家族カウンセラーの想いつれづれ
    最近「褒めて育てよ!」という言葉に違和感が湧いています。

    叱るより褒めろっていう感じ

    褒めたら育つという感じ

    この「褒める」の受け入れやすさは、「褒められたい」人々の思いではなかろうか。

    親が褒めることで、親に褒められたことを頑張る

    親に褒められるように頑張る

    もっともっと頑張る

    頑張ることから降りれなくなる

    親は、頑張れなくなった我が子を受け止められず、もっと頑張れって言ってしまう。





    褒めて育てる、という意識に隠れ潜む無意識には

    「褒めないと育たない」という強迫観念や

    「叱ったらダメ」という禁止令がありえます。

    これらに束縛されている親御さんは、褒めることも叱ることも怖くて出来ません。

    これらの人は、親の脅威を身に沁みながら育ったのでしょう。

    (褒められた記憶や、叱られた記憶がなくて出来ない人もいます。)




    「褒める」も「叱る」も上からの言葉なのです。

    親は、親であるだけで権威です。

    子どもにとって世界中の誰よりも権威ある存在です。


    権威から降りて、子どもと在ること

    子どもの成長を、子どもとともに喜ぶ存在であること

    親子して楽ちんです。

    楽ーラクですし楽しいです。


    「褒めたらいけない」「叱ったらいけない」とは思いません。

    そういう場面もあるでしょう。

    その後のケアも忘れないで欲しいのです。





    ※褒める
    1 人のしたこと・行いをすぐれていると評価して、そのことを言う。たたえる。「勇気ある行動を―・める」「手放しで―・める」「あまり―・めた話ではない」⇔そしる/けなす。
    2 祝う。ことほぐ。
    goo辞書

    1は評価され、2は日常では大袈裟です。

    ※評価
    1 品物の価格を決めること。また、その価格。ねぶみ。「―額」
    2 事物や人物の、善悪・美醜などの価値を判断して決めること。「外見で人を―する」
    3 ある事物や人物について、その意義・価値を認めること。「―できる内容」「仕事ぶりを―する」
    goo辞書





    これらとは別に、「教育評価」という言葉があります。

    児童・生徒の知能・学力・適性・性格・身体・健康などの変化を、教育目的に照らして価値判定すること。これによって教授計画改善や学習の動機づけをし、教育効果の向上を図る。
    goo辞書

    例えば、通知表がわかりやすいでしょうか。

    テストの成績表、学級委員、部活動、生徒会、進路など、たくさんありますね。

    ここに親の操作が入ると、教育現場は混乱しますし子どもが安心できません。

    外でも家でも緊張状態が続きますから、だんだん疲弊してゆきます。

    親は、安全基地であって欲しいですね。




    心のコップがいっぱいの親御さん
    子育ての愛に混じり気ないですか
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    ハラッサーとハラッシーのいたちごっこ
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。
    関連記事


    追記を閉じる▲

    親が褒めることで、親に褒められたことを頑張る

    親に褒められるように頑張る

    もっともっと頑張る

    頑張ることから降りれなくなる

    親は、頑張れなくなった我が子を受け止められず、もっと頑張れって言ってしまう。





    褒めて育てる、という意識に隠れ潜む無意識には

    「褒めないと育たない」という強迫観念や

    「叱ったらダメ」という禁止令がありえます。

    これらに束縛されている親御さんは、褒めることも叱ることも怖くて出来ません。

    これらの人は、親の脅威を身に沁みながら育ったのでしょう。

    (褒められた記憶や、叱られた記憶がなくて出来ない人もいます。)




    「褒める」も「叱る」も上からの言葉なのです。

    親は、親であるだけで権威です。

    子どもにとって世界中の誰よりも権威ある存在です。


    権威から降りて、子どもと在ること

    子どもの成長を、子どもとともに喜ぶ存在であること

    親子して楽ちんです。

    楽ーラクですし楽しいです。


    「褒めたらいけない」「叱ったらいけない」とは思いません。

    そういう場面もあるでしょう。

    その後のケアも忘れないで欲しいのです。





    ※褒める
    1 人のしたこと・行いをすぐれていると評価して、そのことを言う。たたえる。「勇気ある行動を―・める」「手放しで―・める」「あまり―・めた話ではない」⇔そしる/けなす。
    2 祝う。ことほぐ。
    goo辞書

    1は評価され、2は日常では大袈裟です。

    ※評価
    1 品物の価格を決めること。また、その価格。ねぶみ。「―額」
    2 事物や人物の、善悪・美醜などの価値を判断して決めること。「外見で人を―する」
    3 ある事物や人物について、その意義・価値を認めること。「―できる内容」「仕事ぶりを―する」
    goo辞書





    これらとは別に、「教育評価」という言葉があります。

    児童・生徒の知能・学力・適性・性格・身体・健康などの変化を、教育目的に照らして価値判定すること。これによって教授計画改善や学習の動機づけをし、教育効果の向上を図る。
    goo辞書

    例えば、通知表がわかりやすいでしょうか。

    テストの成績表、学級委員、部活動、生徒会、進路など、たくさんありますね。

    ここに親の操作が入ると、教育現場は混乱しますし子どもが安心できません。

    外でも家でも緊張状態が続きますから、だんだん疲弊してゆきます。

    親は、安全基地であって欲しいですね。




    心のコップがいっぱいの親御さん
    子育ての愛に混じり気ないですか
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    ハラッサーとハラッシーのいたちごっこ
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2015/04/16 08:50】 | 育児(育自)
    【タグ】 褒める  叱る  安全基地  教育現場  評価  無意識  禁止令  強迫観念    
    トラックバック(0) |

    すみれさん
    中尾真智子
    > 親にとって価値があるから褒められ、親にとって価値がないから叱(怒)られる。

    親の所有物じゃないのにねえ。

    > 未だに親元にいた頃の習性ひきづってて、ごっちゃになります。

    脳内親め〜。IPに気がついたら無視してやりましょうね。


    すみれ
    私の育った家だと、常に評価で褒められ叱られていた気がします。
    親にとって価値があるから褒められ、親にとって価値がないから叱(怒)られる。
    未だに親元にいた頃の習性ひきづってて、ごっちゃになります。




    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    すみれさん
    > 親にとって価値があるから褒められ、親にとって価値がないから叱(怒)られる。

    親の所有物じゃないのにねえ。

    > 未だに親元にいた頃の習性ひきづってて、ごっちゃになります。

    脳内親め〜。IPに気がついたら無視してやりましょうね。
    2015/04/19(Sun) 11:16 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    私の育った家だと、常に評価で褒められ叱られていた気がします。
    親にとって価値があるから褒められ、親にとって価値がないから叱(怒)られる。
    未だに親元にいた頃の習性ひきづってて、ごっちゃになります。


    2015/04/17(Fri) 14:39 | URL  | すみれ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック