家族カウンセラーの想いつれづれ
    これまでコメントをありがとうございます。

    せっかくいただいてお返事を書けずすみません。
    ちゃんと読んでいます。^^

    ただ、匿名コメントを見るたびに、名無しさんかぁ・・・と寂しいです。
    ハンドルネームでもかまわないので、自分にネットでの名前をつけてあげませんか。
    ハンドルネームでも十分匿名性が高いから、リスクは全然低いので安心してください。

    コメントは意思表示でもありますでしょ?

    匿名と名前があるのでは、書く意識も変わると思います。
    また、読み手の意識も違うと思います。
    (私は、昔から、匿名とか、名前をその度に変えて書く人は流し読みでした。--;)


    ネットの世界で名前を持つということは、自分自身をネット世界で実在させてあげることなんだろうと思います。


    ぜひ、ネットとはいえ、実在性を持たせてあげませんか。^^



    そんな私の願いをこめて、コメント欄に無記名の場合
    「どうしても匿名希望」に変えさせていただきました。
    そこまで匿名希望であるなら、そこに意思があることでしょうから。
    (ここは、気分で変えて遊ぶかもしれません。笑)




    と、私の意思表示をしてみました。^^




    今日は雨風が強いですが、めげずにお仕事いってきまーす。
    風邪がはやっているようですから、皆さんも気をつけてくださいね。^^



    追記:
    Iさんは、ただ手放したのではないということ。
    自分のチャイルドを抱きしめて、自分の感情をあじわってあじわって味わいつくして手放して行かれたことと思います。
    ただでは手放せない思いだから苦しかったこと。
    感情は味わいつくしてあげないと簡単に手放せるものではありません。

    ここは、自分だけで向き合うところです。

    私もここが一番苦しかったです。
    そして今もあじわい手放しの繰り返しで自分を維持していますが、今は日常的なお風呂に入る感覚です。
    心を洗ってあげる。
    チャイルドはいっぱいいますから、出てきたら味わってあげます。
    私の中の大事な宝物ですから、抱きしめて可愛がってあげます。
    すると満足して浄化されてゆくようですよ。^^


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/02/18 06:15】 | 育児(育自)
    【タグ】 自分対策  
    トラックバック(0) |

    WOLFさん
    中尾真智子
    一年ぶりのコメント返しですみません。

    一年と少しして、今のWOLFさんはどうされていらっしゃるかなぁ。
    「ありがとう」の結び、いいですね。

    ももんがさん
    中尾真智子
    一年ぶりのコメント返しですみません。

    >過去何度もしていて無くならないから 何かが違うと思っていた。
    >私は泣いてるだけで自分を救う意志がなかった。
    >涙と共にチャイルドと共倒れで落ちてるだけだった。
    >私が悲しくても 母は自分はもっと辛い、と、自分の悲しみばかりを 更に出した。
    >子供が泣くより大声で泣く親 という例えが浮かんだ。
    >私もチャイルドにそうだったんだ。
    >私は自分を助けなければ。

    このままご自分を大事にされていらっしゃいますように。

    ハムさん
    中尾真智子
    ハムさん、一年ぶりのコメント返しですみません。
    その後、どうされてるかにゃ。

    一年以上前の記事にコメントありがとです。
    中尾真智子
    ネームレスさんも真名さんも知っていますよ。

    >複数の名前(匿名含む)を同時に使う人を見かけて、不思議なことをするなあ

    複数に成りすまして自己主張した人ですね。前に数人の同一人物(本当は一人)を指摘した別サイトを見たことがあります。人の癖って出るのでしょうけど、よくわかるなぁと見抜いた人に感心してました。悪質でなければ問題にしないのでしょうけどね。

    自分に名前をつけるのにも悩みますよね。それでも、実態があるか匿名に隠れているかで生き方が違ってくると思って、ここでは匿名より名前付けてあげませんか、と提案しました。
    ハンドルネームも、サイトによって使い分けたら気持ちの切り替えが出来ると思います。悪用しなければありだと思います。^^

    名前について思うこと
    真名
    こんにちは。
    中尾英司先生のブログでは、ネームレスというハンドルネームでおじゃましてました。
    ここでははじめまして、です。

    私は「自分の名前(本名)」が「自分を指し示す言葉」であるという、実感が持てないのです。
    私の名前である、と思えない。
    みんながそう呼ぶから、そうなんだろうけど、私の識別番号…というふうなくらいにしか思えない。
    もしかしたら、自分の名前が嫌いなのかもしれません。
    当然、愛着がありません。

    親にも「なぜこの名前にしたのか」聞き続けましたが、納得いく答えはありませんでした。
    なんか、有名人の名前をあやかるようにとか、素敵な友人がいて、その名前をもらったとか、なんとか。
    それでいて、その有名人がとっても好き!とかいうわけでもないようなんですね。
    ウソっぽい…。
    だから結局、なぜなのかわからずじまいです。
    親の説明では、それは他の人の名前でしかなくて。
    私の名前とは思えなかったです。

    名前って、親が子に思いをこめたメッセージみたいな、プレゼントみたいなものと思うのです。
    こう育ってほしい、みたいな。
    でも字面からはそういうのもわかりにくい名前です。
    辞書で意味を調べてもピンときません。

    なんでずっとずっと、せめてハンドルネームは私らしい気にいったものをと思ってきたのですが、なかなか、そう思えるものが見つからなくて。
    使い続けるうちに、合わないような感じがしてきて、しばらくたつと変えたくなってしまうんですね。

    ただ、書くたびにコロコロと変えるのはどうかと思ってて。
    私が書いたかちゃんと分かるようにしたいから。
    最低でも二~三年はひとつの名前を使い続けるようにしてました。
    使っているうちに愛着も出てくるかもしれない、という期待もありました。
    なにせ、ハンドルネームを決めるときには、ずっと使い続けるつもりで、いつも真剣に考えているのです。
    でも結局変えてしまう、その繰り返しです。
    どうも、使っているうちに自分の名前ではないような違和感が強くなっていくんです。

    「ネームレス」も「真名」も、私のそういう状態を表せていて気に入ってます。
    そろそろ胸をはって「これが私の名前!!」と思える名前を名乗りたいですが…。
    とくに「真名」は他のところで使ってるハンネ「マナ」に名前についてのいろんな思いを込め、字をあてたものなので、とても気に入っています。
    「愛(まな)」とか「大地のエネルギー(マナ)」という意味もこめています。

    なんだか、長々とへんてこりんな話をすみません。
    名付けの由来については、ただ誰かに話したかっただけなんです。
    きいてきいて!!いい名前でしょって(^^;

    それとある日、複数の名前(匿名含む)を同時に使う人を見かけて、不思議なことをするなあ、と思ってて。
    でもまあ、もしかしたら、外から見たら、私も似たようなことをしてるふうに見えるのかもしれないよな、とも思ってました。

    そんなとき、この記事を見かけ、自分の名前について常々思っていることを書きたくなりました。
    ちょっとスッキリしました。
    長々とすみません…ありがとうございました。


    ハム
    こんにちは、時間が出来たのでHPに寄ってみたらなんとブログが載っているではございませんか!!
    こんなところに書き込みしても良いのか分かりませんが・・・駄目なら消して下さいね。

    今日はお腹が痛くてv-393朝も早くてふらふらしてました。
    でも10時には店に行かないといけないのでがんばりました!(少し不安定)
    昼ごろから楽になって今はお腹のカイロが熱くなってます(かゆい(^^))。

    先日、お客様の娘さんがPDで色々あって実家に帰ってきました。
    少し家は離れてますが会いに来てくれました、でも私は慰めることしか出来ませんでしたv-406
    こちらのHP勧めてみます!!



    ももんが
    チャイルドの辛い気持ちは 学生の頃から大人まで アクシデントがあるたび出て味わっていた。
    泣いて 泣いて 切なく泣いて。
    なのに、消えない。泣くだけで終わり。
    棚卸しなるものを始めて、また辿って泣く。
    過去何度もしていて無くならないから 何かが違うと思っていた。
    私は泣いてるだけで自分を救う意志がなかった。
    涙と共にチャイルドと共倒れで落ちてるだけだった。
    私が悲しくても 母は自分はもっと辛い、と、自分の悲しみばかりを 更に出した。
    子供が泣くより大声で泣く親 という例えが浮かんだ。
    私もチャイルドにそうだったんだ。
    私は自分を助けなければ。
    テレビ番組のスクールの主題歌が お店の売り場から流れてきた。
    「希望の道」
    ハラハラ涙が途切れず、これが答に思えた。


    WOLF
    感情を味わい尽くす‥

    まだまだ余裕がないのでつらく感じてしまいます(/_;)


    パパ、息子よ…

    こんな私を家族でいさせてくれてありがとう(/_;)

    コメントを閉じる▲
    前に私は

    ヒントは、物事や事象を誰か(何か)のせいにしていないか・・・

    と書いたのですが、書きながら何か不足を感じていました。


    誰かのせいじゃなければ自分のせい?
    違うのよー。
    自分以外の誰かのせいにしたら違うんだけど、じゃあ、自分のせいなのかっていうとそれも違うんだよなぁ。
    ともかく~のせい、という発想は違うんだってことをとても言いたい

    ・・・と思いつつ、連日の面談や研修で忙しくしていたら



    自我(エゴ)から自己(セルフ)へに書いてくれましたねー。



    『自我(エゴ)が自分の意識を“外”に向けさせ続けるのは、
    自分を自己(チャイルド)に向かわせないためということもできます。』

    エゴが自分の意識をチャイルドに向かわせない現象には、自虐的発想や自傷行為もあるということを言いたかった。不足感はこれでした。


    ヒントは、物事や事象を誰か(何か)のせいにしていないか・・・
    に加えて
    自分のせいにしていないか・・・ですね。




    エゴを手放したら、純粋にまっすぐに自分の内側に入ってゆきます。

    そして、人と人の間に必要だった境界線もないひとつの地球を感じるまでに至った

    『わたしとわたし以外の人との境界が薄れたような我欲が薄れたのを感じます』
    『すると、感謝しかなく、人類みな兄弟みたいな感じなんですよ』

    というところにまで感じることが出来るのです。





    ハラスメントも離れる

    エゴも手放す

    そして「自由自在」な存在になる。




    私なんか広い宇宙ではただの塵に等しいと自分をちっぽけに据えるか、

    私はこの広大な宇宙の一部なんだとしみじみひとつを感じることが出来るか

    同じことでも、価値感が正反対です。



    エゴを手放したら、後者になれるのでしょうね。



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/02/16 23:58】 | 自律
    【タグ】 エゴを手放す  自由自在  
    トラックバック(0) |

    管理人のみ閲覧できます
    -


    どうしても浮かばないタイトル
    きなこ
    「あの?」と思われるのが嫌で(自意識過剰(^^;)
    違うHNでコメントしたりもしてました。

    ここ数日
    「気持ちは伝わらないよ」
    「誰のせいでもないよ」
    という二つの言葉が何度も浮かびました。

    そしてブログの記事・・・。

    ハラスメント
    過干渉
    モンスターペアレント
    虐待
    ストーカー
    嫌がらせ
    ・・・・・

    こちらからはそう見えても
    相手には恐怖と防衛なんですね。
    その結果、人を傷つけていいということには
    なりませんけど・・・。

    みんな、自分を見てない結果なんですね。

    何らかの「侵入」をされ続けると緊張感のあまり
    全てのことに敏感になって
    誰の落ち度なのか、自分の失敗はなかったか、
    起きた出来事、こぼれた言葉の端々などを
    つきつめてしまいがちです。

    私のこの探究心をもってしても、
    答えはどこにもありませんでした。
    っていうか、私の探究心すら誰かにとっては
    「侵入」でしかなかったわけで。
    (急に北の国から口調・・・)

    心が敏感になっていたことすら
    自分のせいにするところでした。

    ありがとうございます。


    とくめい
    エゴ…なんでエゴと呼ぶのかな

    チャイルドからしたら
    「私がやりたいこと勝手な理由でやめさせないでよ!」と言うことだからかな。

    自己からしてみれば自我はエゴなのかな

    親が言う
    みっともないから止めなさい と同じ
    あなたがあんなことするから、と同じ
    ~だから無理よ と同じ

    自我ってIPのかたまりですね。
    そう思うと腹が立って
    絶対エゴ出させないわ、と力入ります。



    とくめい
    人のせい自分のせい意外に
    お金がないせいだ
    ここにいるせいだ
    ブスだからだ
    太ってるからだ
    若くないからだ
    コネがないからな
    夫がああだから
    子供がまだちいさいから

    ぜんぶ だから~できない、こうなんだ、 と後につくものは
    外に向いてるのですか?


    コメントを閉じる▲
    人生を丁寧にゆっくりと満足しながら進まれることは大事ですね。

    チャイルドを癒そうにいただいたコメントに
    「各駅切符で」とありましたね。

    各駅切符で丁寧に、自分と向き合ってゆくのがいいと思います。
    時には快速や特急や新幹線に乗りたくなるでしょうけれど、各駅だからいいのです。
    思う存分自分と付き合ってあげたらいいと思います。
    余所見をして自分と比較したり羨んだりしたら、そういう人が回りに集まってきます。
    自分の在り方が変わったら、回りの関わり方も変わったりします。

    自律が身に付いてもハラッサーに出会います。そのときの対処が昔と違うことに気がつくことでしょう。
    まず、出てくる言葉はほぼアイメッセージになります。
    簡単にいうと、出来ることと出来ないことを明確にします。
    出来ないこと(我慢してまでしたくないことも含みます)はしない。
    嫌悪が沸いた出来事は、必要最低限の接触で距離を置く。
    自律した人なら、ここで(ああ、やっちゃったな)と気づき、手放すでしょう。
    ハラッサーは、執着が強く、自分の価値観で物事を語ってきます。が、そこに乗っかる必要はありません。
    もし、乗っかってやり取り(循環)が必要以上に生じても、気づきが起これば、次から変わってゆけるでしょう。

    自分の言動を相手のせいにしていないか、出来事のせいにしていないか、に気づけたら、無意識にハラッサーをしてしまった人も、今この瞬間にも変わることが出来ると思います。

    気づき・・・これ以上にない「切符」ですね。




    英司のブログに「わかってくれない」のは他人ではなく自分の中でIさんが言っています。



    『ずっと私のこと誰でもいいからわかってほしいって思っていたけど、
     私がわかりさえすれば、それで満足だったことわかりました。
     私がわかりたかったのです。
     そして、わかったとたん
     誰にもわからなくてもいいことだったとわかりました。
     だって!誰にもわからないことだから』



    ここにたどり着くまで、どれだけチャイルドと旅をされたことでしょう。



    私も、言います。

    夫のことは私はわからない
    私のことは夫にわからない
    子どものことも私はわからない
    親のこともわからない
    言わないとわからない
    言っても全部なんかわからない
    聞いても全部わかるわけがない
    わからないから面白い

    私たちは想像力という素晴らしいものを持っています。

    全てはわからないけれど、感じあう響きあうことが出来る。

    押し付けず、そっと感じる心が自分にあったら豊かだなぁ。
    その思いが相手と同じじゃなくても、自分が豊かだったらそれで幸せで、
    それぞれが豊かだったら幸せで

    違うものを貰ったら、違うと伝えてもいい関係がいいなぁ。
    いらないものをくれたら、いらないことを伝えていい関係がいいなぁ。
    いただいて嬉しい時は、心からありがとうと伝えたいなぁ。




    「いりませんと伝えたら、相手が怒った。」
    「怒らせてしまったと傷つく自分。」
    「怒った相手を攻める自分。」
    「自分は人間関係を築けない、難しい。」

    これは、握って来た人生脚本ですね。このように学習してきた何かがあるのでしょう。

    「ごめんなさい」ってさらりと言える人と付き合ったらいいです。
    自分が間違えたら「ごめんなさい」って言える自分でいられたらいいです。
    「ありがとう」と言える自分なら「ありがとう」と言える人と繋がることが出来るでしょう。

    ただね、「ありがとう」も「ごめんなさい」も貰いすぎたら重たいです。
    どんな良いことも、やりすぎて相手の肩にのしかかるほど重かったらハラスメントになってしまいます。

    そんなのわからないよ・・・

    そうでしょうか。丁寧に自分の内側を感じてみたらいいです。
    自分が違和感を感じた瞬間があったら、自分が無理しているかもしれません。
    相手に合わせすぎたり、相手に押し付けすぎたりしているかもしれません。
    自分に無理があると相手に重たく伝わります。
    相手がそれを直接指摘してくれたら親切ですが、世間にそんな勇気のある人はなかなかはいません。下手をしたら更なる傷を負いますから、せいぜい他で愚痴話として処理されてしまうでしょう。
    それを回りまわって教えてくれる親切ぶったハラッサーさんもいるからややこしいですね。
    だからこそ、自分の内側を丁寧に感じることが大事です。(他と自分の関係性に囚われて関係性を丁寧に見てもぐるぐるします。)

    自分と自分以外には境界線が必要です。
    個の境界(夫婦、恋人、きょうだい、友人など)
    世代間境界(親子)
    しっかり一人で立たないと、相手に自分を乗せてしまうようです。
    あるいは、相手が望まないことを勝手に引き受けてしまうようです。(これは思いやりと言いません)

    束縛、執着、自己投影、代償行為、自分の価値判断で相手を決めてしまう。
    こんな付き合いは息苦しいですね。
    それでも、孤独に耐えかねて、こんな付き合いでもいいからとストロークを求めてしまいます。

    人はほんとうにかよわいです。

    でもね、一度孤独に浸って、全ての自分を受け入れて身を任せてみた後なら、ハラッサーと無理して付き合うよりは孤独を選ぶのじゃないかしら。

    他人はどこまでいってもわかりきれるものではないけど、自分はしみじみあじわうことが出来ます。
    そこでわいて来る誰かへの愛はしみじみ抱きしめていいし、怒りは一杯出してもいいし、他人を巻き込まないで表現したら気持ちは軽くなります。

    時間(=命)は待ってくれませんから、無駄に過ごしたくないです。

    各駅でいい、丁寧でいい、けれどハラッサーと付き合う時間はとーっても無駄遣いです。
    自分のチャイルドと付き合ったほうがよほど面白いです。
    新しくなる自分の可能性が嬉しいです。
    産みの苦しみのほうが嬉しいです。
    死ぬまで成長し続けたいです。



    チャレンジャーになりましょうよ。
    冒険しましょうよ。
    一人だけど一人じゃない。
    どこかで船を漕いでいる仲間がいて、ずっと先の未来に出会える人がいる・・・かもしれない。
    私はそんな夢を見て、わくわく過ごしています。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/02/11 22:07】 | 自律
    【タグ】 境界線  ハラッサー    
    トラックバック(0) |

    冒険!
    真智子さん(下のお名前で失礼します)、はじめまして、
    英司さんのサイトで大変お世話になっています。

    冒険という言葉を見て、わくわくしました。
    なんだかドキドキして、楽しそう!
    と思いつつ、腰が引けている自分も面白いです。

    飛び立つときは、ひとりで飛ぼう。
    それまでは、沢山勇気を蓄えよう。
    その時が来たら、きっと分かる!
    私は私のタイミングで!

    こわいような、今すぐ飛び出したいような、うずうずした感覚です。
    巣立ちの雛って、こんな気持ちなのかもしれませんね。

    コメントを閉じる▲
    「わが家を“まほろば”にする講座」3/26大阪に、沢山のお申し込みをありがとうございました。

    「まほろば講座」大阪―3/26、27連続開催のお知らせ

    にありますように、3月26日(土曜日)の講座は、お申し込み40名で締め切らせていただきました。
    全員の方にお振込み先を連絡を終えております。


    また、上の記事にありますように、27日(日曜日)のお申し込みが30名を超える場合は、開催させていただきますので、よろしくお願いいたします。

    (なお、27日開催は確定ではありません。26日にご応募いただいている方は27日に振り返ることはできませんのでご了承下さい)



    人数に達しない場合は、また時機を見て別途開催させていただくことにし、そのときは今回ご応募いただいた方に優先してご案内させていただきます。

    ご希望の方は、メールタイトルに【3/27講座申込み】と記載し、氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレスをご記入の上、下記のアドレスにお申し込みください。なお、開催するかどうか未定ですので、30名を超えた段階で参加料のお振込み手続きに入らせていただきます。

    ■申し込み先
    kouza@jiritusien.com
    中尾真智子宛

    *上記アドレスはロボットに自動採集されるのを防ぐために暗号化されています。携帯の方は、お手数ですが上記アドレスを手入力して下さい。


    場所などの確認はこちらをご覧ください。

    時間が26日と変わりますのでご注意ください。

    3月27日(日曜日)
    受付11;30
    ■内容
    12:00-14:00 【講義】
    14:00-14:15  休憩
    14:15-14:45 【WS】聞き方3態
    1:45-16:30 【質疑応答】

    以上、よろしくお願いします。


    【2011/02/06 23:25】 | 講座・講演
    トラックバック(0) |
    中尾英司ブログの

    生きる根拠がなくなることの衝撃波という記事の中に

    「あるがままの自分に戻るということは、生まれて以降なされてきて体にしみこんでいる洗脳を解き、第二の誕生を迎えるということ。それはまさしく、それまでの自分の死と再生(ピュアになること)を意味します。」

    とあります。

    なるほど~ですね。しかし、頭でわかるのと体感は全然違います。
    天地の差だと思います。

    また、

    「自分の中の闇との最後の対峙があります。そして、生まれなおしていくわけです。が、この時点ではまだへその緒が胎内(ハラスメント界)とつながっています。」

    この最後の対峙のところが、どれほど孤独で寂しいか。
    けれど、頭で何を理解したところで、「チャイルドの癒し」をしなくては、たどり着けないのです。
    ここは、一人でやるしかないのです。

    しかし、最後の最後で逃げたくなります。
    人生脚本は手厳しいです。



    手強い人生脚本(IP=インナーペアレンツ)
    にも書きましたが、

    最後の最後まで、手放せないのが人生脚本なのか・・・と、何度かどんでん返しに会いながら、
    そんな時は
    待つ
    ひたすら信じて待つ
    そんな私もいます。


    もう、思考や知恵の学びは終わったよね。
    そろそろだよね。
    孤独と向き合うときだよね。
    チャイルドの癒しだよね。

    気づきたくない、そこに行きたくない、脚本に忠実な健気なチャイルドがIPを助け続けています。
    他のチャイルドを押さえ込んでも、親に忠実なけなげな子が頑固なまでにこれまでの脚本を守っています。
    その子にまず「頑張ったね」って言ってあげてください。
    「もうそんなに鎧を着なくてもいいんだよ」って、よしよししてあげてください。

    泣きたいチャイルド
    悔しかったチャイルド
    寂しかったチャイルド
    頑張ったチャイルド
    耐え続けたチャイルド
    守り続けたチャイルド
    庇い続けたチャイルド
    etc・・・のチャイルド
    みんな犠牲になってきたチャイルドたちです。

    この子たちをどこまで我慢させてしまうの?

    自分で手に入れた切符で旅をしないと、結局は人のせいにして生きてしまいます。
    切符・・・「気づき」もそうでしょう。
         「どうして?と内省した時に見つけた答え」も切符でしょう。
         「親への諦め(絶望)」もそうでしょう。
         「代償行為と気づいた時の喪失」もそうでしょう。
    人によって事象によって手にする切符も色々です。

    せっかく手にした切符を読み違えてしまうこともあるでしょう。(これがIPと脚本に忠実なチャイルドのタッグで手強い場面だなぁと感じるところです。)

    それらの切符を自分で手に入れようとせずに、カウンセラーにアドバイスを求めたり、答えを求める人もいますが、それでは、自分の切符になりませんからぐるぐるします(ブラックホール)。
    カウンセラーを親に見立てて代償行為をする場合もあります。
    もちろん無意識ですから本人が気づくまでこちらはハラッサー行為をされ続けることさえあります。
    そんな時こちらは、じーっと待つだけです。
    そこに自分で気づいたら、目からうろこがはがれたように「曇りない目」で見られるようになるでしょう。

    人はもともと素直な正直なあるがままなのだと思います。
    産まれた時に持たされた人生脚本で、いつのまにか鎧を来て更に守備を固めなくてはならなくなっていった。
    その中に救われたいチャイルドがいっぱい泣いている。

    英司のブログのIさんは、書かれています。


    「今は、人それぞれ、
    その人のしあわせを邪魔したくないです。」

    「それぞれがしあわせで在りながら、
    互いに緩やかに愛と共感と思いやりで結びついた関係というものがこの世界には存在するのですね。」

    「人生は深いですね。
    目に見えない部分に、こんなにも奥深い真実が隠されていたんだ、
    とここまで書いて……いやいや!
    全部丸見えだったんだ、ただ目が曇っていただけでした。」(←ここを書けるしなやかな強さを感じます。)


    「むしろ一番心配しなくちゃいけないのは、だれでもないわたし自身でした。
    わたし自身が一番お留守になっていました。」


    ↑ ここに気づけるかです。
    これを自分で素直に言えるようになったIさんが素晴らしいのです。



    チャンスは何度もありながら、人は無意識にスルーしてしまいます。
    チャンスのたびに、意識が自分の外に向いているうちはハラスメント界にいます。
    せっかく自律姿勢を身に付けても、ハラスメント界では苦しいことだろうと思います。

    Iさんがここに至るには、徹底して自分が選び、その選択を信じてきたからでしょうね。
    自分の選択を諦めた瞬間から、下に書かれている「元の世界」に戻ってしまえます。


    「いや、むしろわかった後にやってくる数々の試練を乗り越えること出来ないと感じます。
    それほど、もろく、いとも簡単に元の世界に戻りたいと願う衝動は激しかったです。」

    この方の慟哭の日々が浮かびます。最後まで自分を見捨てなかった、苦しく辛かったと思います。



    「泣きたいのはわたしです。

     疲れ果てていたのはわたしです。

     しあわせでなかったのは、わたしです。

     苦しんでいたのは、わたしです。


     見ていたものすべてが、わたしの姿でした。

     わたし自身の姿でした。」


    ・・・チャイルドの癒しを感じます。天使がこの方の周りを囲むイメージが浮かびます。
    そっか、天使は解放されたチャイルドたちなのかな。


    仕上げはお母さん、と英司は最近よく言いますが
    チャイルドの本当のお母さんは自分自身です。
    男女を問わず、チャイルドを癒し、育てなおして、責任ある自由な自律の世界に導くのは自分自身なのです。

    しかし、人間というのはなかなか自分を客観視できません。
    とかく、自分以外の誰かや仕組み(会社などあらゆる世の中の組織等)のせいにしてしまいたくなります。
    それも一部の真実でしょうから、自分から逃げやすい理由になります。
    その一部にしがみつきたい気持ち、相手の分を責めているうちは自分のことを見なくて済みます。

    相手の分を引き受けることはありません。
    出来ることは自分のことです。
    自分の分だけ引き受けていけばいいのです。
    どこまでが自分の分で、どこが相手の分だろうと考えることもいりません。
    相手を浮かべた時点で違う、と知ればいいのです。


    ヒントは、物事や事象を誰か(何か)のせいにしていないか・・・

    自分以外の人が今この瞬間でも頭に浮かんだなら、それは違うと知って欲しいです。
    自己投影していたり、代償行為をしていることに気がついてほしいです。
    自分自身の問題を自分自身のことと受け止めて向き合えるか、それだけなのです。

    親のせいにして生育環境のせいにして、そこで終わりじゃありません。
    親は親なりのチャイルドがいます。
    生育環境の全てに、何かそういうもの(人生脚本)があるのだろうと思います。

    それらも超えて、
    最後は癒し、許し、平安、幸せ、そんな世界にたどり着くのです。


    Iさんの記事は貴重な体験を見せてくださいました。
    心から感謝とお礼と
    「おめでとうございます」が言いたいです。




    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/02/06 16:46】 | 自律
    【タグ】 インナーチャイルド  人生脚本  
    トラックバック(0) |


    とくめい
    学生の頃 友人に怒られた。
    「あんたはそんなに可愛そうなの?別にそんなことないよねっ!?そんなの出されたら私はあんたと自由に楽しめないよ!」

    貧乏だった私は 可愛いグッズを持ってた友人に すごいね~と一言、言っただけだった。

    自分の 可愛そうモードは、些細な会話にも漏れて、沢山、人に感じさせ求めていた。

    友人のこの言葉に傷つき泣くのは、もともと、どっぷり「可愛そう」に浸っているからだ。

    人に面倒みてもらってた。

    今は、この切符で行けるとこまで行きます。
    また新しい気づきが出たら その切符で。
    各駅の旅で乗り継いでいきます。

    管理人のみ閲覧できます
    -



    とくめい
    よくわかります。

    最後が怖くて脚本に戻ること。(泣)

    ここのヒント、これまで無意識だったから意識してみます。

    ありがとうございました。



    管理人のみ閲覧できます
    -



    とくめい
    焦ったところで、
    やれて初めて解ること。 たどり着いた後に全部解るんです。
    途中はそうそう解りません。

    でも 解っている自分もいる。ちゃんといる。
    きっとみんなそうです。
    平和を選ぶ 浅い方ではなく 深い方を選ぶ、そのことが。

    そちらと仲良くするのが嫌なだけでしょう。

    心配されるのを受け取るのも嫌なだけでしょう

    それは ベストな状態。チャンスです。

    映画のフラワーズの女性が浮かびます。

    コメントを閉じる▲
    ご好評いただきました「まほろば講座」。
    ご要望いただいておりました大阪開催のご連絡です。


    場所は、宗恩寺。
    そう、お寺です。
    ご厚意により、無料で本堂を使わせていただくことになりました。
    ありがとうございます(m--m)。
    (ありがとうございます。)m(。。)m

    まほろば大阪「まほろば講座」ご案内(PDFファイル)
    ★「我が家を“まほろば”にする講座」-------------------------

    「まず自分を救おう、そして我が家を“まほろば”にしよう♪」

    ■日時 2011年3月26日(土)13:00~17:30(受付12:30~)(お昼を食べて、出来たら間に合ってね♪)


    ■会場 宗恩寺【大阪市天王寺区四天王寺1-5-49】

    soenji

    3月26日(土曜日)
    ■内容
    13:00-15:00 【講義】
    15:00-15:15  休憩(トイレタイム)
    15:15-15:45 【WS】聞き方3態
    15:45-17:30 【質疑応答】(気楽に手をあげてくださいね♪)
    ※追記;27日(日曜日)は、1時間早まりますので、ご注意ください。(27日は30名に達した場合開催する予定)

    【講義】(2時間)
    今の自分を知り、あるがままの自分になる過程を知る

    【WS:ワークショップ】(30分)
    聴くとはどういうことか。受け止めてもらうとはどういうことか。実感していただきます。また、無意識に傷つけていないか、なんでもないつもりで実は傷ついているとはどういうことか、お分かりになると思います。

    【質疑応答】(1時間45分)
    参加されている方全員が主役です。お互いの体験談を聴くことで、様々な気づきがあるでしょう。(尚、質疑応答の内容はプライバシーに関わりますので守秘義務が発生します。ご参加いただいた皆様の心の糧にしてください)
    (ワークでも講座でも個人のお話が出たら秘密厳守です。ご自分の気付きの心模様だけお書きになるのがいいと思います。)


    ■定員
    先着40名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)
    (起きたらメールがどしどしと・・・ありがとうございます。)

    ■対象
    ・幸せな家庭(まほろば)を築きたいと思っている方
    ・これから子育てに入るご夫婦
    ・家族、親族のことで何かヒントを得たい方
    ・夫婦、親子の関係に問題を感じている方
    ・子育てがしづらいと思っている方
    ・生きづらいと思っている方
    ・自分のことを知りたい方

    ■参加費
    4500円(振込み手数料はご負担願います)
    (交通費と人数で金額が変動しますので、ご理解くださいね。)
    ■場所
    大阪市天王寺区四天王寺1-5-49
    注)直接会場に問い合わせはしないでください。
    (直接会場に問い合わせはしないでください。)
    ■交通
    地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ケ丘駅


    ■申込方法
    氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレスをご記入の上、下記のアドレスにお申し込みください。振込み先をお知らせします。お振込み順に受け付けさせていただきます。
    また、講演や質疑応答にすべて盛り込めるかどうかわかりませんが、もしこういうところを聞きたいということがあれば、ご遠慮なくお書き下さい。

    ■申し込み先
    kouza@jiritusien.com
     中尾真智子宛
    (上記アドレスはロボットに自動採集されるのを防ぐために暗号化されています。携帯の方は、お手数ですが上記アドレスを手入力して下さい。)


    ※講義のみとか、WSから参加など参加の仕方は自由です(料金は変わりません)
    (お申し込み時に「途中参加」の旨お書きください)

    ※お申し込み後、ご事情により3/20までに参加を取り消される方があった場合は参加料を返金いたします。
    出来るだけ良心的にと思ったのですが、参加の意思が固い方がお申し込みされていること、また、申し込み締め切りに間に合わなかった方々への配慮として、料金はお返ししないことにいたしますので、ご了解ください。
    (よろしくお願いします。)

    ※託児所はありません。これを機に、自分を大事にする時間を作ってみられてはいかがでしょうか。
    ※飲み物等は各自ご用意ください。(水分大事です!)


    それでは、お申し込みをお待ちしております。

    会場でお会いしましょう!
    (会場でお会いしましょう!^^)


    1/29の「まほろば講座」の感想

    元記事(中尾英司ブログ)


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/02/02 10:39】 | 講座・講演
    【タグ】 まほろば講座  
    トラックバック(0) |


    アヨ
    真智子さんへ
    メールは届きましたでしょうか?昨夜、気付いたのですが迷惑メールが多いので、メールを指定受信にしています。もし送っていただいていたらごめんなさい。受け取れていません。私が送信したアドレスと同じでよいのでしょうか?受信出来る様に登録しますので、送信されるメールのアドレスをおしえて下さい。お手数ですが、よろしくお願いします。


    アヨ
    真智子さんへ
    昨日、あのアドレスを手入力でインターネットに繋げて、そこからメールしました。アレはメールアドレスなのかも?と、さっき気付いてメールしました。完全に勘違い&思い込んでました。不慣れなモノですみません。中尾さんにもよろしくお伝えください_(_^_)_



    真智子
    アヨさんへ
    昨日の方は全員の方にメールを送りましたので、届いてない場合は再度連絡くださいね。^^


    アヨ
    真智子さん、お返事ありがとうございます。てんぱってお二人共にコメントしてしまいました_(_^_)_先程、手入力したらメールフォームに辿り着きそこからメールしてみました。届いたかなぁ?ちょっぴり不安です(^-^;



    真智子
    アヨさん、ごめんなさいね。
    携帯はお手数ですが直接入力してください。


    アヨ
    こんにちは。中尾さんのトコから申し込み先にケータイでいけなかったです。どうしたらいいですか?参加したいです。

    コメントを閉じる▲