家族カウンセラーの想いつれづれ
    家を出た
    地域から出た
    職場を辞めた、などなど
    思い切ってハラッサーの巣から飛び出した方々。

    自由を手に入れた気分になるでしょう。

    が、喜びも束の間、ハラッサーに出会ってしまった・・・
    慣れた感じに襲われる・・・

    ハラスメント界から出たのに「なんで?」と情けない思いもわくことでしょう。


    なんで?

    これまでの人生脚本がまだ心身に刻まれているからです。

    幸せになっちゃいけないストーリー
    自分がOKであってはいけないストーリー
    駄目な方が馴染み深いのでそちらの方に思考が行ってしまう
    などなどなど・・・・・・



    ハラッサーはどこにでもいます。

    が、
    ハラッサーと出会っても、自分が揺るがないようになっていたら不必要に心は折れません。
    (簡単に書いていますが、これまでの癖が抜けるのに数年覚悟でしょうね。)

    ハラッサーに出会うと、挫けます。
    馴染み深い辛かったチャイルドが出てきます。

    IC
    「なんで私ばっかり・・・」
    「どうせ私なんか・・・」
    「やっぱり私は無理だ、駄目だ・・・」




    その辛かった心細いチャイルドを利用して出てくるこれまでの人生脚本が

    IP
    「そうだよお前だから・・・」
    「お前なんか駄目だったんだよ・・・」
    「これまでの時間は無駄(無理で駄目)だったんだよ・・・」

    と説得してきます。


    ハラスメント界はハラッサーかハラッシーの世界ですから、ハラッサーと関わっているうちに自分がハラッサーになっている場面すらあるかもしれません。
    上のICの部分はハラッシーで、説得しているIPの部分がハラッサーと据えてみてください。
    自分の中にハラッシーもハラッサーもいることがわかります。


    そこまではわかったよ、では実際どうすりゃいいのさ、となりますね。^^



    ヒントは

    誰かのせいにしていないか?
    物事のせいにしていないか?


    ハラッサーが相手だったとしても、関わりを持った相手とは循環が生じますから、自分の問題点が必ずあります。
    その部分に気付いてゆけたら次は違う対応が出来るでしょう。

    ただし、相手の思惑まで考えたり想像したら受け皿(ハラッシー)になっています。


    まずとっとと手放すのは自分以外のもの(人の思い、人への思い、物事への執着などなどなど)です。

    自分の思いはあじわう(向き合う、内省する、色々言い方がありますね)といいでしょう。
    味わい尽くしたら勝手に(自然に、おのずと)放れて(昇華して)ゆきます。


    どうせ・・・
    なんで私ばっかり・・・
    ○○のせいで・・・

    それらは、辛かったチャイルドのぼやきです。
    たくさん「よしよし」してあげたいですね。


    それをやるのは、今の大人の自律したいあなた自身です。

    そこに安全に寄り添うとしたら、契約関係を結んだカウンセラーだろうと思います。



    PS
    契約関係とは、時間とお金で成立したカウンセリング関係です。
    それがない関係はボランティアです。
    ボランティアで人の心に踏み込むくらい危険なことはありません。
    無償でも有償でもボランティア活動をされておられる方々は、日々の努力と自己研磨に相当費やされておられることと尊敬します。
    私がかつて所属していたボランティアグループは、研修も講座も守秘義務が厳しいのは基本中の基本ですが、ボランティアとしてただ(無料)で受け取ってしまったハラスメントを癒すことにも時間を十分に使ってくれました。
    無料でハラスメントを受け取る場面があり(多くは切実な相談です)、有料で研修(グループワーク等)を受ける、私にとっては厳しく真摯な修行場でした。



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2010/12/27 14:10】 | 人生脚本
    【タグ】 人生脚本  ハラッサー  ハラッシー  
    トラックバック(0) |

    そらさん
    中尾真智子
    > 前回、無意識に常に考えている事が、
    > 「(母は)大丈夫かな?ちゃんとやっているかな?困ってないかな?」だと気づき、
    > (ずっと母の母をやめようとしてきました)
    > 「母の母、まだやっているじゃないか!!」と思った瞬間、
    > ココロが熱く軽くなって反射的にコメントしました。
    >
    > でも、ここで抜けた何かは、「母を大好きな私」だったようで、
    > あの後暴れました。

    コメントの後に暴れちゃいましたか。ふふ。

    > 「悪くないもん!頑張ったもん!大好きだから頑張ったよ!悪い事してないよ!」と
    > 大泣きで私をぽかぽかと叩く10cmくらいのおちびちゃん・・・
    > そうだよね、大好きだよね・・・と
    > (今まで母は大嫌いと言っていました。好きだなんて気色悪かった)
    > すごく切なく、愛おしくなって、ずーっと抱っこしていました。

    脚本ちゃんをよしよししてあげている様子が感じとれます。悪くないもんね。頑張ったもんねえ。

    > 今は「母が大好きな私」と「母の望む通りにはしたくない(できない)私」が
    > 何の葛藤もなく一緒にいます。
    > 不思議。

    ここに来れたそらさんですから、不思議でもなんでもないですよん。^^
    >
    > > 感情は正も負も問わずいいも悪いもありませんから想像までならありだと思っています。
    > が、想像の段階で行動に移りそうな自分に気がつけたらハラッシーもハラッシーハラッサーもしないですみます。
    >
    > あぁ、そうだなぁーって思います。
    > 今、ここに出会えて本当に良かった。

    そういって頂けて嬉しいです。


    そら
    こんにちは、そらです。再度お邪魔します。

    前回、無意識に常に考えている事が、
    「(母は)大丈夫かな?ちゃんとやっているかな?困ってないかな?」だと気づき、
    (ずっと母の母をやめようとしてきました)
    「母の母、まだやっているじゃないか!!」と思った瞬間、
    ココロが熱く軽くなって反射的にコメントしました。

    でも、ここで抜けた何かは、「母を大好きな私」だったようで、
    あの後暴れました。

    (ここからは私のイメージですが)

    「悪くないもん!頑張ったもん!大好きだから頑張ったよ!悪い事してないよ!」と
    大泣きで私をぽかぽかと叩く10cmくらいのおちびちゃん・・・
    そうだよね、大好きだよね・・・と
    (今まで母は大嫌いと言っていました。好きだなんて気色悪かった)
    すごく切なく、愛おしくなって、ずーっと抱っこしていました。

    今は「母が大好きな私」と「母の望む通りにはしたくない(できない)私」が
    何の葛藤もなく一緒にいます。

    不思議。

    > 感情は正も負も問わずいいも悪いもありませんから想像までならありだと思っています。
    が、想像の段階で行動に移りそうな自分に気がつけたらハラッシーもハラッシーハラッサーもしないですみます。

    あぁ、そうだなぁーって思います。
    今、ここに出会えて本当に良かった。

    sally さんへ
    中尾真智子
    コメントがついたので、今更ですがSaiiyさんへ

    >簡潔に要点がまとめられていて、現在の私にとって道しるべとなる記事でした。

    読み返したら、言葉が足りないかも?と思いましたが、ほっとしました。

    >昨日から何度も読ませていただいています。
    ありがとうございます。

    こちらこそ、ありがとうございます♪

    そらさんへ
    中尾真智子
    > > ただし、相手の思惑まで考えたり想像したら受け皿(ハラッシー)になっています。
    >
    > ここで「あぁぁ!!」と衝撃を受け、何かが抜けたようです。

    何かが抜けたようで、良かったです♪

    感情は正も負も問わずいいも悪いもありませんから想像までならありだと思っています。が、想像の段階で行動に移りそうな自分に気がつけたらハラッシーもハラッシーハラッサーもしないですみます。

    >
    > とにかくお礼が言いたくて、
    > かなり前の記事ですが、お邪魔しました。
    >
    > ありがとうございます。
    > 他の記事も読んでみます。

    こちらこそ、ありがとうございます。^^


    そら
    はじめまして、そらと申します。

    母娘関係についてネットサーフィンしていたところ
    こちらにたどり着き、

    > ただし、相手の思惑まで考えたり想像したら受け皿(ハラッシー)になっています。

    ここで「あぁぁ!!」と衝撃を受け、何かが抜けたようです。

    とにかくお礼が言いたくて、
    かなり前の記事ですが、お邪魔しました。

    ありがとうございます。
    他の記事も読んでみます。


    sally
    簡潔に要点がまとめられていて、現在の私にとって道しるべとなる記事でした。

    昨日から何度も読ませていただいています。
    ありがとうございます。

    コメントを閉じる▲
    イヴの夜はテレビを見て過ごした。

    マイケル・ジャクソンはやっぱり素晴らしい。
    「ヒール・ザ・ワールド」が好きだなぁ。


    その後にたまたま回したチャンネルで、物まね上手な若者が、美空ひばりさんの映像と同じ衣装で歌っていた。
    いやはや、なんと素晴らしい!
    この歌にこの声でハーモニーが聴けるなんて奇跡だ。



    だんだん涙があふれてくる。


    愛燦燦


    はじめて聞いたのは、三日間微弱陣痛で自宅待機、陣痛促進剤を使い吸引分娩で、やっと娘が産まれた病院の個室だった。

    なにげなく見ていたテレビから聞こえた歌

    その詩に涙があふれてとまらなかったことを思い出した。



    雨も風もこの身に受けて

    わずかばかり(?)の運の悪さを恨んだりして・・・人は哀しいものですね
    思い通りにならない夢をなくしたりして・・・人はかよわいものですね
    心ひそかなうれし涙を流したりして・・・人はかわいいものですね

    それでも
    過去たちは優しくまつげに憩う
    未来たちは人待ち顔して微笑む
    人生って不思議で嬉しいものですね



    私の過去が懐かしげな涙となり、睫毛に憩い流れ、浄化されるように感じられた日
    産まれたわが子やたくさんの赤ちゃんが、未来の宝物に思えた日
    愛の粒子が燦燦と私に降り注ぐイメージに包まれた日


    とてつもない愛に包まれた気がした。



    その後、わが子が部屋に来た時には
    なんともいえない畏れを抱いた。

    畏怖と言うほうが近いだろうか。


    自分の内側の愛情は大きかった。
    とてつもなく大きいけどそれはエゴだ。
    私のお腹にいた私と繋がっていた愛しい小さな人。




    だめだ

    このままではだめだ

    愛されたがってた子どもの頃の自分をかさねてしまう

    この愛ではわが子を壊してしまう




    小さなベッドで眠るわが子を前に、ひたすら祈った




    この子は授かりもの

    私のものではない

    私に授けられた大切な命、魂

    私の小さな頃の思いを叶える人ではない

    間違えてはならない

    この子が生きる邪魔を私はしない

    神様
    私をお守りください

    神様
    私が間違えたら気付きをください

    神様・・・





    泣きながら泣きながら祈り続けた


    その命は神々しさを放っているように見えた



    大人はまるで子どもだった頃がなかったように振舞う
    多くの大人は子どもの心を忘れているんじゃないか
    あるいは、子どもみたいなわがままな大人もいる

    私は大丈夫?
    エゴに気付ける?

    自信はない。
    いいお手本は知らない。
    でも、誓おう。

    親のエゴ
    大人のエゴ
    自分の中に見つけられますように。
    ないわけはない。
    あるからこそ、今日気付いたのだから。


    わが子が生意気盛りになったときも
    外で失敗したときも
    だだをこねるときも
    哀しみを訴えるときも
    何かにおびえるときも
    私は子どもが安心出来る人でいたい
    ただ、それだけだ
    私が出来ることは愛することだけ

    よく覚えておきなさい
    驕ることなく魂に聴きなさい

    次々と沸き起こる想い(イメージでもある)を胸に手を組んで祈った日だった。












    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2010/12/25 09:33】 | 家族小景
    【タグ】 親の業  エゴ  チャイルド  愛燦々  子育て  出産    
    トラックバック(0) |


    WOLF
    なんの躊躇いもなく向けられる子供達の笑顔に、私の心は、日々浄化されていく。

    あなた達が、ここにいてくれる事にありがとう。


    みーちゃん
    私もその日、「愛燦燦」をお風呂でずっと
    うたいました。

    ひとはかわいい
    かわいいものですね

    「おかあさん」

    その言葉の
    やさしさとかなしみが沁みて

    シャワーの中で
    泣きました

    小椋桂さんの作る歌は
    優しくて好きです。

    真智子さん、
    わたし、
    歌がうたいたい。



    なんだか
    チヒロ
    読んでいたら、涙があふれてきました

    コメントを閉じる▲
    「我が家を“まほろば”にする講座」に沢山のお申し込みをいただきまして、ありがとうございました。

    60名募集のところ、70名で締め切らせて頂きました。
    沢山のご応募大変嬉しく思っております。

    これから冬至、クリスマス、年越し、とおおわらわですね。
    年賀状というしろものもありました・・・。

    あっという間に講座の日を迎えることになりそうです。

    1月29日(土)にお待ちしております。

    みな様にお会い出来るのを楽しみにしております。



    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2010/12/08 20:45】 | 講座・講演
    【タグ】 まほろば講座  
    トラックバック(0) |
    「我が家を“まほろば”にする講座」へのお申し込み、ありがとうございます。

    初日から次々メールをいただきました。
    10名以上の方は遠方からのお申し込みです。

    若干の余裕がありますことお知らせします。


    今のところ、全員の方に振込み口座を返信メールで送っております。
    もし、届いていないというかたは、ご連絡ください。


    追記:私のミスで、複数人でお申し込みいただいた方にお一人分の3500円のままメールを届けてしまった方がいらっしゃったことがわかりました。
    再度見直してみますが、複数人のお申し込みの場合は、3500円×人数分ですので、よろしくお願いいたします。

    ______________________________


    さて、ブログをはじめてみました。


    やはり、迷うのはタイトルとテンプレートでした。


    タイトルはいくつかありましたが、まほろばの講座を決めた時に自然に決まりました。
    決めていた素朴なテンプレートは、選びなおしてこの孔雀草に決めました。

    飾り気のない、いつも愉快な、いつも上機嫌な、そんな花言葉がありました。

    今の私の心情に一番近いように感じています。


    10年前に簡単なホームページを作った経験があるものの、すっかり色々なことを忘れていました。
    いくつかのブログをいじったこともあったのですが、便利になっているというか、複雑になっているというか、
    うーむ・・・使いこなせるのでしょうか^^;

    ネットで文字を書くのも久しぶりです。
    緊張するものですね。
    HN(ハンドルネーム)じゃない、というのも大きいかな。

    実名で書いてきた中尾英司、肝が据わってるなぁと相棒ながら(すっげー)と思ってしまいます。

    ぼちぼち書きたいことを書ける範囲で書いてゆきます。



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2010/12/05 09:54】 | 講座・講演
    【タグ】 まほろば講座  
    トラックバック(0) |


    もも
    花言葉いいですね(^∇^)いつも上機嫌♪私もそうありたいなあ

    ももさん
    中尾真智子
    > このお花は孔雀草というのですね(*^^*)カモミールかなと思ってました~

    カモミールは白いですね。カモミールも好きですが、孔雀草の花言葉に惹かれて決めました♪

    孔雀草なのですね♪
    もも
    このお花は孔雀草というのですね(*^^*)カモミールかなと思ってました~


    真智子
    暖かいコメントをありがとうございます。^^


    ゆうげん
    こんにちは(^。^)
    ブログ、楽しみにしています♪



    マミマミ
    楽しみです(^_^)v


    大地のぬくもり
    楽しみにしてま~す☆
    孔雀草のテンプレート素敵です
    花言葉もまた素敵ですね~☆

    コメントを閉じる▲
    中尾相談室の中尾真智子です。
    初投稿記事は、ご案内です。

    さて、
    中尾相談室主催にて下記の内容で講座を開催いたします。

    http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-2114.html
    より抜粋(赤字は私のつぶやき)


    ★ 「我が家を“まほろば”にする講座」 

    「まず自分を救おう、そして我が家を“まほろば”にしよう♪」

    ■日時 2011年1月29日(土)12:30~17:30(受付12時~)(お昼は食べてきてね。)
    ■会場 グリーンパレス2階(高砂+羽衣)【江戸川区】(結構素敵です♪)

    ■内容
    12:30-14:45 【講義】講師:中尾英司
    14:45-15:00  休憩 (トイレタイム)
    15:00-15:30 【WS】聞き方3態
    15:30-17:45 【質疑応答】(ここはせっかくだから手をあげよう!)

    【講義】(2時間15分)
    今回は、さまざまなご家族を支援してきた経験および私たち夫婦の経験を基に、個人が自分を取り戻していくプロセス、ならびに家族再生のプロセスをお話したいと思っております。
    陥りやすい罠、誰もが体験する行きつ戻りつ、何人かいるチャイルド、何層にも積み重なっている感情の出てくる順番など、経験から得たことをわかりやすくお話できればと思います。

    【WS:ワークショップ】(30分)
    聴くとはどういうことか。受け止めてもらうとはどういうことか。実感していただきます。また、無意識に傷つけていないか、なんでもないつもりで実は傷ついているとはどういうことか、お分かりになると思います。

    【質疑応答】(2時間15分)
    時間をたっぷり取りました。中尾英司&中尾真智子の2名で、時間の限りお答えさせていただきます。
    (尚、質疑応答の内容はプライバシーに関わりますので守秘義務が発生します。ご参加いただいた皆様の心の糧にしてください。ブログ等への記載はしないようにお願いいたします)
    (ワークでも講座でも個人のお話が出たら秘密厳守です。ご自分の気付きの心模様だけお書きになるのがいいと思います。)

    ■定員
    先着60名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)
    (起きたらメールがどしどしと・・・ありがとうございます。)

    ■対象
    ・幸せな家庭(まほろば)を築きたいと思っている方
    ・これから子育てに入るご夫婦
    ・家族、親族のことで何かヒントを得たい方
    ・夫婦、親子の関係に問題を感じている方
    ・子育てがしづらいと思っている方
    ・生きづらいと思っている方  
    (老若男女、独身既婚問いません、みんなOKです^^)

    ■参加費
    お一人3500円(振込み手数料はご負担願います)

    ■場所
    東京都江戸川区松島1-38-1
    注)直接会場に問い合わせはしないでください。
    (注)直接会場に問い合わせはしないでくださいね。)

    ■交通
    JR新小岩駅(南口)よりバス5分(*)+徒歩3分
    *都営バス(新小22)葛西駅行き、または(新小21)西葛西駅行き
     →江戸川区役所前にて下車(200円)

    ■申込方法
    氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレスをご記入の上、下記のアドレスにお申し込みください。振込み先をお知らせします。お振込み順に受け付けさせていただきます。
    また、講演や質疑応答にすべて盛り込めるかどうかわかりませんが、もしこういうところを聞きたいということがあれば、ご遠慮なくお書き下さい。

    ■申し込み先(申し込み用メールアドレス)
     nakaosodansitu@gmail.com
    中尾真智子宛

    ※講義のみとか、WSから参加など参加の仕方は自由です(料金は変わりません)
    ※託児所はありません。これを機に、自分を大事にする時間を作ってみられてはいかがでしょうか。
    ※飲み物等は各自ご用意ください。

    →グリーンパレス1Fにはレストランカフェもあります。


    それでは、お申し込みをお待ちしております。
    (数名の方が遠方からはるばるとありがとうございます。)

    会場でお会いしましょう!
    (会場でお会いしましょう!)



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2010/12/01 22:00】 | 講座・講演
    【タグ】 まほろば講座  
    トラックバック(0) |