家族カウンセラーの想いつれづれ
    ツィッター の記事一覧

      

    私がツィッターを始めたのは、ツイログというものに登録してみたら2011/3/12と判明しました。
    ツィッターのツも興味がなかったのに?と、今更びっくりしていますが、それだけ危機感があったのだと思います。

    とにかく情報が速かったー。
    テレビではやらない情報ばかりでした。
    気になったものをまとめて1日に1回、相方にメールをしてましたっけ。

    あんな事故があったのだから、原発はまもなく廃止になると思って、そうなったらツィッターを止めるつもりでいました。

    が、そうはなりませんでした。


    兼業(カウンセラー)主婦に慣れてきて、ブログをはじめてみようと思ったのが2010年12月です。ブログをはじめて3ヶ月で震災が起こりました。

    数日様子を見ていましたが、電話相談を受け始めました。
    いろんなチャイルドが、相談者さんの中から飛び出した!という感じを受けました。

    3.11以降、私がブログで書く記事は、カテゴリを見ても一目瞭然ですが、震災を抜きには書けないことが多かったです。


    2011年の12月に、終息宣言を機会にですが、ひとつのことを決めました。
    ツィッターについて に書いていますが、それから1年経っても継続中です。

    フォローいただく方をフォローする以外は、自分が情報が欲しいと思った人を勝手にフォローしたり、応援したい人を勝手に応援しています。
    (勝手で悪いねえ)と思うくらい、見返りを期待しないし、期待されません。
    自由だから面白いんですよね~。



    今年は北海道電力泊原発の3号機が、5月5日のこどもの日に定期検査入りして停止、日本中の原子力発電所が停止しました。
    このまま、脱原発かと思いきや、夏に大飯原発が再稼動しちゃいましたね。
    いてもたってもいられずに、仕事を切り上げて デモ に行った気持ちが忘れられません。

    あの日は官邸だけじゃなく、3.11からのいろいろ に書いたように、現場でもデモがありました。哀しみでいっぱいになった日でした。

    その後、毎週金曜日の官邸デモが、日本中に拡がっています。
    官邸前での賑わいが少なくなったと、ニュースで流れたそうですが、それぞれの地域でデモがあります。
    反TPPデモ、脱原発デモ、と住み分けも起こっているようです。私は、この二つは切り離せないと思っています。



    ツィッターでは、覚え切れない情報が流れてゆきます。
    流してゆくこと、ピックアップすること、を自分で選びます。自分の好みのものだけ選んで偏ってるかもしれないので、そうじゃない方も見てみます。
    主体は自分です。軸を自分に置き続ける限り、迷いは起こりません。争いも起こりません。
    たまにぶれると、体感でわかるので、鏡の作用もあるようです。


    と、まぁ、ツィッターでの脱原発が日常化している、じゃないか、脱原発が日常化しているのが先ですね。
    おかげで放射能汚染地図(早川マップ)を手に入れることも出来ました。知ることが足りていませんが、知る手段、情報を手に入れる手段。困った時につぶやいてみたら、助けてもらった感謝とかね。
    二度目のお散歩デモで楽しい出来事もありました。
    「11.11 さようなら原発1000万人アクション」






    さて、
    昨日は、ドキュメンタリー映画「主権在民 ~フクシマから東海村へ」(西山正啓監督)を見て、武藤類子さんの講演を聴いてきました。東海村JCO臨界事故と福島原発事故 と言葉になりません。
    映画で見た内容は、ツィッターから知りえたことが大半ではありましたが、ネットをやらないお年寄りがたくさん参加されていたことは良かったと思います。
    武藤類子さんをご存知じゃない方は、「ハイロアクション福島」・武藤類子さんのスピーチ(書き起こし)を見ていただいたら、彼女のひととなりを感じることと思います。

    そんな中、山本太郎さんが出馬したというではありませんか。

    わくわくしましたねえ。
    彼の狙いはなんでしょう。
    楽しいですね。

    どこかの党に属したら、言いたいことが言えない。
    彼が党首なら、言いたいことを言えて、全部の責任が自分で取れるのです。気持ちいいなー。
    彼は、国民投票のメンバーから外れて、一時は、それまでの仲間から非難を浴びた経緯もありましたが、今は彼の出馬を応援しているのを見かけました。人は、変われる。何度でも変われる。
    変わったっていいんだもん。
    晴れ晴れした気持ちが、沸き起こりました。



    選挙のこともつぶやいていますから、今日は【公職選挙法】をざっくり読みました。しかしネットのことは書いていません。
    探していたらブログを見つけました。著作権を書かれているので引用できませんが、どうやら【文書図画】と据えられるようです。




    今回の選挙で、脱原発と反TPPと消費税が争点のようですね。テレビでもやっていました。それに合わせて、選挙公約なども変わったりする党があるとかないとか。ここは、ころころ変わっては困ります。
    3.11以降、ずっと私の思いはひとつの方向です。福島の事故を言わない政党は信用しません。脱原発を言わない政党は信用しません。
    今回は、党の名前が変わったり、無くなったり、ぎりぎりまで何があるかわからないと思って見ています。
    応援していた党が仕事していたら消えてましたから。(党の名前なんぞいくら変わっても良いです。笑)


    余談ですが、母に電話をしたら、
    「そうだね。こっちでデモもやってるしね。」ですって。
    母は年代的に、自民党で育ってるかと、これだけ党が増えたら大丈夫かと思ったけれど、ちゃんと考えているようです。

