家族カウンセラーの想いつれづれ
    あるエピソードより、Mさんの表層意識が語られました。
    (ご本人の了解を得て記載しております。)


    ・妹が可愛いし大好きです。
    ・妹とお母さんがべったりだから、妹からメールが来ても返事を出せません。
    ・妹に、私の気持ちを言っても、妹は中立に立とうとするから、そこに母を感じてしまいます。
    ・妹を板ばさみにしちゃいけない、板ばさみになって欲しくない、したくないのです。


    とても冷静で明晰な女性です。母親と妹が母子カプセルにあることも認めながら、遠くから介入せず、自律に向かっています。

    ですが、やりとりから強烈な忍耐を感じたので、幼稚園くらいまで遡ってもらいました。







    ★Mさんの潜在意識(インナーチャイルド)

    おかあさんかえして…

    おかあさんとらないで…

    おねえちゃんじゃないわたしをみて…

    わたしもいっしょにねて…

    わたしもだっこして…

    わたしもひざのうえでだっこして…

    いもうとがぜんぶもってっちゃった…

    いもうとなんかいなくなればいい…

    ついてこないで…

    こわい(ついてこられることが)…

    ずるい…

    いもうとはずっとちいさくて、わたしはずっとおかあさんにくっつけない…

    おかあさんにさわってほしい…

    おかあさんになきつきたい…

    いっしょにねたい…

    がまんばっかりだった…





    子どものように泣きじゃくっていました。妹に対して言い始めた言葉は、全部お母さんに言いたいことですね。

    Mさんは、妹さんが大好きだから、お母さんが大好きだから、ずっと我慢して、二人の関係を守って来たのです。





    1)表層意識は、これらの感情を封じ込めていました。
    2)表層意識は「べき」「ねば」を隠し持っていたりします。
    3)表層意識でどれだけわかっても、気持ちで感じることとは全く別のレベル、違う世界です。





    10年向き合ってきたMさん、カウンセリングも紆余曲折ありながら順調にすすんできました。
    思考から、感情に入るこつもわかってきた。
    でも、恐いが残っていた。
    「恐い」を大元を思い出せてしまったが、恐くて恐くてたまらない。

    Mさんは、この後、勇気を出して、一番恐い記憶と対決するエンプティに入りました。

    2時間に渡るエンプティの後、「恐い」が小さくなって、紙風船になってお空に飛ばしてしまいました。




    ふたりの娘 KOKIA


    歌詞
    KOKIAさん『二人の娘』の歌詞



    どっち見てますか
    心のコップがいっぱいの親御さん
    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    相談申込み要領を熟読戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。
    関連記事


    追記を閉じる▲


    とても冷静で明晰な女性です。母親と妹が母子カプセルにあることも認めながら、遠くから介入せず、自律に向かっています。

    ですが、やりとりから強烈な忍耐を感じたので、幼稚園くらいまで遡ってもらいました。







    ★Mさんの潜在意識(インナーチャイルド)

    おかあさんかえして…

    おかあさんとらないで…

    おねえちゃんじゃないわたしをみて…

    わたしもいっしょにねて…

    わたしもだっこして…

    わたしもひざのうえでだっこして…

    いもうとがぜんぶもってっちゃった…

    いもうとなんかいなくなればいい…

    ついてこないで…

    こわい(ついてこられることが)…

    ずるい…

    いもうとはずっとちいさくて、わたしはずっとおかあさんにくっつけない…

    おかあさんにさわってほしい…

    おかあさんになきつきたい…

    いっしょにねたい…

    がまんばっかりだった…





    子どものように泣きじゃくっていました。妹に対して言い始めた言葉は、全部お母さんに言いたいことですね。

    Mさんは、妹さんが大好きだから、お母さんが大好きだから、ずっと我慢して、二人の関係を守って来たのです。





    1)表層意識は、これらの感情を封じ込めていました。
    2)表層意識は「べき」「ねば」を隠し持っていたりします。
    3)表層意識でどれだけわかっても、気持ちで感じることとは全く別のレベル、違う世界です。





    10年向き合ってきたMさん、カウンセリングも紆余曲折ありながら順調にすすんできました。
    思考から、感情に入るこつもわかってきた。
    でも、恐いが残っていた。
    「恐い」を大元を思い出せてしまったが、恐くて恐くてたまらない。

    Mさんは、この後、勇気を出して、一番恐い記憶と対決するエンプティに入りました。

    2時間に渡るエンプティの後、「恐い」が小さくなって、紙風船になってお空に飛ばしてしまいました。




    ふたりの娘 KOKIA


    歌詞
    KOKIAさん『二人の娘』の歌詞



    どっち見てますか
    心のコップがいっぱいの親御さん
    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    相談申込み要領を熟読戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2013/04/01 21:07】 | チャイルド
    【タグ】 インナーチャイルド  エンプテイ  思考    カウンセリング  
    トラックバック(0) |

    Re: タイトルなし
    中尾真智子
    > 今はちょうど、お互いに距離を取っているので干渉はされることはまずないのですが、事あるごとにこんな事を思い出して辛いです。

    現実に距離をとっていても、親が住み着いているので辛いですね。
    脳内親との対決と、こうめさん自身の癒しが進むといいなぁ。


    こうめ
    実妹が生まれてから、ずっと孤独だった。仲違いすると母はよく、「あなたのために生んだのよ」と言っていたけれど…。愛情を独り占めして生意気になってく妹。そんな妹を見て、疎外感ばかりが募る私。私もコメントにあるように張り倒されたり蹴られたりとかしょっ中でした。妹がケンカをふっかけてきても何故だか私のせいにされていたし。妹が正義で、妹中心に世界が回ってるって感じで。何かを頑張っても私の事なんて見てくれない。(お金になる事以外は)趣味や興味全般にケチをつける。それが日常化していたから、妹はいつしか私を見下すようになっていました。もう家族の誰も信じられなくなって、孤立して、最後は家を出ました。出たら出たで追いかけてくるんですよね。何かにつけて、自分の身の上に起こった不具合を母妹揃って私が居なくなったせいにして。自分が蒔いた種でしょうに。
    家を出るとき「自らを省みてくださいね」と手紙をかいたのですが、効果は微妙で、一時期聖書の言葉に逃げていました。(行動は全く伴っていませんが)
    私が子供を生んだ時、「ふたりめが出来たら平等に育てるのよ」なんて。どの口が言うの?って呆れてしまいました。散々女性性も否定されて生きてきましたし、子供が授かる行為をした私は汚いと妹が言っていたそうで。(そんな妹も子供はいます)そんな人に言われてもね。それに万が一、子供に対して母と同じことをしてしまったら嫌なので、次は考えられません…。(これって脚本にしてやられたのかな?)

    今はちょうど、お互いに距離を取っているので干渉はされることはまずないのですが、事あるごとにこんな事を思い出して辛いです。

    すみれさん
    中尾真智子

    > >辛いのは私だけじゃないんですね(ToT)

    そーですよー。(ToT)


    すみれ

    >記事を読んだ時、ちょうど母と妹、私の関係を思い返していて、しんどくて、記事を読みたいけど読めない状態でした。
    >自分の中でわかってきたら、すんなり読めました。わかりたくなかったんだと思います。
    >私も、我慢ばっかり…でした。
    >2つ違いの妹が生まれた日の記憶があり、もう甘えられないんだ…って思ったなぁ、と思い出しました。
    >辛いのは私だけじゃないんですね(ToT)




    Re: 妹
    中尾真智子
    > チャイルド噴出…泣いて泣いて
    > 妹に対する気持ちの奥に、母への思いを見つけて、更に号泣でした。
    > 私はただただ、母に優しくされたかったんだ!
    > その思いを抱きしめました。
    > チャイルドを抱きしめるきっかけをいただきました。
    > ありがとうございました(^^)
    > 二人の娘、とても切ないです。

    良かったですね~。^^



    風子
    妹が全部持って行っちゃった。
    妹ばかり優しくされて、私ばかり怒られ、はり倒される。
    どうして私ばかり!?
    チャイルド噴出…泣いて泣いて
    妹に対する気持ちの奥に、母への思いを見つけて、更に号泣でした。
    私はただただ、母に優しくされたかったんだ!
    その思いを抱きしめました。
    チャイルドを抱きしめるきっかけをいただきました。
    ありがとうございました(^^)
    二人の娘、とても切ないです。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    Re: タイトルなし
    > 今はちょうど、お互いに距離を取っているので干渉はされることはまずないのですが、事あるごとにこんな事を思い出して辛いです。

    現実に距離をとっていても、親が住み着いているので辛いですね。
    脳内親との対決と、こうめさん自身の癒しが進むといいなぁ。
    2013/05/02(Thu) 07:16 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    実妹が生まれてから、ずっと孤独だった。仲違いすると母はよく、「あなたのために生んだのよ」と言っていたけれど…。愛情を独り占めして生意気になってく妹。そんな妹を見て、疎外感ばかりが募る私。私もコメントにあるように張り倒されたり蹴られたりとかしょっ中でした。妹がケンカをふっかけてきても何故だか私のせいにされていたし。妹が正義で、妹中心に世界が回ってるって感じで。何かを頑張っても私の事なんて見てくれない。(お金になる事以外は)趣味や興味全般にケチをつける。それが日常化していたから、妹はいつしか私を見下すようになっていました。もう家族の誰も信じられなくなって、孤立して、最後は家を出ました。出たら出たで追いかけてくるんですよね。何かにつけて、自分の身の上に起こった不具合を母妹揃って私が居なくなったせいにして。自分が蒔いた種でしょうに。
    家を出るとき「自らを省みてくださいね」と手紙をかいたのですが、効果は微妙で、一時期聖書の言葉に逃げていました。(行動は全く伴っていませんが)
    私が子供を生んだ時、「ふたりめが出来たら平等に育てるのよ」なんて。どの口が言うの?って呆れてしまいました。散々女性性も否定されて生きてきましたし、子供が授かる行為をした私は汚いと妹が言っていたそうで。(そんな妹も子供はいます)そんな人に言われてもね。それに万が一、子供に対して母と同じことをしてしまったら嫌なので、次は考えられません…。(これって脚本にしてやられたのかな?)

    今はちょうど、お互いに距離を取っているので干渉はされることはまずないのですが、事あるごとにこんな事を思い出して辛いです。
    2013/04/29(Mon) 19:05 | URL  | こうめ #-[ 編集]
    すみれさん

    > >辛いのは私だけじゃないんですね(ToT)

    そーですよー。(ToT)
    2013/04/19(Fri) 11:36 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]

    >記事を読んだ時、ちょうど母と妹、私の関係を思い返していて、しんどくて、記事を読みたいけど読めない状態でした。
    >自分の中でわかってきたら、すんなり読めました。わかりたくなかったんだと思います。
    >私も、我慢ばっかり…でした。
    >2つ違いの妹が生まれた日の記憶があり、もう甘えられないんだ…って思ったなぁ、と思い出しました。
    >辛いのは私だけじゃないんですね(ToT)


    2013/04/07(Sun) 17:17 | URL  | すみれ #-[ 編集]
    Re: 妹
    > チャイルド噴出…泣いて泣いて
    > 妹に対する気持ちの奥に、母への思いを見つけて、更に号泣でした。
    > 私はただただ、母に優しくされたかったんだ!
    > その思いを抱きしめました。
    > チャイルドを抱きしめるきっかけをいただきました。
    > ありがとうございました(^^)
    > 二人の娘、とても切ないです。

    良かったですね~。^^
    2013/04/07(Sun) 08:56 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    妹が全部持って行っちゃった。
    妹ばかり優しくされて、私ばかり怒られ、はり倒される。
    どうして私ばかり!?
    チャイルド噴出…泣いて泣いて
    妹に対する気持ちの奥に、母への思いを見つけて、更に号泣でした。
    私はただただ、母に優しくされたかったんだ!
    その思いを抱きしめました。
    チャイルドを抱きしめるきっかけをいただきました。
    ありがとうございました(^^)
    二人の娘、とても切ないです。
    2013/04/06(Sat) 20:49 | URL  | 風子 #1OcfNHt6[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック