家族カウンセラーの想いつれづれ
    まずはお知らせから~

    【鳥グッズ展示・即売会】mof-kita Vol.2 が開催されます。
    日時 : 2012年9月2日(日) 10:00~16:00 
    会場 : 太陽リバティホール(地下鉄東西線 円山公園駅3番出口より徒歩1分) 札幌市中央区大通西28丁目1-2 円山公園ビル1F

    私も、お手伝いで札幌に行きます。
    よろしかったら、遊びに来てくださいね。


    せっかくなので、札幌近郊の方でお申し込みがあればカウンセリングをしたいと思っております。
    費用はカウンセリング料金のほかに、延期宿泊代(一泊実費)と訪問の場合は札幌のホテルからの往復交通費です。ホテル近辺に来ていただける方はカラオケの室料をご負担頂いてそこを利用します。
    ※飛行機代は私の用事なので、計算に入りません。

    3日(月)~5日(水)でお受けします。
    (31日のお申し込みが入りました。前倒しはこの一件のみとさせていただきます。)

    お仕事の方、少し距離のある方、お子さんの小さい方、お子さんの登園や登校の時間帯など、都合を聞きながら日程と時間の調整させていただくと思いますので、いくつかご希望日と、可能な時間帯も記入していただくと助かります。

    相談者さんは、いつもの私専用のアドレスからお申し込みください。

    新規でご希望される方がいらしたら、ブログ内の申し込み専用フォームからお願いいたします。その際はカウンセリング申し込み要領(中尾相談室)をお読みいただきますようお願いいたします。


    ※コメント欄には募集事項は書かないでくださいね。

    応援の拍手をありがとうございます。^^



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2012/05/30 07:47】 | 雑記
    【タグ】 札幌カウンセリング  
    トラックバック(0) |
    最近、子どもさんにいらっとなってしまうというお話が多いです。

    わが子を虐待する親の気持ちがわかる、と自責の念に囚われる方たちの相談を受けることがあります。

    自責の後には、無意識が意識化されたことを評価してあげませんか。(もちろん、虐待は許されません。)
    心のコップが一杯ですから、一滴で爆発的な感情が出てきます。

    子どもはインナーチャイルドを引きだしてくれます。

    向き合うのにはありがたい存在ですが、怒りや嫉妬チャイルドが出た時は危険です。

    少しでいいからちょっとトイレにでも行って吐き出してあげてください。

    深呼吸してから、わが子に接してください。





    親に支配されていた

    親に我慢を強いられた

    親から体罰を受けていた

    どれだけ親を支えてきたか

    兄弟姉妹にまで確執が広がってしんどいよ

    そんな脚本ちゃんが頑張って来たことも褒めて認めてあげたいですね。



    涙が出たら泣いてください。

    心にあったかいものがわいたら

    コップの水は温められて水蒸気になって出てゆく~とイメージしてください。

    日々の応急手当をしてあげてください。

    からっぽにならなくても、ちょっとの余裕を作ってあげてください。





    私ごとですが、子どもが小さい頃は、子どもを虐待する親御さんに出会うこともありました。
    その場で子を庇うことは、その親を否定することになり、後で子が見えないところで虐待されることにもなりかねません。
    なので、たとえばお母さんに「大変ねえ」と声をかけたりします。心のコップが一杯ですから話してくれます。
    大変な環境を抱えていたり、過去が悲惨だったり、怒りが一杯なんだってことを知るだけでも、こちらの虐待に対する怒りが鎮まり、話を聴いてあげられます。
    その間、子どもたちは楽しく遊んでいます。楽しい時間を笑顔の時間を過ごして欲しい。

    お母さんの笑顔が子どもの一番の栄養です。
    お母さんを一人ぼっちにしないことがとても大事だと感じています。
    とはいえ、こちらが心のコップが一杯の時は出来ません。出来ることをする、出来ないときは無理をしない。
    無理な付き合いはいずれ破綻しますから、破綻する前に少し自分にお休みをあげましょうね。
    お仕事で忙しくて、子育てに参加出来ないし家事を手伝えないというお父さん、奥さんを労わってあげてください。感謝してあげてください。それだけでも支えになると思います。


    ありがとう
    ごめんね
    許してね
    愛してる

    ご夫婦でお互いに言えたらいいですね。自分にも言ってあげたいですね。^^




    ※追記「トイレにでも行って吐き出してあげてください。」というのは、あくまでも応急措置です。今まさに手をあげてしまいそうな時には、すぐに我が子と離れてください。「怖い怖い、嫌だ嫌だ、等」とICをちょっと吐いてガス抜きして、「後で聞いてあげるからね。」と自分を抱きます。それから、深呼吸してから我が子と関わって、一人になってから本当の声を吐き出してください。一瞬の母親の危機(我が子の危機)を回避してほしいのです。





    アサーティブなあり方
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    壁(鏡)になること
    中尾相談室の方針
    私専用相談申込(女性のみ)


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2012/05/16 09:26】 | 心のコップ
    【タグ】 心のコップ  
    トラックバック(0) |

    真名さん
    中尾真智子

    > 子供の頃の私は、その通りだ(私のせいだ)と、まるっと信じてしまった。
    > そう思い込んでる以上は、口ごたえなど出来ませんでした。

    子どもはいつも健気に大人を信じて自分を責めます。小さいちゃんが一杯泣けますように。

    > だけどもし、私のせいでないとしたら、少し肩の荷が降りるような気がします。

    あんたを見てると「イライラする」のは「イライラする」と言った本人です。「いらいらしてごめんね」ならわかりますが、小さい真名ちゃんが責められることじゃありませんよね。たとえば、叱られることがあったとしても、イライラする気持ちまで子に乗せたらかわいそうですよね。肩の荷を一杯降ろせますように。 ^^


    雪だるまさん
    中尾真智子
    > 子供がどーしてもやりたいとのことで去年から定期的に運動クラブに通いはじめ、最近辞めたんですが、振り返ってみて身体動かすと抑圧されてたチャイルドが 出やすくなるのかな!?と…

    ふふ。思考で固まるより動いたほうが楽しいやらしんどいやらで出やすいと思います。

    > 結果的にはバランスを崩して辞めることになったけど、負の事象だと私が思ってたことは、出たいチャイルドと脚本ちゃんのせめぎあいもあったかなと、子供と イロイロ話してて、感じました。

    疲れたら休み、出来る時にやる、シンプルでいいと思うのです。

    > 昨晩子供と話しててびっくり!したのは、「じゃ、その二人のチャイルドが仲良しになればいいんじゃないの?」って言われて…
    > まさしくその通りで、子供ってホントスゴいな。

    ほんと!お子さんって凄いですねー。インナーチャイルド(押し込められた感情)はひとつじゃないから、時間がちょっとかかるけど、きっと仲良くな れます。

    > 今までもイロイロあって、これからもイロイロあるんだろうなぁ。
    > 少しずつ解放されていって欲しいなぁ~☆

    お子さんの言葉を素直に受け止めてる雪だるまさん、その正直さ素直さを持ち続けたら解放されてゆくよ~。^^

    まっさん
    中尾真智子

    > アトピーやアレルギーの人は、自分を許せない人が多いから、自分を許します、というようにしたらいいと、ある本で読んで、息子に伝えたら、ぼくも自分が許せないと言いました。
    > そして言いにくそうに、自分を許しますと言いました。

    アレルギーは私の体験ではストレスがかかると悪化しますから、自分を許せないストレスは悪化するのでしょうね。言葉は力がありますから、御呪いになるといいですね。

    > 次の日、本当は私自身が自分を許していないのではないか、と気づいてびっくりしました。

    一歩進むと、次に進めるのだなぁーと日々実感していますが、自分に気付くというのは簡単じゃないですから、ブラボーですね。

    > 自分自身をいい加減に扱うから、息子のアトピーにも本気で取り組んでいない。
    > 息子の抱える問題は、全て私が発していた問題じゃないか、とあらためて感じています。

    自責の念が強いような・・・。あまりご自分を責めないでくださいね。^^


    思い出します。
    真名
    「あんたを見てるとイライラする」と超ヒステリックに言ってました。
    怒りと嫉妬のチャイルド全開ですね。
    そんなことが多々あり、色々とキツい思いをしました。

    子供の頃の私は、その通りだ(私のせいだ)と、まるっと信じてしまった。
    そう思い込んでる以上は、口ごたえなど出来ませんでした。
    だけどもし、私のせいでないとしたら、少し肩の荷が降りるような気がします。

    運動とチャイルド
    雪だるま
    子供がどーしてもやりたいとのことで去年から定期的に運動クラブに通いはじめ、最近辞めたんですが、振り返ってみて身体動かすと抑圧されてたチャイルドが出やすくなるのかな!?と…

    結果的にはバランスを崩して辞めることになったけど、負の事象だと私が思ってたことは、出たいチャイルドと脚本ちゃんのせめぎあいもあったかなと、子供とイロイロ話してて、感じました。


    昨晩子供と話しててびっくり!したのは、「じゃ、その二人のチャイルドが仲良しになればいいんじゃないの?」って言われて…

    まさしくその通りで、子供ってホントスゴいな。


    今までもイロイロあって、これからもイロイロあるんだろうなぁ。

    少しずつ解放されていって欲しいなぁ~☆


    またまた、びっくりです
    まっさん
    息子のアトピーがひどくなっています。
    アトピーやアレルギーの人は、自分を許せない人が多いから、自分を許します、というようにしたらいいと、ある本で読んで、息子に伝えたら、ぼくも自分が許せないと言いました。
    そして言いにくそうに、自分を許しますと言いました。
    次の日、本当は私自身が自分を許していないのではないか、と気づいてびっくりしました。
    自分自身をいい加減に扱うから、息子のアトピーにも本気で取り組んでいない。
    息子の抱える問題は、全て私が発していた問題じゃないか、とあらためて感じています。

    風子さん
    中尾真智子
    > 一人部屋にこもって大泣きしてもおさまらず、子供の前で暴れ、自傷行為。
    > そんな自分を責める自分。

    罪悪感で一杯になってしまったかな。責めることが風子さんの脚本ちゃんじゃないかな。反省は短くですよ~。

    > 出てきてくれたチャイルドを受け止めきれていない私。

    簡単に受け止められたらラクですね。出来ないから苦しいんだもの。まずは出てきてくれてありがとさん、と思うの。自分の中の負の部分を認めていることも、自分偉いぞ!なのだわ。人のせいにしていないこと褒めてね。

    > 私には、まだまだ自分で引き受けるという覚悟が足りないのだ、と。

    「覚悟」と「出来る」は別です。出来ないたびに出来なかったスタンプ集めをしないようにしてね。

    >
    > 家族に被害が及ぶのが申し訳なくて、なのに自分だけで終わらせることが、どうにも上手くいかなくて、もがきの日々です。

    怒りは出ましたね。その怒りの奥には傷があり、その傷が悼んで欲しいのではないかな。子どもの頃に負った傷があるのではないかな。もがきの正体はそれじゃないかなぁ。

    > ブログ、いつも参考にさせていただいています。ありがとうございます。

    こちらこそありがとうございます。^^


    もがいています
    風子
    子供は本当にインナーチャイルドを引き出してくれますね。
    一瞬でどうしようもない悲しみがよみがえり、どうしようもない怒りがよみがえります。
    そして、その怒りが子供に向いてしまった。
    一人部屋にこもって大泣きしてもおさまらず、子供の前で暴れ、自傷行為。
    出てきてくれたチャイルドを受け止めきれていない私。
    そんな自分を責める自分。
    それだけ、すごいチャイルドが私の中で出たがっている、と。
    私には、まだまだ自分で引き受けるという覚悟が足りないのだ、と。

    家族に被害が及ぶのが申し訳なくて、なのに自分だけで終わらせることが、どうにも上手くいかなくて、もがきの日々です。

    ブログ、いつも参考にさせていただいています。ありがとうございます。

    雪だるまさん
    中尾真智子
    > 後、自分が謎解きにどれだけ時間と労力を使って、自分を生きれずヘトヘトになってたか。
    > 今朝自分がゲーム仕掛けてた!?と気づき、しかも相手は私を育てた祖母そっくりで(年齢は違うけど)、やりとりもまるで過去の再現ドラマの様…
    > (無意識恐るべし!
    > ホントに笑える位まるっきり一緒(@_@;))

    謎解きをしてる間は感情は置いてけぼりで、思考でへとへとになりますよね。気付けたことに乾杯ー!

    > まちこさんの記事は子育て中の母親事情(近所付き合い、ママ友、etc)の関係のことも書いてあって、わかりやすいです。
    >
    ありがとうございます。

    >
    > ゲームは気づけてよかったと思う、でも、何やってんの?情けないいろんな気持が交錯してます(^_^;)。

    「なにやってんの?」たちはインナーペアレンツですね。隙あらば入り込んできます。^^

    >
    > 昨晩、ダンナに話をきいてもらったからここまで実感できました。
    > 今日は夜勤で帰ってこないけど、帰ってきた時は笑顔で子供とおかえり♪って言いたいな(^-^)

    子どもにとっては、両親仲良しが一番ですから、子育てで大事なのは夫婦連合ですからねー。(一人親でも離婚した相手の悪口を子に聞かせないほうがよいと思います。)
    夜勤明けに「おかえり♪」の笑顔、いいなぁ。^^

    あこちさん
    中尾真智子
    > 通りすがりだし、子育てもしたことがないのでどうすることもできず、
    > 男の子に「たくましく生きろよ」と心の中でエールを送り、電車を降りました。
    >
    いやぁ、通りすがりですと声をかけてお母さんが意地になってしまうこともありそうなので難しいですよー。
    うんと小さい子だと、お母さんの見えないところでにっこり見守ったり、手を振ると(へ?)って感じで興味がうつり、泣かなくなったから母親はほっとするなんてこともありますが、ちょっと大きな子だと、もう親を裏切れませんから、よその人の笑顔を迎えていいか親の顔色を見てます。痛々しいくらいです。そっと送ったエールのエネルギーが届いてますように。

    > 昔なら、子育てを終えたおばあさんなんかが近寄って、なにか声をかけてお母さんの気持ちをやわらげ、子供を救ったのでしょうか。
    >
    なるほどー。我が家は母が怒って私たち姉妹を外に出すとまもなく祖母が遊びにやってくるのでした。「もう入れてやりなさい。」「仕方ないねえ。」ラッキーと思ってました。祖母は嘘がつけない人だけど沈黙する事は出来るので、もしかしたら母が頼んだのかもしれません。その性質を連鎖で母、きょうだいへと受け継いでしまいました。(汗)

    > 私自身は涙と鼻水ばんばん流しながら、
    > 楽しくチャイルドと遊ぶという、不思議な体験でした。

    自己開示の世界で遊べたのですね。頭であれこれ考えていたらたどり着けないところだと思います。イメージと感覚を大事に出来たあこちさんがしゅばらしー。

    コメントを閉じる▲
    思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
    言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
    行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
    習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
    性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

    マザーテレサの言葉と言われています。

    -----------------------------------------------------
    ★口癖や習慣は自分と環境の中で培われてゆく
    言葉は、その人の生きる癖(行動パターンや思考パターン)を表していることがとても多いと感じています。その人の決まり台詞や、感嘆語や、韻のふみや、いろんな癖として習慣ついているようです。
    これまでの人生脚本は、生育環境の中で習慣になり性格と位置づけされてしまったものではないでしょうか。
    言葉使いを変えてみたり、それまでの行動を変えてみたり、癖(習慣)を変えたら回りが変わったという経験をされた方もいらっしゃ ると思います。
    とはいえ、思考を変えることは、結構難しいと感じています。気がついたら脳は動いています。



    ★脳は常に働いている
    若い頃、私はとても悩み苦しみ不眠症になり、眠れない夜に座禅を組んでいました。悩みの原因に傷つき腹が立ち、その思考回路から離れたくて、座禅を組んだり瞑想をしましたが「空」だの「無」にはなれませんでした。いつでも思考が沸いていました。初めは思考に囚われることが多かったです。結局、思考は常に浮かび、悩みの元から離れても別のことが浮かび、際限がありませんでした。逆に冴え渡るほどに神経が研ぎ澄まされていました。
    最近、ある和尚さんが「座禅を組んでると、思考が次々と沸いてくるのでそれをあるがままに流してゆきます。」と言うのを聞きました。まさに最後は、浮かぶものを次々流すしかありませんでした。その頃には、始めの悩みの原因よりも眠れないことの方が重大になっていましたから、無意識な心はかくも身勝手です。重大なことが変わってしまうんですから。
    それはさておき、無意識の領域はそれくらい自動実行されているということだろうと思います。普通に生きている私たちには、和尚さんのように座禅を組んで思考を水に流すなどなかなか出来ません。
    そこで、無意識に出る言葉、行動、癖、に着目します。とくに自分が認めたくない部分、これらを外在化すると、客観視することも出来るようになります。



    ★カウンセリングにおいて
    私は、相談者さんの主訴を聴くときに、その場面での人と人のやり取りの台詞を言ってもらうことがあります。そこでの人々の言葉のやりとりが、行動や習慣などの生きる癖を表現していることがあるからです。その中で、相談者さんがどのような言葉を選んで使っているか、とても興味深いです。どの場面でも言葉(態度などの表現も含め)のキャッチボールをしているから、相手のせいとは言えません。相手を変えることも不可能です。
    ロールで色々やりとりをしてみると、自分の癖に気が付かれて、アサーティブな言い方に変えたやりとりで、気持ちが楽になったり素直になれたということもあります。
    守秘の手続きが必要なので具体的な事例は出しませんが、どうしても許しがたいほど傷ついた相手だったはずなのに、カウンセリングのロールプレイの後でじっくり自分と向き合って、相手に気持ちをアイメッセージで伝えて関係が修復されたという方々もいらっしゃいます。
    それは、ご自分の傷をとことん見つめて向き合ったからこそで、思考だけではたどり着けません。思考でたどり着いたとしても、表向きだけですから後から怒りが沸いてくることでしょう。つまり、気持ちを無視してまで無理してはいけないということです。



    ★認めてもらいたい脚本がくすぶって無理をする
    相談者さんの中には、カウンセラーに認めてもらいたいと親の代償行為を求めてしまうこともあります。この場合は、なかなかカウンセリングは進みません。言葉も態度も気持ちを無視して無理をして「いいこ」になるので、嘘や隠し事に付き合わされることさえあります。こちらは言動に違和感を感じますが少し見守ります。
    「ごめんなさい。私嫌われたくなくて嘘ついてました。」「実は言わなかったことがあります。」という風に、自己申告で変化してゆくことがたびたびあります。このような自己申告は望ましいです。
    自己申告もないままでは本当には進みませんから、指摘する部分があれば指摘します。まれにこちらの指摘を受け入れることが出来ず、逆恨みに変化する場合もあります。そういう方の真の目的は、自分をカウンセラーに認めて欲しい=認めさせることなので、自分が望んだカウンセリングではないと怒りを感じます。頭の中の親とはいえ、強烈な恐怖の対象である親と向き合うのを無意識に避けて、カウンセラーに代理を求めてしまうのでしょう。それでも、多くの相談者さんは決意と覚悟がおありなので、上のような指摘に始めは抵抗を感じても、いずれ自分自身の問題であることを受け入れてラクになってゆかれます。



    ★罪悪感と自己不信と執着
    親との問題に気がついて、棚卸しをしているとはいえ、現実に関わる人との問題も同時に解決してゆかなくてはなりません。チャイルドが反応するので、難しい場面も出てきます。
    一番影響しあうのは家族です。外では、会社の同僚、上司、部下、ママ友、習い事仲間、役員仲間、お隣ご近所、ネット仲間、どこにでも人はいます。頭の中の親が色々言ってくるし、インナーチャイルドと脚本ちゃんがせめぎあうし、生き難いったらありゃしませんてば!そんな気分にもなろうかと思います。
    人間関係の問題を一人で抱えるのはしんどいから、スッキリしたくて人に話したくなります。話したら話したで、人の悪口 を言ったような罪悪感に襲われたり、本当には信頼していいかかわからない相手だから話したことが尾ひれがついた噂になることを恐れて気が滅入ったり、話す前より鬱々となることもあるでしょう。

    *罪悪感を持ってしまうのは、人と繋がってはいけない脚本を持っているのではないかしら。
    *相手を信じられないのは、相手の人柄にもよりますが、それ以前に自分を信じることが出来ていないのではないかしら。
    *噂や陰口を流されるのが怖いのは、その時の自分(過去)に執着があるからではないかしら。



    ★「今」を大事にする
    噂や陰口は、流す人の価値判断で脚色されています。独自の価値判断で語られているのですから、誰もがそう思っているわけではありません。更に悪意を持った人は、事実に嘘を交えてあたかも真実であるかのように語ります。その悪意さえも当人の価値判断ですから、もう仕方がないのです。そこまで持つ悪意の本質(その悪意を育てた生育環境)を見ようとしない限り変わることは出来ないでしょう。腹が立っても無理はないのですが、長引かせることはないのです。ただただ傷ついた自分の心を癒してあげてください。
    ある日話したことが曲解されて尾ひれがついて嘘まで混じって流されていた・・・酷く惨い話ですよね。
    が、それはいつのことでしょう。ある日はとっくに過去になっていませんか。数日前ですか。数週間前ですか。数ヶ月前ですか。悶々としている間にもうそんなに時が流れていますよ。
    その過去にしがみつく必要はありません。今現在、自分と向き合い変化し続けることを望んでいるのですから、過去に執着することはありません。そこに気付かれたら、常に今の自分を見つめる勇気に変えられると思います。

    -----------------------------------------------------


    思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
    言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
    行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
    習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
    性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

    どこでもいいのです。気がついたところで立ち止まってみませんか。




    アサーティブなあり方
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    壁(鏡)になること
    中尾相談室の方針
    私専用相談申込(女性のみ)


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2012/05/05 08:44】 | 人生脚本
    【タグ】 生き癖  
    トラックバック(0) |

    Re: コワイ
    中尾真智子

    > きっと、痛い、、
    > 目を背けたいこと
    > 心して、覚悟して、見つめてゆく
    >
    > そう、決心しました☆
    >
    > そうして、身軽になってゆきます

    はい。真実は自分の中にありますとも。勇気を出して決心して覚悟して内側の方へ。^^

    コワイ
    にゃんにゃん
    不安でコワイ
    相手の怒りがコワイ

    それは、相手のせいじゃなくて、
    過去の痛みを連想するから

    イヤなのに去れない
    無理しすぎる、挑戦ばかり



    虚構の帝国のような身内ともうまくやれてる
    あれだけ、せめぎ合った夫ともうまくやれてる
    子供達も、それぞれが幸せで在るよう
    身近な人とも、うまくしてる


    でも、どこか違和感を感じる


    ネットなどのコミュニケーション

    俗にいう晒しあげというのに合う

    でっち上げの事実
    真実を伝えようと書き込んでも
    コメント欄撤去

    途中でシグナルに気づいた
    でも、去れなかった

    コワくて言いなりになってしまった

    傷ついたわたしが
    人を傷つけてしまうのを恐れ

    今の自分の気持ちに無理をしすぎた結果


    きっと、痛い、、
    目を背けたいこと
    心して、覚悟して、見つめてゆく

    そう、決心しました☆

    そうして、身軽になってゆきます

    雪だるまさん
    中尾真智子
    > いつも更新されるのを楽しみにしてます。
    ありがとうございます♪

    > 最近、やっと自分の脚本が実感できてきた感じです。
    > 頭でわかるのと、実感するのとはずいぶん違うなぁと。
    頭でわかっても実感まで行かないと先に進めないですから、雪だるまさんがしっかり向き合ったのですね。^^

    > もーすぐ蛍の季節です。うちは田舎なので、近くで見れるそーなんですが越して来てから一度も行ったことがないので、今回は行ってみます。
    蛍が見れるなんて素敵ですね~。(^^)v

    GWも終わり~
    雪だるま
    いつも更新されるのを楽しみにしてます。
    両親との関係がおかしいと気づいて7年がたちました。
    最近、やっと自分の脚本が実感できてきた感じです。
    ダンナ様のブログも読んでます(^-^)
    頭でわかるのと、実感するのとはずいぶん違うなぁと。

    もーすぐ蛍の季節です。うちは田舎なので、近くで見れるそーなんですが越して来てから一度も行ったことがないので、今回は行ってみます。


    コメントを閉じる▲