家族カウンセラーの想いつれづれ
    今、日本はどちらに向いてゆくのかという大事な局面にいます。

    1月19日は、名護市長選です。
    辺野古の埋め立てはさせない!という現市長の稲嶺ススム氏と、辺野古の埋め立てを承認した仲井眞 弘多県知事の応援を受けながら立候補した自民党県議の末松文信氏との戦いです。
    その後、県知事は県議会で辞任要求が可決されました。

    それ以前のことは、『地方自治は重要』をお読み頂けたら幸いです。

    美しい辺野古の海を守れることを私は願っています。






    また、2月9日は都知事選があります。 
    徳洲会5千万円問題で、猪瀬氏は追い込まれましたが、『自民党 徳洲会マネー疑惑より“猪瀬おろし”が目的だったか』という記事があったり、『徳洲会・現金受領問題、猪瀬知事の次に炎上する大物政治家は?』という記事があったり、なんだか変な感じに賑わって違和感の残る追い込まれだったと感じています。もちろん、責任は取るべきですが、オリンピックが決まった後に降ろされる感を持ちました。


    さておき、ほぼ一年前に都知事選で破れた宇都宮健児氏が一番に立候補しました。

    次に舛添氏が立候補しました。こちらは、自民党から除名される経緯がありながら、自民の推薦を受けています。自民党のぶれぶりがわかります。

    そして、細川護煕氏が小泉純一郎氏の支援を受けて立候補しました。細川氏が脱原発で森のプロジェクト理事長であることを尊敬していましたが、ここで出て来るとは少し驚きました。


    脱原発の声が消えかかり、再稼働や新設の方向に傾きかけていたところに、小泉元総理の『脱原発宣言』がありました。これに対して、脱原発を言う人々の中には、許せない想いを抱いた人が多いように見受けられます。私も内心色々ありますが、小泉人気がいまだ勢いがあるということを目の当たりにしてみると、『原発ゼロ』発言がテレビで流れたことの効用はあったと思います。

    しかし、細川氏の立候補の支援となると気持ちが複雑です。

    そもそも、イラク戦争へ自衛隊を派遣したのは小泉政権です。
    私の中でしこりは消えない。
    かといって、阿部政権の息がかかった自民党に勝たせるわけにいかない。
    都民じゃないのにこんなに悩ましい。

    反戦な家づくりというブログに出会いました。

    この迷い、憂い、よくわかります。
    日本は、どこに行くのだろう・・・。



    東京「省エネ都市」宣言 細川氏公約案 東電に拠点建設要求

    これが事実なら・・・原発ゼロじゃないですけど。細川氏もぶれぶれ?
    今のところ、ご本人の声はあまり出ていない状況で、マスコミが先に色々と流している印象も受けています。

    1/17追記:全くぶれない宇都宮けんじ、候補一本化問題で吠える!





    ※リンクは手近なところで検索して入れています。取り急ぎなので、後で入れ替えるかもしれません。




    関連記事


    追記を閉じる▲
    その後、県知事は県議会で辞任要求が可決されました。

    それ以前のことは、『地方自治は重要』をお読み頂けたら幸いです。

    美しい辺野古の海を守れることを私は願っています。






    また、2月9日は都知事選があります。 
    徳洲会5千万円問題で、猪瀬氏は追い込まれましたが、『自民党 徳洲会マネー疑惑より“猪瀬おろし”が目的だったか』という記事があったり、『徳洲会・現金受領問題、猪瀬知事の次に炎上する大物政治家は?』という記事があったり、なんだか変な感じに賑わって違和感の残る追い込まれだったと感じています。もちろん、責任は取るべきですが、オリンピックが決まった後に降ろされる感を持ちました。


    さておき、ほぼ一年前に都知事選で破れた宇都宮健児氏が一番に立候補しました。

    次に舛添氏が立候補しました。こちらは、自民党から除名される経緯がありながら、自民の推薦を受けています。自民党のぶれぶりがわかります。

    そして、細川護煕氏が小泉純一郎氏の支援を受けて立候補しました。細川氏が脱原発で森のプロジェクト理事長であることを尊敬していましたが、ここで出て来るとは少し驚きました。


    脱原発の声が消えかかり、再稼働や新設の方向に傾きかけていたところに、小泉元総理の『脱原発宣言』がありました。これに対して、脱原発を言う人々の中には、許せない想いを抱いた人が多いように見受けられます。私も内心色々ありますが、小泉人気がいまだ勢いがあるということを目の当たりにしてみると、『原発ゼロ』発言がテレビで流れたことの効用はあったと思います。

    しかし、細川氏の立候補の支援となると気持ちが複雑です。

    そもそも、イラク戦争へ自衛隊を派遣したのは小泉政権です。
    私の中でしこりは消えない。
    かといって、阿部政権の息がかかった自民党に勝たせるわけにいかない。
    都民じゃないのにこんなに悩ましい。

    反戦な家づくりというブログに出会いました。

    この迷い、憂い、よくわかります。
    日本は、どこに行くのだろう・・・。



    東京「省エネ都市」宣言 細川氏公約案 東電に拠点建設要求

    これが事実なら・・・原発ゼロじゃないですけど。細川氏もぶれぶれ?
    今のところ、ご本人の声はあまり出ていない状況で、マスコミが先に色々と流している印象も受けています。

    1/17追記:全くぶれない宇都宮けんじ、候補一本化問題で吠える!





    ※リンクは手近なところで検索して入れています。取り急ぎなので、後で入れ替えるかもしれません。




    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/01/16 08:22】 | 未分類
    トラックバック(0) |

    稲嶺ススムさん
    中尾真智子
    おめでとうございます!
    嬉しくてここにもコメント〜。

    次は都知事選だに。(日本全国の地方が国を作るから〜)

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    稲嶺ススムさん
    おめでとうございます!
    嬉しくてここにもコメント〜。

    次は都知事選だに。(日本全国の地方が国を作るから〜)
    2014/01/19(Sun) 20:24 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック