家族カウンセラーの想いつれづれ
    誰もが、自分の大事な時間(命)を生きています。

    そのことを忘れて、人の時間(自分の時間)を奪うハラスメント行為はよく見られます。



    ハラッサーは、最もらしい理屈を色々つけて仕掛けてきます。

    自分が軽くなるために、人を利用していることに気がつきません。

    自分の重荷が軽くなる分、相手に重荷を乗せてしまいます。

    本当には軽くなりませんからおなじことを繰り返します。

    本当に向き合うのは、自分自身です。




    ハラッサーは無意識ですから、相手も無意識に受け取ります。

    後から、あの時間はなんだったのだろう・・・と空虚な気持ちになります。

    うかつにも自らのってしまったことには目を瞑り、奪われた時間に腹が立ったり、奪った相手を恨みたくなります。

    このまま、相手のせいにしたら、ハラッシーハラッサーの誕生ですね。

    本当に向き合うのは、自分自身です。




    ハラスメント界は、過去の執着と将来の不安を抱え続けて今を見ようとしません。

    ハラッサーは、無意識に過去(の誰か、あるいは出来事)を恨み続けることを選び続けて、その執着を手放しません。

    ハラッシーは、無意識に過去(の誰か、あるいは出来事)に責められ続けることを選び続けて、その執着を手放しません。

    昨日という過去に執着して、明日を生きれないと心配して「今」という時を「不安」に生きています。

    本当に向き合うのは、常に自分自身の内側です。

    それをせずに、そのもやもやざわざわを、誰かにわかってもらいたいという依存でハラスメントを仕掛ける。

    わかりにくいハラッシーで仕掛けることも多いです。

    ハラスメント界をぐるぐる彷徨い続けます。




    ハラスメント界で生きられる人は、それで幸せです。

    むしろ、依存出来ないので、自律(自由+責任)の世界は居心地が悪いかもしれません。

    自律の世界で、自らの責任で物事を選び決めて行動する自由を味わうにつれて、ハラスメント界の生き難さを痛感されてゆかれます。

    ハラスメント界から離れれば離れるほど、ハラスメントを異質に感じるようになりますから、おのずと世界が別れてゆきます。




    私たちの中にハラスメントは存在します。

    どちらにいたいか、いつも自分次第です。

    ハラッサーでいたら、相手のハラッシーを引き出しやすいでしょう。

    ハラッシーでいたら、相手にハラッサーを受けたと嘆くことが出来ます。

    気がついたら、向き合うのは自分です。

    傷ついた、傷つけた、と相手を対象に悩む膨大な時間を自分に注ぐと良いです。

    自分の時間が昨日で止まっているように、都合良く相手の時間は止まっていません。

    自立度が高い人ならば、傷つけた痛みも、傷つけられた痛みも、早々に向き合っていますから、すでに時間の流れが違います。




    出来事は、人生において一瞬です。

    一瞬の過去の痛みに執着し続けることが、ハラスメント界を作り出しているのかもしれません。

    その傷が、未来を不安に曇らせているもかもしれません。





    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    どっち見てますか
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。
    関連記事


    追記を閉じる▲
    ハラッサーは、最もらしい理屈を色々つけて仕掛けてきます。

    自分が軽くなるために、人を利用していることに気がつきません。

    自分の重荷が軽くなる分、相手に重荷を乗せてしまいます。

    本当には軽くなりませんからおなじことを繰り返します。

    本当に向き合うのは、自分自身です。




    ハラッサーは無意識ですから、相手も無意識に受け取ります。

    後から、あの時間はなんだったのだろう・・・と空虚な気持ちになります。

    うかつにも自らのってしまったことには目を瞑り、奪われた時間に腹が立ったり、奪った相手を恨みたくなります。

    このまま、相手のせいにしたら、ハラッシーハラッサーの誕生ですね。

    本当に向き合うのは、自分自身です。




    ハラスメント界は、過去の執着と将来の不安を抱え続けて今を見ようとしません。

    ハラッサーは、無意識に過去(の誰か、あるいは出来事)を恨み続けることを選び続けて、その執着を手放しません。

    ハラッシーは、無意識に過去(の誰か、あるいは出来事)に責められ続けることを選び続けて、その執着を手放しません。

    昨日という過去に執着して、明日を生きれないと心配して「今」という時を「不安」に生きています。

    本当に向き合うのは、常に自分自身の内側です。

    それをせずに、そのもやもやざわざわを、誰かにわかってもらいたいという依存でハラスメントを仕掛ける。

    わかりにくいハラッシーで仕掛けることも多いです。

    ハラスメント界をぐるぐる彷徨い続けます。




    ハラスメント界で生きられる人は、それで幸せです。

    むしろ、依存出来ないので、自律(自由+責任)の世界は居心地が悪いかもしれません。

    自律の世界で、自らの責任で物事を選び決めて行動する自由を味わうにつれて、ハラスメント界の生き難さを痛感されてゆかれます。

    ハラスメント界から離れれば離れるほど、ハラスメントを異質に感じるようになりますから、おのずと世界が別れてゆきます。




    私たちの中にハラスメントは存在します。

    どちらにいたいか、いつも自分次第です。

    ハラッサーでいたら、相手のハラッシーを引き出しやすいでしょう。

    ハラッシーでいたら、相手にハラッサーを受けたと嘆くことが出来ます。

    気がついたら、向き合うのは自分です。

    傷ついた、傷つけた、と相手を対象に悩む膨大な時間を自分に注ぐと良いです。

    自分の時間が昨日で止まっているように、都合良く相手の時間は止まっていません。

    自立度が高い人ならば、傷つけた痛みも、傷つけられた痛みも、早々に向き合っていますから、すでに時間の流れが違います。




    出来事は、人生において一瞬です。

    一瞬の過去の痛みに執着し続けることが、ハラスメント界を作り出しているのかもしれません。

    その傷が、未来を不安に曇らせているもかもしれません。





    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    どっち見てますか
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/03/27 08:53】 | ハラスメント
    【タグ】 ハラッサー  ハラッシー  ハラスメント  怒り  無意識  インナーペアレンツ  人生脚本  
    トラックバック(0) |

    則さんへ
    中尾真智子
    コメントをありがとうございます。

    【ハラスメント界は、過去の執着と将来の不安を抱え続けて今を見ようとしません。】
    【ハラッサーは、無意識に過去(の誰か、あるいは出来事)を恨み続けることを選び続けて、その執着を手放しません。】

    この二文だけをピックアップされていますが、私は、その次に

    【ハラッシーは、無意識に過去(の誰か、あるいは出来事)に責められ続けることを選び続けて、その執着を手放しません。】と書いています。並列で書いているのに、こちらはピックアップされていないことが不思議ですね。則さんの無意識が、あえて避けたように感じました。ハラッサーもハラッシーも同じ世界の住人です。どちらも哀しい連鎖を受けて育って今があります。

    さて、則さんのコメントですが、動詞が全部【受け身】ですね。この【受け身】の姿勢こそが親からの連鎖ではないでしょうか。責められつづけ、蔑まれ、一方的に決めつけられ、拒絶され、理不尽なことを言われ続ける【受け身】から、ご自身はどう変わってゆきたいのでしょう。「こどももまいっています。」とありますが、子どもを守る親として、どうありたいのでしょう。厳しいようですが、抱えている問題や自分自身と、しっかり向き合う覚悟がないままでは、相手を悪者にして愚痴を言ってその後が進みません。また、【受け身】で居続けると、カウンセラーのフィードバックが、自分を責めているように感じられて苦しくなって続きません。

    今は、自分自身の抱えている問題点を明白にして、ご自身に合ったカウンセラー探しをする時期ではないかと推察します。応援しています。


    質問させてください。

    ハラスメント界は、過去の執着と将来の不安を抱え続けて今を見ようとしません。

    ハラッサーは、無意識に過去(の誰か、あるいは出来事)を恨み続けることを選び続けて、その執着を手放しません。

    家内にずっと責められつづけています。
    蔑まされているというか・・

    子供も注意という感じで責められ続け反抗するとさらに責められます。
    こどもの反抗は父親の叱れないから、みじゅくものだからと、100%父親の責任にされます。
    父のわたしは問題を抱えているからと精神科、
    心療内科、カウンセラーの所へ行けといわれます。
    人の話は聞かず、一方的に決めつけられ、どうしようもないので第三者に入ってもらい話し合いをと提案しても拒絶され困っています。

    いつも不安でいらいらし、わたしはずっと理不尽なことを言われつづけています。

    いろいろ読んできましたが、このハラサーの説明がとてもフィットしました。

    こちらでわたしひとりでも相談できますか?
    できなかれば、どこかいい相談所を紹介していただけませんか?
    宜しくお願いいたします。
    こどももまいっています。


    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    則さんへ
    コメントをありがとうございます。

    【ハラスメント界は、過去の執着と将来の不安を抱え続けて今を見ようとしません。】
    【ハラッサーは、無意識に過去(の誰か、あるいは出来事)を恨み続けることを選び続けて、その執着を手放しません。】

    この二文だけをピックアップされていますが、私は、その次に

    【ハラッシーは、無意識に過去(の誰か、あるいは出来事)に責められ続けることを選び続けて、その執着を手放しません。】と書いています。並列で書いているのに、こちらはピックアップされていないことが不思議ですね。則さんの無意識が、あえて避けたように感じました。ハラッサーもハラッシーも同じ世界の住人です。どちらも哀しい連鎖を受けて育って今があります。

    さて、則さんのコメントですが、動詞が全部【受け身】ですね。この【受け身】の姿勢こそが親からの連鎖ではないでしょうか。責められつづけ、蔑まれ、一方的に決めつけられ、拒絶され、理不尽なことを言われ続ける【受け身】から、ご自身はどう変わってゆきたいのでしょう。「こどももまいっています。」とありますが、子どもを守る親として、どうありたいのでしょう。厳しいようですが、抱えている問題や自分自身と、しっかり向き合う覚悟がないままでは、相手を悪者にして愚痴を言ってその後が進みません。また、【受け身】で居続けると、カウンセラーのフィードバックが、自分を責めているように感じられて苦しくなって続きません。

    今は、自分自身の抱えている問題点を明白にして、ご自身に合ったカウンセラー探しをする時期ではないかと推察します。応援しています。
    2014/09/13(Sat) 09:44 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    質問させてください。

    ハラスメント界は、過去の執着と将来の不安を抱え続けて今を見ようとしません。

    ハラッサーは、無意識に過去(の誰か、あるいは出来事)を恨み続けることを選び続けて、その執着を手放しません。

    家内にずっと責められつづけています。
    蔑まされているというか・・

    子供も注意という感じで責められ続け反抗するとさらに責められます。
    こどもの反抗は父親の叱れないから、みじゅくものだからと、100%父親の責任にされます。
    父のわたしは問題を抱えているからと精神科、
    心療内科、カウンセラーの所へ行けといわれます。
    人の話は聞かず、一方的に決めつけられ、どうしようもないので第三者に入ってもらい話し合いをと提案しても拒絶され困っています。

    いつも不安でいらいらし、わたしはずっと理不尽なことを言われつづけています。

    いろいろ読んできましたが、このハラサーの説明がとてもフィットしました。

    こちらでわたしひとりでも相談できますか?
    できなかれば、どこかいい相談所を紹介していただけませんか?
    宜しくお願いいたします。
    こどももまいっています。
    2014/09/10(Wed) 21:20 | URL  | 則 #tGXz79fs[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック