    依存が強い時のストローク飢餓は、自分の「認めて」チャイルドや「寂しい」チャイルドに翻弄されていますから、相手の親切や思いやりに気がつく余 裕がありません。

    その人が自分の内側に気付くまでは、そっとしておいてあげる。
    そっとほっておいてあげる。
    自分の中のやさしさは自分が知って認めてあげたらいい。
    そこでまた背骨が出来る。



    私事ですが、お守りの留守電にも書いたように、私の心の事情で姉と約10年連絡を絶っていました。
    私の姉が「あれがあったからよかった」と言ってくれた10年、あれは壁だったと思います。
    身内だからこそ辛かったし、一生断絶するかもしれない覚悟もしていました。
    お互いに依存しないで過ごしたからこそ、今姉妹に戻れたことが嬉しいです。
    もちろん、戻れたのは姉は姉で向き合ったからです。
    その間、姉は相当大きな卵巣のうしゅが出来て手術でとったり、学びを進めたり、色々な変化があったようです。
    それもこれも、後から聞いた話です。



    壁になるっていうと冷たく感じるかもしれませんが、自分も相手も大事にします。
    なぜなら、依存関係でお互いに縛らないから、向き合うのは自分自身です。その壁に何か言っても鏡になって本人の在り方を映し出すことでしょう。その壁に向かって行う行為は全て自分から出たものですから、誰のせいにすることも出来ないと知るでしょう。

    その後に、いつか繋がることが出来るかもしれませんし、ないかもしれない。
    傷になっている対象への執着を手放せば、そのことに思い悩むこともありません。
    (もちろん、苦しい葛藤と向き合います。)



    何かしてあげたい、一緒にすごしたい、何か共有したい、そういう気持ちは悪くはありません。
    楽しかったり嬉しかったなら、素敵な明日に繋がるでしょう。

    しかし、後からその事で後悔する感情が沸き起こったら、それはその場を共有した自分の問題だとしっかり受け止めることが大切でしょう。
    自分の感情を見捨てて、その場に居続けたのは自分自身です。


    「なんで我慢してまでそこにいたの?」と聴けば
    「さみしかったから。」と内側から聞こえるかもしれません。

    孤独が怖くて、さみしんぼうチャイルドを見捨てていることに気付くかもしれません。


    最後の最後で自分から逃げて人のせいにしたら、自分の感情がかわいそうです。



    苦しい時はチャンスです。
    内側と向き合ってあげましょう。

    ----------------------------------------------------------

    アサーティブなあり方
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    中尾相談室の方針
    私専用相談申込(女性のみ)
    関連記事


    追記を閉じる▲
    人に憎しみや怒りを向けた時、源家族との関係を投影していることに気がつくだけでも心のありようが変わります。

    人に解ってほしい、解らせたい、という気持ちを持ち続けていたら自分主体の人生になってゆきません。
    自分以外を見て、比較や嫉妬という生き癖に束縛されていることでしょう。
    誰かにわかってほしいという飢餓感で一杯で、どんなストロークも求めてさまよったくせに、いざ傷つくと自ら関わった相手のせいにして怒りと憎しみ を抱えて、心理ゲームを仕掛けてしまいます。
    その感情は、誰よりも自分に解ってほしいし受け止めて欲しいと沸き起こっているのに、自分以外の誰かに求めてばかりいては感情がかわいそうです。

    そういう依存を身近で受け取ったら「壁」になりましょう。この「壁」は相手にとっては「鏡」になるでしょう。



    身内、友人、仕事仲間、サークル活動、ネット環境などなど、どんなところにも、自律した人もいれば、ハラッサーもいます。
    ハラッシーもいます。ハラッシーはハラッサーになれることを忘れないことです。
    参照;ハラッサーはもともとはハラッシー


    壁になる。

    これは、慣れないとはじめは苦しいと思います。
    誰かの役に立ちたいと捧げる生き癖を持っていると、ついかかわりたくなってしまいます。
    しかし、壁になる必要があったらなりましょう。

    壁は返事をしません。

    無視しているという罪悪感が芽生えたら、その罪悪感じたいが自分のやさしさ(優しさor易しさ)とも言えるでしょう。
    その思い(やさしさ)を対象者に伝えたくなったら、思いとどまります。
    伝えた時には、ストローク飢餓の相手は心理ゲームを仕掛けてきて巻き込まれかねません。
    依存が強い時のストローク飢餓は、自分の「認めて」チャイルドや「寂しい」チャイルドに翻弄されていますから、相手の親切や思いやりに気がつく余 裕がありません。

    その人が自分の内側に気付くまでは、そっとしておいてあげる。
    そっとほっておいてあげる。
    自分の中のやさしさは自分が知って認めてあげたらいい。
    そこでまた背骨が出来る。



    私事ですが、お守りの留守電にも書いたように、私の心の事情で姉と約10年連絡を絶っていました。
    私の姉が「あれがあったからよかった」と言ってくれた10年、あれは壁だったと思います。
    身内だからこそ辛かったし、一生断絶するかもしれない覚悟もしていました。
    お互いに依存しないで過ごしたからこそ、今姉妹に戻れたことが嬉しいです。
    もちろん、戻れたのは姉は姉で向き合ったからです。
    その間、姉は相当大きな卵巣のうしゅが出来て手術でとったり、学びを進めたり、色々な変化があったようです。
    それもこれも、後から聞いた話です。



    壁になるっていうと冷たく感じるかもしれませんが、自分も相手も大事にします。
    なぜなら、依存関係でお互いに縛らないから、向き合うのは自分自身です。その壁に何か言っても鏡になって本人の在り方を映し出すことでしょう。その壁に向かって行う行為は全て自分から出たものですから、誰のせいにすることも出来ないと知るでしょう。

    その後に、いつか繋がることが出来るかもしれませんし、ないかもしれない。
    傷になっている対象への執着を手放せば、そのことに思い悩むこともありません。
    (もちろん、苦しい葛藤と向き合います。)



    何かしてあげたい、一緒にすごしたい、何か共有したい、そういう気持ちは悪くはありません。
    楽しかったり嬉しかったなら、素敵な明日に繋がるでしょう。

    しかし、後からその事で後悔する感情が沸き起こったら、それはその場を共有した自分の問題だとしっかり受け止めることが大切でしょう。
    自分の感情を見捨てて、その場に居続けたのは自分自身です。


    「なんで我慢してまでそこにいたの?」と聴けば
    「さみしかったから。」と内側から聞こえるかもしれません。

    孤独が怖くて、さみしんぼうチャイルドを見捨てていることに気付くかもしれません。


    最後の最後で自分から逃げて人のせいにしたら、自分の感情がかわいそうです。



    苦しい時はチャンスです。
    内側と向き合ってあげましょう。

    ----------------------------------------------------------

    アサーティブなあり方
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    中尾相談室の方針
    私専用相談申込(女性のみ)
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/07/29 10:06】 | 自律
    【タグ】 壁になる  鏡になる  
    トラックバック(0) |

    ハムスターさん
    中尾真智子

    > 秘密コメントで書けなかったのは、それが存在不安なのでわざわざブロックして頂いたんですね。
    >

    こちらこそ、教わりました。
    秘密コメント=存在不安
    なるほどー。

    秘密のコメントを閉じた理由は、ハムスターさんのせいじゃないんです。
    たった一人だけ、誰にも見られない秘密コメントでハラスメントをしてきた方がいらしたのです。見えるところではいいコメントで、隠しコメントではハラッサーコメント、戸惑いました。葛藤がさせているのだろうと見守ってきましたが、一方的に隠れたところでいじめにあうような必要はないので閉じたのです。

    > 感謝のコメントで終わらせます。
    こちらこそ、隠しコメントを閉じて正解だったと教わりました。ありがとうございました。




    ハムスター
    ありがとうございます。
    自分の向き合いました。
    謝罪したコメントで終わらせたくないので。
    自分の感情が望んでおります。
    自分と向き合っていると思っていましたが、いなかったんです。^^

    ニューヨークの落書き消し運動が良いからと、それを広めるのは私のしたコメントと同じだと気付きました。

    秘密コメントで書けなかったのは、それが存在不安なのでわざわざブロックして頂いたんですね。

    感謝のコメントで終わらせます。

    管理室より返信機能にて
    中尾真智子
    ハムスターさんのコメントに
    私の発言で不快に思われた方、申し訳ございませんでした。
    >とありますが、私のブログにおいて、記事やコメントに意義や反論を申し立てする場ではないと考えております。
    たまには見かけますが、記事やコメントに意義申し立てをしている場合は、その中に何か隠れた自分へのメッセージがあると思いますので、記事の書き主にではなく、コメントにでもなく、自分と向き合うことをお勧めします。
    が、ハムスターさんは8月のコメントの後に、気付きが深まっておられる様子を御知らせ戴きましたが、ご自分と向き合われている姿勢がおありだからではないでしょうか。
    実際にハムスターさんのコメントに対して不快を表現しているコメントはありませんのでご安心ください。



    ハムスター
    私の発言で不快に思われた方、申し訳ございませんでした。
    自分の過ちに気づいて、これだというのに出会いました。

    ご存知かも知れませんが、もし良ければ読んでください。

    「平和の絵本」運動
    http://www.j15.org/

    これで発言を終わりに致します。

    鍵コメさんへ
    真智子
    色々な思いを綴って下さり、こちらが何かお役に立てたのかなぁと嬉しく思っておりました。
    迷惑だなんてことはありませんでしたので、ご安心下さいね。^^


    はじめまして
    ハムスター
    はじめまして
    あるブログの方との出来事です。
    (ブログ名はご迷惑になるので控えます。)


    文章を命令的と読んだ私は意固地になって反論意見を書いて自尊心の為に無意味な争いをしました。
    お相手の方のブログにはそんな意図はなかったと思います。
    私のコメントに対して、お相手の方がどう感じたかはわかりませんが。

    何度か会話をしているとき、ブログに頭でっかちの理屈家さんにはわからないという言葉が載りました。
    言葉に反応し、私に敵意があると思ってしまいました。

    年が明けて東日本大震災が起き、それがブログ記事になりました。
    記事には、どこも誰も責めないでとありました。

    私は、○○さんは自分で自分を責めてませんか。野菜を送りますとコメントしました。
    当時、野菜を送ると書いたのは、悪感情の補償行為だったからです。

    当時の私は心が闇に支配されていました。

    今、思えばその方と出会えて良かった。
    今の気持ちは大好きです。気持ちよく送りますとメールしたいです。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    ハムスターさん

    > 秘密コメントで書けなかったのは、それが存在不安なのでわざわざブロックして頂いたんですね。
    >

    こちらこそ、教わりました。
    秘密コメント=存在不安
    なるほどー。

    秘密のコメントを閉じた理由は、ハムスターさんのせいじゃないんです。
    たった一人だけ、誰にも見られない秘密コメントでハラスメントをしてきた方がいらしたのです。見えるところではいいコメントで、隠しコメントではハラッサーコメント、戸惑いました。葛藤がさせているのだろうと見守ってきましたが、一方的に隠れたところでいじめにあうような必要はないので閉じたのです。

    > 感謝のコメントで終わらせます。
    こちらこそ、隠しコメントを閉じて正解だったと教わりました。ありがとうございました。

    2012/02/25(Sat) 16:41 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    ありがとうございます。
    自分の向き合いました。
    謝罪したコメントで終わらせたくないので。
    自分の感情が望んでおります。
    自分と向き合っていると思っていましたが、いなかったんです。^^

    ニューヨークの落書き消し運動が良いからと、それを広めるのは私のしたコメントと同じだと気付きました。

    秘密コメントで書けなかったのは、それが存在不安なのでわざわざブロックして頂いたんですね。

    感謝のコメントで終わらせます。
    2011/11/08(Tue) 23:59 | URL  | ハムスター #JalddpaA[ 編集]
    管理室より返信機能にて
    ハムスターさんのコメントに
    私の発言で不快に思われた方、申し訳ございませんでした。
    >とありますが、私のブログにおいて、記事やコメントに意義や反論を申し立てする場ではないと考えております。
    たまには見かけますが、記事やコメントに意義申し立てをしている場合は、その中に何か隠れた自分へのメッセージがあると思いますので、記事の書き主にではなく、コメントにでもなく、自分と向き合うことをお勧めします。
    が、ハムスターさんは8月のコメントの後に、気付きが深まっておられる様子を御知らせ戴きましたが、ご自分と向き合われている姿勢がおありだからではないでしょうか。
    実際にハムスターさんのコメントに対して不快を表現しているコメントはありませんのでご安心ください。
    2011/10/12(Wed) 08:30 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    私の発言で不快に思われた方、申し訳ございませんでした。
    自分の過ちに気づいて、これだというのに出会いました。

    ご存知かも知れませんが、もし良ければ読んでください。

    「平和の絵本」運動
    http://www.j15.org/

    これで発言を終わりに致します。
    2011/10/11(Tue) 22:58 | URL  | ハムスター #JalddpaA[ 編集]
    鍵コメさんへ
    色々な思いを綴って下さり、こちらが何かお役に立てたのかなぁと嬉しく思っておりました。
    迷惑だなんてことはありませんでしたので、ご安心下さいね。^^
    2011/09/23(Fri) 19:05 | URL  | 真智子 #-[ 編集]
    はじめまして
    はじめまして
    あるブログの方との出来事です。
    (ブログ名はご迷惑になるので控えます。)


    文章を命令的と読んだ私は意固地になって反論意見を書いて自尊心の為に無意味な争いをしました。
    お相手の方のブログにはそんな意図はなかったと思います。
    私のコメントに対して、お相手の方がどう感じたかはわかりませんが。

    何度か会話をしているとき、ブログに頭でっかちの理屈家さんにはわからないという言葉が載りました。
    言葉に反応し、私に敵意があると思ってしまいました。

    年が明けて東日本大震災が起き、それがブログ記事になりました。
    記事には、どこも誰も責めないでとありました。

    私は、○○さんは自分で自分を責めてませんか。野菜を送りますとコメントしました。
    当時、野菜を送ると書いたのは、悪感情の補償行為だったからです。

    当時の私は心が闇に支配されていました。

    今、思えばその方と出会えて良かった。
    今の気持ちは大好きです。気持ちよく送りますとメールしたいです。
    2011/08/05(Fri) 02:49 | URL  | ハムスター #JalddpaA[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック