家族カウンセラーの想いつれづれ
    orange-オレンジ-」をもう一度見たいけど、3月5日まで1日1回の上映なのね。しかも夜かぁ。(TT)
    時間を作って見に行けたらいいな。



    さておき、昨夜は夫が夜遅かったので、義母は夫が遅い日にありがちな拗ね子さんになりました。
     「今日はもうこのままでええ。お腹も空いてないし。」

    「でも、トイレに行かないと。水分もとらないと。」

    「もう死んだものと扱って。」

    《寝たきり宣言》をしちゃいました。何度目かしら・・・。

    「おかあさんはそれで良くても、私は殺人者になりたくないですよ。」

    「英司は?」

    「もうそろそろ帰ってくるんじゃないかしら(あと3〜4時間は帰らなさそうだけど)。」

    「英司にも、もう頑張れないって言ってちょうだい。」

    「それは自分で言ってくださいね。お腹が空いてないなら、もうちょっと後にしましょうか。」

    「はい。」

    「あと1時間、仕事してきますね〜。」




    階段途中の部屋で、義父が確定申告の書類をいじっていたので、少しアドバイスをして1時間経った頃、義父が「飯を食わにゃ!」とそわそわとしたので、打ち切って階下へ。




    さて、義母に声かけすると、先ほどと同じ繰り返しがありながらも、

    「あんたも大変なんだから、私のことはいいから自分のことを大事にしなさい。なんでそんなに頑張るの。」

    「おかあさんができることをしてくれたら、たいした大変なことはないですよ。それに生きてる以上は頑張らなきゃね(義母の決まり文句を利用)。ちゃんと途中で休んでますしね。」

    「私はもう何も楽しみもないし、何もできないし、じいさん(夫)はあの通り(自己中心)だし、口うるさいばっかりだし。」

    「たしかに口うるさい上に、しつこく説教されてるのを聞くとため息がでますね。」

    「英司も厳しいけどねぇ。」

    「それは親子だからじゃないですかね。昔よりずっと優しくもなりましたよ。」

    「そうねぇ。あんたたちは二人で話し合うのがいいのねぇ。」

    「そうですね。昔は喧嘩ばかりしてました。それを子どもが何よりも悲しかったというのを聞いて申し訳ない気持ちでいっぱいです。素直に反省してごめんなさいを言って、子どもに安心をあげたかったなぁと昔の私が残念ですよ。」

    「そう思えるのがいいじゃない?」

    「ありがとうございます。そうそう、私も札幌に心臓の検査だなんだっていう母がいますけど、いざという時に私は何にもできません。」

    「頼もしい子どもたちがいるからいいじゃない?」

    「いやいや、何人いようと子どもにとって母は一人です。腹の立つこともあるけど元気に長生きしてほしいもんですよ。」

    「そうよねぇ。」

    「英司さんは、高校で家を出てから一緒に過ごしたことがないから親子をやりたいって、同居を始める前に言ってました。だから、お母さんも親子をやってほしいです。」

    「(しんみり)そうなのねぇ。」

    「おかあさん、二人の子のために長生きしてくださいよ。子ども孝行してください。」

    「そうねぇ。そう言われると、頑張らんとって気になるわねぇ。」




    その後、「立つ」&「座る」&「方向変換」を自力でやってくれたので、介護がだいぶ楽でした。

    子ども孝行が張り合いになったのか、私に夫(義父)の愚痴を吐き出して心のコップが軽くなったのか、てんぷらうどん(薄味のつゆ、うどんは半分、長ネギ多め、半熟卵、かまぼこ、揚げ4分の1)をみごとに完食しました。





    (元気で)長生きしてください・・・この言葉は、「orange-オレンジ-」を見て、(お願いだから十分に親子をやってください)という願いで口から出ました。
    現実的には、例えば札幌の母に、寝たきりで管に繋がれてまで長生きしてほしいと思わないし、本人もそれを望んでいません(※今のところ、検査に引っかかって精密検査を拒否ってますが、私より歩くのも速いし、去年の耳の帯状疱疹で入院した後もリハビリをして麻痺を治し元気に見える母です)。
    義父母に対しては、もっと手放ししていますが、どちらにも思うのは、血の通った会話をして、喧嘩もして仲直りもして、十分に親子をやれるうちにやってほしいと、独りよがりな願いが浮かびます。

    独りよがりだけど、何か義母の心に少しエネルギーが湧いたのも感じました。

    「そんなに体が弱くて(貧血と低血圧と当時は原因不明の高熱をしばしば=苦労の脚本絶好調!)ちゃんとご飯作れてるの?もっと元気で頑張りなさい!」と電話で手紙で言い続けた義母が、初めて私に「体を大事にしなさい。」と言ってくれたことも嬉しかったです。



    ♡ちゃんちゃん♡
    関連記事


    追記を閉じる▲
     「今日はもうこのままでええ。お腹も空いてないし。」

    「でも、トイレに行かないと。水分もとらないと。」

    「もう死んだものと扱って。」

    《寝たきり宣言》をしちゃいました。何度目かしら・・・。

    「おかあさんはそれで良くても、私は殺人者になりたくないですよ。」

    「英司は?」

    「もうそろそろ帰ってくるんじゃないかしら(あと3〜4時間は帰らなさそうだけど)。」

    「英司にも、もう頑張れないって言ってちょうだい。」

    「それは自分で言ってくださいね。お腹が空いてないなら、もうちょっと後にしましょうか。」

    「はい。」

    「あと1時間、仕事してきますね〜。」




    階段途中の部屋で、義父が確定申告の書類をいじっていたので、少しアドバイスをして1時間経った頃、義父が「飯を食わにゃ!」とそわそわとしたので、打ち切って階下へ。




    さて、義母に声かけすると、先ほどと同じ繰り返しがありながらも、

    「あんたも大変なんだから、私のことはいいから自分のことを大事にしなさい。なんでそんなに頑張るの。」

    「おかあさんができることをしてくれたら、たいした大変なことはないですよ。それに生きてる以上は頑張らなきゃね(義母の決まり文句を利用)。ちゃんと途中で休んでますしね。」

    「私はもう何も楽しみもないし、何もできないし、じいさん(夫)はあの通り(自己中心)だし、口うるさいばっかりだし。」

    「たしかに口うるさい上に、しつこく説教されてるのを聞くとため息がでますね。」

    「英司も厳しいけどねぇ。」

    「それは親子だからじゃないですかね。昔よりずっと優しくもなりましたよ。」

    「そうねぇ。あんたたちは二人で話し合うのがいいのねぇ。」

    「そうですね。昔は喧嘩ばかりしてました。それを子どもが何よりも悲しかったというのを聞いて申し訳ない気持ちでいっぱいです。素直に反省してごめんなさいを言って、子どもに安心をあげたかったなぁと昔の私が残念ですよ。」

    「そう思えるのがいいじゃない?」

    「ありがとうございます。そうそう、私も札幌に心臓の検査だなんだっていう母がいますけど、いざという時に私は何にもできません。」

    「頼もしい子どもたちがいるからいいじゃない?」

    「いやいや、何人いようと子どもにとって母は一人です。腹の立つこともあるけど元気に長生きしてほしいもんですよ。」

    「そうよねぇ。」

    「英司さんは、高校で家を出てから一緒に過ごしたことがないから親子をやりたいって、同居を始める前に言ってました。だから、お母さんも親子をやってほしいです。」

    「(しんみり)そうなのねぇ。」

    「おかあさん、二人の子のために長生きしてくださいよ。子ども孝行してください。」

    「そうねぇ。そう言われると、頑張らんとって気になるわねぇ。」




    その後、「立つ」&「座る」&「方向変換」を自力でやってくれたので、介護がだいぶ楽でした。

    子ども孝行が張り合いになったのか、私に夫(義父)の愚痴を吐き出して心のコップが軽くなったのか、てんぷらうどん(薄味のつゆ、うどんは半分、長ネギ多め、半熟卵、かまぼこ、揚げ4分の1)をみごとに完食しました。





    (元気で)長生きしてください・・・この言葉は、「orange-オレンジ-」を見て、(お願いだから十分に親子をやってください)という願いで口から出ました。
    現実的には、例えば札幌の母に、寝たきりで管に繋がれてまで長生きしてほしいと思わないし、本人もそれを望んでいません(※今のところ、検査に引っかかって精密検査を拒否ってますが、私より歩くのも速いし、去年の耳の帯状疱疹で入院した後もリハビリをして麻痺を治し元気に見える母です)。
    義父母に対しては、もっと手放ししていますが、どちらにも思うのは、血の通った会話をして、喧嘩もして仲直りもして、十分に親子をやれるうちにやってほしいと、独りよがりな願いが浮かびます。

    独りよがりだけど、何か義母の心に少しエネルギーが湧いたのも感じました。

    「そんなに体が弱くて(貧血と低血圧と当時は原因不明の高熱をしばしば=苦労の脚本絶好調!)ちゃんとご飯作れてるの?もっと元気で頑張りなさい!」と電話で手紙で言い続けた義母が、初めて私に「体を大事にしなさい。」と言ってくれたことも嬉しかったです。



    ♡ちゃんちゃん♡
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2016/02/28 10:15】 | 家族小景
    【タグ】 人生脚本  脳内親  インナーチャイルド  無意識  子孝行  
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック