家族カウンセラーの想いつれづれ
    江本勝・木内鶴彦 ジョイント講演会

    にこれから行って参ります。


    その前に、今朝教えてもらった動画を載せてゆきます。

    ほとんどの映像を見たなぁと思いながら、涙が止まりません。

    子どもたちの顔を見ると涙が溢れてしかたがありません。

    子どものけなげさ、あどけなさ、素直さ、忍耐力、思いやり

    どれだけ大人を支えてくれていたことでしょう。



    Evacuate FUKUSHIMA - 福島の子供を守れ




    【2011/08/28 11:15】 | ご紹介
    トラックバック(0) |
    【Save Child】

    の右側に
    【放射性粒子拡散予測】というちょっと大き目の四角のリンクがあります。
    そこをクリックして、更に
    【予測と説明を見る】をクリックすると出てくるのが

    今日からの放射性物質拡散予測です
    【重要な注意】ここで示しているのは”相対的な”粒子拡散に対しての分布で、ドイツ気象局の予測に類似している物です。これもあくまで”放出”した場合の計算ですので誤解をされないようにおねがいします。

    とありますように、予測です。
    風向きが変わることもあるでしょうしね。

    ただ、日常に慣れてうっかり忘れがちになるのも人間だと思います。
    ちょっと気をつけるだけでも、違うのじゃないかなーと思って載せました。

    相変わらず、リンクお願いしてお返事を待つという手続きをしておりません。
    こんな大切なことを御知らせ下さっているサイトさんたちは、きっと快く許してくださると信じていますが、万が一、ネットの掟がどーのこーのと言われたら、削除する記事ですので、必要を感じたら皆さんが【Save Child】をお気に入りに入れていただくといいかなって思います。

    (ブログに正式にリンクすることも浮かんだのですが、これが私の本業ではなく、カウンセリング業務の中で無理をしない程度にほかのことをするのが真情なので、それはやめておきます。)


    雨が降ったら傘のしずくをそのままに玄関の傘いれに入れっぱなしにしないことにしようと思います。
    傘を軽く水を流して入れようと思います。
    ベランダの吹き溜まりを時々、そっと(思い切りやると見えない例のものがぶわーっと飛散するかも)水を流そうと思います。

    例のもの(ハリーポッターのヴォルデモート卿的に)から守るために、若い人はどうかマスクをして出かけて欲しいです。
    マスクの中に湿らせた布を挟むとよりいいらしいです。


    セシウムは筋肉に溜まるそうですが、女性は筋肉が少ないので、子宮や乳腺に回るそうです。
    未来の子どもたちを産み育てる可能性のある女性を守りたいです。
    子どもたちを守りたいです。
    赤ちゃんを、妊婦を守りたいです。



    子どもを育てるお母さんの心は、不安だと思います。
    けれど、子どものために強くなれるのもお母さんです。


    それでも疲れたら、わが子に嫉妬や怒りが沸くこともあるでしょう。
    そんな時は、ちょっとわが子から離れてください。
    自分の哀しみに気付いてあげて欲しい。
    泣いてあげてほしい。

    それも難しい時は、わが子の中に昔の小さな自分を想像してみてください。
    きっといます。

    こんなにわがまま言って私は言えなかったのに・・・
    という嫉妬チャイルドかもしれません。

    想像してみてください。

    ああ、私はこうして言いたかったのね。
    この子は私。
    言ってくれてありがとう。

    小さな自分も一緒に抱きしめてあげてください。



    主婦で母親で、ましてや仕事を持っていたら、その上夫が理解がなかったら、母子家庭だったら、心を許して話せる友人がいなかったら、自分を支えることが難しい場面があります。

    我慢しないで、

    苦しい
    哀しい
    心細い

    と、自分につぶやいてあげてください。


    誰かのせいにする言葉は呪いの言葉ですから、ふつふつと黒い高揚の渦が起こる気がします。
    どうか、気持ちを表現してあげてください。


    意地や根性や忍耐で強かった日々は辛かったと思います。
    しなやかに自然のままに強い自分になりたいですね。
    そして維持してゆけたらなぁと思います。

    つまづき、ずっこけながらも、それも笑いにしていくたくましさと頼もしさを力にしてゆきたいです。





    昨日の記事の中の内部告発より一部掲載します。
    (ドイツの気象局は今はやっていません。)

    それが僕は今日、皆さんに伝えたかったことです。で、高知は結構離れてるんでいいんですけど、ドイツの気象局が出してる放射線の、放射能の分布予測、スピーゲルっていうんですか、わかんないですけど、それを見て、北東の風が日本を全体を流れてくるときは、絶対に子供を雨に当たらないでください。あと、女の人、これから子供をまだ産む人は出さないでください。それは、おんちゃんらはいいですよ。おれとかも含めて。


    何でかっていうと、セシウムの137番というのがあります、今度。それの放射能が半分に なるのが30年かかるんです。で、何が危ないかっていうと、セシウムの137番というのは 筋肉にたまりやすいんです。男の人は比較的筋量が多いんで、筋肉に薄く、体の中に取り入れたとしても薄く広がっていきます。だけど、女の人は乳腺と、あと子宮、どうしても筋肉がないんで、そういった器官に濃縮しやすいです。そうするとやっぱり乳がんの発生率とかがちょっと上がってしまう可能性があるので、そんなことは知ってれば防げることなんで、で、どうしても外に出なきゃなんないときは、布マスクの中にガーゼ入ってるじゃないですか。それをぬらして、で、マスクして外に出る。


    あと、ヨウ素が出てる限りは、ヨウ素はやっぱり昆布とか海草類にヨードとしてたまるので、そのヨウ素なんです。で、髪の毛から吸収されやすいで す、人間は。だから、帽子をかぶって、直接雨に触れないようにするっていうのが1つ防げる方法です。


    何かチェルノブイリの30キロ圏内にあるすごいきれいな泉を守った長老たちがいるらしいんです。どうやって守ったかっていうと、僕、こんなに原子 力のこと勉強して、物理のこととかもある程度勉強したけども、目に見えない力ってのも絶対あるんです。その30キロ圏内にあった泉を守った長老た ちは、逃げなかったんです。逃げずにその泉をどうやって守ったか。祈りです。だから、そう言っちゃうと信じる人も信じない人も、どのぐらいの割合 でいるかわかんないけども、もしちょっとでも信じてもらえるんだったら、朝、まず、福島第一が穏やかに眠りにつきますようにって祈りと、あと、出 てしまって、僕たちが使った放射能じゃないですか。電気のもとだから。それが、愛と感謝の思いによって消滅して、無毒化するようにという祈りで、 何とかみんなで力を合わせて、次の世代に伝えてもらえたらなって思います。


    以上が引用です。


    私も【祈り】の力は大切と思います。





    悪い言葉は呪いです。
    人を批判し続けることは、自分の怒りの本質を常に誰かにぶつけ続けていることです。
    自分の感情を大切にしてあげてください。
    小さいちゃんの思いを抱きしめてあげてください。
    諦めないであげてください。
    笑顔を取り戻せますように。


    BUMP OF CHICKEN / 真っ赤な空を見ただろうか



    あいつの痛み(感情)はあいつのもの
    こいつの痛み(感情)もこいつのもの

    言葉ばかり必死になって やっといくつか覚えたのに
    ただ一度の微笑みが あんなに上手に喋るとは

    色んな世界を覗くたびに
    いろんなことが恥かしくなった
    子どものままじゃみっともないからと、つま先で立つ本当のガキだ

    夕焼け空綺麗だと思う心をどうか殺さないで
    そんな心馬鹿正直に話すことを馬鹿にしないで

    一人がふたつだったから 見られる恐さも生まれたよ
    一人がふたつだったから 見つめる強さも生まれるよ

    理屈ばかりこねまわして すっかり冷めた胸の奥が
    ただ一度の微笑みで こんなに見事に燃えるとは
    ただ一度の微笑みに こんなに勇気をもらうとは 

    ----------------------------------------------------------

    カウンセリング受付

    中尾相談室の方針


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/08/22 09:05】 | 自律
    【タグ】 インナーチャイルド  
    トラックバック(0) |

    鍵コメさんへ
    中尾真智子
    泣けてよかったです。
    素直な涙は浄化してくれますね。
    こちらこそ、ありがとうございます。

    管理人のみ閲覧できます
    -


    コメントを閉じる▲
    ソフトバンク、北海道・帯広に大規模太陽光発電所の実験施設自然エネ協、「宣言」を採択(日本経済新聞)2011/7/14付

    ソフトバンクの孫正義社長が提唱し、自然エネルギーの普及・促進を目指す「自然エネルギー協議会」の第1回総会が13日、秋田市内で開かれた。全国35道府県の知事らが参加、太陽光や風力など自然エネルギーの意欲的目標の設定や、電力の全量買い取りを電力会社に義務付ける制度の早期確立などを国に求める「秋田宣言」を採択した。
     総会では、橋下徹・大阪府知事が「原発の依存度を下げるべきだ」などと発言し、知事らの意見が一致した。会長に選出された石井正弘・岡山県知事は「自然エネルギーの普及に向けた政策提言を一致団結しながら進めていきたい」と強調した。

     ソフトバンクは地方自治体と連携し、休耕田などを活用した大規模太陽光発電所(メガソーラー)を全国10カ所以上に設置する計画を打ち出している。具体化するために、北海道帯広市に太陽光発電の実験施設を建設する方針を明らかにした。年内に着工する。

     孫社長は「施設には複数のメーカーの太陽光パネルを集め、発電効率やコストなどのデータを収集する」と説明。その情報を各地方自治体に提供し、今後のメガソーラーの建設に役立てる。

     ただ、メガソーラー計画の実現には電力の全量買い取りを電力会社に義務付ける制度の法制化や、送電線への接続義務化が不可欠。孫社長も「再生エネルギー特別措置法案が成立しないとすべては始まらない」と話しており、実際に事業展開に至るまでは複数の障壁も横たわる。

    引用終わり___________




    東電と川崎市、国内最大級の太陽光発電所稼働2011/8/11付

    東京電力と川崎市は10日、共同事業として建設してきた川崎市臨海部の浮島太陽光発電所が営業運転を始めたと発表した。同じ臨海部で12月に稼働予定の扇島太陽光発電所と合わせた最大出力は約2万キロワット。一般家庭なら5900世帯分の電力需要を賄える国内最大級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)となる。

     羽田空港に近い浮島発電所は川崎市のごみ処分場の敷地11ヘクタールにシャープ製太陽光パネル約3万8000枚を敷き詰めた。最大出力は7000キロワットで、2100世帯分の電力需要を賄える。

    引用終わり____________




    国内最大メガソーラー、愛知に 三井化学・東芝・三井物産5万キロワット規模2011/8/20 2:00

    三井化学と東芝、三井物産は共同で、出力が5万キロワットと国内最大の太陽光発電所の建設に乗り出す。再生エネルギー特別措置法案の成立を見越した動きで、2013年から発電全量を中部電力に販売する。土地代を除く事業費は約200億円。9割を日本政策投資銀行が低利融資し、事業に出資する企業の採算性を高める。大手企業の本格参入で、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の普及に弾みがつきそうだ。
    引用終わり__________





    原発推進の日立さんの名前はお見かけしませんが、東芝さんは嬉しいなぁと思います。

    メーカーだから、ニーズがあれば対応するのはごく当たり前のことです。
    原発の発注があれば作るのでしょう。
    しかし、作っている過程で危険を感じていたと、今ではあちこちで生の声が聞こえます。
    また、元社員だった方が、内情(嘘もごまかしも)を教えてくれています。
    飄(つむじ風)さんよりほんの1例(文もあります)



    作ったメーカーさんは最後まで技術面でのフォローが必要と思いますので、頑張って欲しいです。
    今後は、作り手の理念をしっかり持っていただきたいと念じてやみません。
    未来の子どもに汚れた地球を残すことにひとつも罪悪感がないとしたら、闇にまみれた真っ黒なものを感じます。


    闇の支配(ハラッサー)にまみれたあと、光(自律)に向かう時にも罪悪感は起こりますね。
    その罪悪感はインナーペアレンツですから要りません。
    が、日常的に、悪心が沸いたときに罪悪感が沸くのは良心のたまものです。
    良心が育っていることに感謝したいです。

    原発は必要だという方の中には事実を知る機会のない方も多いと思います。
    最近では、ネットから広がった渦の影響で、テレビでも事実、現実を取り上げるようになりましたので、知る機会が増えると思います
    この流れが止まらないことを祈ります。





    原子力のおかげで潤っている市町村の方々の、苦しい過去の歴史を思うと、非難する気持ちにはなれません。
    が、一番大事なのはお金でしょうか。
    過疎化が進んでいても、土があって自給自足が出来たら、人が集まる大都市よりも安全と安心が保障されています。

    阪神大震災の時の、大都市の弱さを思い出します。
    ビル街の大火事が消防車も手をつけられず、ずっとずっと燃え続けていたこと。
    高速道路が破壊された残酷な映像。
    それでも人々は復興に励みました。
    あの頃、子ども会の役員だったのですが、最後の廃品回収の金額が寄付しました。次の子ども会もその次の子ども会も引き継ぎながら寄付していたと聞きます。
    きっと多くの持続的な支えが、復興を助けたことと思います。地震国に住む仲間として忘れることは出来ません。


    原発の事故さえなければ、すぐにでも復興に手をつけられました。
    発送電が分離されていたら、どこかの発電所が送電に成功してあんな悲惨な本州の何分の一という地域が停電に陥ることはなかったのじゃないかと思います。
    (地震が来たら船は沖に出す)という教えを守って急ぎ船を出した人々は、船が守れても海が汚れて漁が出来ません。
    目の前に作れる田畑があるのに、作れません。
    美しい景色が見えるのに、見えない放射能のせいで観光事業も立ち行きません。
    こんな悔しく哀しいことがありましょうか。
    原発さえなかったら・・・涙があふれてきます。





    道産子の私は泊原発の結果にがっかりしています。

    試運転も運転しているんだから同じことだというけれど、全然イメージが違います。知事は認めたのです。
    せめて試運転のままでいて欲しかった。(本当は止めて欲しいけど。)
    海の幸、山の幸、畜産業、サラブレッド、雄大な大自然、
    大都市札幌は約70キロです。

    高橋はるみ知事は、道民の声を無視しました。

    北大教授をはじめとする北海道の50人の大学教授の反対さえありました。
    活断層が見つかり危険だとわかり声をあげる人もいました。
    道民のデモや高まる声に長々と遅刻した高橋はるみ知事は、議員たちの良心的な意見に対して翌日に先送りし、あろうことか、原発のある村や町の声を聞いて決めたといいます。
    彼らが反対するには、どれほどの勇気が必要か。(原発推進の人ばかりとは思いたくないです)

    たとえば、六ヶ所村の人々が口を閉ざして何も言わない。国と心中するつもりかと思うくらいです。
    「持っていく場所がないんだから、これからもここにおいておいたらいい。」という映像を見て、それは自己犠牲なのか、お金なのか、わからないけど、他に引き受け先がないことは事実ですから複雑な思いで見ました。






    しかし、流れは自然エネルギーに向いているとかんじます。
    今ではテレビでも流されているようですが、岩手県葛巻町では自然エネルギーで全世帯の180%をまかなえるエネルギーを生み出しています。
    土地を大事にした町長の意志を引き継いで、風車を増やし、牛を飼い、山葡萄でワインを作り、バイオマスもやっています。
    原子力発電は5円と言っていますが、実際は国民の税金が大量に回されているのです。
    電気料金にごまかされません。
    原発を動かすために、町村に落とすお金を含め税金がかなり使われていることはもう誰もが知ってしまいました。
    この税金が早く廃炉の方向に使われることになってゆくといいなと思います。


    自然エネルギー180%の岩手県葛巻町



    脱原発・エネルギー自給は、高知県梼原町から「脱藩の道」を辿って全国へ!
    には高知県の梼原町が取り上げてあります。

    自然エネルギーで暮らす~高知県梼原町



    トップにいる人によって、町はどんな風にでも変わってゆけるのでしょうね。





    電力会社が倒産したら失業するというけど、後処理がありますから、失業している暇はないと思うのは私だけでしょうか。
    長い手順で進めてゆくであろう廃炉の道には、更に原子力や放射能の研修者が大事にされるべきだと思います。



    児玉教授が
    「人間が作ったものを除染できないわけがない」というようなことを言われまして、えらく簡単な発言に思えて「え?」と軽く驚きましたが、科学の視点では、そういうことなんだろうと思いなおしました。
    そこには、原子力を扱ってきたことの当時の必然も反省も含めて、それでも己を卑下することない勇姿を感じます。
    児玉教授の、時に現状の人々を思い涙をうかべつつも、「夢」と「希望」を語っておられる姿に感動します。
    この方が、誰かを個人批判したのを見たことがありません。
    在り方や姿勢を批判したことはありますが、個人批判をした映像を見たことがありません。
    今、何かしなくては!何も出来ない!と自責の念にとらわれることはなく、自分が出来ること、今の生活を営むこと、がめぐりめぐって被災地のためになってゆくと思います、という趣旨のことを話されていました。

    それぞれが無理をせず、それぞれの守備範囲を守って大事に生きてゆきたいですね。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/08/21 11:56】 | 災害・脱原発・エネルギー
    トラックバック(0) |

    Re: 心強いです
    中尾真智子
    鍵コメさん、同じ願いと祈りを持つ仲間がいること、嬉しく思います♪


    管理人のみ閲覧できます
    -



    真智子
    アヨさん、私も女性の知事だからこそ止めて欲しかったです。
    泊の次に続こうとしている県の名前が出ているのを見ると、いっそう残念でたまりません。



    アヨ
    私も北海道知事の決断、残念でした。同じ女性としても残念です。

    コメントを閉じる▲
    Save Child
    というサイトで紹介されていた記事を以下に載せます。
    【動画】「国の原発対応に満身の怒りを表明します!私は法律を犯しています!」東京大学-児玉龍彦教授(これは観てください!)
    震災後に色々な専門家の方に感謝しましたが、この方はとくに心を揺さぶられました。
    文字も起こしてくれていますので、見る暇がなければ読んでいただけたらと思います。
    東京新聞頑張ってくれます。)

    動画は消されることもあるかもしれませんが、ユーチューブの検索に「児玉龍彦」と入れたら見つかります。
    消えても、誰かがあげてくれているようです。

    衆議院テレビ
    開会日 : 2011年7月27日 (水)
    会議名 : 厚生労働委員会
    これで検索したらユーチューブで消えても見えるらしいです。

    内部被曝の怖さ―ICRPの元最高責任者が懺悔、児玉龍彦‬‏氏が怒りの訴えで英司が更に詳しく書いてくれました。
    他にも、厳しい現状を書いてくれています。
    さて、児玉さんのお話を聞いて思うことは、やはり政府は、足の引っ張り合いをしている場合じゃないということ。
    主義主張が違っても、国民のことを思うならば、喧嘩しないで目標を同じくして欲しいものです。


    今は政党批判もばかばかしい気がしています。
    原発推進してきた自民党で、ずっと原発反対を言ってきた
    河野太郎さんのような方が実は政治家にも大勢いるということ。
    そして、震災後増えていること。
    結局は、一人ひとりのあり方だなぁと感じます。






    私自身は、政府が悪い、と聞くたびに自分の中でなんか違和感がありました。

    ・国の指示がないから放射能の牛を出荷した。
    ―また、牛を出荷する時に気になって測定した方のおかげで発覚したのだったとも聞きました。危機感を持った方に感謝です。

    ・国から何も言ってこなかったから餌を食べさせた。
    ―3月の原発事故後に農林水産省から出された「屋内で保管された飼料を使う」などの適正な飼育管理に関する通知を「知らなかった」とする畜産農家が続出していると、某ニュースにありましたが、被災地の地方自治体の危機感が薄いように感じてなりません。

    ・国の指示がないから勝手に除染出来ない。(どこかの知事か市長か忘れました)
    ―自治体でさえ、政府のせいにして機能していないように感じていました。

    勝手に公共(学校や公園)の土をいじったら法律違反になるとか?こんな時でも?ほんとに?
    国が山積みの問題を抱えている中で(色々言いたいことは置いておいて)、ぼーっと法律や方針が変わることを待って子どもの命を犠牲にする気でしょうか。
    国は国民に感謝こそしても犯罪扱いはしないと信じたいです。

    そんな中でも、子どもの健康を心配して除染をしていた郡山市の学校の動画を随分前に見ました。

    また、子どもの放射線限度を独自設定をしたいわき市は、国の原子力安全委員会が示した事故収束後の被曝基準「年間1~20ミリシーベルト」の最小値の「年間1ミリシーベルト」を基準として採用。
    当たり前だけど、当たり前のことを出来る勇気が今必要なんですね。

    川口市も独自で設定しました。
    千葉県野田市 も続いています。
    どんどん続いて欲しいです。





    被爆地に近い方はとても複雑な状況にあると感じていました。
    東電や下請けで働いている家族がいるので、大きな声で原発いらないとは言えない
    その家族を前に、原発批判をすることは更にストレスを増やしてしまうので今は情報を見たくない
    これまで東電のおかげで生活出来ていたことを思うと、なくなって欲しいとは言いにくい
    などなど、しがらみに縛られて苦しそうです。

    しかし、子を持つお母さんたちは強いです。千葉県でも公共機関に直接訴えているお母さんたちの映像も見ました。
    主婦なればこその時間を使って活動をしてくれています。(役所関係は土日休み)

    子を孫を守りたい。
    全国の親の思いでしょう。

    原発事故が起こってしまって、被害は広まってしまって、今も海に空に流れている事実から目を背けて生きることは難しいです。
    かといって、絶望するわけに行きません。

    まずは自分と家族を出来るだけ守りたいと思います。

    佐藤幸子さんの講演(福島のお母さん)この方の勇気には感動しました。
    各地に呼ばれて講演をされているようです。
    福島の現実はいつどこに起こってもおかしくない、そういう側面と向き合っている方は全国にいらっしゃるのだなぁと感じます。




    あなたにできること (ネットワーク「地球村」)
    この記事の全部を私は推奨するわけではありません。知ることで選ぶことが出来るという意味で紹介しています。
    今の段階でということです。今後の変化で対応も変化することでしょう。

    日常と放射能
    ここの左側の「子供の放射能から守るには・調理法編」をクリックすると、参考になると思います。
    パソコンで「子供 放射能 調理法」とぐぐるだけでも740万件出ますので、ぜひ自分の目で読んで選んでゆかれるといいと思います。

    ヨウ素は食べ物で取っておくと放射能のヨウ素が体内(甲状腺)に溜まる予防になることはすでに知られています。
    同じようにセシウムはカリウム、ストロンチウムはカルシウムと言われています。
    (注;食べ過ぎはよくありません。)


    福島でも関東よりも安全な場所(クールスポット)もあるそうです。
    そこの食べ物は放射能が低くて安心して食べているそうです。
    もともと原発から20キロとか30キロの円を描いて決定することに無理があります。
    気象庁は、風と雨から放射能予報をしてくれたらいいのにと思います。
    知らないことが一番不安です。
    知ったら選ぶことが出来ます。

    私自身の対策は、人生の楽しみをなくして放射能に振り回されてストレスフルに過ごす気はありません。(実はしばしうつうつ気分でしたが、知ってゆくことで覚悟してゆきました。)
    ストレスにならない程度に十分に気をつけて、ストレス発散にたまには外食もして、遊びにも行くと思います。
    完璧(パーフェクト)は無理ですから、出来る範囲で気をつけていきたいです。
    雨や風には100均の使い捨てマスクをして必要最低限の外出にします。
    出来ることがあれば余力の中で無理をしないように(たとえばこんな記事を書くこと等など)やってゆきたいと思っています。
    (書いてはいるものの、明日は明日の風が吹き、また違うことを思っているかもしれませんが、方向性は変わらないと思います。^^)

    という具合にそれぞれの事情(地域、年齢、家族構成、職場、目標などなど)で選んで生きる時代ではないでしょうか。





    ★おまけ
    チャリティホワイト
    ソフトバンクの募金です。

    iPhone、SoftBank スマートフォン、 SoftBank 3Gが対応機種です。

    残念ながらソフトバンクじゃないです・・・。
    変えようかと何度も話に出るのですが、私自身は遠い身内と無料通話が出来ることで保留です。(笑)



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/08/02 12:57】 | 自律
    トラックバック(0) |