家族カウンセラーの想いつれづれ
    昨日の「梅ちゃん先生」の中で

    「勝手にしろ!」と父親が言ったら
    「じゃあ、いいんですね(にっこり)。」と来たもんだ。

    「勝手にしろ!」とか
    「じゃあ、勝手にしたら」とか

    口げんかをした時に言ったこと、言われたことありませんか。

    これは、相手の言い分を肯定しているわけです。


    たとえば


    「もう!あなたとは別れたい!(このままでは、と付け足し忘れ)」

    「勝手にしろ!(別れると言われた傷を隠した抵抗かも)」

    別れるつもりもないのに頭に来て言ってしまった一言から、ほんとに別れることになっちゃいそうです。



    「もう絶交だ!」(勢い余ってうっかり)

    「勝手にしろ!」(喧嘩自体面倒くさくなってる)

    絶交状態に入り、仲直りの切っ掛けがおこるまでは続くのではないかしら。




    「もう死にたい!(死にたいくらいだとわかって欲しい)」

    「勝手にしろ!(命を盾に脅されて言葉に窮している)」

    かっとなっているから気がつかないでしょうが、うかつにも死ぬことを肯定しているのです。かっとなった感情を受け取ったら、更に上乗せした感情が膨らみますから大変です。



    勝手にしろ!という言葉が、相手の言葉を肯定してしまうと気がついて発している人はどれくらいいるのでしょう。
    やりとりに窮して言ってしまうことのほうが多いのではないでしょうか。
    私が半世紀生きてきた社会では、困った方が喚きたてるイメージが強いです。
    もちろん、肯定する意味合いで使ってる人もいると思いますが、多くの場合口論で言い負かされそうになって、あるいは次の言葉に窮して、うっかり 言ってるのではないでしょうか。




    昨日の朝ドラでは、夢を叶えるために進学について父親にお願いをします。
    ダメだ、無理だ、の連続ですが、主人公は諦めません。

    「どうぜ受験したって落ちて泣く」というようなことを父親が言いました。


    この「どうせ~」という言葉をネガティブに捉えたら、諦める方向に行くでしょう。

    (どうせ私はダメなんだ。)(どうせお父さんは私を認めない。)(どうせ何をやってもうまくいかない)とネガティブワールドを構築するのでしょう。

    どっこい主人公は、「受験したって」を自分の文脈に取り入れて

    「じゃあ、受験していいのね!(きらきら)」と喜びます。

    父親は窮して
    「勝手にしろ!」と言います。

    「受験していいのね~~っ!」と夢の一歩を掴むのです。


    面白いですね。



    --------------------------------------------------------
    アサーティブなあり方
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    壁(鏡)になること
    中尾相談室の方針
    私専用相談申込(女性のみ)
    関連記事


    追記を閉じる▲
    「勝手にしろ!」とか
    「じゃあ、勝手にしたら」とか

    口げんかをした時に言ったこと、言われたことありませんか。

    これは、相手の言い分を肯定しているわけです。


    たとえば


    「もう!あなたとは別れたい!(このままでは、と付け足し忘れ)」

    「勝手にしろ!(別れると言われた傷を隠した抵抗かも)」

    別れるつもりもないのに頭に来て言ってしまった一言から、ほんとに別れることになっちゃいそうです。



    「もう絶交だ!」(勢い余ってうっかり)

    「勝手にしろ!」(喧嘩自体面倒くさくなってる)

    絶交状態に入り、仲直りの切っ掛けがおこるまでは続くのではないかしら。




    「もう死にたい!(死にたいくらいだとわかって欲しい)」

    「勝手にしろ!(命を盾に脅されて言葉に窮している)」

    かっとなっているから気がつかないでしょうが、うかつにも死ぬことを肯定しているのです。かっとなった感情を受け取ったら、更に上乗せした感情が膨らみますから大変です。



    勝手にしろ!という言葉が、相手の言葉を肯定してしまうと気がついて発している人はどれくらいいるのでしょう。
    やりとりに窮して言ってしまうことのほうが多いのではないでしょうか。
    私が半世紀生きてきた社会では、困った方が喚きたてるイメージが強いです。
    もちろん、肯定する意味合いで使ってる人もいると思いますが、多くの場合口論で言い負かされそうになって、あるいは次の言葉に窮して、うっかり 言ってるのではないでしょうか。




    昨日の朝ドラでは、夢を叶えるために進学について父親にお願いをします。
    ダメだ、無理だ、の連続ですが、主人公は諦めません。

    「どうぜ受験したって落ちて泣く」というようなことを父親が言いました。


    この「どうせ~」という言葉をネガティブに捉えたら、諦める方向に行くでしょう。

    (どうせ私はダメなんだ。)(どうせお父さんは私を認めない。)(どうせ何をやってもうまくいかない)とネガティブワールドを構築するのでしょう。

    どっこい主人公は、「受験したって」を自分の文脈に取り入れて

    「じゃあ、受験していいのね!(きらきら)」と喜びます。

    父親は窮して
    「勝手にしろ!」と言います。

    「受験していいのね~~っ!」と夢の一歩を掴むのです。


    面白いですね。



    --------------------------------------------------------
    アサーティブなあり方
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    壁(鏡)になること
    中尾相談室の方針
    私専用相談申込(女性のみ)
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2012/04/19 07:20】 | 自律
    【タグ】 言葉と感情  
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック