FC2ブログ
    家族カウンセラーの想いつれづれ
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「午後2時20分に、無事に産まれました!」

    電話の向こうから「父親」の喜びが伝わってきます。



    やったー!!!

    おめでとう!!!!!



    忙しい旦那さんですが、大切な時は必ず娘の側に居ます。



    それにしても12日に出産して16日には退院ー今は早いですね〜。

    赤ちゃんは小さめだったのでもう少し入院となりました。

    別れがたい娘が涙して旦那さんが優しく励ますー思わずもらい泣き。



    赤ちゃんの退院が決まるまで、おっぱいマッサージをして乳腺症予防と搾乳。

    初乳を冷凍保存して届ける娘。



    がんばれ〜〜。



    すると、2日目には退院許可がおりました。

    ママの環境が万全になった頃に退院なのね〜。

    いそいそと作った襦袢とベビードレスを着てくれました(感激)。




    自分を振り返ると、思ったよりも娘の回復が早くてほっとします。

    ミルクの飲み足しも減って、おっぱいの柔らかい匂いに変わりました。

    眠ってる娘から、赤ちゃん時代の匂いがした時は感慨無量。

    懐かしい匂いが同じ娘から香るなんてね〜。

    娘は「自分ではわかんない」

    そりゃそうだ。私も自分の匂いとして記憶してないもんね。



    「ちぃと小さめやけど、6ヶ月は風邪もひかんことになっちょる」とひいおじいちゃん

    「ほらほら、怒ってる(泣いてるから世話してあげて)」と心配顏のひいおばあちゃん

    「もうちょっと泣いていいよ〜」とだっこするおじいちゃん

    みんなに暖かく見守られてる娘と孫を見て幸せなおばあちゃん(私)




    鳴き声がなんとも可愛らしく毎日表情が変わるので見てて飽きません〜。





    さっそく作ったフォトシールです。(^^)
    あかちゃん



    追記を閉じる▲
    関連記事
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    【2017/12/23 11:02】 | 家族小景
    トラックバック(0) |

    Re: タイトルなし
    中尾眞智子
    ありがとうございます〜。(^^)






    シーズン
    おめでとうございます~。
    これから楽しみですね!

    コメントを閉じる▲
    ゆっくり書く時間がないのですが、無料配信が終わってしまうので〜

    きょうだいに嫉妬したり、それが邪魔をして結果的に脳内母を守ったり、なかなか進めずに苦しい人にヒントになればと思って、セリフのみ拾ってみました。


    ◯本庄和彦(次男)

    僕の死んだ兄貴、家庭内暴力が酷かったんだ。

    五つ上で親に期待されてた。

    将来は医者になれって言われて。

    でも、中学の頃から暮れ始めたんだ。

    些細なことで怒りを爆発させるようになって、僕も両親もことあるごとに容赦なく殴られた。

    でも両親は、あんな奴でも愛していた。

    あんな目にあわされて、毎日のように顔や体に痣を作って、それでも兄貴のことを愛してたんだ。

    あいつが事故で死んだ時、正直胸がスーッとした。これで家族が平和になった。

    やっと親も僕を見てくれるって。

    でも・・・僕には何も求めてくれなかったよ。

    医学部の受験に失敗した時も、「気にしないで好きに生きればいい」って、「兄貴の時みたいにプレッシャーを与えたくない」って。

    僕は、認めて欲しかった。

    両親のことを尊敬してるから。

    悪いのは兄貴なんだ。

    だから、僕には日向の言葉が受け入れられなかった。

    兄貴も両親のことを罵っていたから、日向がお母さんの悪口を言うたびに、イライラして、このままじゃいけないって。

    でも、まさか自分があんなこと(豹変)するなんて。






    ◯藍沢日向(母子家庭、一人っ子、スクールカウンセラー)

    あの人(母)が怒ったのは、私が自分のものだと思っているからだ。

    かず(本庄和彦)との結婚がなくなるかもしれない。

    その理由が出来たことに、ほんの少しだけほっとしている自分がいる。

    多分、私にはまだ母親になる覚悟がない。

    あの人と同じ立場になること、もしかしたらあの人のようになってしまうことが怖いから。





    ◯吉岡英美里(自殺した兄の妹)

    私のことを見て、声を聞いて欲しかったから。

    許せないでしょ、私のこと。

    もっと怒れば?なにされたって構わないから。


    私、この家を出てく。

    もう児童相談所にもメールした。

    母親はネグレクト、父親は愛人作って別居状態、こんな家じゃまともに生きていけませんって。


    結局、私のことは見てくれなかったし、声も聞いてくれなかった。

    でも、間違ってたよ。

    お母さんは、お兄ちゃんの声も聞いてなかったんだね。

    お母さんが聞いてたのは、お兄ちゃんに話しかけてる自分の声だけだよ。

    うちの水槽から魚が一匹減っているのも私だけが気づいてた。

    きっとお兄ちゃんが死ぬ前にやったんだって。

    ウサギと同じように殺したんだって。

    自由になるには、死ぬしかなかったから。









    場面は違ったりしますので、お時間ある方は見逃し配信でお楽しみください。


    カンテレ動画ー8話のみ無料見逃し配信


    全話有料ーFOD


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2017/12/06 10:51】 | 人生脚本
    【タグ】 人生脚本  脳内親  存在不安  境界線  家族間連鎖  ダミー感情  代償行為  
    トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。