家族カウンセラーの想いつれづれ
    テレビで電化製品が紹介されて、結構驚いています。
    省エネエアコンを買い求めている人々のニュースでした。
    皆さんの意識が高いことに感心して、では私も出来ること何かあるかなーと見ていましたらば、

    「エアコンは大きなほうがいいんです。」と店員らしい女性。
    一気に冷房して設定温度になると運転を止める(設定温度で止まるのは皆さん知っていると思います)。
    ドライ設定は除湿運転をずっとするので冷房のほうがいい。

    うーん・・・自信たっぷりに話されるので納得するのだろうなぁ。
    今のより大きなものを買わされる必要が本当にあるんだろうか・・・。相手は商売ですから、上手に言います。
    私も本当のところは実験もしていないからわかりません。

    でも、一番大事なことは私たちの体にも無理をさせないことだと思います。

    自動販売機なら、一気に冷やして電源を切るという輪番節電をしても本体は冷たく飲めるというのは理解できます。しかし、人間は生きていますから体を一気に冷やしてというのは、どうなんだろう・・・と思って見ていました。

    大きなエアコンで一気に冷やす・・・私はレストランなどでエアコンをあげたかどうかすぐにわかります。
    すーっと寒さがやってきます。心臓あたりからすーっと血の気が引いてきます。
    とても体にいいとは思えません。
    夏のこの苦しさのために「ホッカイロ」は常にバックの中にあります。(資源の無駄遣いですが耐えられません)
    半袖も外で着れても、建物の中で寒くなるのでほぼ着ません。カーデガンやショール持参でも寒いです。
    奥の手がホッカイロ、腰の後ろに貼って内臓から暖めて助けてもらいます。

    大型スーパーの夏の涼しさもしんどいですが、冬はダウンやオーバーを着ていくので中はあんなに暑くなくてもいいのになぁといつも思っています。

    電車も夏は寒くてたまりません。私だけかと思ったら、ぶるぶる震えている薄着の女性がいます。
    冬場はオーバーやダウンを脱ぎたくなるくらい暑くなるので、混雑していると酔ってしまいます。

    設定温度は外気と5度にしましょう、というのは体に優しいと思います。

    エアコンの温度で離婚と笑い話のようですが、冬は同じ温度でいられるのに夏になると一気に涼しくないと生きられないと主張する旦那さんに腹を立てている奥さんは、夏だけ別居したい、体が持たないといいます。

    実際、エアコンのおかげで外気は暑い、いや熱いです。
    体にいい温度で使って欲しいなぁ。
    体にやさしいということは、地球にもやさしいって思う。
    病院の病棟はそんなに強い冷房使っていませんよね。
    たまたま尋ねたホスピスや老人ホームも体に優しい温度でした。


    ---------

    それはさておき、エネルギーで新しい動き。
    この方の多額の寄付でこの会社の人気も上がったようですが、また新しい動きです。

    自然エネルギー財団を設立するとのこと。

    民主党の東日本大震災復興ビジョンチームの会合に出席した孫氏は、「自然エネルギー財団」を通して、「原発をやめろ」と言うばかりでなく、現実的な代替手段を示したいと述べた。同財団を数か月以内に設立し、ソフトバンク社長としてではなく、孫氏個人として、10億円程度を寄付するという。
    自然エネルギー財団では、世界トップレベルの科学者100人を呼び集め、研究成果を発表したり、日本への政策提言をすることなどを考えているという。

     脱・原発の具体的な例として、孫氏は「東日本ソーラーベルト構想」を挙げた。東日本大震災で津波により潮をかぶった農地は、塩害のため10年間ほど農地として使えない。しかし、その土地を政府主導で、太陽光発電などを行う「ソーラーベルト」として利用したらどうかという提案だ。


    孫氏の提案は、太陽光のほか風力や地熱など様々な自然エネルギーを利用した発電を行うというもの。孫氏は「世界最大のソーラーベルトを作ろう。希望あふれるビジョンを作ろう」と語った。
    (ここまで記事より引用)

    世界中が知恵と技術を持ち寄って、地球にやさしいことが出来たらいいなぁと思います。

    -----


    その一方で、東電も
    東電、7月までに電力供給力を5,200万キロワットに回復と頑張っているわけですが、

    東京電力が設定している夏場の最大電力需要は5,500万キロワット。これまで発表していた東電の夏の電力供給力は4,650万キロワットだったが、予定通り7月末までに電力供給量が上がれば、夏期の電力不足量見込みは従来の850万キロワットから、300万キロワットへ、約3分の1に縮小することになる。

     東京電力は電力供給量を上げるため、千葉県にある姉崎火力発電所や袖ヶ浦火力発電所、千葉火力発電所に合計109台の発電設備を新設する予定。これにより、7月までに約12万キロワット、8月までに約67万キロワットの電力供給力の増加が見込まれている。

    長期計画停止中だった火力発電所の運転再開や、夜間などに余った電力を使って発電する「揚水発電」の実施により、合計で約510万キロワットの供給力増も見込まれる。

     ただ、8月には柏崎刈羽原子力発電所の1号機と7号機が定期点検に入るため、同月末までの電力供給力は7月から130万キロワット下がり、5,070万キロワットとされた。

     東電は、企業や家庭の節電効果により、1日当たりの最大電力使用料は「前年に比べ約20%下回って推移して」いると述べた。しかし夏場には、暑さのためにエアコンを使用するなど、電力需要が高まることから、引き続き企業や家庭に節電を求めていくという。なお、昨年夏の最大電力は約6千万キロワットを記録した。

     一報、海江田経済産業相は同日、夏期に電力使用料を最大25%削減するよう企業や家庭に求める政府の節電目標幅を引き下げる方針を示唆したという。
    (ここまで記事引用)

    今は夏のことが優先されるのでしょうけれど、将来の目標が原発廃止とは書いてないので地球にやさしい方向ではないのかな。

    多くの電力会社で働く人々の事情を思うと、自然エネルギーにシフトしていただけたらいいのになぁ、って夢見物語でしょうか。


    原発はいりません。


    脱原発宣言をした城南信用金庫(吉原毅理事長)を応援しますで、城南信用金庫の吉原毅理事長話されていますが、私たちの出来る範囲で出来ることから始めてゆくことが大事だと思います。

    私たちは財力もない、会社ごと働きかけられるわけでもない、けれど

    「原発はいりません」

    と声に出すことはいつでも出来ます。

    風評に踊らされず、本当に自分に必要かどうかを考えて選ぶことが出来ます。

    必要な人もあれば必要じゃない人もある、このことも大事にしたいです。

    我が家はエアコンは要らないけれど、様々な理由でエアコンが必要なご家庭もあると思います。
    他にも色々な場面で、言えることでしょうね。
    夏に窓の前に朝顔のつるを利用して影を作り、窓を開けてもホコリが入り難い、ということをやっていた知人を思い出しました。家庭の電気代の節約のためでしたが、地球にやさしいです。

    戦中戦後だったかに灯りをつけていたら近所に避難されたものだ、とどこかで読みましたが、その考えはファッショに繋がる危険性があると感じます。

    自販機がいらない、と言う声もあるそうですが、私は昔むかし、病気の幼子を置いて店にいけず、自販機のスポーツドリンクに助けられました。すぐに点滴になってしまう子でしたから準備していたつもりでしたが、うっかり買い置きしてなかったのです。慌てました。
    コカコーラさんなどは、上手に輪番で電源を切って冷たい飲み物を提供してきたそうで、更にそのような努力をされると聞いています。

    それぞれが出来ることをやる。
    みんなが生き残れるようなそれぞれの知恵の中で、出来ることをやってゆく姿勢が大事だろうと思います。
    関連記事


    追記を閉じる▲
    自動販売機なら、一気に冷やして電源を切るという輪番節電をしても本体は冷たく飲めるというのは理解できます。しかし、人間は生きていますから体を一気に冷やしてというのは、どうなんだろう・・・と思って見ていました。

    大きなエアコンで一気に冷やす・・・私はレストランなどでエアコンをあげたかどうかすぐにわかります。
    すーっと寒さがやってきます。心臓あたりからすーっと血の気が引いてきます。
    とても体にいいとは思えません。
    夏のこの苦しさのために「ホッカイロ」は常にバックの中にあります。(資源の無駄遣いですが耐えられません)
    半袖も外で着れても、建物の中で寒くなるのでほぼ着ません。カーデガンやショール持参でも寒いです。
    奥の手がホッカイロ、腰の後ろに貼って内臓から暖めて助けてもらいます。

    大型スーパーの夏の涼しさもしんどいですが、冬はダウンやオーバーを着ていくので中はあんなに暑くなくてもいいのになぁといつも思っています。

    電車も夏は寒くてたまりません。私だけかと思ったら、ぶるぶる震えている薄着の女性がいます。
    冬場はオーバーやダウンを脱ぎたくなるくらい暑くなるので、混雑していると酔ってしまいます。

    設定温度は外気と5度にしましょう、というのは体に優しいと思います。

    エアコンの温度で離婚と笑い話のようですが、冬は同じ温度でいられるのに夏になると一気に涼しくないと生きられないと主張する旦那さんに腹を立てている奥さんは、夏だけ別居したい、体が持たないといいます。

    実際、エアコンのおかげで外気は暑い、いや熱いです。
    体にいい温度で使って欲しいなぁ。
    体にやさしいということは、地球にもやさしいって思う。
    病院の病棟はそんなに強い冷房使っていませんよね。
    たまたま尋ねたホスピスや老人ホームも体に優しい温度でした。


    ---------

    それはさておき、エネルギーで新しい動き。
    この方の多額の寄付でこの会社の人気も上がったようですが、また新しい動きです。

    自然エネルギー財団を設立するとのこと。

    民主党の東日本大震災復興ビジョンチームの会合に出席した孫氏は、「自然エネルギー財団」を通して、「原発をやめろ」と言うばかりでなく、現実的な代替手段を示したいと述べた。同財団を数か月以内に設立し、ソフトバンク社長としてではなく、孫氏個人として、10億円程度を寄付するという。
    自然エネルギー財団では、世界トップレベルの科学者100人を呼び集め、研究成果を発表したり、日本への政策提言をすることなどを考えているという。

     脱・原発の具体的な例として、孫氏は「東日本ソーラーベルト構想」を挙げた。東日本大震災で津波により潮をかぶった農地は、塩害のため10年間ほど農地として使えない。しかし、その土地を政府主導で、太陽光発電などを行う「ソーラーベルト」として利用したらどうかという提案だ。


    孫氏の提案は、太陽光のほか風力や地熱など様々な自然エネルギーを利用した発電を行うというもの。孫氏は「世界最大のソーラーベルトを作ろう。希望あふれるビジョンを作ろう」と語った。
    (ここまで記事より引用)

    世界中が知恵と技術を持ち寄って、地球にやさしいことが出来たらいいなぁと思います。

    -----


    その一方で、東電も
    東電、7月までに電力供給力を5,200万キロワットに回復と頑張っているわけですが、

    東京電力が設定している夏場の最大電力需要は5,500万キロワット。これまで発表していた東電の夏の電力供給力は4,650万キロワットだったが、予定通り7月末までに電力供給量が上がれば、夏期の電力不足量見込みは従来の850万キロワットから、300万キロワットへ、約3分の1に縮小することになる。

     東京電力は電力供給量を上げるため、千葉県にある姉崎火力発電所や袖ヶ浦火力発電所、千葉火力発電所に合計109台の発電設備を新設する予定。これにより、7月までに約12万キロワット、8月までに約67万キロワットの電力供給力の増加が見込まれている。

    長期計画停止中だった火力発電所の運転再開や、夜間などに余った電力を使って発電する「揚水発電」の実施により、合計で約510万キロワットの供給力増も見込まれる。

     ただ、8月には柏崎刈羽原子力発電所の1号機と7号機が定期点検に入るため、同月末までの電力供給力は7月から130万キロワット下がり、5,070万キロワットとされた。

     東電は、企業や家庭の節電効果により、1日当たりの最大電力使用料は「前年に比べ約20%下回って推移して」いると述べた。しかし夏場には、暑さのためにエアコンを使用するなど、電力需要が高まることから、引き続き企業や家庭に節電を求めていくという。なお、昨年夏の最大電力は約6千万キロワットを記録した。

     一報、海江田経済産業相は同日、夏期に電力使用料を最大25%削減するよう企業や家庭に求める政府の節電目標幅を引き下げる方針を示唆したという。
    (ここまで記事引用)

    今は夏のことが優先されるのでしょうけれど、将来の目標が原発廃止とは書いてないので地球にやさしい方向ではないのかな。

    多くの電力会社で働く人々の事情を思うと、自然エネルギーにシフトしていただけたらいいのになぁ、って夢見物語でしょうか。


    原発はいりません。


    脱原発宣言をした城南信用金庫(吉原毅理事長)を応援しますで、城南信用金庫の吉原毅理事長話されていますが、私たちの出来る範囲で出来ることから始めてゆくことが大事だと思います。

    私たちは財力もない、会社ごと働きかけられるわけでもない、けれど

    「原発はいりません」

    と声に出すことはいつでも出来ます。

    風評に踊らされず、本当に自分に必要かどうかを考えて選ぶことが出来ます。

    必要な人もあれば必要じゃない人もある、このことも大事にしたいです。

    我が家はエアコンは要らないけれど、様々な理由でエアコンが必要なご家庭もあると思います。
    他にも色々な場面で、言えることでしょうね。
    夏に窓の前に朝顔のつるを利用して影を作り、窓を開けてもホコリが入り難い、ということをやっていた知人を思い出しました。家庭の電気代の節約のためでしたが、地球にやさしいです。

    戦中戦後だったかに灯りをつけていたら近所に避難されたものだ、とどこかで読みましたが、その考えはファッショに繋がる危険性があると感じます。

    自販機がいらない、と言う声もあるそうですが、私は昔むかし、病気の幼子を置いて店にいけず、自販機のスポーツドリンクに助けられました。すぐに点滴になってしまう子でしたから準備していたつもりでしたが、うっかり買い置きしてなかったのです。慌てました。
    コカコーラさんなどは、上手に輪番で電源を切って冷たい飲み物を提供してきたそうで、更にそのような努力をされると聞いています。

    それぞれが出来ることをやる。
    みんなが生き残れるようなそれぞれの知恵の中で、出来ることをやってゆく姿勢が大事だろうと思います。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/04/21 06:42】 | 災害・脱原発・エネルギー
    【タグ】 自分対策  
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック