家族カウンセラーの想いつれづれ
    カウンセリングで、親とのエンプティで「お父さん(お母さん)大好き!」が出て来てくれました。
    ずっと【怖い】と言っていたお父さん(お母さん)が大好きな小さいちゃんです。その小さいちゃんはお父さん(お母さん)が大好きだから、お父さん(お母さん)の笑っている顔が見たくて、お父さん(お母さん)に嫌われないようにずっとご機嫌を伺ってきました。健気ですね。
    これだけでへとへとになりますから、いつの間にか「大好き」は忘れて、嫌われないように怒らせないように、細心の注意を払う生き癖が身に付いてしまいました。




    そして今、人に嫌われないように、相手のご機嫌を伺って、自分の態度が合っているのか、間違っていたのではないだろうかと、自分自身を疑って心配してハラハラして怖がっています。

    この生き癖を手放していただこうとエンプティをしてみても、途中でわからなくなってしまいます。この「わからない」が、IPですね。自分のインナーチャイルドが出て来ないように、ずっとずっと「よくわからない」ことにして、事実を見させなかったのでしょう。

    ゆっくりじっくり進めてゆくと
    「親にぶつかったら壊れちゃうかもしれない。」という心配が出てきました。
    これもよく見られます。
    エンプティだから壊れませんが、小さいちゃんの内側では、お父さん(お母さん)が壊れないように心配しながら守っていたこともわかりました。ダミー感情ですけどね。

    どんな風に壊れそうなのかな?と訊くと、「よく泣くから」と言います。
    どんな時に泣くのかな?と訊いてみると、親のお葬式と娘の結婚式の2回しか泣いたのを思い出せません。実際は、よく泣いていなかったのです。
    このように、親を守るために事実をねじまげて、自分自身を騙してまで親を庇っているのです。

    (親のために我慢する可哀想な私)の脚本人生を無意識に選んでいることが少し見えて来たでしょうか。




    また、誰かと喧嘩したい衝動があることにも気がつかれました。
    カウンセリングを始めた頃は、我が子に厳しく叱ってしまう自分を責めて苦しんできましたが、紆余曲折を経て、このたび明らかに自分の内側に【怒り】があることに気がつかれたのです。
    なにせ、それまで(わからない)ことにしてきましたから、これは凄いことです。

    多くの人は、「あんな言い方するなんて!」とか「振る舞いが酷い!」とか「態度が悪い!」とか、相手のせいにして怒っていますから、自分の方に怒りがあると気がつくのは容易じゃないんです。

    この方も、これまでは、自分の中の【怒り】を吐き出す切っ掛けに、相手の怒りを利用してきました。無意識に、相手の怒りを引き出して【怒るから怖い!】と相手のせいにして、自分の感情を吐き出してきたのでした。怒られて怖い思いをしている可哀想な私。

    ここでも、(可哀想な私)の脚本人生を選んでいることが見えますね。
    とはいえ、頭で理解しても、自分自身に置き換えられない人がとても多いです。なにせ親との問題をわからないようにしてきましたから。

    余談ですが、【怒る人】の常套句は「相手が自分を怒らせるから悪い!」で、相手のせいです。「相手が怒らせる」という認識と、「自分の中に怒りがある」という認識では、同じ【怒り】でも振る舞いが180度違います。【怒る人】も、【相手の怒りを引き出した上で自分の怒りを吐き出す人】も、親に我慢した感情を、本人が受け止めていないので、人にぶつけてしまうのです。どっちもどっちです。どうぞ怒りを感じたら、自分の感情だと認識してください。

    さて、これまでは、相手を【怖いー怒る】人にしておけましたが、自分自身に【怒り】があると認めましたから、いよいよ自分と向き合うしかなくなりました。この先が楽しみです。




    また、夫婦間の対話をロールプレイしてもらうと面白いことが見えてきました。

    夫「(猫の毛を拾いながら)一日一回は掃除をしてくれないか。」
    妻「今日はしました。」
    夫「うん、でも一日一回は掃除をして欲しい。」
    妻「(ミケの毛が気になるなら)自分でやればいいでしょう!」
    夫「掃除機はすぐに終わるでしょ。」
    妻「(掃除機を出しながら)私だって子育てや家事でやることが山ほどあって大変なんです!」
    夫「夜遅いから明日にして欲しい。」
    妻「(掃除機をかけて)ほら掃除機なんかすぐ終わるでしょ?!」


    よくありがちな場面ですが、白いボールに違う色のボールを投げています。
    どのくらい不自然かちょっと見てみましょうね。


    夫「一日一回は掃除をしてくれないか。」
    夫「うん、でも一日一回は掃除をして欲しい。」
    夫「掃除機はすぐに終わるでしょ。」
    夫「夜遅いから明日にして欲しい。」

    夫は、妻が掃除機をたまにサボることをを知っていて、「一日一回は掃除をして欲しい。」と声かけしていることがわかります。そこには一貫性があります。

    それに対して、妻は、ミケ猫の毛を嫌がる夫が煩いという設定になっています。

    妻「今日はしました。」
    妻「自分でやればいいでしょう!」
    妻「私だって子育てや家事でやることが山ほどあって大変なんです!」
    妻「ほら掃除機なんかすぐ終わるでしょ?!」

    掃除機はすぐに終わるという意見は一致しました。実際には、この方にとって掃除機はすぐに終わることなのですが、何故かサボってしまうのですね。その謎はこの先にとっておきましょう。
    さて、家事や育児で大変な姿をアピールして、脳内親に見せています。

    こうして(大変で可哀想な私)の人生脚本を選んでいたのです。

    こういうことは、カウンセリング現場ではよく見られます。夫(恋人)を代理親にして、「私と仕事とどっちが大事なの?」とか「子どもと仕事とどっちが大事なの?」とか「家庭と仕事とどっちが大事なの?」とかね。

    この時、夫が満員列車で(あるいは自家用車でラッシュの中を)通勤して、一日のほとんどの時間を会社の激務に追い立てられていることは想像も出来なくなっています。

    それほど、余裕がなくなっているのは、本当に家事や育児が大変だからでしょうか。
    そもそも、心のコップが一杯なのに気がつかないで、無意識に操られて生きて来た結果ではないでしょうか。自分の周りの人間を代理親にしては心を囚われて、思考でぐるぐるして苦しがって来た結果ではないでしょうか。その苦しみは、本来いらない苦しみです。自分が自由になるだけのことです。

    では、なぜ苦しむのでしょう。
    それは、可哀想な私、大変な私、頑張る私、パーフェクトな私、冷静沈着な私、ダメな私、間違い続ける私…等など、親との連鎖で引き受けて来た私ーの脚本人生を無意識に選んでいるからですね。


    ※事例を一部分お借りして、解りやすく書いています。お借りした部分は承諾を戴いています。



    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    どっち見てますか
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。
    関連記事


    追記を閉じる▲
    これだけでへとへとになりますから、いつの間にか「大好き」は忘れて、嫌われないように怒らせないように、細心の注意を払う生き癖が身に付いてしまいました。




    そして今、人に嫌われないように、相手のご機嫌を伺って、自分の態度が合っているのか、間違っていたのではないだろうかと、自分自身を疑って心配してハラハラして怖がっています。

    この生き癖を手放していただこうとエンプティをしてみても、途中でわからなくなってしまいます。この「わからない」が、IPですね。自分のインナーチャイルドが出て来ないように、ずっとずっと「よくわからない」ことにして、事実を見させなかったのでしょう。

    ゆっくりじっくり進めてゆくと
    「親にぶつかったら壊れちゃうかもしれない。」という心配が出てきました。
    これもよく見られます。
    エンプティだから壊れませんが、小さいちゃんの内側では、お父さん(お母さん)が壊れないように心配しながら守っていたこともわかりました。ダミー感情ですけどね。

    どんな風に壊れそうなのかな?と訊くと、「よく泣くから」と言います。
    どんな時に泣くのかな?と訊いてみると、親のお葬式と娘の結婚式の2回しか泣いたのを思い出せません。実際は、よく泣いていなかったのです。
    このように、親を守るために事実をねじまげて、自分自身を騙してまで親を庇っているのです。

    (親のために我慢する可哀想な私)の脚本人生を無意識に選んでいることが少し見えて来たでしょうか。




    また、誰かと喧嘩したい衝動があることにも気がつかれました。
    カウンセリングを始めた頃は、我が子に厳しく叱ってしまう自分を責めて苦しんできましたが、紆余曲折を経て、このたび明らかに自分の内側に【怒り】があることに気がつかれたのです。
    なにせ、それまで(わからない)ことにしてきましたから、これは凄いことです。

    多くの人は、「あんな言い方するなんて!」とか「振る舞いが酷い!」とか「態度が悪い!」とか、相手のせいにして怒っていますから、自分の方に怒りがあると気がつくのは容易じゃないんです。

    この方も、これまでは、自分の中の【怒り】を吐き出す切っ掛けに、相手の怒りを利用してきました。無意識に、相手の怒りを引き出して【怒るから怖い!】と相手のせいにして、自分の感情を吐き出してきたのでした。怒られて怖い思いをしている可哀想な私。

    ここでも、(可哀想な私)の脚本人生を選んでいることが見えますね。
    とはいえ、頭で理解しても、自分自身に置き換えられない人がとても多いです。なにせ親との問題をわからないようにしてきましたから。

    余談ですが、【怒る人】の常套句は「相手が自分を怒らせるから悪い!」で、相手のせいです。「相手が怒らせる」という認識と、「自分の中に怒りがある」という認識では、同じ【怒り】でも振る舞いが180度違います。【怒る人】も、【相手の怒りを引き出した上で自分の怒りを吐き出す人】も、親に我慢した感情を、本人が受け止めていないので、人にぶつけてしまうのです。どっちもどっちです。どうぞ怒りを感じたら、自分の感情だと認識してください。

    さて、これまでは、相手を【怖いー怒る】人にしておけましたが、自分自身に【怒り】があると認めましたから、いよいよ自分と向き合うしかなくなりました。この先が楽しみです。




    また、夫婦間の対話をロールプレイしてもらうと面白いことが見えてきました。

    夫「(猫の毛を拾いながら)一日一回は掃除をしてくれないか。」
    妻「今日はしました。」
    夫「うん、でも一日一回は掃除をして欲しい。」
    妻「(ミケの毛が気になるなら)自分でやればいいでしょう!」
    夫「掃除機はすぐに終わるでしょ。」
    妻「(掃除機を出しながら)私だって子育てや家事でやることが山ほどあって大変なんです!」
    夫「夜遅いから明日にして欲しい。」
    妻「(掃除機をかけて)ほら掃除機なんかすぐ終わるでしょ?!」


    よくありがちな場面ですが、白いボールに違う色のボールを投げています。
    どのくらい不自然かちょっと見てみましょうね。


    夫「一日一回は掃除をしてくれないか。」
    夫「うん、でも一日一回は掃除をして欲しい。」
    夫「掃除機はすぐに終わるでしょ。」
    夫「夜遅いから明日にして欲しい。」

    夫は、妻が掃除機をたまにサボることをを知っていて、「一日一回は掃除をして欲しい。」と声かけしていることがわかります。そこには一貫性があります。

    それに対して、妻は、ミケ猫の毛を嫌がる夫が煩いという設定になっています。

    妻「今日はしました。」
    妻「自分でやればいいでしょう!」
    妻「私だって子育てや家事でやることが山ほどあって大変なんです!」
    妻「ほら掃除機なんかすぐ終わるでしょ?!」

    掃除機はすぐに終わるという意見は一致しました。実際には、この方にとって掃除機はすぐに終わることなのですが、何故かサボってしまうのですね。その謎はこの先にとっておきましょう。
    さて、家事や育児で大変な姿をアピールして、脳内親に見せています。

    こうして(大変で可哀想な私)の人生脚本を選んでいたのです。

    こういうことは、カウンセリング現場ではよく見られます。夫(恋人)を代理親にして、「私と仕事とどっちが大事なの?」とか「子どもと仕事とどっちが大事なの?」とか「家庭と仕事とどっちが大事なの?」とかね。

    この時、夫が満員列車で(あるいは自家用車でラッシュの中を)通勤して、一日のほとんどの時間を会社の激務に追い立てられていることは想像も出来なくなっています。

    それほど、余裕がなくなっているのは、本当に家事や育児が大変だからでしょうか。
    そもそも、心のコップが一杯なのに気がつかないで、無意識に操られて生きて来た結果ではないでしょうか。自分の周りの人間を代理親にしては心を囚われて、思考でぐるぐるして苦しがって来た結果ではないでしょうか。その苦しみは、本来いらない苦しみです。自分が自由になるだけのことです。

    では、なぜ苦しむのでしょう。
    それは、可哀想な私、大変な私、頑張る私、パーフェクトな私、冷静沈着な私、ダメな私、間違い続ける私…等など、親との連鎖で引き受けて来た私ーの脚本人生を無意識に選んでいるからですね。


    ※事例を一部分お借りして、解りやすく書いています。お借りした部分は承諾を戴いています。



    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    どっち見てますか
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/12/16 17:43】 | 人生脚本
    【タグ】 インナーチャイルド  人生脚本  脳内親  怒り  無意識  
    トラックバック(0) |

    すみれさん
    中尾真智子
    > 最近思い当たることがあって、タイミングよく、この記事を読めて良かったです。
    > ありがとうございます。

    こちらこそ、ありがとうございます。m(_ _)m

    みかんさん
    中尾真智子
    > すごく心に響きます。

    ありがとうございます。

    > これって、なんか意味あるのでしょうか。

    インナーペアレンツかと思います。

    > あ~あ・・・真智子さんに会いたいな・・・

    ありがとうございます。6月13日はスリーテンの予定です。^^



    すみれ
    最近思い当たることがあって、タイミングよく、この記事を読めて良かったです。
    ありがとうございます。




    みかん
    すごく心に響きます。


    本当は、たくさんコメント書いたのですが、結局消して、
    当たり障りのないように書き直しました。

    これって、なんか意味あるのでしょうか。


    あ~あ・・・真智子さんに会いたいな・・・




    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    すみれさん
    > 最近思い当たることがあって、タイミングよく、この記事を読めて良かったです。
    > ありがとうございます。

    こちらこそ、ありがとうございます。m(_ _)m
    2015/04/13(Mon) 15:56 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    みかんさん
    > すごく心に響きます。

    ありがとうございます。

    > これって、なんか意味あるのでしょうか。

    インナーペアレンツかと思います。

    > あ~あ・・・真智子さんに会いたいな・・・

    ありがとうございます。6月13日はスリーテンの予定です。^^
    2015/04/13(Mon) 15:55 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    最近思い当たることがあって、タイミングよく、この記事を読めて良かったです。
    ありがとうございます。

    2014/12/19(Fri) 11:31 | URL  | すみれ #-[ 編集]
    すごく心に響きます。


    本当は、たくさんコメント書いたのですが、結局消して、
    当たり障りのないように書き直しました。

    これって、なんか意味あるのでしょうか。


    あ~あ・・・真智子さんに会いたいな・・・


    2014/12/19(Fri) 00:55 | URL  | みかん #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック