FC2ブログ
    家族カウンセラーの想いつれづれ
    一人暮らしや、家族と共有出来ないで孤独と不安が増している方もいらっしゃること、この数日で知りました。

    こんな状況で不安になるのは無理もないことです。
    ここで耐えている自分をよしよししてあげてください。

    両腕で抱きしめてあげてください。
    怖いのも不安なのも、当たり前の感情です。

    我慢しないでいいんです。

    怖いよーって言っていいし、泣いていいんです。
    叫んでいいんです。

    ここで無理に耐えることは、私がそうだったように後遺症を持ってしまいます。


    節電も大事だけど、命は大事だけど、感情を置き去りにしないであげてね。


    私も地震は怖いです。

    必要以上に怖がっても仕方がないと言える英司は冒険王(笑)に見えてきますが、私は心細いか弱い女性(?)なので、とても怖いです。

    追記ですが、ふと
    「男性だって十分怖いだろっ!」
    と自分から突っ込みが入りました。(笑)
    頂いたコメントにあるとおり、いろんな人がいろんな役割を持ち寄って助け合っているんだと思います。


    なきべそかいたり、笑ったり、
    地震が来たら
    「もういい加減にしなさいよっ!」と地球に悪態ついては
    「言い過ぎました、ごめんなさい。」と慌てて言ったりしています。(苦笑)
    次の余震で、また握りこぶしで悪態ついてたりします。
    地球さん、愚痴を受け止めてくれてありがとう。(おいおい)


    昨日、娘と夫と買い物に行った時に(息子はバイト・・・夜は難民を受け入れた店らしいです)
    外で鳴いている鳥の声が聞こえましたらば

    「ママ、リュックにちょび(いんこ)入れてきた?」と。
    「いやいや、安全にバックに入れてきたよ。」
    「ママならやりかねないと思って。ははは」

    確かに・・・けど空にうっかり放したら大変なので緊急時しかそれは考えてませんが。
    外出時と夜は小さなカゴに入れて、餌と一緒に黒いバックに入れてます。(暗いと大人しい)

    ペットの命を必死で守っている仲間がいます。
    停電は寒さに弱い子たちには辛いはず。

    朝は犬の散歩を見かけます。
    のどかに見えるけど、犬の排泄には必要な散歩ですね。


    どうか、みんな無事でありますように。



    自転車を走らせて遠くなる英司の姿を見ながら娘が
    「気分は冒険王になってるね。」
    「ルフィーは譲れないからエロのサンジだ。」(私)
    「サンジに失礼だ」(サンジ好きの娘)
    「うーん。他に能天気に見える誰かいないかなぁ(悩)」(私)
    英司の気も知らないで、こんなジョークで気をまぎらしていた買い物道中でした。















    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/03/14 15:27】 |
    トラックバック(0) |


    ゆきえ
    今日の記事を読んで落ち着きました。
    不安と恐怖を抑えて冷静になろう、なろうとして
    結局家族にあたっている自分に自己嫌悪でした。
    パターンにはまっていました。
    そうですね怖いものは怖いです。
    怖さを見ないようにしようとすると
    不安がおそってきます。

    節電が大切ならば、
    変に動かないのも行動ですね。
    停電のときは自分に向かう時間に決めました。
    心が決まった、落ち着きました。
    ありがとうございました。

    冒険王うちにもいます。
    いろんな人がいるからいいんですね。

    コメントを閉じる▲
    哀しいニュースばかりがテレビから流れてきます。

    一方で、被災地に向けて助けになるニュースを届けようという人たちの働きもあります。



    国連からのコメントに
    「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が 全力で日本を援助する」
    とあったことを、今朝知りました。

    心があたたかくなりました。


    今出来ることをする

    私たち日本中で全員が出来ることは、節電、節水、節ガスです。


    ヤシマ作戦◆東北地方太平洋沖
    (貼り付けの了解を得ていませんが、緊急時なので許してくれると信じます。)


    ヤシマ作戦概要


    ツィッターでも2チャンネルでも広がっているようです。


    そして、祈ることは出来ます。

    一人でも多くの方が助かりますように。

    まだです。

    まだ、助かる命があるかもしれないから。

    強く強く祈ります。

    自然と手を合わせます。


    私は英司の落ち着きにあきれ果てていましたが、私のトラウマは大分過敏にもなりフリーズさせた感情もあったようです。
    やっと少し解けました。

    英司は私が準備万端と思ったようですが、実は何をバックに入れたのか覚えていませんでした。
    無意識レベルで発動したようです。

    本当は怖くて怖くて約20年以上前の恐怖に囚われていました。
    そこに発熱も加わってますますネガティブになっていました。

    ネガティブな感情をいっぱいよしよしします。
    そして、体が少し軽くなりました。

    テレビにうつる被災地の方がマイクに向けてお話しながらたまに笑顔になるのを見ると、こちらがパワーを頂きます。

    人はたくましい
    人はいとおしい


    たくさんの知人の安否を知りたいけれど、今は祈りながら出来ることをします。

    泣きたいときは泣きましょう
    笑うこともしましょう
    冗談も言いましょう
    少ししたたかにしなやかになりましょう。(今回の自分に一番言いたいです)
    そして、ありのままの素直で正直でいましょう。

    愛が降りそそぐイメージをしましょう。


    落ち着き英司の地震ブログは、更に現実的な対応を書いております。




    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/03/13 10:32】 | 災害・脱原発・エネルギー
    トラックバック(0) |
    昨日の地震の凄さは、時間を追うごとに明らかになってゆきます。

    北海道から沖縄まで津波警報が出ていること

    親族も、相談者さんも、みなさんどうか無事でいてください

    そう手を合わせながら過ごす夜でした。


    そしてまた陽が暮れてゆきます。


    前の記事の追記に書きましたが、私にとって地震はとても怖い思い出です。

    昨日のコンビナート事故があった市原市に住んでいた頃、夫が無事に帰れることと、社宅の妻子の協力で助け合いながら過ごしたことを思い出します。

    <どうか事故が起きませんように。>

    それが今回、本当になってしまったことが残念でたまりません。





    テレビでは、津波の凄さと原子力発電のニュース。

    そこにも友人が住んでいます。
    どうか無事でと祈ります。



    大阪の開催を心配される方がいらっしゃると思いますが、まずは今出来ることをしています。
    数日先の約束は未定にさせていただきましたが、未来を自分から閉じる気持ちにはなれません。

    今は今出来ることをするだけです。
    今は何のお役にも立てないけれど、自分がまず無事であることが第一の使命です。
    みなさんも自分が無事でいることが一番の使命だと思ってください。

    どうか無事でいらしてください。
    皆様の無事をお祈りします。



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/03/12 17:49】 | 災害・脱原発・エネルギー
    トラックバック(0) |
    最近、思考をちょっと休ませたいのか、必要最小限の文字とお付き合いしていました。--;

    が、今回は4月の講座のお知らせをしようかなーと打ち込んでおります。

    はじめに

    「まほろば講座」大阪―3/26、27連続開催のお知らせ
    でご案内させていただいた3/27(日)も開催が決定になりました。

    お申し込みいただいた方々には、本日(3/11)お振込み先をメールで送らせていただきますのでよろしくお願いいたします。

    ※まだ余裕がありますので、引き続き募集しております。



    __

    さて今日の本題です。

    ★第1回アースデー飛騨高山2011が4/23(土)24(日)に開催されます。

    色々な催しの中、「まほろば講座」のお誘いを頂きました。
    飛騨高山は私と中尾英司にとって大変縁の深い土地ですので、とても嬉しいです。
    やっとここに来た・・・私の気持ちは感慨深いです。


    英司のブログ第1回アースデー飛騨高山2011で「まほろば講座」開催します(4/24)より
    __

    今回の主催は、「月刊ブレス」(細井卓美)さん。
    日本一面積の大きな市となった高山市に暮らす方々に向けて生活情報誌(フリーペーパー)を発行されているところで、2月号に次のようなメッセージがありました。

    『第一回目のアースデー高山は単なる環境イベントではありません。飛騨から宇宙に発信する私たちのスピリチュアルメッセージなのです』
    『このイベントでは、学びの中から何のためにどう行動したらいいのか、そのきっかけづくりの二日間なのです』
    __

    感情とか精神とか目に見えないものと付き合う私たち人間にとって、実はとても大切なことかもしれません。






    ★4/24(日)10:00~15:30「まほろば講座

    昼食をはさんで10:00~15:30の5時間半、じっくり開催させていただきます。


    ★4/24(日)「まほろば講座」のお申し込み

    お申し込みは下記の通り、今回はブレスさん宛にメールかファックスでのお申し込みとなりますので、よろしくお願いいたします。
    1、お名前
    2、ご住所(郵便番号含む)
    3、お電話
    4、メールアドレス
    5、参加人数
    6、今後もイベント案内を希望する/しない
    ファックス:0577-37-1220
    メール:arigatou@@bless1.com (←@を一つとって下さいね)

    地図:アクセス



    飛騨・世界生活文化センターで10時におあいしましょう♪


    詳細は下の中尾英司ブログの記事をお読みください。
    第1回アースデー飛騨高山2011で「まほろば講座」開催します(4/24)



    追記;
    昨日は大変大きな地震は、日本中に大きな傷跡を残しましたね。
    我が家も、本棚が倒れ、本をあいているダンボールや袋に詰めて、箪笥などが倒れないように下に並べて、夜を過ごしました。

    私自身は20年以上前に、ドーン!という爆発音が聞こえたと同時に床もドーンと沈みいきなりの縦揺れ地震を体験した時は、市原市に住んでいました。一歳の娘と二人で会社の夫を心配していました。
    社宅の奥さん仲間で助け合ったのを思い出します。

    あの時より凄い揺れと余震に、平静ではいられませんでした。
    ほぼトラウマ状態です。
    また、東北は私の先祖が住んでいた土地でもあります。
    なんともいえない気持ちです。
    前の地震でも落ち着いたかなと思った頃に、余震というには大きな地震があったのを思い出します。
    今後も余震にきをつけましょう。

    皆様のご無事を祈っております。
    被害地の回復を心から祈っております。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/03/11 09:14】 | 講座・講演
    【タグ】 まほろば講座  
    トラックバック(0) |