家族カウンセラーの想いつれづれ
    まずは、あけましておめでとうございます。

    わたくしごとですが、昨年は、1月から心配していた祖母が10月に亡くなり、11月には祖母の喪主をした叔父が癌で亡くなりました。覚悟していたことですが、幼い頃の忘れていた思い出も沸いてきて、不意に心がふるふるする日々です。

    5歳で母子3人暮らしをするまでは、母と祖母と中学の叔母や小学生の叔父と暮らしていました。実際は他の叔父、叔母も出入りしていたので、大所帯というイメージです。
    大人になってからは交流はありませんでしたが、叔父が独立するまで祖母と二人暮らしだったことに不意に気がついたので、祖母の通夜には、叔父を独占して祖母の思い出を聴き出しました。
    その叔父が、私が夫とともに九州に飛ぶ寸前に、母から(夕べは危篤だったが持ち直した)と聞いて、飛行機に乗り込んだ頃に亡くなったようです。
    私には後から知らされました。

    九州にいる間、気にはなっていたものの、祈る思いで過ごしていました。
    8月には、退院していて、見舞いがてら遊びに行くと、りんごを上手にむいてくれた叔父
    9月には、入院中の祖母のところに、車で連れて行ってくれた叔父
    その時は冗談も言うし、元気でした。
    慣れ親しんでいない叔父ですが、こんなに世話好きだったかなぁと思いました。

    やんちゃな小学生だったのに、人は変わるものですね。
    そのころの叔父が、浮かんできます。友達を連れてきては賑やかに遊んだり、祖母が隠したサツマイモのてんぷらをつまみ食いした叔父。私と姉にもくれるから、すぐに祖母にばれたそうです。


    そんなわけで、命と向き合わざるを得ない1年でした。

    私の中で、喪失感が押し寄せる瞬間、心もとない寂しさが沸きます。
    また、魂はきっとどこにでも遊びに行けて、こちらにも来ているかもしれないとも思います。
    くよくよすんな、おれら今ラクになってんだから、明るくやってくれよ、って言う気がしています。
    祖母も、うんうんとうなずいて、民謡でも歌ってる気がします。



    ----------------------------------------



    昨日は、紅白歌合戦初出場という、三輪さんの「よいとまけ」を聴くことが出来ました。

    三輪さんは、自民党は、これまでやってきたことの後始末のために選ばれたのだ、と言いました。本当に、その通りだと感じます。
    長崎で原爆を体験している三輪さんからは、論争に持ち込むことさえ出来ない確たる信念を感じました。

    命の重さを知り尽くしたような三輪さんの歌は、素晴らしいというしかありませんでした。



    また、斉藤和義さんが、ギターストラップに「NUKE IS OVER」と入れて歌っていました。
    ネットでは、有名な替え歌もありますが、「ずっと好きだったんだぜ」という歌としてしか、知れ渡っていません。
    そんな彼が、紅白で「NUKE IS OVER」(原子力は終わった)と書いてあるギターストラップをつけていたことは、彼にとって日常的に生活に溶け込んだものになっているのではないでしょうか。

    私も、小さなバッジをつけています。
    大きさはピンバッジ18㎜ チャーム21㎜と可愛いです。

    私は思います。
    原発は要らない。
    危険極まりないものだ、と、安全に管理出来るものじゃないんだと、つくづく思い知らされましたからね。
    要らないものは要らない。



    石原氏が「使用済み核燃料(核のゴミ)の処分場が出来ないから、原発を止めるわけに行かない」と言ったそうです。本末転倒です。増やしてどうするんですかね。
    負の遺産を、全国に作りすぎた責任はないのですね。
    残念です。

    日本の惨状を見て、ドイツが脱原発を宣言しました。
    日本は、自民党になって、脱原発をひっくりかえそうとしています。
    恐ろしいことです。


    一方では、活断層の可能性があるということで、原発を動かせないということも起こっています。大飯原発にも活断層の疑いはあるそうで、停止の可能性もあるとか。
    しかし、電力会社は、活断層ではない、と言います。
    活断層の可能性があるというだけで、人命に重きをおけば、廃炉にするのが当たり前だと思うのですが・・・。


    また、官邸で行われていた大規模なデモが、瓦礫拡散の影響もあってか、各地に広がっています。
    それぞれの土地で、瓦礫反対、原発反対、TPP反対、の抗議運動が起こっています。




    日本はどこに行くのやら、私たち一人ひとりの思いが意識の集合体となって、進む方向が決まってゆくのでしょうね。
    今年も大切な一年になりますね。


    -----------------------------

    さて、

    人生は、常に「選択」の連続です。
    自分がどの方向に行きたいか。
    間違えたら、舵を変えたっていいのです。
    ただ、その都度、「勇気」が要るし、「決意と覚悟」が必要でしょう。


    人生は、「葛藤」の連続です。
    選択する前に、あるいは後に、葛藤が起こります。
    葛藤が自分を育ててくれると思います。
    葛藤を恐れたり、葛藤のたびに誰かのせいにしていると、同じような課題が形を変えて時期を変えて、何度も学びのチャンスが訪れる気がしています。


    人生は、「赦し」の連続です。
    自分を赦せないうちは、なかなか対象を赦せません。
    赦せないうちは、そのまま葛藤したらよいと思います。
    しかし、赦せない気持ちの持ち主が自分自身であるということは、知っておく必要があります。
    相手には相手の物語があります。
    そこに執着する限りは、自分の物語から目を逸らしているといえるでしょう。


    赦しに到達するとき、
    自分の人生を取り巻く全てに感謝が沸いてきます。



    最近の私は、これらの連続を生きている気がしています。

    以前は、「人生は修練場」と据えていましたが、今は、「人生は遊び場」という捉え方をすることが多いです。
    もちろん、修練や傷や葛藤や色々を含めて、遊び場という意味です。

    楽しんで生きてゆきたいです。
    争わないで、生きてゆきたいです。
    闘いは自分の内側ですることなのだなーと感じます。



    人は、うっかりするし、失敗します。
    生きていれば、不安も沸くし、怖い感情も沸きます。
    連鎖を知り、自分の人生脚本を知ることはとても大切ですが、そこに囚われ過ぎて、感情を批判したり否定すると、その感情と脚本は仲良しになれないままです。
    批判や否定(他人に対しても、自分自身に対しても)をしたいのは、頭の中の親なんでしょうね。
    負の感情や、現実の失敗をあげつらっているうちは「自分は成長しません」と宣言しているようなものだと思います。

    自分の負の感情をいたぶることはありません。
    そうかそうか、と自分で抱きしめてあげたいものです。


    そんなことを、去年一年を省みながら、今年をはじめようと思います。



    今年も、よろしくお願いいたします。




    心のコップがいっぱいの親御さん
    自分の生き癖や執着に気付く
    アサーティブなあり方
    ハラッサーとハラッシー
    中尾相談室の方針を熟読戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。
    関連記事


    追記を閉じる▲
    大人になってからは交流はありませんでしたが、叔父が独立するまで祖母と二人暮らしだったことに不意に気がついたので、祖母の通夜には、叔父を独占して祖母の思い出を聴き出しました。
    その叔父が、私が夫とともに九州に飛ぶ寸前に、母から(夕べは危篤だったが持ち直した)と聞いて、飛行機に乗り込んだ頃に亡くなったようです。
    私には後から知らされました。

    九州にいる間、気にはなっていたものの、祈る思いで過ごしていました。
    8月には、退院していて、見舞いがてら遊びに行くと、りんごを上手にむいてくれた叔父
    9月には、入院中の祖母のところに、車で連れて行ってくれた叔父
    その時は冗談も言うし、元気でした。
    慣れ親しんでいない叔父ですが、こんなに世話好きだったかなぁと思いました。

    やんちゃな小学生だったのに、人は変わるものですね。
    そのころの叔父が、浮かんできます。友達を連れてきては賑やかに遊んだり、祖母が隠したサツマイモのてんぷらをつまみ食いした叔父。私と姉にもくれるから、すぐに祖母にばれたそうです。


    そんなわけで、命と向き合わざるを得ない1年でした。

    私の中で、喪失感が押し寄せる瞬間、心もとない寂しさが沸きます。
    また、魂はきっとどこにでも遊びに行けて、こちらにも来ているかもしれないとも思います。
    くよくよすんな、おれら今ラクになってんだから、明るくやってくれよ、って言う気がしています。
    祖母も、うんうんとうなずいて、民謡でも歌ってる気がします。



    ----------------------------------------



    昨日は、紅白歌合戦初出場という、三輪さんの「よいとまけ」を聴くことが出来ました。

    三輪さんは、自民党は、これまでやってきたことの後始末のために選ばれたのだ、と言いました。本当に、その通りだと感じます。
    長崎で原爆を体験している三輪さんからは、論争に持ち込むことさえ出来ない確たる信念を感じました。

    命の重さを知り尽くしたような三輪さんの歌は、素晴らしいというしかありませんでした。



    また、斉藤和義さんが、ギターストラップに「NUKE IS OVER」と入れて歌っていました。
    ネットでは、有名な替え歌もありますが、「ずっと好きだったんだぜ」という歌としてしか、知れ渡っていません。
    そんな彼が、紅白で「NUKE IS OVER」(原子力は終わった)と書いてあるギターストラップをつけていたことは、彼にとって日常的に生活に溶け込んだものになっているのではないでしょうか。

    私も、小さなバッジをつけています。
    大きさはピンバッジ18㎜ チャーム21㎜と可愛いです。

    私は思います。
    原発は要らない。
    危険極まりないものだ、と、安全に管理出来るものじゃないんだと、つくづく思い知らされましたからね。
    要らないものは要らない。



    石原氏が「使用済み核燃料(核のゴミ)の処分場が出来ないから、原発を止めるわけに行かない」と言ったそうです。本末転倒です。増やしてどうするんですかね。
    負の遺産を、全国に作りすぎた責任はないのですね。
    残念です。

    日本の惨状を見て、ドイツが脱原発を宣言しました。
    日本は、自民党になって、脱原発をひっくりかえそうとしています。
    恐ろしいことです。


    一方では、活断層の可能性があるということで、原発を動かせないということも起こっています。大飯原発にも活断層の疑いはあるそうで、停止の可能性もあるとか。
    しかし、電力会社は、活断層ではない、と言います。
    活断層の可能性があるというだけで、人命に重きをおけば、廃炉にするのが当たり前だと思うのですが・・・。


    また、官邸で行われていた大規模なデモが、瓦礫拡散の影響もあってか、各地に広がっています。
    それぞれの土地で、瓦礫反対、原発反対、TPP反対、の抗議運動が起こっています。




    日本はどこに行くのやら、私たち一人ひとりの思いが意識の集合体となって、進む方向が決まってゆくのでしょうね。
    今年も大切な一年になりますね。


    -----------------------------

    さて、

    人生は、常に「選択」の連続です。
    自分がどの方向に行きたいか。
    間違えたら、舵を変えたっていいのです。
    ただ、その都度、「勇気」が要るし、「決意と覚悟」が必要でしょう。


    人生は、「葛藤」の連続です。
    選択する前に、あるいは後に、葛藤が起こります。
    葛藤が自分を育ててくれると思います。
    葛藤を恐れたり、葛藤のたびに誰かのせいにしていると、同じような課題が形を変えて時期を変えて、何度も学びのチャンスが訪れる気がしています。


    人生は、「赦し」の連続です。
    自分を赦せないうちは、なかなか対象を赦せません。
    赦せないうちは、そのまま葛藤したらよいと思います。
    しかし、赦せない気持ちの持ち主が自分自身であるということは、知っておく必要があります。
    相手には相手の物語があります。
    そこに執着する限りは、自分の物語から目を逸らしているといえるでしょう。


    赦しに到達するとき、
    自分の人生を取り巻く全てに感謝が沸いてきます。



    最近の私は、これらの連続を生きている気がしています。

    以前は、「人生は修練場」と据えていましたが、今は、「人生は遊び場」という捉え方をすることが多いです。
    もちろん、修練や傷や葛藤や色々を含めて、遊び場という意味です。

