家族カウンセラーの想いつれづれ
    カウンセリングで、親とのエンプティで「お父さん(お母さん)大好き!」が出て来てくれました。
    ずっと【怖い】と言っていたお父さん(お母さん)が大好きな小さいちゃんです。その小さいちゃんはお父さん(お母さん)が大好きだから、お父さん(お母さん)の笑っている顔が見たくて、お父さん(お母さん)に嫌われないようにずっとご機嫌を伺ってきました。健気ですね。
    これだけでへとへとになりますから、いつの間にか「大好き」は忘れて、嫌われないように怒らせないように、細心の注意を払う生き癖が身に付いてしまいました。




    そして今、人に嫌われないように、相手のご機嫌を伺って、自分の態度が合っているのか、間違っていたのではないだろうかと、自分自身を疑って心配してハラハラして怖がっています。

    この生き癖を手放していただこうとエンプティをしてみても、途中でわからなくなってしまいます。この「わからない」が、IPですね。自分のインナーチャイルドが出て来ないように、ずっとずっと「よくわからない」ことにして、事実を見させなかったのでしょう。

    ゆっくりじっくり進めてゆくと
    「親にぶつかったら壊れちゃうかもしれない。」という心配が出てきました。
    これもよく見られます。
    エンプティだから壊れませんが、小さいちゃんの内側では、お父さん(お母さん)が壊れないように心配しながら守っていたこともわかりました。ダミー感情ですけどね。

    どんな風に壊れそうなのかな?と訊くと、「よく泣くから」と言います。
    どんな時に泣くのかな?と訊いてみると、親のお葬式と娘の結婚式の2回しか泣いたのを思い出せません。実際は、よく泣いていなかったのです。
    このように、親を守るために事実をねじまげて、自分自身を騙してまで親を庇っているのです。

    (親のために我慢する可哀想な私)の脚本人生を無意識に選んでいることが少し見えて来たでしょうか。




    また、誰かと喧嘩したい衝動があることにも気がつかれました。
    カウンセリングを始めた頃は、我が子に厳しく叱ってしまう自分を責めて苦しんできましたが、紆余曲折を経て、このたび明らかに自分の内側に【怒り】があることに気がつかれたのです。
    なにせ、それまで(わからない)ことにしてきましたから、これは凄いことです。

    多くの人は、「あんな言い方するなんて!」とか「振る舞いが酷い!」とか「態度が悪い!」とか、相手のせいにして怒っていますから、自分の方に怒りがあると気がつくのは容易じゃないんです。

    この方も、これまでは、自分の中の【怒り】を吐き出す切っ掛けに、相手の怒りを利用してきました。無意識に、相手の怒りを引き出して【怒るから怖い!】と相手のせいにして、自分の感情を吐き出してきたのでした。怒られて怖い思いをしている可哀想な私。

    ここでも、(可哀想な私)の脚本人生を選んでいることが見えますね。
    とはいえ、頭で理解しても、自分自身に置き換えられない人がとても多いです。なにせ親との問題をわからないようにしてきましたから。

    余談ですが、【怒る人】の常套句は「相手が自分を怒らせるから悪い!」で、相手のせいです。「相手が怒らせる」という認識と、「自分の中に怒りがある」という認識では、同じ【怒り】でも振る舞いが180度違います。【怒る人】も、【相手の怒りを引き出した上で自分の怒りを吐き出す人】も、親に我慢した感情を、本人が受け止めていないので、人にぶつけてしまうのです。どっちもどっちです。どうぞ怒りを感じたら、自分の感情だと認識してください。

    さて、これまでは、相手を【怖いー怒る】人にしておけましたが、自分自身に【怒り】があると認めましたから、いよいよ自分と向き合うしかなくなりました。この先が楽しみです。




