家族カウンセラーの想いつれづれ
    夏に、きゅうりと玉ねぎの色がきれいで気分がのって撮っていたもの。。。

    クリックすると大きくなります。
    さて何ができるでしょうか
    さて何ができるでしょうか posted by (C)machi

    このように準備をして仕上げをしますが、その間に、夫は義母を介助してトイレに連れて行きます。
    私は、夫に頼まれたことに手を貸しながら、粛々と料理を作り、義母の着替えを石鹸で下洗いしたり食べこぼしのシミ抜きをします。そう、私は洗濯物にシミが残るのが相当嫌なのです。「こんなもの大丈夫や。」と義父母に言われても、(汚れたんだか洗ったんだかわからないじゃないですかぁ)と、さっと汚れの部分を洗います。できればシミ抜きの洗剤を避けたいですから。

    そんなこんなしている時に、夫は根気よく義母を励ましては、自分で起きるまで待ちます。義父は、気が短いので義母を急がせては手を貸して弱らせてしまうので、朝と晩は夫が積極的に関わっています。ベッドに起きるまでと、車椅子で運んだトイレで本人が移動してトイレを終えて(ここで私がお尻を拭く)車椅子に座るまでと、この待ち時間が長いですから、その辺を箒で掃いたり洗濯を干したりしています。

    義母がテーブルに着く頃には、いろいろなことが終わりご飯を出せるタイミングになっています。
    ここで、「おとうさん手伝って〜」というと、義父が(よっしゃ!)とばかりに居間から来ます。義父の認知予防に自分と妻の茶碗とお箸を使ってもらっていますので、そこは自分でやってもらうようにしています。義父母は日常的に煎茶を飲みますから、それも義父に担当してもらっています。
    はじめは私が入れていたのですが、お茶を変えるたびに「勿体無い。それでええ。」と言われ、お茶屋の娘だった私は、出がらしを出すことがとっても嫌で、お茶入れをとっとと手放しちゃいました。腎臓結石で煎茶は飲まない(ほうじ茶や麦茶を飲む)私が煎茶を入れるのはお客様が来た時くらいです。

    私たちが仕事をしている時間帯は、義父が義母との昼ごはんも作り全ての面倒をみれるし、義母は義父の服装やら忘れん坊なところを叱ったりして、なんだかんだと夫婦仲良くやっています。





    そうそう、前の記事のコメントに「嫁の立場」という一字があってこの文字を浮かべては眺めていました。
    同居を始めた頃に、「介護は嫁がやるもんだ」という意識を持っている人々が普通に発する言葉が重たかったこと、「良いお嫁さんでよかったね。」と言われて嬉しそうな笑顔の義母を見ているのも苦しかったこと、「夫の嫁以外の嫁はやらない」という意思をもたなければ同居出来なかった過去の傷等々を眺めながら過ごしました。


    その傷を直接義父母に伝える場面もあって、義父は驚きつつも納得してくれて義母は謝罪をしてくれました。
    それでも、「嫁」と意識に登った途端に、義母は上からの司令塔になるし、義父は私を通じて息子と対話しようとします。
    ここに便乗すると無意識にお互いを道具にしますから、やっぱり私は「義父母の嫁」はいたしません←家政婦のミタ風(笑)。


    私にとって「良い嫁でいたい気持ち」は、脳内親(IP)に従う脚本のダミー感情です。
    罪悪感もダミー感情です。
    これらが発揮されると、相手を無視して手を貸しては自己満足に浸ることになるでしょう。
    (お母さん、あなたの望むように一生懸命苦労しています)という脚本ちゃんが大喜びして絶好調になるでしょう。
    世間体が気になることもありますが、私が義父母に親切で、義母の身体に触れる時の丁寧さは義父母と夫が知っているし、誰よりも私が知っています。
    義父母に好意がありますが、それ以上の重たさを抱えることのないようにと気をつけています。

    私と夫が大事にしているのは、「これは誰の問題(課題)か」ということです。その問題(課題)と向き合うはずの人を無視して誰かが代わりに解決すると、その人と誰かは共依存の関係になってゆくでしょう。
    また、どの場面でも、自分の役割や立ち位置があります。問題(課題)と向き合う人が解決に辿り着くまで、「聴く」「見守る」「待つ」「手助けする」「暫し忘れてあげる」等「かかわる」ことが必要な場合は、自分も相手も大事にしながらかかわると良いと思います。

    「嫁(婿)の立場」というのは、自分がどうありたいかで違うでしょうし、いろいろな姿があると思います。
    いずれにしても、周囲に惑わされずに自律したところに立つことで随分生きやすくなると思います。

    参照:親の介護を始める前にしておくべき自分の心の棚卸し





    そんな暮らしの1ページとして
    この辺りで一品
    この辺りで一品 posted by (C)machi





    もっと薄く切ったつもりなのになぁ。アップにするとまだまだ厚みを感じますね。
    アップするとかなり厚く感じる
    アップするとかなり厚く感じる posted by (C)machi





    スライサーが苦手で全部包丁です。
    玉ねぎときゅうりの薄切り
    玉ねぎときゅうりの薄切り posted by (C)machi





    順番に炒めながら〜
    IMG_2799
    IMG_2799 posted by (C)machi





    下ごしらえしたゴーヤ投入ーその後タマゴで仕上げました。
    IMG_2800
    IMG_2800 posted by (C)machi





    さて何ができるでしょうか。むふ。
    答えがわかった方はコメントで遊んでください。(^^)
    ただし栄養バランスがなんちゃら、とか批判コメントは削除っちゃいます。

    私は数日〜1週間にどんな栄養が取れるかなぁとイメージして作っていますが、義母がゴーヤが好き(というか好き嫌いが多い)なので、夏はいろんな食材にゴーヤ投入が多いです。



    スライドショーというものを使ってみます。(実験)↓








    どっち見てますか
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    ハラッサーとハラッシーのいたちごっこ
    いたちごっこから降りる
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。
    関連記事


    追記を閉じる▲

    このように準備をして仕上げをしますが、その間に、夫は義母を介助してトイレに連れて行きます。
    私は、夫に頼まれたことに手を貸しながら、粛々と料理を作り、義母の着替えを石鹸で下洗いしたり食べこぼしのシミ抜きをします。そう、私は洗濯物にシミが残るのが相当嫌なのです。「こんなもの大丈夫や。」と義父母に言われても、(汚れたんだか洗ったんだかわからないじゃないですかぁ)と、さっと汚れの部分を洗います。できればシミ抜きの洗剤を避けたいですから。

    そんなこんなしている時に、夫は根気よく義母を励ましては、自分で起きるまで待ちます。義父は、気が短いので義母を急がせては手を貸して弱らせてしまうので、朝と晩は夫が積極的に関わっています。ベッドに起きるまでと、車椅子で運んだトイレで本人が移動してトイレを終えて(ここで私がお尻を拭く)車椅子に座るまでと、この待ち時間が長いですから、その辺を箒で掃いたり洗濯を干したりしています。

    義母がテーブルに着く頃には、いろいろなことが終わりご飯を出せるタイミングになっています。
    ここで、「おとうさん手伝って〜」というと、義父が(よっしゃ!)とばかりに居間から来ます。義父の認知予防に自分と妻の茶碗とお箸を使ってもらっていますので、そこは自分でやってもらうようにしています。義父母は日常的に煎茶を飲みますから、それも義父に担当してもらっています。
    はじめは私が入れていたのですが、お茶を変えるたびに「勿体無い。それでええ。」と言われ、お茶屋の娘だった私は、出がらしを出すことがとっても嫌で、お茶入れをとっとと手放しちゃいました。腎臓結石で煎茶は飲まない(ほうじ茶や麦茶を飲む)私が煎茶を入れるのはお客様が来た時くらいです。

    私たちが仕事をしている時間帯は、義父が義母との昼ごはんも作り全ての面倒をみれるし、義母は義父の服装やら忘れん坊なところを叱ったりして、なんだかんだと夫婦仲良くやっています。





    そうそう、前の記事のコメントに「嫁の立場」という一字があってこの文字を浮かべては眺めていました。
    同居を始めた頃に、「介護は嫁がやるもんだ」という意識を持っている人々が普通に発する言葉が重たかったこと、「良いお嫁さんでよかったね。」と言われて嬉しそうな笑顔の義母を見ているのも苦しかったこと、「夫の嫁以外の嫁はやらない」という意思をもたなければ同居出来なかった過去の傷等々を眺めながら過ごしました。


    その傷を直接義父母に伝える場面もあって、義父は驚きつつも納得してくれて義母は謝罪をしてくれました。
    それでも、「嫁」と意識に登った途端に、義母は上からの司令塔になるし、義父は私を通じて息子と対話しようとします。
    ここに便乗すると無意識にお互いを道具にしますから、やっぱり私は「義父母の嫁」はいたしません←家政婦のミタ風(笑)。


    私にとって「良い嫁でいたい気持ち」は、脳内親(IP)に従う脚本のダミー感情です。
    罪悪感もダミー感情です。
    これらが発揮されると、相手を無視して手を貸しては自己満足に浸ることになるでしょう。
    (お母さん、あなたの望むように一生懸命苦労しています)という脚本ちゃんが大喜びして絶好調になるでしょう。
    世間体が気になることもありますが、私が義父母に親切で、義母の身体に触れる時の丁寧さは義父母と夫が知っているし、誰よりも私が知っています。
    義父母に好意がありますが、それ以上の重たさを抱えることのないようにと気をつけています。

    私と夫が大事にしているのは、「これは誰の問題(課題)か」ということです。その問題(課題)と向き合うはずの人を無視して誰かが代わりに解決すると、その人と誰かは共依存の関係になってゆくでしょう。
    また、どの場面でも、自分の役割や立ち位置があります。問題(課題)と向き合う人が解決に辿り着くまで、「聴く」「見守る」「待つ」「手助けする」「暫し忘れてあげる」等「かかわる」ことが必要な場合は、自分も相手も大事にしながらかかわると良いと思います。

    「嫁(婿)の立場」というのは、自分がどうありたいかで違うでしょうし、いろいろな姿があると思います。
    いずれにしても、周囲に惑わされずに自律したところに立つことで随分生きやすくなると思います。

    参照:親の介護を始める前にしておくべき自分の心の棚卸し





    そんな暮らしの1ページとして
    この辺りで一品
    この辺りで一品 posted by (C)machi





    もっと薄く切ったつもりなのになぁ。アップにするとまだまだ厚みを感じますね。
    アップするとかなり厚く感じる
    アップするとかなり厚く感じる posted by (C)machi





    スライサーが苦手で全部包丁です。
    玉ねぎときゅうりの薄切り
    玉ねぎときゅうりの薄切り posted by (C)machi





    順番に炒めながら〜
    IMG_2799
    IMG_2799 posted by (C)machi





    下ごしらえしたゴーヤ投入ーその後タマゴで仕上げました。
    IMG_2800
    IMG_2800 posted by (C)machi





    さて何ができるでしょうか。むふ。
    答えがわかった方はコメントで遊んでください。(^^)
    ただし栄養バランスがなんちゃら、とか批判コメントは削除っちゃいます。

    私は数日〜1週間にどんな栄養が取れるかなぁとイメージして作っていますが、義母がゴーヤが好き(というか好き嫌いが多い)なので、夏はいろんな食材にゴーヤ投入が多いです。



    スライドショーというものを使ってみます。(実験)↓








    どっち見てますか
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    ハラッサーとハラッシーのいたちごっこ
    いたちごっこから降りる
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2015/12/05 09:18】 | 家族小景
    【タグ】 人生脚本  脳内親  無意識  インナーペアレンツ  インナーチャイルド  同居  嫁姑    
    トラックバック(0) |

    簡単ポテトグラタン
    中尾真智子
    1茹でたお芋を潰したもの
    2mixチーズ
    3ベーコン
    4生クリーム
    耐熱ガラス(オーブンレンジ可)のお鍋に、1から3まで薄い層で重ねてゆきます。
    最後は3のベーコンが上になるようにします。
    上から生クリームをかけて(鍋に蓋はしない)オーブンレンジで「グラタン」を選んで出来上がり。
    娘の大好物です。



    風子さん
    中尾真智子
    > 写真を見ていたら、無性にキュウリとワカメの酢の物が食べたくなりました。

    キュウリとわかめの酢の物!わわ、食べたくなっちゃった。

    > キュウリの緑(黄緑色?)がすごく鮮やかで綺麗ですね!

    玉ねぎの薄切りに映えて綺麗ですよねー。思わずiPhoneを取りに行ったほど。^^



    風子
    写真を見ていたら、無性にキュウリとワカメの酢の物が食べたくなりました。
    キュウリの緑(黄緑色?)がすごく鮮やかで綺麗ですね!

    では
    出先より中尾真智子
    写真から別メニューが浮かんだ方は教えてね。
    オリジナルでもかまいません。
    遊びでーす。

    こうめさん
    中尾真智子
    > ゴーヤチャンプルーに、ポテトサラダも…?あとはワカメのお味噌汁でしょうか…どうやら1品じゃなさそうですね(^^)

    わかりやす過ぎましたね。うふ。

    > お腹減ってきましたよ~。飯テロですよ(≧▽≦)

    それは嬉しいお言葉。


    > この事に気付かない人の多いこと…。特に、近い間柄とか身内の問題となるとそういった傾向が強くなるような気がします。(私の周辺だけかもしれませんが(;^_^A)大切な事なんだけど、忘れてしまいがちになるので、時々こうやって振り返るって大事。距離感が掴めなくて、危うくまた共依存ワールドに引き戻されるところでした(;つД`)

    うっかりと懐かしい世界にワープしてる時があっても、自律したところまでワープで戻ってこれますとも!

    > 私にとっては非常にタイムリーな記事でした。感謝(*´∀`)

    ありがとうございます。


    Cさん
    中尾真智子
    > ゴーヤチャンプルかと思いました^ ^

    そのとおりです。

    > とってもおいしそうです。

    ありがとうございます。
    >
    > 夏場、ゴーヤが出回りましたら
    > レシピをマネさせてくださいね。

    夏のお野菜ならなんでも使えますね。^^



    こうめ
    ゴーヤチャンプルーに、ポテトサラダも…?あとはワカメのお味噌汁でしょうか…どうやら1品じゃなさそうですね(^^)
    お腹減ってきましたよ~。飯テロですよ(≧▽≦)

    >「これは誰の問題(課題)か」ということです。その問題(課題)と向き合うはずの人を無視して誰かが代わりに解決すると、その人と誰かは共依存の
    関係になってゆくでしょう。
    >また、どの場面でも、自分の役割や立ち位置があります。問題(課題)と向き合う人が解決に辿り着くまで、「聴く」「見守る」「待つ」「手助けする」「暫し忘れてあげる」等「かかわる」ことが必要な場合は、自分も相手も大事にしながらかかわると良いと思います。

    この事に気付かない人の多いこと…。特に、近い間柄とか身内の問題となるとそういった傾向が強くなるような気がします。(私の周辺だけかもしれませんが(;^_^A)大切な事なんだけど、忘れてしまいがちになるので、時々こうやって振り返るって大事。距離感が掴めなくて、危うくまた共依存ワールドに引き戻されるところでした(;つД`)
    私にとっては非常にタイムリーな記事でした。感謝(*´∀`)






    C
    ゴーヤチャンプルかと思いました^ ^

    とってもおいしそうです。

    夏場、ゴーヤが出回りましたら
    レシピをマネさせてくださいね。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    簡単ポテトグラタン
    1茹でたお芋を潰したもの
    2mixチーズ
    3ベーコン
    4生クリーム
    耐熱ガラス(オーブンレンジ可)のお鍋に、1から3まで薄い層で重ねてゆきます。
    最後は3のベーコンが上になるようにします。
    上から生クリームをかけて(鍋に蓋はしない)オーブンレンジで「グラタン」を選んで出来上がり。
    娘の大好物です。

    2015/12/07(Mon) 09:00 | URL  | 中尾真智子 #BbTkef3A[ 編集]
    風子さん
    > 写真を見ていたら、無性にキュウリとワカメの酢の物が食べたくなりました。

    キュウリとわかめの酢の物!わわ、食べたくなっちゃった。

    > キュウリの緑(黄緑色?)がすごく鮮やかで綺麗ですね!

    玉ねぎの薄切りに映えて綺麗ですよねー。思わずiPhoneを取りに行ったほど。^^
    2015/12/07(Mon) 08:54 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    写真を見ていたら、無性にキュウリとワカメの酢の物が食べたくなりました。
    キュウリの緑(黄緑色?)がすごく鮮やかで綺麗ですね!
    2015/12/06(Sun) 22:33 | URL  | 風子 #1OcfNHt6[ 編集]
    では
    写真から別メニューが浮かんだ方は教えてね。
    オリジナルでもかまいません。
    遊びでーす。
    2015/12/06(Sun) 14:17 | URL  | 出先より中尾真智子 #BbTkef3A[ 編集]
    こうめさん
    > ゴーヤチャンプルーに、ポテトサラダも…?あとはワカメのお味噌汁でしょうか…どうやら1品じゃなさそうですね(^^)

    わかりやす過ぎましたね。うふ。

    > お腹減ってきましたよ~。飯テロですよ(≧▽≦)

    それは嬉しいお言葉。


    > この事に気付かない人の多いこと…。特に、近い間柄とか身内の問題となるとそういった傾向が強くなるような気がします。(私の周辺だけかもしれませんが(;^_^A)大切な事なんだけど、忘れてしまいがちになるので、時々こうやって振り返るって大事。距離感が掴めなくて、危うくまた共依存ワールドに引き戻されるところでした(;つД`)

    うっかりと懐かしい世界にワープしてる時があっても、自律したところまでワープで戻ってこれますとも!

    > 私にとっては非常にタイムリーな記事でした。感謝(*´∀`)

    ありがとうございます。
    2015/12/06(Sun) 13:48 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    Cさん
    > ゴーヤチャンプルかと思いました^ ^

    そのとおりです。

    > とってもおいしそうです。

    ありがとうございます。
    >
    > 夏場、ゴーヤが出回りましたら
    > レシピをマネさせてくださいね。

    夏のお野菜ならなんでも使えますね。^^
    2015/12/06(Sun) 13:44 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    ゴーヤチャンプルーに、ポテトサラダも…?あとはワカメのお味噌汁でしょうか…どうやら1品じゃなさそうですね(^^)
    お腹減ってきましたよ~。飯テロですよ(≧▽≦)

    >「これは誰の問題(課題)か」ということです。その問題(課題)と向き合うはずの人を無視して誰かが代わりに解決すると、その人と誰かは共依存の
    関係になってゆくでしょう。
    >また、どの場面でも、自分の役割や立ち位置があります。問題(課題)と向き合う人が解決に辿り着くまで、「聴く」「見守る」「待つ」「手助けする」「暫し忘れてあげる」等「かかわる」ことが必要な場合は、自分も相手も大事にしながらかかわると良いと思います。

    この事に気付かない人の多いこと…。特に、近い間柄とか身内の問題となるとそういった傾向が強くなるような気がします。(私の周辺だけかもしれませんが(;^_^A)大切な事なんだけど、忘れてしまいがちになるので、時々こうやって振り返るって大事。距離感が掴めなくて、危うくまた共依存ワールドに引き戻されるところでした(;つД`)
    私にとっては非常にタイムリーな記事でした。感謝(*´∀`)



    2015/12/05(Sat) 22:27 | URL  | こうめ #-[ 編集]
    ゴーヤチャンプルかと思いました^ ^

    とってもおいしそうです。

    夏場、ゴーヤが出回りましたら
    レシピをマネさせてくださいね。
    2015/12/05(Sat) 16:27 | URL  | C #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック