家族カウンセラーの想いつれづれ
    不思議ですが、平静です。

    昨日は、髪を切りに行きました。

    なんだか昨日行っておきたかったんです。

    私は自分で切るか1000円カットを利用していますが、今回は長くなりすぎたし自分に1000円お金をかけようと決めました。(笑)

    もし店がやっていなければ娘に手伝ってもらって切ろうと思っていましたが、ありがたいことにやっていました。


    とても短くなりさっぱりしました。

    首にマフラーは欠かせませんが、洗髪後のドライヤーいらずなのはありがたいです。




    10分おきに走っていた電車が20分おきになっても困りませんでした。
    ところが、人数が多いのですね。
    乗る頃には結構並んでいました。


    貧血母娘としてはちょっと鉄分が欲しかったので、ひじきがあったから買いました。

    駅も街も節電していました。
    なくても困らないのに、いつも電気を無駄遣いしていたのですね。


    電話相談もはじまりました。


    刻一刻と変化する中ですが、私は私の仕事をやってゆきます。
    今日を明日に繋ぐ日常業務も生きているしるしです。



    人にはそれぞれの役割りがあるのだなぁと思います。

    持っているエネルギーにも個性があるのだなぁと思います。





    今あることをする。

    生かされた命を生きる。

    今の持ち合わせで生きる。

    私は諦めが悪い。

    命に対しては往生際が悪い。

    今ここで嘆くくらいなら、いいエネルギーが流れるように祈りたい。


    文句を言う暇があったら、祈りたい。

    手が開いたら祈ろう。

    眠る前に祈ろう。

    起きたら祈ろう。

    何に?

    そんなこともいいんだ。

    みんなの祈りが集まることが大事なんだ。

    心静かに祈る時間を持とう。

    不安も起こる

    怖いも起こる

    それでも、自分を宇宙の一人に数えたらおおいなる宇宙の一部と知ったら

    勇気が沸いて来る

    心が平安になる


    イメージは大事。



    以下は、英司のところにいただいたコメント;大地のぬくもりさん
    涙があふれました。

    __

    原発は孤独なインナーチャイルド
    朝9時に福島原発と被災地と被災者に向けて、愛の波動と送ろうという呼びかけに応えて、たった今そのワークをさせていただいたところでした。

    原発に意識を向けている時に感じたものは
    わたしたちの身勝手さに対する、哀しみと怒りの
    叫びでした。
    それから、私がやってきた原発反対運動が間違っていたことを冷静に感じていました。
    わたしたちは、原発のことを本当は何も分かっていなかったのだと思います。
    誰も分かっていなかったのだと思います。

    原発は誰からも大切にされてきたことは
    なかったのだと思います。
    それを感じた時、ホ・オポノポノの4つの言葉が
    わたしの口から出ていました。

    ごめんなさい
    許してください
    そして、こころを込めて ありがとう!
    ありがとう!ありがとう!ありがとう!

    愛しています
    深く深く愛しています

    母親がその懐に深くわが子を抱きしめ、愛おしむように、原発を優しくこの胸元に包み込んでいました
    今悪者扱いされ、諸悪の根源のようにな扱いを受けている原発に必要なのは、
    わたしたちひとりひとりが、
    しっかりと原発に向き合い、
    受け入れ、認めてあげることなんじゃないだろうか
    そのためには、
    まず、わたしの中に渦巻いている不安と恐怖を鎮め、心の平安をわたし自身が取り戻すことだと
    思います。
    目の前の現実は、わたしたちが空想し、創造しているものであるなら、
    今こそ、引き寄せの法則を活用して
    愛と平穏をわたしたちひとりひとりの心に
    取り戻すことなんじゃないかな

    東電の社員さんで、40年間原発の運転に従事してきた9月で退職予定の島根のお父さんが
    20人の福島行きの任務に名乗り出て、出発したそうです。
    今、命がけでこの事態に取り組んでいる方々にも
    愛をこころを込めて送らせてもらいました。

    今はみんながひとつになること
    同じ一つの命であることを思い出す時
    原発も実は愛そのものでできている
    この事実をどうか知ってくださいね

    推敲成しで、送信します

    ___


    そして、発電所で今も頑張ってくださっている人々に感謝します。

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1689991019&owner_id=24641205


    関連記事


    追記を閉じる▲
    10分おきに走っていた電車が20分おきになっても困りませんでした。
    ところが、人数が多いのですね。
    乗る頃には結構並んでいました。


    貧血母娘としてはちょっと鉄分が欲しかったので、ひじきがあったから買いました。

    駅も街も節電していました。
    なくても困らないのに、いつも電気を無駄遣いしていたのですね。


    電話相談もはじまりました。


    刻一刻と変化する中ですが、私は私の仕事をやってゆきます。
    今日を明日に繋ぐ日常業務も生きているしるしです。



    人にはそれぞれの役割りがあるのだなぁと思います。

    持っているエネルギーにも個性があるのだなぁと思います。





    今あることをする。

    生かされた命を生きる。

    今の持ち合わせで生きる。

    私は諦めが悪い。

    命に対しては往生際が悪い。

    今ここで嘆くくらいなら、いいエネルギーが流れるように祈りたい。


    文句を言う暇があったら、祈りたい。

    手が開いたら祈ろう。

    眠る前に祈ろう。

    起きたら祈ろう。

    何に?

    そんなこともいいんだ。

    みんなの祈りが集まることが大事なんだ。

    心静かに祈る時間を持とう。

    不安も起こる

    怖いも起こる

    それでも、自分を宇宙の一人に数えたらおおいなる宇宙の一部と知ったら

    勇気が沸いて来る

    心が平安になる


    イメージは大事。



    以下は、英司のところにいただいたコメント;大地のぬくもりさん
    涙があふれました。

    __

    原発は孤独なインナーチャイルド
    朝9時に福島原発と被災地と被災者に向けて、愛の波動と送ろうという呼びかけに応えて、たった今そのワークをさせていただいたところでした。

    原発に意識を向けている時に感じたものは
    わたしたちの身勝手さに対する、哀しみと怒りの
    叫びでした。
    それから、私がやってきた原発反対運動が間違っていたことを冷静に感じていました。
    わたしたちは、原発のことを本当は何も分かっていなかったのだと思います。
    誰も分かっていなかったのだと思います。

    原発は誰からも大切にされてきたことは
    なかったのだと思います。
    それを感じた時、ホ・オポノポノの4つの言葉が
    わたしの口から出ていました。

    ごめんなさい
    許してください
    そして、こころを込めて ありがとう!
    ありがとう!ありがとう!ありがとう!

    愛しています
    深く深く愛しています

    母親がその懐に深くわが子を抱きしめ、愛おしむように、原発を優しくこの胸元に包み込んでいました
    今悪者扱いされ、諸悪の根源のようにな扱いを受けている原発に必要なのは、
    わたしたちひとりひとりが、
    しっかりと原発に向き合い、
    受け入れ、認めてあげることなんじゃないだろうか
    そのためには、
    まず、わたしの中に渦巻いている不安と恐怖を鎮め、心の平安をわたし自身が取り戻すことだと
    思います。
    目の前の現実は、わたしたちが空想し、創造しているものであるなら、
    今こそ、引き寄せの法則を活用して
    愛と平穏をわたしたちひとりひとりの心に
    取り戻すことなんじゃないかな

    東電の社員さんで、40年間原発の運転に従事してきた9月で退職予定の島根のお父さんが
    20人の福島行きの任務に名乗り出て、出発したそうです。
    今、命がけでこの事態に取り組んでいる方々にも
    愛をこころを込めて送らせてもらいました。

    今はみんながひとつになること
    同じ一つの命であることを思い出す時
    原発も実は愛そのものでできている
    この事実をどうか知ってくださいね

    推敲成しで、送信します

    ___


    そして、発電所で今も頑張ってくださっている人々に感謝します。

    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1689991019&owner_id=24641205


    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/03/16 16:43】 | 災害・脱原発・エネルギー
    【タグ】 インナーチャイルド  
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック