家族カウンセラーの想いつれづれ
    ★室内にて

    一昨年、娘がタイだラオスだと3週間ぶらり旅に行くというので、娘とその友人にプレゼントしたのがしろくまのきもちでした。
    暑い国だろうから、熱射病にならないお守りくらいに思って、ドラッグコーナーで見つけて買ったもの。

    実は使わなかったんだけど、整理してたら出てきたと。
    売っていた状況は細い薄い布が小さいパッケージに入っていたけど、役に立つのかなぁ。

    確か、水にひたすんだったよね、とたっぷりひたして首に巻いたら

    気持ちいーーーーー!
    味をしめて、更にもう一個買ってきました。色も柄も増えて楽しいです。
    乾いたら繰り返し使えるし、もう家で仕事する時はかなり気持ちがいいです。息子も愛用しはじめました。


    冷房が苦手な私も暑いときは暑いので、熱中症対策は常に頭にあります。

    夏は夏野菜をとって体を冷やす。(お腹は冷やさないように冷たいものをとり過ぎない)
    汗の分の塩と水分を取ること。
    汗の後に水だけ氷だけでは取らない(脱水する)。
    首の後ろを冷やすこと。
    リンパを冷やすこと。
    厳しい時はポカリ(糖分摂取に注意)。
    最後の手段は点滴ですが、そうなりたくないので、上の工夫してきました。
    その工夫のひとつにしろくまのきもちが加わったわけです。

    それから、極暑の時は、スポーツドリンクに梅ぼしをほぐして入れてかき混ぜて飲みます。
    汗をかいた時のスタミナドリンクです。(昔教えてもらった)


    その他の暑さ対策としては、

    風の通り道を作るのですが、片方は大きく(ベランダ)、片方は小さく(小窓)するといい風が流れるようです。
    (今年は市の提供しているサイトで放射能を見ています。結果しか出ませんから、当日は自己判断ですけど。)

    英司はお日様が大好きで南の窓際に座って冬でも日焼けしています。(呆れます)
    夏はすのこをして涼みながら風を入れて仕事をしています。

    窓が開かない面はガラス越しの熱さが凄いですから、すのこは大事です。
    居間のベランダにはすのこがないので、片側はカーテンをして日陰にしています。

    掃除機は熱さを振りまくので最近はほうきで掃いて、拭き掃除です。
    あの掃除機の後ろから出る熱がしんどい。
    (子どもの頃、茶殻を撒いて箒で掃いていたなぁと思い出します。お茶は殺菌作用があるからでしょうか、昔の人は無駄に捨てないのですね。)

    それでも、それでも「無風」の時があります。
    北海道から離れて27年、なんとかやり過ごしてきましたが、毎年、この「無風」がきついです。
    今年は、節電の動きで、いかに「涼」を求めるかという特集があり、勉強になったことがあります。

    無風の時は扇風機を窓の外に向けて回すそうです。
    すると反対側の開いた窓に空気の通り道が出来るのですって。
    温度差を作ると空気が動きますものね。
    これは気がつきませんでした。
    今年、無風の日が来たら是非やってみます。



    ★室外にて

    今年は、とあるスーパーが、やたらと冷房がきついので申告していますが、ほとんどのお店は、私が寒さよけを使うまでもなく過ごせることが多いです。
    毎年、どこに行くにも冷房がきつくて「ほっかいろ」を持ち歩いています。
    カーデガンやヒートテックも持ち歩いています。
    今年はほぼ使っていません。
    冬より夏に必要だったほっかいろも日々使うと安くありませんから、節約出来てありがたいです。

    総武線の黄色い電車は相変わらず寒いです。冷房車というより冷蔵車と呼んでいます。
    車内の電気を消したり、駅の電気を消したり、エスカレーターを消して工夫をしているのに、なぜ冷房は強いのでしょう。機能が古いのかなぁ。
    中央線だったか、窓を開けられる電車があり、気持ちが良かったです。
    そういえば、札幌の地下鉄も窓が開けられてて、気持ちが良かったなぁ。
    自然の風と冷房は感じ方が全く違います。


    実際、とあるスーパーに入る前は、ちょっと涼しく感じる夕方でしたが、店内が寒すぎました。
    必死で小走りに買い物をして外に出たら、外が熱風に感じましてすぐに体に異変が起こりました。
    だーっと汗が来て、心拍数が乱れ、呼吸がしんどい、外気温に慣れるまで苦しかったです。
    しばらくしてから、涼しい夕方だったことを思い出せるくらいに戻り、まもなく爽快に戻りました。

    この温度差がいかに体にきついか。 
    一気に暑いのも、一気に涼しいのも血管にはよくない、つまり心臓によくないと思います。
    汗を嫌う生活が、新陳代謝を弱めている、と思います。
    なんか、心のブラックホールに無理やり押し込まれて抜け出した気分とでもいいましょうか。
    冷房で遺伝子に傷が付いて、それを治すために頑張って抜け出したら遺伝子が変化していたぁ~みたいな爽快ともいえましょうか。



    ★遺伝子レベルから宇宙レベルにて

    人はもはや遺伝子レベルで変化したほうがいいのかもしれません。(遺伝子の突然変異は日常レベルで起こっているらしいって聞いたことがあります。)
    とはいえ、遺伝子のことを考えているわけにいきませんから、自分革命を起こすことかなぁと思います。

    負の感情をしっかり自分の中に認めて浄化させてあげる
    負の感情が残したものは忍耐力ややさしさとなって生きる力になるから、しっかり受け止めてあげて欲しいです。
    慣れたら、気付き=手放しになってゆくことが増えることでしょう。

    たとえば、誰かとトラブルが起こった不愉快
    その不愉快はその誰かのものではなく自分の中で生じた自分のものだということを知れば変化の一歩です。

    負の感情を撒き散らしている人たち(怒りあらわにしている人たち、嘆きながら慰めを請う人たち、自分の不幸を語りたがる人たち、解ってちょうだいオーラで近づいてくる人たち)と接したことがおありの方はお分かりだと思います。
    その負の感情は誰でもないその人自身のものであること。
    そういう時は、ストローク飢餓の脚本で動いていますから心理ゲームを仕掛けてきます。
    どんなストロークでも欲しいから、どんなことでもします。
    そんな相手には、壁になるしかありません。
    可哀想というきもちがおいしいご馳走になってしまいます。
    解ってあげたいという気持ちに取り付かれちゃいますから、いざ離れたいと思った時には離れてくれず大変な苦労をするかもしれません。
    肯定はもちろん否定であっても、相手はストロークが嬉しいですから共依存の関係になり得るのです。
    その人の真実の存在を思うなら、自分の存在を守るなら、壁になってあげてください。

    もしも自分自身が、負の感情に乗っ取られてしまった時は、脚本ちゃんが勝ち誇ってますから、気付きの自分に戻るまでちょっと待つしかないでしょう。
    しばらくしたらでいいから気付いてあげてほしいです。
    本当は寂しいチャイルドがいるのに、自分が認めて抱きしめて泣いてあげていないこと。
    負の感情が出てきてくれたことを喜んであげていないこと。
    こんな感情が出てきたのはあの事があったせいだ、あの人のせいだ、と外にばかり意識を向けて、自分で引き受けてあげていないこと。
    そして、あの事やあの人に関わる全ての人が信じられなくなります。ほんとは自分が自分を信じてないことに気付いてあげてほしいです。
    自律に向かって来た方ですと尚更葛藤があると思いますが、生き癖の方がラクな脚本に戻っていますから冷静になれません。
    そして、また、誰かと争うとか揉めるとか諦めるとかのストーリーをうっかり選んでいたりします。
    仕掛けたりもします。

    押し込められたチャイルドたちが可愛そうです。

    この道は気付いた人から進める道です。
    後も先もありません。
    比較も意味がありません。
    自分次第で、変えてゆける自分の道です。

    風の通り道を自分にも作ってあげたいですね。
    ぐるぐる吹き溜まりになっている感情を流してあげたいです。
    鼻から吸って口から出す深呼吸のように、ゆったりとさせてあげたいです。

    時は瞬時に過去になります。常に流れています。
    過去に葛藤の大元があるなら、小さいチャンに寄り添ってあげて、今現在の時間まで育てて連れておいで~。

    ----------------------------------------------------------

    カウンセリング受付

    中尾相談室の方針
    関連記事


    追記を閉じる▲
    味をしめて、更にもう一個買ってきました。色も柄も増えて楽しいです。
    乾いたら繰り返し使えるし、もう家で仕事する時はかなり気持ちがいいです。息子も愛用しはじめました。


    冷房が苦手な私も暑いときは暑いので、熱中症対策は常に頭にあります。

    夏は夏野菜をとって体を冷やす。(お腹は冷やさないように冷たいものをとり過ぎない)
    汗の分の塩と水分を取ること。
    汗の後に水だけ氷だけでは取らない(脱水する)。
    首の後ろを冷やすこと。
    リンパを冷やすこと。
    厳しい時はポカリ(糖分摂取に注意)。
    最後の手段は点滴ですが、そうなりたくないので、上の工夫してきました。
    その工夫のひとつにしろくまのきもちが加わったわけです。

    それから、極暑の時は、スポーツドリンクに梅ぼしをほぐして入れてかき混ぜて飲みます。
    汗をかいた時のスタミナドリンクです。(昔教えてもらった)


    その他の暑さ対策としては、

    風の通り道を作るのですが、片方は大きく(ベランダ)、片方は小さく(小窓)するといい風が流れるようです。
    (今年は市の提供しているサイトで放射能を見ています。結果しか出ませんから、当日は自己判断ですけど。)

    英司はお日様が大好きで南の窓際に座って冬でも日焼けしています。(呆れます)
    夏はすのこをして涼みながら風を入れて仕事をしています。

    窓が開かない面はガラス越しの熱さが凄いですから、すのこは大事です。
    居間のベランダにはすのこがないので、片側はカーテンをして日陰にしています。

    掃除機は熱さを振りまくので最近はほうきで掃いて、拭き掃除です。
    あの掃除機の後ろから出る熱がしんどい。
    (子どもの頃、茶殻を撒いて箒で掃いていたなぁと思い出します。お茶は殺菌作用があるからでしょうか、昔の人は無駄に捨てないのですね。)

    それでも、それでも「無風」の時があります。
    北海道から離れて27年、なんとかやり過ごしてきましたが、毎年、この「無風」がきついです。
    今年は、節電の動きで、いかに「涼」を求めるかという特集があり、勉強になったことがあります。

    無風の時は扇風機を窓の外に向けて回すそうです。
    すると反対側の開いた窓に空気の通り道が出来るのですって。
    温度差を作ると空気が動きますものね。
    これは気がつきませんでした。
    今年、無風の日が来たら是非やってみます。



    ★室外にて

    今年は、とあるスーパーが、やたらと冷房がきついので申告していますが、ほとんどのお店は、私が寒さよけを使うまでもなく過ごせることが多いです。
    毎年、どこに行くにも冷房がきつくて「ほっかいろ」を持ち歩いています。
    カーデガンやヒートテックも持ち歩いています。
    今年はほぼ使っていません。
    冬より夏に必要だったほっかいろも日々使うと安くありませんから、節約出来てありがたいです。

    総武線の黄色い電車は相変わらず寒いです。冷房車というより冷蔵車と呼んでいます。
    車内の電気を消したり、駅の電気を消したり、エスカレーターを消して工夫をしているのに、なぜ冷房は強いのでしょう。機能が古いのかなぁ。
    中央線だったか、窓を開けられる電車があり、気持ちが良かったです。
    そういえば、札幌の地下鉄も窓が開けられてて、気持ちが良かったなぁ。
    自然の風と冷房は感じ方が全く違います。


    実際、とあるスーパーに入る前は、ちょっと涼しく感じる夕方でしたが、店内が寒すぎました。
    必死で小走りに買い物をして外に出たら、外が熱風に感じましてすぐに体に異変が起こりました。
    だーっと汗が来て、心拍数が乱れ、呼吸がしんどい、外気温に慣れるまで苦しかったです。
    しばらくしてから、涼しい夕方だったことを思い出せるくらいに戻り、まもなく爽快に戻りました。

    この温度差がいかに体にきついか。 
    一気に暑いのも、一気に涼しいのも血管にはよくない、つまり心臓によくないと思います。
    汗を嫌う生活が、新陳代謝を弱めている、と思います。
    なんか、心のブラックホールに無理やり押し込まれて抜け出した気分とでもいいましょうか。
    冷房で遺伝子に傷が付いて、それを治すために頑張って抜け出したら遺伝子が変化していたぁ~みたいな爽快ともいえましょうか。



    ★遺伝子レベルから宇宙レベルにて

    人はもはや遺伝子レベルで変化したほうがいいのかもしれません。(遺伝子の突然変異は日常レベルで起こっているらしいって聞いたことがあります。)
    とはいえ、遺伝子のことを考えているわけにいきませんから、自分革命を起こすことかなぁと思います。

    負の感情をしっかり自分の中に認めて浄化させてあげる
    負の感情が残したものは忍耐力ややさしさとなって生きる力になるから、しっかり受け止めてあげて欲しいです。
    慣れたら、気付き=手放しになってゆくことが増えることでしょう。

    たとえば、誰かとトラブルが起こった不愉快
    その不愉快はその誰かのものではなく自分の中で生じた自分のものだということを知れば変化の一歩です。

    負の感情を撒き散らしている人たち(怒りあらわにしている人たち、嘆きながら慰めを請う人たち、自分の不幸を語りたがる人たち、解ってちょうだいオーラで近づいてくる人たち)と接したことがおありの方はお分かりだと思います。
    その負の感情は誰でもないその人自身のものであること。
    そういう時は、ストローク飢餓の脚本で動いていますから心理ゲームを仕掛けてきます。
    どんなストロークでも欲しいから、どんなことでもします。
    そんな相手には、壁になるしかありません。
    可哀想というきもちがおいしいご馳走になってしまいます。
    解ってあげたいという気持ちに取り付かれちゃいますから、いざ離れたいと思った時には離れてくれず大変な苦労をするかもしれません。
    肯定はもちろん否定であっても、相手はストロークが嬉しいですから共依存の関係になり得るのです。
    その人の真実の存在を思うなら、自分の存在を守るなら、壁になってあげてください。

    もしも自分自身が、負の感情に乗っ取られてしまった時は、脚本ちゃんが勝ち誇ってますから、気付きの自分に戻るまでちょっと待つしかないでしょう。
    しばらくしたらでいいから気付いてあげてほしいです。
    本当は寂しいチャイルドがいるのに、自分が認めて抱きしめて泣いてあげていないこと。
    負の感情が出てきてくれたことを喜んであげていないこと。
    こんな感情が出てきたのはあの事があったせいだ、あの人のせいだ、と外にばかり意識を向けて、自分で引き受けてあげていないこと。
    そして、あの事やあの人に関わる全ての人が信じられなくなります。ほんとは自分が自分を信じてないことに気付いてあげてほしいです。
    自律に向かって来た方ですと尚更葛藤があると思いますが、生き癖の方がラクな脚本に戻っていますから冷静になれません。
    そして、また、誰かと争うとか揉めるとか諦めるとかのストーリーをうっかり選んでいたりします。
    仕掛けたりもします。

    押し込められたチャイルドたちが可愛そうです。

    この道は気付いた人から進める道です。
    後も先もありません。
    比較も意味がありません。
    自分次第で、変えてゆける自分の道です。

    風の通り道を自分にも作ってあげたいですね。
    ぐるぐる吹き溜まりになっている感情を流してあげたいです。
    鼻から吸って口から出す深呼吸のように、ゆったりとさせてあげたいです。

    時は瞬時に過去になります。常に流れています。
    過去に葛藤の大元があるなら、小さいチャンに寄り添ってあげて、今現在の時間まで育てて連れておいで~。

    ----------------------------------------------------------

    カウンセリング受付

    中尾相談室の方針
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/07/11 11:04】 | 自律
    【タグ】 自分対策  
    トラックバック(0) |


    もも
    他の人が気になってしまう私にぴったりな記事でした(^^)私の中に傷があるんだね…

    Re: 何度も読みました。
    中尾真智子
    昔むかしの歌に

    「ぼくから大きなまるをあげるっよー♪」というところだけ覚えている歌があります。
    対象はお父さんだったか、子どもからあげるんですけれど。

    私は、感情はみんな○、誰かにハラッサーをしないでその感情を抱きしめることが出来たら大きな大きな○だと思います。やっちゃったと気付いたら、その気づきに○ですもん。

    時期はずれのコメント返しなので、ピントがずれてても許してね。

    何度も読みました。
    yui
    >★遺伝子レベルから宇宙レベルにて

    大丈夫、大丈夫って言われてる気がしました。


    生き癖も、人生脚本も、全てが大事な自分であることを
    すぐに忘れてしまいます。

    そして
    負の感情は悪 
    押し込められたチャイルドが善

    そんな風にIPにやられっぱなしです。

    私はダメだと諦めて、そして外ばかりに集中していることに気付きます。

    気付けてもすぐには動けない。

    私には本当に気づくことは出来ないのかもしれない。
    そこまで思ってしまう。

    思考なのか、自分なのか、なんなのか。
    ぐるぐるぐるぐる。

    息苦しさマックスです。

    チャイルドなんかフル無視です。

    私にとって無視以上にきついことは無いのに。

    自分が心理ゲームもしかけています。
    気づくと恥ずかしいと思い、私はそんなことしていないと思い込む。

    またチャイルドを無視です。

    どうしていいか分からなくなる。


    だから
    >押し込められたチャイルドたちが可愛そうです。

    ~最後までの文章は

    私でいいんだ、私だからできるんだ。
    そうか、そうやればいいんだ。


    >鼻から吸って口から出す深呼吸のように・・・

    思わずどんな感じだったかと
    読みながら鼻から息を吸って口から出す深呼吸をしていました。


    一日も早く気付き、感じ、寄り添いたい。
    一緒に思いっきり泣きたい。

    冒頭に書いたとおり、私で大丈夫。そう感じた文章でした。
    ただ嬉しいです。

    変ですね。^^;


    昨日、中尾先生のカウンセリングを受けました。

    先生はチャイルドの徹底的な味方になってくれてすごいです。
    真智子さんはチャイルドをいい子いい子してくれるようです。


    尻切れになっちゃったけど思い切って投稿します。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    他の人が気になってしまう私にぴったりな記事でした(^^)私の中に傷があるんだね…
    2014/04/08(Tue) 15:44 | URL  | もも #ELgsKP12[ 編集]
    Re: 何度も読みました。
    昔むかしの歌に

    「ぼくから大きなまるをあげるっよー♪」というところだけ覚えている歌があります。
    対象はお父さんだったか、子どもからあげるんですけれど。

    私は、感情はみんな○、誰かにハラッサーをしないでその感情を抱きしめることが出来たら大きな大きな○だと思います。やっちゃったと気付いたら、その気づきに○ですもん。

    時期はずれのコメント返しなので、ピントがずれてても許してね。
    2012/02/25(Sat) 17:24 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    何度も読みました。
    >★遺伝子レベルから宇宙レベルにて

    大丈夫、大丈夫って言われてる気がしました。


    生き癖も、人生脚本も、全てが大事な自分であることを
    すぐに忘れてしまいます。

    そして
    負の感情は悪 
    押し込められたチャイルドが善

    そんな風にIPにやられっぱなしです。

    私はダメだと諦めて、そして外ばかりに集中していることに気付きます。

    気付けてもすぐには動けない。

    私には本当に気づくことは出来ないのかもしれない。
    そこまで思ってしまう。

    思考なのか、自分なのか、なんなのか。
    ぐるぐるぐるぐる。

    息苦しさマックスです。

    チャイルドなんかフル無視です。

    私にとって無視以上にきついことは無いのに。

    自分が心理ゲームもしかけています。
    気づくと恥ずかしいと思い、私はそんなことしていないと思い込む。

    またチャイルドを無視です。

    どうしていいか分からなくなる。


    だから
    >押し込められたチャイルドたちが可愛そうです。

    ~最後までの文章は

    私でいいんだ、私だからできるんだ。
    そうか、そうやればいいんだ。


    >鼻から吸って口から出す深呼吸のように・・・

    思わずどんな感じだったかと
    読みながら鼻から息を吸って口から出す深呼吸をしていました。


    一日も早く気付き、感じ、寄り添いたい。
    一緒に思いっきり泣きたい。

    冒頭に書いたとおり、私で大丈夫。そう感じた文章でした。
    ただ嬉しいです。

    変ですね。^^;


    昨日、中尾先生のカウンセリングを受けました。

    先生はチャイルドの徹底的な味方になってくれてすごいです。
    真智子さんはチャイルドをいい子いい子してくれるようです。


    尻切れになっちゃったけど思い切って投稿します。
    2011/07/12(Tue) 23:50 | URL  | yui #3fIBvpkA[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック