家族カウンセラーの想いつれづれ
    心に過剰反応が起こること

    自他を問わず命を犠牲にしてまでの自己防衛が働くこと(過剰防衛)

    防衛が働きすぎて話し合いにならなかったり

    「喧嘩して仲直り」というごくありがちなこともできない

    頑なな大人が増えてきたように感じる





    連鎖の傷が深く

    直視から逃げ続ける人を責めることは出来ない

    ただ

    それでも親は我が子の声に耳を傾ける勇気を持って欲しい

    完璧な親などいない

    子の傷を受け止める勇気があれば我が子を責めることもしないだろう

    親はいくつになっても親

    子はいくつになっても子

    それは変わらない





    これは自分自身にも言えること

    私が一生懸命頑張ったことよりも

    我が子を傷つけ悲しませたことが

    私の知らないところでいっぱいあっただろうこと

    夫婦連合を上手に築けなかった未熟だったことが

    子どもらを悲しませたこと

    それらを教えてくれる我が子らに感謝して受け止めたい





    はじめは

    必死で育てた日々が全て否定される気がして

    とてつもない抵抗が内側から起こる

    それでも

    我が子の傷の痛みをちゃんと受け止めることから逃げたら

    一生自分に言い訳をして生きることになるだろう

    そんな親を持つ悲しみは絶望に近い

    それでも子は親を思うものなのだ

    痛ましいほどに





    おそらくほどんどの親たちは

    我が子に愛され守られてきただろう

    そのことに思い至る心あればきっと救われるだろう

    救われるのは

    実は親自身なのだ



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2016/03/12 23:02】 | 言の葉
    【タグ】 人生脚本  無意識  インナーチャイルド  
    トラックバック(0) |

    いせびあんさん
    中尾眞智子
    > たくさん、我慢させて
    > 親の思いを受け止めさせてきたか。

    親世代が気づいた時に逃げずに向き合ったら、子世代は楽になっていくでしょうね。

    > 本当に辛いけど。
    ウンウン. (*゚ー゚)(*。_。)(*゚ー゚)(*。_。)ウンウン

    > 分かったから。
    > 子どもの気持ちを大事にしよう。
    > よく見よう。

    自分のチャイルドも見てあげてくださいね。^^

    わかります。
    いせびあん
    本当に分かってなかった。
    見えてなかった。

    私は何を見ていたんだろう。

    たくさん、我慢させて
    親の思いを受け止めさせてきたか。

    本当に辛いけど。

    分かったから。
    子どもの気持ちを大事にしよう。
    よく見よう。

    コメントを閉じる▲
    今年で大震災から5年が経ちました。
    yahooで「311」と検索すると、10円の寄付が出来ます。今日だけでもyahoo検索を。
     ↓↓↓
    震災から5年、いま応援できること


    英司ブログ「311から5年―「循環」を取り戻していきたい」もお読みください。


    【3.11を忘れない】
    以下は震災の動画です。辛い方は見ないでね。




    石巻市 津波 TSUNAMI JAPAN 3.11/2011






    南相馬市に押し寄せる津波【視聴者提供映像】






    液状化現象の始まる瞬間.flv

    ※浦安かもしれません。





    【東日本大震災】 液状化現象(千葉幕張)_1






    東日本大震災 釜石市大津波 地元TV局が捉えた魂の記録映像






    岩手県久慈市【津波を乗り越える漁船】






    福島原発1、3号機爆発映像






    吉田所長の遺言「爆発したらまた死んじゃうんだぜ」






    吉田元所長が、2013年7月9日、食道がんのため亡くなりました。
    福島第一原発の事故が発生した当時の東京電力本部との激しいやり取りと、現場での落ち着いた部下に対する陣頭指揮の様子が収録されています。


    言葉がありません。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2016/03/11 10:49】 | 災害・脱原発・エネルギー
    トラックバック(0) |
    フェイスブックでお見かけしていただいてきました。
    目に映る文字に静かに我が身をふりかえり、ふりかえり・・・。



    木の性質を見抜き
    悪い癖でもそれを生かしていったほうが良い
    癖が強いほど命も強い
    癖のない素直な木は弱い
    千年の木だったら
    少なくても千年生きるようにせな
    木に申し訳がたちませんわ



    自分は流れに杭を打ち込んで
    必死で流されないようにしているようなもんです



    体は飯を食わせれば大きくなりますが
    心とは そうはいきませんやろ

    心の糧は五感を通して
    心の底に万象を
    正しゅう判断して考える事

    これが心に飯を食わすということですな



    教えなければ子供は必死で考えます
    考える前に教えてしまうから身につかん



    時代に生かさせてもらっているんですから
    自分の出来る
    精一杯のことをするのが務めですわ



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2016/03/07 13:54】 |
    【タグ】 自律  育む  見守る    
    トラックバック(0) |