家族カウンセラーの想いつれづれ
    第1段階の引っ越しも落ち着いて、新規のお申し込みの方にも、少し遅れながらお返事を書かせて頂いています。

    ただ、5/8付でお申込いただいた方にはメールが届いていません。携帯の方は受信設定をしていただけますようお願いします。


    さてさて、お引っ越しはいよいよ第2段階に入ります。

    ここまで、英司と義妹(といっても私より学年一つ上でスーパーウーマン)が協力しながらやって来ました。

    私は、ほんの少し必要な場面でお手伝いしましたが、英司のやりたいように任せています。義父とのやり取りから、色々な交渉ごとまで全く手出し口出しをしていません。

    私が一番大事にしたいのは、親子関係の邪魔をしないということに尽きます。

    英司が、希薄だった親子関係をもう一度紡ぐにあたり、今回の英司の決断を尊重して、私自身は、手を出さずに見守ること、受け皿にならないように気をつける事がなにより大切だということを夫婦で合意しています。


    まもなく、高血圧の義母がやってきますから、朝は、掃除、洗濯と同時に昼食と夕食のことまで頭に入れて下準備が必要になるでしょうから、その点がちょっと苦労するでしょうけどね。まぁ、英司も料理が出来ますから、引っ越しと色々な手配がすっかり終わったら、これまでのようにお互いが空いた時間に家事を補うことになると思います。


    義母は、義妹の計らいでリハビリ入院していたのですが、15日頃に英司が行った時には、家で歩いていたし、ご飯も一人で食べていたし、テレビで「Let It Go ~ありのままで」を歌っているMay.Jに,思わず立ち止まって目を奪われて、「生きてて良かった」と言っていたそうです。英司にしたら、それが我が子の母校の合唱部とMay.Jとの競演だったというのですから嬉しかったでしょうね(我が子は運動部ですが)。


    それより先に義父がやってきますが、樹医の資格もあるし、畑仕事が好きだし、庭と家のぐるりは任せた!と待っています。なにせ、「寒いところはもういや」という妻のために、自分で設計した家を離れ、活躍していた地域の役割も手放すのですから、こちらで大活躍していただきたいなぁ。


    詳しいことは、英司当人が書きたい時に書くでしょうから割愛しますが、それぞれの夫婦連合を尊重してゆきたいと思いますし、親子や夫婦である前に、ひとりの人であることも大事にしたいと思います。

    尚、英司は、両親の受け入れのため、2週間ほど立て込むことを想定していますので、ご不便おかけしますが宜しくお願い致します。私の方は通常通りですので、ご遠慮なくどうぞ。^^





    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/05/31 00:02】 | 家族小景
    トラックバック(0) |
    ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか。

    我が家は、3日に引っ越しをしました。
    引っ越しが決まったのは、4月中旬のことでしたが、転勤族で慣れていたとはいえ、もう何度目でしょう。なんといっても本が多い家族ですから、業者さんが大変だったと思います。

    連休のおかげで、家の中の荷物もだいぶ落ち着きました。

    そうそう、買うと高くつくカーテンを手直したり、古いシーツ等を雑巾にしたりと、30年ぶりにミシンを買い替えました。だんだんがたが来ていたのですが、3.11以後のスクールバックを縫い終えた時に、とうとう動かなくなったのでした。今はミシンもいろんな機能がついているのに随分安くなっていますね〜。

    月末に夫の両親が引っ越してくるので、空いた時間にぼちぼちミシンをいじります〜。
    とはいえ、直線縫いですから楽チンですけどね。^^

    居間にいた私も、30年ぶりの1人部屋を楽しみます〜。




    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/05/12 09:03】 | 家族小景
    トラックバック(0) |
    のろのろ低気圧も過ぎて晴天が続きそうなGWですが、今日もブログをご覧戴いてありがとうございます。


    ★スマホからコメントが出来ない?

    久しぶりに、アクセスログを見てみたら、ガラケーでは今はDocomoがダントツです。次にau、Softbankの順でした。以前は、auがダントツでしたが、auでiPhoneを扱ってから減った気がします。Softbankはいち早くiPhoneに乗り変えた方が多いのでしょう。ガラケーの方がとても少ないです。

    なんて面白がってみたものの、ガラケーではプラグインが見えません。


    ★プラグインの記事を固定にしました。

    先日、スマホからコメントが出来ないという方がいらして、ググってみたのですが、詳しいことはわかりません。ちなみに、iPhoneからの『テスト投稿』は出来ました。

    ただ、スマホ表示とパソコン表示というのがあって、スマホ表示だと、ブログのプラグイン(両脇のご紹介)が見えないことがわかりました。スマホ表示というのは、ガラケーと同じ見え方なのですね。

    そこで、プラグインに書いていたものを、固定記事にしました。
    ☆☆カウンセリングのお申し込みについて☆☆




    ★再スタートの意味

    長らくやっていますと、随分前に中断されていた方のお電話がたびたび入ります。継続のおつもりでいらっしゃるのですが、数年の間に相談者さんの環境は随分と変わっています。ですので、新たに初回の手続きをして頂いています。また、継続中の方でも、カウンセラーに対する依存が強い方や、カウンセラーをコントロールしようとするハラスメントがたびたび見られる方は、仕切り直しをしていただいています。
    カウンセリング申し込み要領(中尾相談室)をきちんと読み、相談申込(私専用フォーム)を書くことで、自分の気持ちも整理されてゆき、覚悟も決まってゆきます。その姿勢は相談内容になにかしら表現されています。

    厳しいと思われるかもしれませんが、私たちの経験では、スタートから数回で頓挫した方は、IPが強く理屈でわかった気持ちになって、ご自身のICに繋がれない方が多いです。ですので、今ではやり直しをお願いしていますし、そのほとんどの方は、改めて覚悟されて、きちんと申込を戴いています。




    ★カウンセラーへの依存

    2010年から、中尾相談室のあり方も変わりました。まず、メールカウンセリングを止めました。理由はこちらをお読み下さい。

    カウンセリング料金に関しては、分割も受けていましたが、こちらが相手の借金を請け負うことは、依存を産むだけだと思い知るに至り止めました。収入の少ない方でも、自分貯金をして進まれています。

    カウンセラーに対する依存はやっかいです。カウンセラーになんとかして欲しいとか、カウンセラーが言ったことを言質に取ったりとか、『相手ありきの生き方』をしている自分自身を振り返ることもありません。

    多少の依存があっても、こちらが「依存が起こってる」と伝えて「なるほど!」と気がつかれる方は修正が起こります。そうじゃない方は、自分自身の『相手ありきの生き方』に気付きたくない、つまりは脳内親に支配されていることを「良し」としているわけです。おそらくは、自分で物事を決められない、誰かの意見を欲しがる、周りの人に対する不信感(実は自分自身への不信感)、ネット相談を見ては色んな意見に翻弄され傷つく、などなどわかりやすい現象が起こっているのではないでしょうか。

    依存対象は変わりながら彷徨う方、依存対象に執着する方、どちらも自分自身を生きてないので心細いと思います。とはいえ、決意と覚悟がないままでは、カウンセラーに依存するだけです。




    ★決意と覚悟がある方は変化している

    本気で変わりたいと思って始めた方は、多少IPが強くても、向き合うことから逃げないので年々変わってゆかれています。それと同時に、あれほど変わらないと思っていた親や配偶者との関係性もさまざまに変化しています。

    強い覚悟で始めた方には、初回からICと繋がってはIPと脚本の逆襲にやられる、というめまぐるしい変化に戸惑っている方もいらっしゃいます。ICが一気に溢れてくるので、それはそれで大変な思いをされています。どの方も、いずれここに到達するわけですが、早々と繋がった方は、ゆっくり深呼吸しながら進めています。深海から一気に浮上すると息が苦しいですからね。力に見合ったものが出ているでしょうけれど、その力に気がつかないまま、自己評価が低いままだとすぐに心のコップが一杯になります。受け止められる背骨作りをしましょうね。


    大丈夫。 一歩一歩、歩いていれば行きたい所に行けます。
    急がず焦らずていねいに参りましょう。



    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    どっち見てますか
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/05/02 08:36】 | 自律
    【タグ】 心のコップ  インナーチャイルド  人生脚本  ハラッサー  脳内親  ハラッシー  無意識  インナーペアレンツ  ハラスメント  決意  
    トラックバック(0) |