家族カウンセラーの想いつれづれ
    2ヶ月後の7月23日(土)に「あるがままの自分を取り戻す講座」を開催いたしますので、ぜひお越しください。は、22:30を持って締め切らせていただきました。22名の皆様、当日お会いできるのを楽しみにしています。(^^)ノ

    以下、講座「あるがままの自分を取り戻す方法」Ver3完成!の改訂に伴い、案内記事に書かれていた「内容」も差し替えました。(7/20)

    ■講座内容-------------------------------------

    まず、事例を挙げてお話しします。
    次に、なぜそうなったのかをお話しします。(汝自身を知れ)
    そして、その自分をどうやったら救えるのか、どうすれば自分を取り戻せるのかをお話しします。(汝自身であれ)
    体験ワークショップを挟みますので、事例→理論→体験の3セットです。
    なるべく、双方向的に進めたいと考えております。
    1.世代間連鎖の一事例
    ・気持ちを「我慢する」連鎖
    ・気持ちを「聴く」連鎖
    ・世代間連鎖の根っこにある戦争(戦争は絶対にダメ)
    ・生きる基盤の差→脳内現実の差
    ・自分に気づくための「人は鏡」


    2.汝自身を知れ(脚本人生劇場)
    1.現在の自分の基本構造
    2.気持ちで動くことを封じる脳内親(IP)
     【言葉による洗脳とIPの形成】
    3.親の世界に拘束する洗脳と偽装自分
     【環境による洗脳と偽装自分の形成】
    4.人生脚本→自己概念→自動思考
     【脳内母親と脚本の形成】
    5.才能の封印
     【脚本人生突入準備】
    6.ハラスメント界をさまよう解いちゃいけない謎解き人生
     【虚構を生きるゲーム人生】
    7.目指すゴールは植物人間
     【母だけを見る「目」役割の完成】


    3.汝自身を知れ(存在不安からの逃走)
    1.「心のコップ」と心身症
    2.意識の型嵌め(鋳型整形)
    3.五感を外に向ける(脳内母親につながるもの他)
    4.意識を何かに依存させる(脚本に合致するもの他)
    5.最後の手段は「惚け逃げ」「死に逃げ」
    6.自分の現状


    4.汝自身であれ
    1.世代間連鎖を知る
    2.自分の現状を知る=自分に絶望する=自分の凄さを知る
    3.気持ち(小さいちゃん)と共に生きる決意をする
    4.IPを無視しよう(観察しよう)
    5.自分に許可を与えよう
    6.「心のコップ」の感情を救いだそう
    7.謎解きや代償行為のゲームをやめる
    8.脚本ちゃんから「引き継ぎ」を行う
    9.不安ちゃん(淋しいちゃん)を抱きしめよう
    10.第二の誕生


    5.深海から浮上するまで
    1.深海から浮上するまで(ホワイトホールとブラックホール)
    2.「追っ手」と「欲」と陥る「罠」
    3.ただ、あるがままの自分として存在(Be)すること
    4.一隅を照らす灯となることが国の宝



    ■(ご参考)講座感想-------------------------------
    どのような講座なのかを知るよすがになると思いますので、是非お読みください。
    「あるがままの自分を取り戻す講座2013」感想
    「あるがままの自分を取り戻す講座」感想(2015)



    ■7/23(土)スケジュール-----------------------
    0930-1000 受付(9:30まで準備の為入れません。)
    守秘義務の共有のため簡単に読めるネームで進めますので名札をお渡します。名札は経費節約のため、回収いたしますのでご協力お願い致します。
    1000-1730 講座(1200-1300昼食)
    1800-2000 懇親会 (希望者)
    2000-2200 カラオケ(希望者)



    ■定員-----------------------------------------
    ・20名(最終締め切り7月8日(金)ー定員になり次第締め切らせていただきます。)



    ■対象-----------------------------------------
    ・今の自分を整理したい方
    ・あるがままの自分を取り戻したい方
    ・夫婦、親子の関係に問題を感じている方
    ・家族、親族のことで何かヒントを得たい方
    ・幸せな家庭(まほろば)を築きたいと思っている方
    ・これから子育てに入るご夫婦
    ・子育てがしづらいと思っている方



    ■参加に当たっての留意点--------------------------
    悩みを持つ方々が集まりますから、プライベートな話が出ますので「守秘義務」の共有が発生します。プライベートなことについては口外したり、ブログに書いたりしないようお願いいたします。



    ■場所--------------------------------------------
    東京都江戸川区松島1-38-1 グリーンパレス 2F高砂
    注)直接会場に問い合わせはしないでください。



    ■交通--------------------------------------------
    *JR新小岩駅(南口)よりバス10分+徒歩3分
    [都営バス(新小22)葛西駅行き、または(新小21)西葛西駅行き
     →江戸川区役所前にて下車(210円)]

    *JR新小岩駅(南口)ーお散歩コース@1.7km(約20分)




    ■参加費------------------------------------------
    1, 弁当なしの方【8000円】
       お弁当込の方【9080円もしくは9130円】

    2, 懇親会【3500円目安】ー開始前に集めます。

    3, 2次会【2~3000円目安】ー懇親会終了後移動します。当日集金します。


    *昼食について
    ① 1Fにレストランやカフェ、近隣にいくつか食堂があります(近くにある市役所の食堂は土曜日はやっておりません)。
    ② 会場内(飲食物持ち込み不可)で食べたい方は弁当950円もしくは1000円とお茶(350ml)130円のセット(計1080円もしくは1130円)で受け付けます。種類をお選びいただき、お申し込み時に参加料と合わせてお振り込みください。



    【千和ーお茶込1080円】ーお魚と煮物等、定番のおかずを盛り込んだお弁当。
    senwa950.jpg


    【寿ーお茶込1080円】ー江戸風味の五目ご飯が楽しめる幕の内。
    kotobuki950.jpg


    【若鶏の唐揚げ弁当ーお茶込1080円】ー定番鶏の唐揚げをひと手間加え、柔らかな食感で仕上げ。
    karaage950.jpg


    【ちらし寿司弁当ーお茶込1130円】ー彩り豊かな「ちらし寿司」と相性の良いお惣菜。
    chirashi1000.jpg


    【三色そぼろ弁当ーお茶込1130円】ー三色そぼろの彩り鮮やかなお弁当。
    soboro1000.jpg


    【中華風弁当ーお茶込1130円】ー鶏肉の中華炒め・鶏唐揚げ・チキンシューマイ、鶏専門店ならではの中華料理風。
    chyuuka1000s.jpg



    ■申込方法----------------------------------------
    こちら☞【7月23日(土)「あるがままの自分を取り戻す講座】にご記入の上、下記のアドレスにお申し込みください(携帯の方は下記アドレスの受信設定をお願いいたします。)。
    kouza@*@jiritusien.com (「*@」を取ってください)
    お振り込みをもって参加確定とさせていただきます。



    ■参加費用の振込先----------------------------------
    参加費は下記にお振り込みください。

    <銀行から振り込む場合>
    ・銀行名 ゆうちょ銀行
    ・支店名 〇五八支店(ゼロゴハチ)
    ・口座  普3446234
    ・名義  ナカオマチコ

    <郵貯からの場合>
    ・ゆうちょ銀行
    ・記号10570 番号34462341
    ・名義 ナカオマチコ



    それでは、会場にてお会いしましょう♪

    by中尾相談室


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2016/05/23 09:45】 | 講座・講演
    トラックバック(0) |
    先日は関東で地震がありましたね。

    かたかたと揺れ始めてから、いつ終わるだろうと思い固唾を飲んでいると、その揺れ方が3.11に似てるようで緊張しました。

    震度4と出ていたけれど、もっと大きく感じました。2階にいたからかなぁ。
    各地の震度に関する情報を見ると、日本が毎日揺れていることがわかります。圧倒的に熊本近辺が多いですが、北海道の根室から沖縄まで揺れています。

    震度3以上の地震



    「備えあれば憂いなし」と言いますから、今日は【被災者がまとめた死なない地震対策】というサイトをご紹介させていただきます。

    この方は、1995年の阪神・淡路大震災以来、本格的に地震対策をするようになり、以後、毎年のように20年近くも地震対策を更新してこられたそうです。ご自身の経験を含め、つぶさにシェアしていただいていることに感動と感謝がわきます。

    どこを読んでもわかりやすく書かれていて、ひとつの記事が手短で読みやすく、「被災者はなぜか逃げない」という心理状況や、「ちゃんと準備しておけば、まず死なない。」という実感を書いていらっしゃいます。

    1日1項目あるいは、タイトルひとつずつでも記事に目を通したら良いかなぁと思います。これまで言われていた対策とは少し違いますし経験者だけに現実的で実践的に感じました。


    現在も更新中で記事のurlがないものがありますが、タイトルだけでも私は興味津々。
    以下は、不謹慎な言い方ですが記事が楽しみでもあります。

    ・日常生活と防災を別個に考えると、防災用品だらけになります
    ・例えば、アウトドアで遊ぶ
    ・例えば、普段のバッグを非常持ち出し袋にする
    ・テンパる人々~不思議な動きをする女性、イライラする男性
    ・津波は海の反対側からも来る
    ・通帳とかハンコを非常持ち出し袋に? →無理
    ・車のガソリンを空にしてはいけない
    ・ペットボトル湯たんぽ
    ・足りないのは飲み水ではなく生活用水
    ・給水車から水を受けとる容器が必要
    ・意外と使えるウォータージャグ
    ・玄米の備蓄で食料の心配なし
    ・ペット用品も忘れずに
    ・防災ずきんはいらないと思う
    ・被災地を回るときに持参して欲しいもの
    ・古代日本の建築から防災のヒントを探る

    被災者がまとめた死なない地震対策


    関連記事
    災害発生10日後から留意すべきこと
    災害時の自閉症や躁状態への対応



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2016/05/19 07:34】 | 災害
    トラックバック(0) |