家族カウンセラーの想いつれづれ
    子どもの声が騒音かそうじゃないかというのを見ると

    騒音(やかましい音)だと認めて受け入れることが大事だと思う

    やかましくない子どもがいたら心配で気になってしまうなぁ

    何かに集中しているならほっとするけど・・・





    こどもが集中すると本当におとなしい

    集中力が身につくには

    思いっきり遊んで楽しむこと

    好奇心でいっぱいな気持ちや行動が許容されて育つことが大事





    気持ちや行動が許容されて育つと

    自分自身を信じる心(自信)も深まってゆくので自律してゆく






    子育ての愛に混じり気ないですか
    心のコップがいっぱいの親御さん
    どっち見てますか
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    ハラッサーとハラッシーのいたちごっこ
    いたちごっこから降りる
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2015/08/25 07:09】 | 育児(育自)
    トラックバック(0) |
    義母が骨折してから一週間後の昨日、レントゲンの結果は良好。

    夕方には、訪問入浴が来てくれました。

    それもこれも、ケアマネさんが迅速に対応してくださったおかげです。感謝感謝。
    お風呂は、1畳くらいのスペースとその周りで動く人のスペースがあれば十分可能で感動しました。

    怖がりなので、はじめは人がわらわらと来てドキドキしたのか血圧が上がっていましたが、馴れてきたのか次の時は少し下がって、無事にお風呂に入ることができました。

    いつもは、家族に体を拭いてもらい、ドライシャンプーの洗髪でさえ「気持ちがいいわ。ありがとう。」としみじみ言っていましたが、プロが3人で丁寧に洗ってくれるお風呂では、これまで見たことがあるだろうか?と思うほどの満面の笑みでした。

    こちらで用意するのは、お風呂のお湯だけ。
    近くに駐車スペースがあればそれさえもいらないのですが、駐車可能な場所からのホースが届かなかったのでした。

    我が夫は、松岡修造が降臨したかのような感動ぶり。初めから終わりまでずっと写真を撮っては感嘆の繰り返しでした。スタッフの皆さんがやりにくくないだろうかと思いましたが、プロですね、動じることなく笑顔で続けてくださいました。


    お風呂上がりの体を拭いてもらう時に、いつもは「痛い」といって家族が遠慮してしまう姿勢を文句ひとつ言わずに受け入れているのを見て、日常でも十分可能だとわかりました。

    おそらく、身内(特に自分の夫)に甘えたいんだろうなぁと思います。

    怖がりさんだから、ちょっとの痛みでも不安になるのでその都度説明してあげます。

    たとえば、オムツ交換で腰を痛がりますが、「ずっと寝ていて動けないから痛いんですね。起きている時間を長くして腰を鍛えましょうね。」というと、納得してくれます。

    男性陣が運んでくれる時には、怖がって腕をつっぱるのであちこち軽くぶつけます。皮膚が薄くすぐにあざになるので、腕で自分を抱っこするように言っても、すぐに伸ばしてどこかにつかまろうとしますから。ところが自分では原因がわからないので、「こんな風になってしまって、なんでやろ。」と言いますから、それも説明するとなるほど、と安心します。

    器具で固定した足の付け根が痛いと言いますが、これも動かさないためだよと説明すると安心します。レントゲンの結果では、膝から下だけの安静なので、うまくやれば足の付け根のマッサージが可能かもしれません。

    なんにせよ、これまで「痛い」と嫌がった姿勢をとれていたことは、諦めが希望に変わりました。

    自力で動けるように諦めず励ましてゆこうと家族の結束が高めてゆけます。

    高山では、義父がずっと家事も妻の世話もしてきたので、骨折させたことをだいぶしょげていましたが、先日、家族が忘れないようにと、1日の義母スケジュールを作ったら、早速朝からコツコツとこなしています。
    義父にとって、妻の世話は大切な役割だということが、先日お喋りしながら痛感しました。

    義父には義母が必要不可欠な人なんだなぁ
    それが脚本だろうと相性がぴったりなんだなぁ
    義母も義父が週一のダンスに行くと「そんなもん行かんでいいのに。」と寂しがっている様子。
    なんだかんだ言いながら、夫がいいんだなぁ


    ともあれ、週に一回の訪問入浴を4~8回くらい経験した頃には自分で立てるはずで、そこからはリハビリだなぁ。
    いざというときは、リハビリ入院という方法もあるそうで、心強い情報をいくつもくれるケアマネさんに感謝でいっぱいです。




    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2015/08/22 06:54】 | 家族小景
    トラックバック(0) |
    気がつけば、スリーテンからもう2ヶ月が過ぎようとしています。

    感想も、人それぞれで違いますね。自分と向き合い続けている人の言葉に胸を打たれます。
    公開希望されなかった方も含めて、「感想を書く」時に必ず自分自身と向き合うことになります。まずは、その試練に立ち向かった皆様に感動しています。自分自身が紡ぎ出す言葉、自分自身が決定した行動に、その時の心が現れますから、それらをシェアした勇気をありがとうございます。

    「ちょこっとチョイス」で見てみたいと思います。



    『楽しいことよりも、苦しいことのほうが多かった今回の体験。次回の講座はきっと、IPに妨害されて、参加困難になると思われます。でも、行けるといいなぁ。心待ちに、今から楽しみにしております。』

    苦しいことから目を逸らさない姿勢がきっと次につながると思います。参加困難になると思われる、で終わらずに、希望を書いていらっしゃることが嬉しいですね。





    『生き癖や考え方の癖が、環境を作っていくんですね。恐ろしい。心底悔しくて悲しいです。』

    向き合っているから、心底生き癖を悔しがって悲しんだのでしょうね。生き癖(思考癖含む)を直視したからこその思いです。素晴らしいですね。





    『結果、以前はあんなにも苦手だった自己開示には何の抵抗もなく、討議の最中は反対意見でもごく自然に口に出す事が出来ていました。この「ごく自然に」という感覚はとても心地よいものでした。
    「積極的に」というほど気負うわけでもなく、「率先して」というほど張り切るわけでもない。
    グループの皆さんとの会話の中で、気付けば結構発言していたな、という感じ。
    あれは私の成長の成果というより、講座全体、そしてグループ内の空気のお陰であったと思います。
    まず第一に「否定も批判もなくちゃんと私の意見を聞いてくれる場である」という安心感。発言する勇気が湧いてきます。
    そして後から考えてみると、これもかなり重要だったなと思うのが「一つの意見に同意だけでなく反対意見も出てくる」という事です。』

    『そしてグループ内の空気のお陰であったと思います』とありますが、これは、この方が自分自身との信頼関係が深まっていたからということですね。そうでなければ、グループの空気に馴染めずに疎外感を持っていたかもしれません。自分とつながると自然に変化してゆくことを見せてくれてありがとうございます。





    『普段の現実世界とのギャップを憂いたり…皆さんの抱えてる現実に涙したり…今の自分の心の有様を確認出来た一日でした。あの日の"奇跡"が"当たり前"になりますように。』

    あの日の奇跡は、この方の素直さが作り出せたもの。
    素直さは向き合う中でとても大切です。自分が傷つく勇気を持つことができます。





    『もう1つ気付いた生きグセがあります。最初は精力的に頑張るのですが、もうちょっとという所で力を抜いてしまうクセ。そしてその結果に落胆して自分を責め、周囲も責める、落ち込む、の繰り返しの生きグセ。人と繋がることを恐れ、成果を出すことに無意識のブレーキがかかっているようです。』

    気がつくということは、この先意識しないわけにゆきませんから、葛藤しながら向き合い続けられることと思います。また、このように表明できたことを素晴らしいと感じます。楽しみですね。




    『何度か私の意見に対して「私は違う」「私は反対で」などと意見されることがあり、ただ、みんな自分の率直な意見を話してるだけなのに、私の意見にケチをつけられ、否定されている気がしてきて怒りが出てきました。』

    この気持ちは、生育環境で十分に受け止められてこなかった「怒り」だと思います。哀しかったと思います。
    「みんな自分の率直な意見を話してるだけなのに」という冷静な自分も育っていらっしゃいますから、受け止めることができると思います。





    『スリーテン受講からしばらくして、夫が私に言ってくれた言葉を書きます。(こんなことを言ってくれたのは初めてです。)
    「これから年をとって、もし子供も巣立っていったら、ちょっと寂しくなるかも知れないね。だけど、二人で向き合って、いつの日か本当の○○(私の名前)と僕とで、結びつくことができたらいいな。それってすごく楽しみだし、人生を生きる意味だって言ってもいいんじゃないかな?」予想外の言葉に、思わず涙が出ました。ありがとう!』

    ご自身と向き合ってこられたからこその出来事ではないかと感じました。夫婦連合、おめでとうございます。




    『決定するのは辛いし、本心では決めること自体が嫌なんだけど、決定しないと可能性すらなくなってしまうというのは大きな気付きでありました。』

    素晴らしい気づきです。
    決定しなければ可能性すらなくなってしまうー人生は選択の繰り返し、決定しなければ選択もできずに立ち止まったままですものね。選びたくない、選べない、現実的なテーマじゃない、という感想はその時にも聞かれました。このように「逃げる」ことも出来る課題ですから、それも含めて自分を映してくれますね。





    『でも私も、まだ代理家族を作っているとそれで改めて気がつきました。愛されなくて悲しいと叫びたくなることもある。なぜ大切にしてくれないの?と悔しくなることもある。もう少し自分と向き合う時間をとって、私を大切にしてあげよう。そして今を生きたい。
    演じるのはもうやめたい、ごっこ人生はもういい、自分を生きたい。またゆっくりでもいいから、本当の自分に近づけるようにしていこう。そう思いました。』

    何層にも気づきが起こった感想の一部ですが、決意表明が心地よいです。
    自分自身と向き合うと、物事を素直に受け止め、自分を大切にするようになり同時に人も大切にしてゆきますから、楽しみですね。





    『「私は本当に、心から誰も選択したくないと思っていると思う」と訴えると、「それは脚本だ」といわれ、ここ5年くらいで一番のショックを受けました!これが脚本?私が本心と思っているものは、インナーチャイルドの声じゃなくて、脚本の声なの?!……と大混乱。』

    こうして素直に書いてくださることが嬉しいですね。
    「心から〜」という言葉に自分自身が騙されることはよくあります。この場合も、「選択することから逃げている」という事実が明確です。今後、インナーチャイルドの声を聴きながら、「大人の私」が選択するようになると思うと楽しみですね。




    『自分自身が道具たがら、人の気持ちを踏みにじる事をなんとも思っていない、いや、ICの気持ちが分かってないから、人の気持ちを踏みにじっている事すら気付いていない、、ただただ脚本を実現するために、自ら人を利用して生きてきただけ。。。あぁ、、自分は何をやってきたんだろう。。。
    この真実に向き合うのは辛く苦しいですが、スリーテンに参加した事がきっかけで、気付く事ができました。』

    自分が道具だから人も道具にしてしまうー気がつくととても苦しく哀しいですよね。気づいたのはご自身の向き合う姿勢があったればこそ、その素直さの賜物です。書いてくださってありがとうございます。





    『今思うと、あの場はとても安心できる場で、ハラッサーばかりの日常とは、かけ離れた異空間のようでした。ただ現実の生活の場は、まだまだハラッサーだらけで、実生活に今すぐ応用、とはいかないです。まずは自分の気持ちを大切にするところから、フラットな人間関係の中に身をおけるようになりたい!って思います。』

    あの場も小さいハラスメントはそこここに見受けられました。ハラスメント界で生きてきたのですから、魔法の世界に行ったわけではありません。が、それらの苦しい場面を、自分自身をうつす鏡として受け止めていらっしゃった方が多いと感じています。自分自身の気持ちを大切にしてフラットでいられるようにと応援します。





    『「夫婦を残したい」すごーく重い言葉でした。夫婦というものに対する信頼ってすごく羨ましかったんだろうと思います。だから自分も乗っかりたかった。そして次の世代につなげていく、そういう選択っていいなぁと心底思いました。
    うん、今すっきりしました!私は後世につなぐ選択をしたいですと言いたかったんだなぁ。未来へつなぐというところで結論を出したかったんです。』

    課題から目を逸らさなかった姿勢がひしっと伝わってきます。次の世代に繋げたい、未来へ繋げたい、という希望を、ご自身の内側に見出したことがわくわくします。





    『・自分が周囲の雰囲気に合わせていることに気づいた・最初に、どこかで「SFだ・・・」と思ったこと・自分一人なら、どこまでも深く掘り下げるけど、他の人の前だと自分の想いにアクセスするのが困難なこと・人類のためにならない人に、生きる価値はないの?子孫を残せない人に価値はないの?最初に「SFだ・・・」とフタをした部分に、大きな傷があること』

    「SFだ」と言い訳をして、自分の問題から逃したことから、そこにこそ大きな傷があると気がつかれたのですね。
    SFだと思いつつも、葛藤が深まって行かれた様子が書かれていて嬉しいです。




    『あ~~~・・・ そうだったんだ私、自分で自分にダブルバインド仕掛けてたんだ・・・ということは、その姿を、脳内親に見せていたんだ・・・もう、こんなことからは降りようゆっくり休んで、疲れを癒して、私は、私の、新たな旅を始めよう』

    ダブルバインドを仕掛けるのも、ダブルバインドに仕掛けられるのも自分自身、そこから降りて新たな旅を始めよう!
    嬉しいですね。






    『自分の意見があっても言い出せず、普段の自分全開でした。自分の意見なんて聞いてくれない。受け入れてもらえないだろう。きっと認めてもらいない。私の脚本ちゃんでしょうか、思考が止まらず、グループの方に促されるまで不安で発言ができませんでした。
    しかし、同じグループの方のあまり発言しない方が意見を出すと重く感じるとの言葉は、嬉しかったです。自分の意見を尊重してもらえている事は嬉しいです。いつの間にか自分自身の意見を自分で卑下してたんですね。コーチングしてもらう前と後では、心強さが違いました。見守ってもらえるそれだけでも違うのですね。』

    生育歴で気持ちを受け止めてもらえないで育つと、自分の意見をいうことがとても怖いです。怖さを乗り越えて、発言されたと思います。そして、受け入れられた経験として持ち帰られたことが嬉しいです。少しずつ自分を信じてあげられますように、それが自信となります。




    『時間がきて、はじめは人間知恵の輪
    みんなでどんどんほどいていく一体感がとても楽しかったです。』

    これは毎回やっていますが、初めての方も何回か参加された方も子どものように楽しまれる姿が嬉しいですね。ここからもう自分自身との付き合いが始まっています。





    『理由はわかりませんが「平等」という言葉は私のこだわってしまうことです』

    「平等」ーいいテーマを出してくださいました。
    というのも、平等を意識して子育てしている方がとても多いのです。過去に不平等を感じたのかもしれません。
    けれども、平等ってなんだろうって考えたら、「誰もが1日は24時間だ」というくらいしか私は思いつきません。
    たとえば、体が小さくて食の細い子と、運動量が多くよく食べる子では、同じ量の食料を与えた場合平等でしょうか。
    進学したい子(国立と私立の違い)と、早く働きたい子と、海外に留学したい子と、いろいろな子がいる中で、平等に扱えるのは「お金」ですが、子どもたちは平等に扱われたと思えるでしょうか。
    「みんな違って良い」という信念を親が持つことの大事さを感じるのです。





    『覚悟を決めると思いがけないギフトがあることもわかりました。亡き父が残してくれたものなのですが、自分と向き合うことをしなければただのガラクタでした。ギフトになるかただのゴミか自分次第。』

    かっこいいですね。
    分別奮闘記
    という歌を思い出しました。

    分別奮闘記ー本人じゃありませんが素晴らしく上手です。







    子育ての愛に混じり気ないですか
    心のコップがいっぱいの親御さん
    どっち見てますか
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    ハラッサーとハラッシーのいたちごっこ
    いたちごっこから降りる
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2015/08/17 09:40】 | 講座・講演
    【タグ】 脳内親  インナーチャイルド  人生脚本  怒り  ハラッサー  ハラッシー  インナーペアレンツ  まほろば講座  ハラスメント  
    トラックバック(0) |
    産まれてから感情表現をし続ける我が子

    親はポジティブな反応は容易く受け入れる



    ネガティブな反応を受け入れたくない親は多い
    親が傷つきたくなくて

    怒ったり

    無視したり

    ご機嫌をとったりすると

    子どもは

    感情を閉じたり

    自分の気持ちがわからなかったり

    突然いらいらを爆発させたりする

    困った子として扱われるようになる



    子どもがネガティブな感情を露わにした時に

    「痛いねぇ。」

    「悲しいねえ。」

    「悔しいねぇ。」

    「がっかりしちゃったね。」

    「むかむかしてるのね。」

    などと言葉で語りかけて受け入れてあげる

    それで子どもは安心する

    もやもやした気持ち(ネガティブな感情)を

    自分の言葉で表現出来るように育つ


    そこから始まらないと躾は押し付けになる



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2015/08/07 07:23】 | 育児(育自)
    【タグ】 ネガティブな感情    負の感情  
    トラックバック(0) |

    すみれさん
    中尾眞智子
    > 自分の中の子どもに対しても同じだと思って、自分に向かって言うことはよくあります。

    気持ちを口に出してあげて、受け止めてあげるー自分育てをして背骨(自分軸)を作ってゆく自律への大切な過程ですね。



    すみれ
    私には子どもがいませんが、自分の中の子どもに対しても同じだと思って、自分に向かって言うことはよくあります。






    コメントを閉じる▲
    腎臓結石、尿管結石、尿管ステント、などの検索で当グログに来られる方がいらっしゃいますので、その後を記しておきます。興味のある方だけお読みください。
    5月の手術・入院・破砕手術から、6月18日に外来でレントゲンを撮ってみたら、尿管で砕いた結石が多少小さくなってはいるものの、腎臓に戻っていることがわかりました。

    石が詰まったところから上の方で水が溜まって、その流れに連れて行かれたということのようです。
    念のためもう一度破砕手術をすることになりました。(ここまで想定内)
    6月22日に入院して、23日は朝ごはんを抜いて点滴、午後2時頃に入室してBUMPを聞きながら3000発くらい打たれて戻りました。24日のレントゲンで小さくなっていることは確認できたものの、今後の動きがわからないので、次に変化がなかったら直接破砕の手術をするのが良いと言われ、(それだけはご勘弁を〜)と思いつつ無事に退院。(24日は北海道から夫の大学時代の友人が出張がてら寄り道してくれて、楽しく語らい歌い過ごしました。余談)


    次の診察は、愛媛の旅があるので、それを無事に終えるまでステントは抜かない方が良いとお医者さんの判断で、7月30日までステントと付き合わなければなりませんでした。
    私の勘では、破砕がうまくいっていて、ステントを抜いた方が石が出るだろうと思ったのですが、万が一旅先で入院になったら、という医師の心配はごもっともですから、しぶしぶ納得しました。

    それ以降は、尿道の痛みがとても嫌で違和感がありました。幸い、仕事をしている時は忘れられること、夢中になっていることがあれば気がまぎれるので、思ったほどには痛くないんだと思います。

    さて、いよいよ7月30日がやってきてました。
    結果、どうやら破砕がうまくいってレントゲンには映らなくなっていました。
    破砕がうまくいって、腎臓にも尿路にも写るほどの大きな石がないわけです。
    いよいよステント抜去です。

    ステント抜去も結構な痛みを感じます。
    ステントに砕かれた石がくっついていますから、それが体を傷つけますのでね。
    痛みを想像して脂汗が出ました。

    「カテーテールいれます。」
    「お水いれます。」
    「・・・・・・。」
    「はい、もう外れましたよ。」

    早かった。。。時計を見て1分で終わっていました。2年前は、途中で外れてやりなおしたので、もっとかかっていましたし、痛みも相当感じました。

    ステントには、思った通り石がくっついていました。
    そのままもらって帰り、石を外して容器に集めてみたら結構集まりました。

    その後、初めての排尿で、(う、出ない)と焦りました。
    これまでステントが外れたら困るし、痛いしで力んだことがなかったと気が付いて、力んでみたら、小さい石が3つくらい一緒に出てきました。1~2ミリくらいのものでも、3つもあれば出口をふさぐものなんですね。

    その後は、翌日まで軽く出血しましたが、3日目には落ち着きました。
    石は、じゃりっとしたものが少し出ますが、レントゲンに写らないくらいですから、たまに痛みながら小さい砂利石が出るのかもしれません。

    今のところ、左に写真にうつる石がありますが、大きくなったら破砕するなど考えましょうとお医者さん。
    悪さもせずに、大きくならないようならそのまま放置です。
    腎臓結石を持っている人でも、尿路に出てこなければ痛み知らずで一生を終える人もあるのかもしれませんね。私は、両方に5個くらいの石が見つかって、右ばかり症状があります。私の右腎臓が肋骨2本分左腎臓より下がっているので、それが尿管に行きやすいのかなぁと勝手に思っています。



    検索したらわかりやすい説明サイトが〜♪

    腎臓結石とは
    尿路結石の歴史は古く、約7000年前の古代エジプトのミイラの中からも見つかっています。主な成分はカルシウムですが、これにはシュウ酸カルシウムリン酸カルシウム(私の石はこれ)があり、この2つで尿路結石の80%以上を占めます。この他には、痛風の原因ともなる尿酸や、ある種のアミノ酸(シスチン)や、尿に細菌が入って感染を起こした時(腎盂腎炎)にできやすいリン酸マグネシウムアンモニウムなどがあります。

    年間どのくらいの人が尿路結石に悩まされるかというと日本では人口10万人で約53人位。また、一生涯の間に100人のうち4人が一度は尿路結石になると言われています。

    尿には種々の物質が溶けて体外へ排出されるわけですが、"コーヒーや紅茶に砂糖を入れすぎると濃度が濃すぎて溶けきれない"と同様に、尿中でも種々の物質が溶けきれずに析出して核ができ、次第に結石としての形をとってきます。この現象は腎臓の乳頭部という尿のしみ出してくる所で起こるのですが、石が乳頭部を離れて、腎杯や腎盂で詰まってしまったり、更に移動し尿管に落ちてくると症状がでてきます。


    尿路結石の症状

    突然、脇腹が激しく差し込むような痛みに見舞われ、エビのように体を曲げて病院へ向かう場合が多いです。これを疝痛(センツウ)と言います。血尿(目で見えない潜血のこともある)が出たり、嘔吐を伴ったり、下腹部や大腿部に痛みが走ることもあります。

    結石が小さいと尿の流れとともに少しずつ尿管を降りてきて痛みも下腹部に移動してきます。膀胱の近くの尿管まで降りてくると、尿をしても出にくかったり、何となく尿が残った感じがしたりします。一旦膀胱に落ちたらあとはほとんど自力で出てきます。しかし、少し大きな結石になると腎盂や尿管の途中で止まってしまうことがあります。この場合、しばらく痛みは続くのですが、次第に痛みがなくなり、そのまま放置してしまうと尿が流れなくなり、腎臓が働かなくなってしまうこともあります。

    尿路結石と言われたら、症状が無くなっても必ず泌尿器科に受診するようにして下さい。

    -------ここまで

    私の初体験は、チクチクと右のお腹が痛み出して、だんだん脇腹に広がる痛みで腹膜炎かと思いました。救急ですぐにエコーで結石とわかり、翌日に泌尿器科にかかるように言われました。その時は毎日通院を条件に入院を拒み1週間で5ミリの石が出ました。入院生活を楽しむゆとりがなかった頃です。今はとっとと入院して読書をしたり暇を持て余す優雅さを選びます。
    実際、初めての場合は、尿路結石がわからないと思うので、疝痛があったら例え痛みが消えても受信してください。放置したら、腎臓から水分(つまり尿が)が染み出して危険がいっぱいですからね。

    ♡ちゃんちゃん♡



    おまけー愛媛写真集だよん♪
    夫の生まれ故郷の旅は、ちょっとしたアクシデントがいくつかあって、懐かしい感覚に出会いました。さすが出生地!教えてくれますね。(^^)



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2015/08/04 08:25】 | 尿路結石
    【タグ】 尿管ステント  腎臓結石  尿路結石  ステント抜去  
    トラックバック(0) |
    夫婦共稼ぎであっても
    家事をするのは「妻」の勤めだという価値観の男性がまだまだ多い。
    専業主婦ならなおさらだろう。
    「関白宣言」の歌のように
    理想の「妻(母親)」を求めて
    「夫」にも「父親」にもならない大きな男の子が
    家庭を持ってしまった成れの果てが
    「関白失脚」という歌じゃなかろうか。
    どちらも愛情表現が下手な男性の歌だと思えば胸も空く。



    「飯はうまく作れ!」
    「いつも綺麗でいろ!」
    「舅小姑賢くこなせ!」
    「たやすいはずだ、愛すればいい」
    愛すればいい・・・
    こんな日本語がちゃらっと当たり前の顔をしてる。
    配偶者とその親は別人だ。
    セットで愛せるというのは美しい幻想だ。
    それができる人を尊敬するが真似はできない、したくない。
    この歌を好む男性は、もしや母子分離してないかもしれない。
    (と、疑わしい気持ちになる。)



    世のなかの男だちよ
    妻の笑顔が見たいなら
    「笑顔でいろ」と指示命令せずに
    心の休憩をさせてあげて
    あたたかい会話をしてあげて
    たまにご馳走してあげて
    たまに一人にしてあげて
    関白宣言のように「いつも笑顔でいろ!」では笑顔になれない。
    曇った悲しい顔になるだよー。
    そしてそれを非難する
    こんなダブルバインド使いの男たちは改心せよ。(なんちゃって)

    よ で始まり よ で終わってみた (。-_-。)



    「関白宣言」も「失脚宣言」も嫌い。
    女性版歌詞を作ったら、どんな言葉が入るのかなぁ。(・_・).。oO


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2015/08/02 08:22】 | 未分類
    トラックバック(0) |