    また、夫婦間の対話をロールプレイしてもらうと面白いことが見えてきました。

    夫「(猫の毛を拾いながら)一日一回は掃除をしてくれないか。」
    妻「今日はしました。」
    夫「うん、でも一日一回は掃除をして欲しい。」
    妻「(ミケの毛が気になるなら)自分でやればいいでしょう!」
    夫「掃除機はすぐに終わるでしょ。」
    妻「(掃除機を出しながら)私だって子育てや家事でやることが山ほどあって大変なんです!」
    夫「夜遅いから明日にして欲しい。」
    妻「(掃除機をかけて)ほら掃除機なんかすぐ終わるでしょ?!」


    よくありがちな場面ですが、白いボールに違う色のボールを投げています。
    どのくらい不自然かちょっと見てみましょうね。


    夫「一日一回は掃除をしてくれないか。」
    夫「うん、でも一日一回は掃除をして欲しい。」
    夫「掃除機はすぐに終わるでしょ。」
    夫「夜遅いから明日にして欲しい。」

    夫は、妻が掃除機をたまにサボることをを知っていて、「一日一回は掃除をして欲しい。」と声かけしていることがわかります。そこには一貫性があります。

    それに対して、妻は、ミケ猫の毛を嫌がる夫が煩いという設定になっています。

    妻「今日はしました。」
    妻「自分でやればいいでしょう!」
    妻「私だって子育てや家事でやることが山ほどあって大変なんです!」
    妻「ほら掃除機なんかすぐ終わるでしょ?!」

    掃除機はすぐに終わるという意見は一致しました。実際には、この方にとって掃除機はすぐに終わることなのですが、何故かサボってしまうのですね。その謎はこの先にとっておきましょう。
    さて、家事や育児で大変な姿をアピールして、脳内親に見せています。

    こうして(大変で可哀想な私)の人生脚本を選んでいたのです。

    こういうことは、カウンセリング現場ではよく見られます。夫(恋人)を代理親にして、「私と仕事とどっちが大事なの?」とか「子どもと仕事とどっちが大事なの?」とか「家庭と仕事とどっちが大事なの?」とかね。

    この時、夫が満員列車で(あるいは自家用車でラッシュの中を)通勤して、一日のほとんどの時間を会社の激務に追い立てられていることは想像も出来なくなっています。

    それほど、余裕がなくなっているのは、本当に家事や育児が大変だからでしょうか。
    そもそも、心のコップが一杯なのに気がつかないで、無意識に操られて生きて来た結果ではないでしょうか。自分の周りの人間を代理親にしては心を囚われて、思考でぐるぐるして苦しがって来た結果ではないでしょうか。その苦しみは、本来いらない苦しみです。自分が自由になるだけのことです。

    では、なぜ苦しむのでしょう。
    それは、可哀想な私、大変な私、頑張る私、パーフェクトな私、冷静沈着な私、ダメな私、間違い続ける私…等など、親との連鎖で引き受けて来た私ーの脚本人生を無意識に選んでいるからですね。


    ※事例を一部分お借りして、解りやすく書いています。お借りした部分は承諾を戴いています。



    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    どっち見てますか
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/12/16 17:43】 | 人生脚本
    【タグ】 インナーチャイルド  人生脚本  脳内親  怒り  無意識  
    トラックバック(0) |

    すみれさん
    中尾真智子
    > 最近思い当たることがあって、タイミングよく、この記事を読めて良かったです。
    > ありがとうございます。

    こちらこそ、ありがとうございます。m(_ _)m

    みかんさん
    中尾真智子
    > すごく心に響きます。

    ありがとうございます。

    > これって、なんか意味あるのでしょうか。

    インナーペアレンツかと思います。

    > あ~あ・・・真智子さんに会いたいな・・・

    ありがとうございます。6月13日はスリーテンの予定です。^^



    すみれ
    最近思い当たることがあって、タイミングよく、この記事を読めて良かったです。
    ありがとうございます。




    みかん
    すごく心に響きます。


    本当は、たくさんコメント書いたのですが、結局消して、
    当たり障りのないように書き直しました。

    これって、なんか意味あるのでしょうか。


    あ~あ・・・真智子さんに会いたいな・・・




    コメントを閉じる▲
    家族ロールプレイに参加頂いた皆様、ありがとうございました。

    数年前に家族ロールプレイをやりたいと思い、相方に積み重ねた研修をヒントに原案を出してみたものの、「未経験者にはハードルが高い。」と却下され、陽の目を見る事はないのかなぁと諦めかけていました。が、たびたび会議を重ねるうちに、相方の中で形が出来上がってゆき、今年の1月には初のロールプレイを開催することが出来ました。今年のうちに2回目が出来たこと嬉しく思います。

    ちなみに、私の企画の一つは、後半に参加者さんのたっての希望で偶然にも叶いました。
    午後が1時間ずれ込みましたから、ロールプレイの時間がないという判断で、フリートークから集団カウンセリングの方向に進んだのですが、振り返りコメントの段階で早くも「午後もロールプレイをやりたい!」と言う声が幾人か上がり、トークの後半には半分が手を挙げていましたね。

    午前中に2回経験されていることが大きいとは思いますが、ゼロからグループ内で事例を出して設定して役作りをして演じる姿に感動しました。

    準備なしのロールプレイは面白いです。

    私ごとですが、【家族ニューロールプレイ】に参加した時のことです。
    参加の切っ掛けの自己紹介を終えた後に、「ねぇ中尾さん、さっきの〜のところちょっとやってみませんか?」といきなり敬愛する先生ににっこりと声をかけられてタジタジしました。すると、「無理はしないでくださいね。」とさらりと添えていただき、(今日じゃない)と思っていたのに「は、はい」と前に出て行ったのを思い出します。〜のところはとても短い紹介だったし、自分では大したことじゃないと思ったのに、さすがの先生には掴まりました。

    心の奥底の澱みを見ながら人前で素直な気持ちを出せたのは初めてでした。これが出来たのは、講義付きのロールプレイじゃなく、【家族ロールプレイ】のみの研修だったこと、つまり思考に邪魔されなかったのが大きいと思います。同時に【守秘義務】の共有という守られた空間であったこと、更に人の負の部分を見守れる人々ですから、誰が何を言っても否定しない【場の安心】にあったと思います。
    プロですから当たり前ですが、中には自分の内側がざわざわしたのか、そっと場を外れる方もいらっしゃいました。人間ですからこれも当たり前のことなのです。

    当時はロールプレイが大嫌いでしたから、清水の舞台から飛び降りる決心で研修に参加したのですけどね。(←脚本)





    以下、相方の記事から引用して、書きたいことを添えました。
    家族ロールプレイの感想(20141122)


    --------------------
    今回は4名の方から事例の提供があり、5人、4人、4人、3人の4家族が出来ました。ホワイトボードにその構成と年齢、職業などを書いておき、まずは直感でどの家族を体験したいのかでグループ分けをしました。各グループ(疑似家族)で一人づつ、主人公のインナーチャイルド役の方もできて丁度20名でした。直感で決めていただいたわけですが、それぞれの方が然るべき体験をされたようで、偶然とは面白いですね。
    --------------------

    実際には、演者の後ろで一言も発しないで見る人を「シャドー」と言います。通常は、演者全員にシャドーをつけて、後で役を交代します。すると、自分と他人がいかに違うかがわかります。
    今回は、人数調整のため主人公にシャドーをつけました。
    シャドー役の方の感想から、主人公の隠れた気持ち(インナーチャイルド)を感じたり、家族全体を俯瞰していることが多かったようです。このシャドー役のように、小さい頃の主人公は、無意識に全体を俯瞰して見ながら、自分の気持ちを我慢させて人生脚本を紡いできたのかもしれませんね。抑え込まれた気持ちもよく掴めたようです。





    --------------------
    その後、全体シェアに移り、全員に感じたことを言っていただきます。いつも思うことは、皆様の“実感”コメントから学ぶことが実に多いと言うことです。私のブログは、相談者の方々の実感から私が学んだことをフィードバックさせていただいているに過ぎません。
    --------------------

    お一人の“実感”コメントが別の方の琴線に触れてゆく様子や、更に発展してゆくクロストークを見守らせていただきました。一期一会とはいえ、この場で封じ込めていた自分の気持ちを出せたせいか、活発な交流場面も見られました。





    --------------------
    皆様、生まれながらにその親から“鍛えられている”わけですから、誰もが他の誰も持っていない独自のものをお持ちです。人の気持ちを伺うことや、神経質、過敏さ、慎重さ、警戒心等々のことも、自分がそれに振り回されず主体的にそれを使うようになれば武器になるわけです。
    --------------------

    たとえば、音に過敏な人のお話を聴いてゆくと、ご自身が小さい頃に(世間体を気にした親が近所に聞こえない様に叱った)(静かにしなさいと厳しく躾けられた)(親自身が音に過敏だった)など、音を殺す生活を強いられ、音を出さないように神経を注いで生きてこられています。自然の音は大丈夫なのに、「音を立てる人(人が立てる音)」には我慢出来ません。

    音を殺すということは、声を殺すということ
    声を殺すということは、感情を殺すということ
    感情を殺すということは、自分を殺すということです。
    自分自身に禁じていることをのうのうとやっている人間に対して殺意を抱くことさえあります。

    カウンセリングが進むうちに、音が気にならなくなった方も多いです。ご自身のインナーチャイルドを救って、それまで耐えられなかった子どもの声や親子連れの声を受け入れられるようになった方もいます。





    --------------------
    また、根底に母親への恐怖がある方は、その恐怖を土中深くに埋蔵した上で、それを埋蔵したことさえ忘れて地表で生きています。それこそ「私は恐怖など感じたことがない」くらいの自己洗脳で生きていたりしますので、一人ではそれに気づき得ません。
    --------------------

    実際、両親のことをいつも気にかけ心配かけないように気配りしているのに、ロールプレイ時に、もの凄い怖い親の顔が浮かんで愕然とされることもよくあります。守秘義務があるので、実態を伴った事例は出せませんが、体験された皆さんはよくご存知かと思います。





    --------------------
    ただ留意しなければならないのは、本人の語りに共感しているだけでは、脚本人生のイネイブラーになってしまうということです。受け止めている気持ちが脚本人生劇場上のニセモノ感情ですから、確かに表層意識ではホンモノ感情なのですが、そこで終わっているとインナーチャイルドにはたどり着けないのです。
    --------------------

    この通りです。とはいえ簡単ではありません。早々に「それは脚本(ニセモノ感情)ですね。」と指摘した時に、もの凄い抵抗でこちらに攻撃を向けて来て、カウンセリング自体を意味なきものにしようとIP脚本連合が仕掛けてくることもあります。それほど強い抵抗があるということは、それほど深い傷を持っていますので、簡単に岩盤が割れずはずもありません。丁寧にゆきます。

    そこで、脚本ちゃんの頑張りを認めながら、インナーチャイルドを刺激する種まきをします。種が実を結ぶかはご本人次第なのですが、カウンセリングの後もじんわり効き目を果たしてくれて、「脚本ちゃんの語りだったとわかりました。」とご自身で言えた時、ぐんと大きな一歩を進みます。
    この時に「待っててくれてありがとう。」「騙されないで見守ってくれてありがとう。」などの言葉が聞けます。本当に待ってくれたのはご本人のインナーチャイルドですね。





    --------------------
    『今まで自分のことを、なんかよくわからない不気味な人だと思っていましたが、先生が私の今までの人生を解説してくれたおかげで、わかるようになりました。』
    『ICも、出来事を話して裏にある意図を読み取ってくれる人をずっとまっていたのでしょうね。大変失礼な言い方かもしれませんが、ICは先生を信頼しているのだと思います。たぶん私自身より。』
    --------------------

    カウンセラーを信頼することは、ご自身がICと繋がっていなければ出来ません。カウンセリングを始めよう!と決意した時にICと繋がっていたことでしょう。
    より深く強くICとの信頼関係を強める、その橋渡しの鏡としてカウンセラーがいます。



    参加者された皆様、お疲れさまでした。
    また、素晴らしい体験の共有をありがとうございました。
    事例を出して下さった皆様には、心からの感謝をお伝え致します。
    本当にありがとうございました。m(_ _)m

    それから、2回目の家族ロールプレイを期待して、待ってて下さった皆様、お声をかけて下さった皆様、ありがとうございました。


    感想が上がって来ると思いますので、引き続き
    ↓ ↓ ↓
    あるがままの自分を取り戻す

    にご注目下さいね。^^





    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    どっち見てますか
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/12/03 08:47】 | 講座・講演
    トラックバック(0) |

    じんさん
    中尾真智子
    > 真智子先生、ロールプレイを粘り強く英司先生に提案してくれてありがとう。

    どういたしまして。^^

    > また3回目も開催して下さい。楽しみに待っています!

    ありがとうございます。m(_ _)m





    じん
    真智子先生、ロールプレイを粘り強く英司先生に提案してくれてありがとう。
    1回目の時は参加したい気持が湧きおこらなかったけど、今回はIPが仕掛ける恐怖に負けずに、無事参加できました。
    ロールプレイを体験し、湧き出た思いを実感して、少しづつ自分の背骨と血肉を作っていきたいと思います。

    また3回目も開催して下さい。楽しみに待っています!

    コメントを閉じる▲
    ハラッサーとハラッシーのいたちごっこから降りる】

    誰か(自分や相手)のせいにして悪者を作る発想を手放さないと変わりません。

    気がついた方が変わるしかありません。

    そもそも、ハラッサーもハラッシーも、両親のどちらも見て育っていますから、どっちにもなれる要素があるのです。
    たとえば、ハラッサーはもとは親の期待の受け皿として存在していましたから、いわば「存在自体が受け皿」ですから究極です。親の期待に添うように見えない努力を一生懸命していますが、親からの重圧に対し無意識に抱えこんだ怒りは外に向かいます。親は、怒りっぽい子と扱いますが、実際は、この子が親以外と繋がらないようにしむけています。

    大人になっても、子ども時代に親の支配をなすがまま受けるしかなかった無力感を持ち続けて、当時の親に対する怒りを抱えたまま、親に同化せざるを得なかった自分自身に怒っているのでしょうけれど、身近な人を代理親にして怒りをぶつけます。

    ほんとうは、あるがままの自分を受けとめてもらえなかった哀しさ寂しさを抱え続けています。自己評価が高くなければならない脚本ですから孤高を保ち孤独です。その実、そのような振る舞いをすることで、親を安心させて支えていますから、十分に受け皿をやっているのです。



    たとえば、ハラッシーは子どもの頃から親の健やかな穏やかな笑顔を見たくて、道化役をして才能を隠しながら発揮して親を守りつづけます。やってもやっても報われない怒りを潜在的に抱えながら、「親を支える受け皿」として人生脚本を着々と歩き続けます。

    大人になっても、親を傷つけないように支え続けます。実際は、親の無意識はこの子をターゲットにして「自分の支え手」に育てていますが、本人の無意識はそこに気がつかないように曖昧にして、身近な人を代理親にして受け皿をやってしまいます。

    ほんとうは、健気な頑張りや思いやりを認めてもらえなかった哀しさ寂しさを抱え続けています。自己評価が低くなければならない脚本です。その実、そのような振る舞いをしなければならない情けない親に対して心の奥底で嫌悪(攻撃性)を隠しています。


    どちらも、子どもの気持ちをありのまま受け止めてもらえませんでした。
    なので、どちらも(解って欲しい)と求め続けては(解ってくれない)と嘆きます。



    このように、ハラッサーもハラッシー要素を隠し持っているし、ハラッシーもハラッサー要素を隠し持っています。


    ところが、自分がハラッサーだと気づけた人でも、ハラッシーのことを「頭が悪い!」「気が利かない!」「ダメな奴!」と見下して怒っていましたから、自分にハラッシーの部分があることにピンと来ません。


    自分をハラッシーだと気づけた人も、ハラッサーのことを(ワガママ!)(気分屋!)(暴君!)と内心で見下していましたから、自分がハラッサーだなんて思いも寄らないでしょう。


    自分が気づけた側に身を置いて、そこで安心して相手のせいにしていたらなんにも変わりません。


    ハラッサーは自分に反撃する相手を打ち負かすか無視するかですから、攻撃されることに不慣れです。なので、ハラッシーがハラッサーになった時の攻撃を見て、ハラッシーの怒りは自分を超えると勘違いしたりします。そして更に深く相手を憎みます。


    ハラッシーは、自分と比べて沸点の低いハラッサーに対して怒りを隠し持っていますから、時にハラッシーハラッサーとなって相手を傷つけますが、その後(やっぱり自分の我慢が足りないんだ)と定位置に落ち着き、ハラッサーの一徹した攻撃には敵わないと勘違いしたりします。


    どちらも、ハラッサー(ハラッシー)で居るためにあの手この手の手腕を発揮しているのに、自分の事は見えず相手のやり口だけ見えてしまいますから、結局は相手のせいにしてしまいます。


    実際、色々なケースが見られますがどっちもどっちです。




    時には、ハラッサーは(自分が全て悪かったんだ)と(相手より自分が悪かった、相手には大変申し訳なかった)と自分を責めるハラッシーぶりを発揮したりします。

    ハラッシーは(私は悪くなかったんだ)と相手を責めるハラッサーぶりを発揮して、(これからは相手よりも自分を大事にする!)と決心したりします。


    そこも通り道かもしれませんが、極端から極端にぶれています。
    また、相手と自分を比較していることに気がついて欲しいです。

    誰かのにせいにして誰かを道具にする人生を終わりにしたいのなら、どちらかがどうという比較自体が無意味だと思い至って欲しいです。

    自分自身と向き合う時は、実は相手は要りません。
    徹底して自分の内側に入り、親子の連鎖を辿ります。
    頭でわかっていたものが実感となって棚卸しが出来た時には、鏡になってくれた相手に感謝さえ沸くことでしょう。



    どっちもどっちの【いたちごっこ】から【お互い様】に気がついて、自然体の【おかげさま】という素直な気持ちに至るのでしょう。

    その過程は、その人の持つ人生脚本、そこで身に付いた考え癖や行動の癖(生き癖)が違うように、それぞれがオリジナルです。

    早く色々解ったのに、後から追いつけない気持ちが出てきてあたふたしたり、亀のあゆみのように見えながら、時期が来てオセロのようにいっぺんにひっくり返ることもあります。

    大丈夫。 一歩一歩、歩いていれば行きたい所に行けます。
    急がず焦らずていねいに参りましょう。



    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    どっち見てますか
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/12/02 21:45】 | ハラスメント
    トラックバック(0) |

    しょうこさん
    中尾真智子
    > 20年くらい続く、“気づけば始まるいたちごっこ”に
    > 終止符を打てそうです^^♪

    終止符を打てると良いですね。^^

    ももさん
    中尾真智子
    > 私に思い当たるとこがいっぱいありました!!どうす れば向き合えるかまだわからないけど、少しずつ進んでいきたいです

    まずは、今の自分自身をまるごと受け止める覚悟からかなと。^^


    おまじない
    しょうこ
    「いたちごっこから降りる」
    という言葉がおまじないのように作用しています。
    20年くらい続く、“気づけば始まるいたちごっこ”に
    終止符を打てそうです^^♪


    少しずつ
    もも
    私に思い当たるとこがいっぱいありました!!どうす れば向き合えるかまだわからないけど、少しずつ進んでいきたいです

    コメントを閉じる▲