    楽しんで生きてゆきたいです。
    争わないで、生きてゆきたいです。
    闘いは自分の内側ですることなのだなーと感じます。



    人は、うっかりするし、失敗します。
    生きていれば、不安も沸くし、怖い感情も沸きます。
    連鎖を知り、自分の人生脚本を知ることはとても大切ですが、そこに囚われ過ぎて、感情を批判したり否定すると、その感情と脚本は仲良しになれないままです。
    批判や否定(他人に対しても、自分自身に対しても)をしたいのは、頭の中の親なんでしょうね。
    負の感情や、現実の失敗をあげつらっているうちは「自分は成長しません」と宣言しているようなものだと思います。

    自分の負の感情をいたぶることはありません。
    そうかそうか、と自分で抱きしめてあげたいものです。


    そんなことを、去年一年を省みながら、今年をはじめようと思います。



    今年も、よろしくお願いいたします。




    心のコップがいっぱいの親御さん
    自分の生き癖や執着に気付く
    アサーティブなあり方
    ハラッサーとハラッシー
    中尾相談室の方針を熟読戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2013/01/01 21:42】 | 私事
    【タグ】 選択  葛藤    赦し  
    トラックバック(0) |

    おかげさまで(*^_^*)
    すみれ
    おかげさまで、おりこうにねんねこ出来て、インフルエンザ治りました\(^o^)/

    今日は、天気は悪いけど、散歩に行きたいって思って、外に出たら、簡単な道なのに、途中まで道を間違え、行きたい場所に行けず(-.-;)
    あれ?って思っても 足は止まらず、結局違うよって小声で言って引き返し、なんとか行きたい場所に行けました。
    操られているのかなって思いました。
    歩いている時、無意識だったので、怖いなぁと思いました。
    わかっただけでも収穫かな(*^_^*)



    すみれさん
    中尾真智子
    さださん、見逃しました。
    インフルエンザで寝込む時でも、何かしなくちゃとになる。しんどかったですね。おりこうにねんねこ出来ましたか。
    ♪へ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ♪ ←これが出るなら大丈夫かな。予後もお大事にしてくださいね。

    風子さん
    中尾真智子
    押し付けるやり方は終わりにしたい、と書けるところがかっこいいですね。
    押し付けるやり方をしていた自分を認めているのですもの。勇気が要りますよー。
    しゅばらしー。
    今年もよろしくお願いいたします。

    すみませんm(_ _)m
    すみれ

    コメントが匿名希望になってますね(^_^;)
    名前を確認したはずでしたが、抜けていたのは、私は、本当は匿名でいたかったのかな、と思いました(^_^;)

    真智子先生には申し訳なかったけれど、一つ一つの行動で、自分の本当の気持ちを確認できて、良かったです。

    間違えようとする頭は、信用できないですね(^_^;)

    う~ん困ったなぁ~♪へ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ♪

    悩むと、それが自分を責めるためのエサになるみたいなので、フリだけでも、おちゃらけときます(*^_^*)





    あけまして、おめでとうございます。
    とくめい

    紅白観られたのですね(*^_^*)

    私は、さだまさしさんの年越しライブを、ラジオで聴きましたよ。

    さださんの歌は、良かったです(*^_^*)

    私は、大晦日からインフルエンザで寝込んでいます。

    幼い頃からこの時期は、高熱を出して寝込むことが多かったです。

    両親がよく、面倒くさいと言っていたのを、改めて思い出しました。

    しかし、今回寝込み、身動きがとれないおかげで、思い出せたことや、わかったことが多かったのは、収穫だなと思っています。

    いつも通りには、色々できないので、責め立て(攻め立て?)る言葉も、半端なく頭の中をいっぱいにしましたが、流してました。

    いつも通りできない自分を、赦せない自分もいるので、そのたび、

    いや~、やれているんだよ。頑張ったんだよ。
    って声をかけてました。

    思うより深いんだなと自覚して、気長に付き合おうと思いました。

    最後になりましたが、
    昨年中はありがとうございました。
    今年も、真智子先生にとって、良い年になりますように。

    お祈りしています。



    今年もよろしくお願いします
    風子
    自分を赦すということ。とても心に残りました。
    自分を責める言葉は、いくらでも出てくるのに…。
    それでも、この赦せない自分を、誰か他の人に赦してもらい認めてもらおうと、自分を他の人に押し付けるやり方は終わりにしたい、と心から思う私です。
    自分にも他人にも言い訳しないで、そのままで生きたいーーー。
    今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    おかげさまで(*^_^*)
    おかげさまで、おりこうにねんねこ出来て、インフルエンザ治りました\(^o^)/

    今日は、天気は悪いけど、散歩に行きたいって思って、外に出たら、簡単な道なのに、途中まで道を間違え、行きたい場所に行けず(-.-;)
    あれ?って思っても 足は止まらず、結局違うよって小声で言って引き返し、なんとか行きたい場所に行けました。
    操られているのかなって思いました。
    歩いている時、無意識だったので、怖いなぁと思いました。
    わかっただけでも収穫かな(*^_^*)

    2013/01/14(Mon) 17:25 | URL  | すみれ #-[ 編集]
    すみれさん
    さださん、見逃しました。
    インフルエンザで寝込む時でも、何かしなくちゃとになる。しんどかったですね。おりこうにねんねこ出来ましたか。
    ♪へ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ♪ ←これが出るなら大丈夫かな。予後もお大事にしてくださいね。
    2013/01/11(Fri) 11:11 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    風子さん
    押し付けるやり方は終わりにしたい、と書けるところがかっこいいですね。
    押し付けるやり方をしていた自分を認めているのですもの。勇気が要りますよー。
    しゅばらしー。
    今年もよろしくお願いいたします。
    2013/01/11(Fri) 11:09 | URL  | 中尾真智子 #-[ 編集]
    すみませんm(_ _)m

    コメントが匿名希望になってますね(^_^;)
    名前を確認したはずでしたが、抜けていたのは、私は、本当は匿名でいたかったのかな、と思いました(^_^;)

    真智子先生には申し訳なかったけれど、一つ一つの行動で、自分の本当の気持ちを確認できて、良かったです。

    間違えようとする頭は、信用できないですね(^_^;)

    う~ん困ったなぁ~♪へ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ♪

    悩むと、それが自分を責めるためのエサになるみたいなので、フリだけでも、おちゃらけときます(*^_^*)



    2013/01/06(Sun) 21:51 | URL  | すみれ #-[ 編集]
    あけまして、おめでとうございます。

    紅白観られたのですね(*^_^*)

    私は、さだまさしさんの年越しライブを、ラジオで聴きましたよ。

    さださんの歌は、良かったです(*^_^*)

    私は、大晦日からインフルエンザで寝込んでいます。

    幼い頃からこの時期は、高熱を出して寝込むことが多かったです。

    両親がよく、面倒くさいと言っていたのを、改めて思い出しました。

    しかし、今回寝込み、身動きがとれないおかげで、思い出せたことや、わかったことが多かったのは、収穫だなと思っています。

    いつも通りには、色々できないので、責め立て(攻め立て?)る言葉も、半端なく頭の中をいっぱいにしましたが、流してました。

    いつも通りできない自分を、赦せない自分もいるので、そのたび、

    いや~、やれているんだよ。頑張ったんだよ。
    って声をかけてました。

    思うより深いんだなと自覚して、気長に付き合おうと思いました。

    最後になりましたが、
    昨年中はありがとうございました。
    今年も、真智子先生にとって、良い年になりますように。

    お祈りしています。

    2013/01/06(Sun) 15:58 | URL  | とくめい #-[ 編集]
    今年もよろしくお願いします
    自分を赦すということ。とても心に残りました。
    自分を責める言葉は、いくらでも出てくるのに…。
    それでも、この赦せない自分を、誰か他の人に赦してもらい認めてもらおうと、自分を他の人に押し付けるやり方は終わりにしたい、と心から思う私です。
    自分にも他人にも言い訳しないで、そのままで生きたいーーー。
    今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
    2013/01/02(Wed) 09:39 | URL  | 風子 #1OcfNHt6[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック