家族カウンセラーの想いつれづれ
    自分の気持ちを大事に出来る人が、人を大事に出来ます。
    自分の寂しさを埋めるために、誰かのために生きることは常に相手に心を束縛されます。
    自分の欲望を叶えるために人を動かそうとする人は、寂しさを埋めようとする人と繋がります。
    また、傷つくことを恐れているあまり人と繋がらず、あるいは人といても感動出来ず、寂しい想いを抱える人のなんと多いことよ。
    生きていれば、傷つくことも多々あります。
    が、傷つく前に(勝手に引き受けて)傷ついているので、前にすすめないんですね。この【きもち】を表現してあげたいですね。と書くと簡単ですが、実際にカウンセリングをしてみると、これらの【気持ち】に気がついていないことが多いです。自分の気持ちに気づいてあげれないーこれほど苦しいことがありましょうか。

    自由に生きている人は、自由な人と繋ります。
    自分の気持ちで生きていると、傷は成長のチャンスだと受け止めることが出来るようになります。



    -----------------------

    「自分の気持ちは自分のもの」を読んで、【リオ会議でのムヒカ大統領のスピーチ】を思い出しました。


    (わたしたちは)発展するために生まれてきたのではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。

    (しかし)ハイパー消費は世界を壊しているにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。消費が社会のモーターの世界では、私たちは消費をひたすら速く多くしなくてはなりません。消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化け(お化けです)がみんなの前に現れるのです。このハイパー消費を続けるためには、商品の寿命を縮め、出来るだけ多く売らなければなりません。
    ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです。そんな永く持つ電気はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。

    悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。


    命より高価なものは存在しません。


    昔の懸命な方々、エピクロス、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています。

    「貧乏な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲がありいくらあっても満足しない人のことだ。」

    水源危機と環境問題は問題源でないことをわかってほしいのです。根本的な問題は、私たちが実行した社会モデルなのです。改めて見直さなければならないのは、私たちの生活スタイルだということ。

    これが人類の運命なのか?

    発展は幸福を阻害するのもであってはいけないのです。
    発展は人類に幸福をもたらすものでなければなりません。

    愛、人間関係、子どもへのケア、友達を持つこと、必要最低限のものをもつこと。

    幸福が私たちのもっともたいせつなものだからなのです。
    幸福こそが環境の一番大事な要素だということを覚えておかなくてはなりません。


    ぜひ全訳されている動画をご覧下さい。






    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    どっち見てますか
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/02/27 10:24】 |
    【タグ】 人生脚本  ハラッサー  ハラッシー  問題  成長    
    トラックバック(0) |
    講座に参加された皆様、先日はお疲れさまでした。

    まほろば講座の感想があなたの子どもを加害者にしないためにで上がっています。

    あれから、名護市長選、都知事選、と私の日常は、仕事をしながらあれよあれよと過ぎています。

    その後は関東甲信越が大雪に見舞われて、15日からは、市民災害対策本部にSNS参加していました。

    国の対応も都の対応も遅く、東京の奥多摩地区はまだ雪に覆われて孤立している方がたがいらっしゃいます。

    食物と暖が途切れたらと思うと心配です。

    あれほど選挙で、奥多摩地区のことを言っていた都知事の反応の遅さに腹が立ちます。

    そんな中、新潟県知事が除雪車をどんどん山梨に送りました。素晴らしいですね。

    埼玉県知事は、秩父から自衛隊の要請があったのに、「雪で要請は出来ない」と断ったそうです。(後に派遣しましたが)

    早々と、15日未明に「市民災害対策本部」が立ち上げた高尾洋平さんを心から尊敬します。


    幸い、週半ばの雪予報が外れてくれましたが、今後も皆さん気をつけてくださいね。



    昨夜の段階で孤立している地域
    埼玉ー秩父
    東京ー奥多摩
    山梨
    群馬
    IMG_1233.jpg


    ※追記:高尾さんは、市民災害救助隊としてボランティアで現場に行っています。
    「市民災害対策本部」は、横川圭希さんとその仲間たちが、24時間態勢でツィキャス(ライブ放送)を続けてくれました。今日までということですが、一週間、ずっと本部で色んな情報を拾って拡散してくれました。沢山のネット市民が、こちらに情報を寄せて、ここの情報を拡散して大活躍しました。心からありがとうと言いたいです。
    これからは雪崩や落雪の心配があります。どうか被害が最小でありますように。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/02/21 10:02】 | 災害・脱原発・エネルギー
    【タグ】 #災害  #大雪    
    トラックバック(0) |
    つくことを恐れて、作り笑顔で人を迎え入れ、内側では疑心暗鬼でだらけ。

    防衛という攻撃で人をつけ、つけていることにも気がつかずつき続けている人もある。
    つくのは相手の問題」というのは、この場合は通じないのね。

    攻撃されたら誰しもつくのね。

    そのの正体を感じ取った人はつかないかもしれないってだけなのね。

    つくことを恐れているーすでについているーその傷を見ようよ。

    本当の傷の正体を見てあげよう。

    人に向かって自己防衛(=攻撃)するくらいなら、とっとと全力で逃げたら良いよ。

    この【逃げ】は存在不安からの逃げではないよ。

    傷に気づいたら全力で逃げるーとても当たり前のこと。

    存在不安から逃げるために、外に敵を作って仕掛けている自分自身に気がつきたくないーそして逃げ続けるー虚構を生きる】こととは違うよ。

    すでに見捨てている傷があるのだもの

    一目散で逃げてから、心に力を蓄えて出直したら良いよ。

    何度でも、何度でも・・・




    以下の記事から、そんなことを浮かびました。



    瑞巌寺随想~8.縄文人とインディアン~ペトログラフが語るものより抜粋


    あるアメリカ映画を思い出します。
    それは、突然宇宙人が各都市湾岸に飛来し、海から上陸するや無差別に殺戮し大都市に要塞を設けます。その要塞を核攻撃するために、その地にわずかに残された人々を海兵隊が救出に行く。ついでに要塞も破壊し、それだけで宇宙人全滅という都合のいい物語。

    このとき、海兵隊長が言っていた言葉―【敵は侵略してくるときに、その地に住む人間を抹殺し、その後土地を奪う】―というようなことを、さも当たり前のように言っていました。

    この映画で最も印象に残っているのはその言葉なのですが、それを聞いたとき、インディアンを根絶やしにしようとしたアングロサクソンらしい言葉だなぁと思ったことです。

    【※自分たちがしたことだから、相手もそうすると思っている】わけですね。そこには、【自分たちがしたことを悔い改めず正当化する態度】があります。【正当化するのは奪った権益を守りたいから】です。

    けれど、そのように【自己を正当化するなら相手も同じ理屈で正当化できるわけで、結局は力でねじ伏せた方が正義という幼稚な世界】にしかなりません(地球は誰のものでもないのにね)。

    だから、【武力を見せ続けなければなりませんし、その裏で自分たちもそうされるという恐怖が常に根底】にありますから、【市民生活においてさえも銃を手放すことができない】わけです。さらに【他国監視、市民監視、そして潜在的脅威の抹殺と疑心暗鬼】はとどまるところを知りません。(まさに【不安から逃げ続ける人生】を見るかのようです)

    映画でも、海兵隊長が父を失った子供に「勇気を持て」と伝える場面が一つの見せ場でしたが、結局、あの文脈の中では「戦い続けろ」と言っているわけですね。こういうプロパガンダの中できわめて愛国的な若者が育ち、しかし潜在的脅威抹殺のために派遣された先で現実を突きつけられ、真実に目覚める者もいます(「イラク―米軍脱走兵、真実の告発」)。

    このように【支配者として君臨し続けようとする生活は、裏を返せば不安と恐怖から逃げ続ける安らぎなき人生】なわけですが、その不安と恐怖を見たくないが故に「虚構」から降りようとはしません。いえ、自分が虚構の中にいることにさえ気づきません。あの映画で言われていることをさも当たり前のように見る米国人もいるのでしょう。

    -----------------------------------


    【※自分たちがしたことだから、相手もそうすると思っている】とありますが、ー人の発する言葉を聞いていると、その人の内側が見えてきます。口癖や、思いがけない時のひとことや、危機に出会った時の言葉、それは責められることでもなく、その人の現状(過去からの連鎖を含めて)を表しています。

    カウンセリングを重ねた人は、面白いくらいに少しずつ変化しています。ご本人に準備が出来た時には、ダイナミクスな変化が起こります。何度も訪れるチャンスを大事にしながら、素直に自身と向き合う姿は美しいです。素直に向き合うと、誰かを恨んだり憎んだり殺意を抱いたりする必要がないです。もちろん、現実的に嫌なことはありますよね。不意打ちハラッサーはあちこちにいますから。その傷も、素直に抱きしめて相手のことは手放します。その時世界が別れます。
    執着の世界にいたいか、手放してらくちんに生きたいか、いつでも選べる私たちなのです。




    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    どっち見てますか
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/02/04 10:13】 |
    【タグ】 ハラッサー  怒り  憎悪  殺意  執着    自己  存在不安  
    トラックバック(0) |

    こうめさん
    中尾真智子
    > 最近、せっかく人と会ってもモヤモヤしてしまいます。相手はニッコリ笑顔なんだけど、私はなぁんかボコボコにされた気分で別れることが。
    > 自分も同じことをしてしまっているんじゃないか?って時折不安になります。

    苦しいですね。いっぱいインナーチャイルドが我慢しているように感じます。


    マユミさん
    中尾真智子
    > 少し、捉え方がわからない文章があったので、素直に聞いてみようとおもいます。

    素直に訊いてくれてありがとうございます。

    > というのは、自己防衛で相手を傷つけ、その相手からまた攻撃を受け、自分が傷つき続ける。
    > と言うことでしょうか?

    傷つくことを恐れている(すでに傷ついている状態)ので自己防衛で相手を傷つける(傷つき続けているまま)



    こうめ
    自分が不安だから同じ不安に誰かを引き込もうとしたり、嫌な気持ちだから誰かを虐めてみたり…そうやって、嫌な気持ちって伝搬するんだろうな。
    最近、せっかく人と会ってもモヤモヤしてしまいます。相手はニッコリ笑顔なんだけど、私はなぁんかボコボコにされた気分で別れることが。
    自分も同じことをしてしまっているんじゃないか?って時折不安になります。


    マユミ
    お久しぶりです。

    少し、捉え方がわからない文章があったので、素直に聞いてみようとおもいます。

    傷つけていることにも気がつかず傷つき続けている人もある。

    というのは、自己防衛で相手を傷つけ、その相手からまた攻撃を受け、自分が傷つき続ける。
    と言うことでしょうか?


    コメントを閉じる▲