    そんなこんなありますが、昨日見た映画のタイトル【主権在民】の通り、皆さん、選挙行きましょうね。
    自分の目で、耳で確認して、自分の意志で投票するのです。


    どんな結果でも、私は諦めないで同じことを続けてゆく。1対1で繋がり離れしながら、出会ったときに持ち寄ったものを宝物にしてね。
    (^^)v




    ★★大切な追記★★

    『楢葉のおとうさん、松本喜一さんのこと』
    読んで涙が滲んできました。笑顔がすてきです。

    この方が、福島第5区から日本未来の党の公認を受けて出馬しました。
    双葉郡楢葉町の「おとうさん」こと、松本喜一さんです。

    以下サイトより抜粋

    楢葉町町議をつとめながら原発事故被災者を支援し続ける本当に立派な方です。
    ご本人も原発事故被災者です。

    原発立地自治体から、被災者の声を背に受けて、脱原発を主張しています。

    松本喜一さんの経歴・プロフィール


    追記を閉じる▲
    web拍手 by FC2

    【2012/12/02 20:53】 | ツィッター
    トラックバック(0) |
    いよいよ今年もあとわずかとなってきましたね。

    昨日は、大家さんから沢山のゆずを頂いて、久しぶりにゆっくり映画を見ながらマーマレードを作りました。
    ペクチンを取り出し、皮を刻み何度か湯でこぼして苦味を取って、やっとマーマレードとして煮始めたらあっというまに寝る時間。

    今朝もストーブの上でことこと煮ています。
    大鍋ですから、とっておいたジャムのビンが足りないかな。
    でも、いい香りです。
    それはさておき、コメントやメールフォームからありがとうございます。
    お返事を出来ませんが、興味深く読ませていただいています。
    コメントされた方の今の課題を表していたり、心情の変化を見せてくれたり、色々な要素を感じます。
    インナーチャイルドが見える時は抱きしめちゃってます。(想像で)
    せっかく共有出来る場ですから、ずいぶん前に鍵コメントを外しました。

    記事は、たまに必要で読み直す時、表現が違うかなと訂正することをしています。
    が、言いたいことの趣旨が伝わるために、あえて使った表現などはあります。



    ところで、お気づきの方がいらっしゃるかと思いますが、ツィッターを貼り付けました。

    3.11の時、大震災で停電になり、テレビも見れない状況のなか、携帯の電池を頼りに流しあったツィッターで情報交換して役に立ったことは有名です。
    私も、知り合いがやっていてこちらに情報をもらえて、今だけ限定、とツィッターを始めていました。
    が、こちらで流す情報を持ち合わせていないので、もっぱら情報をいただくばかりでした。

    実はいまだに使い方をマスターしてません。
    RTはほぼ同感という時に使っていますが、それでいいとツィッター仲間さんに教えてもらいました。
    色々な記事のニュースソースはほぼツィッターからでした。
    脱原発、発送電の分離(全買取でもよい)、再生省エネルギーというみっつの願いを持っています。

    フォローだのフォロワーだの、いまひとつわかってなくて、フォローしてみたら変なお誘いがやたら来てブロックしたり、今も慎重です。
    フォロワーさんが多ければ拡散も広がるのでしょうけれど、自分の手に余る数を呼び込む気持ちにはなれません。
    自然と繋がればそれでいいと思っていました。


    が、先日「収束宣言」を総理大臣がしました。
    これには、たまげて涙が溢れて止まりませんでした。
    収束の意味を辞書で調べてしまいました。
    今、まだ多くの人が避難民として生活している状況、避難したくても区域じゃないからお金が出ないから我慢して住んでいる人々。
    妊婦、子ども、これから子どもを作る若者を守ろうという姿勢ではないことが明確に語られたように思います。

    福島の復興なくして日本の復興はない、でしたか・・・。

    復興ってなに?
    放射能の瓦礫を国中に撒き散らして、燃やして、空気に混ぜて土に混ぜて、全国で分かち合えってこと?
    霞ヶ関の人々が全員官僚ともども、原発で避難区域じゃないために避難出来ずにいる地域に引っ越したら?
    いやいや、福島原発を収束どころか終息させるべく第一線に出たら?

    と、ぶつぶつ意地悪な独り言もつぶやきたくなります。


    今回の津波でやられたところは、いつかまた被害にあうことは歴史が証明しています。
    瓦礫で森作りを、採用して津波対策をしたらいいのに、と思うのに、国は気がついてないのかな。
    そんなわけないと思います。



    日本の技術は素晴らしい(再エネルギー)で紹介されている技術を採用したら、と願っていましたが、ユーチューブの再生数も少なく残念です。
    ぜひ多くの人に感心を持ってほしいなあと思います。

    世の中は、何事もなかったかのように動き、お店には沢山の食材が並び、困ったことなんかないように写ります。
    が、ツィッターやネットでの脱原発の声は継続中です。
    継続することが大事です。
    原発を作るのには、地域を安全ですと騙して、若者の仕事(原発関連)が出来て過疎化が防げると町を喜ばせ、莫大なお金を与えれば出来ました。
    それも、最近わかったことですが、反対勢力に対抗出来る数をやらせ要員を準備してまで強行に「賛成」にしてまで運転したのです。
    もう、原発に関して賛成の姿勢をとる企業は信用出来ません。


    そして収束宣言がされました。
    次の朝には、水漏れ事故です。
    昨日も何かありましたね。

    こんな状況で、情報を共有出来る環境(ネット、携帯など)を持ち合わせている自分が出来ることはなんだろう。
    意識の継続は当たり前のことだけど、声を出し続けることだと思います。

    声に出したくても出せない環境の人がたくさんいることも、ツィッターという匿名性で表明してくれる人々もいるとわかりました。
    実名で声をだすことは、本当に勇気がいることですが、それをしている人々も随分見かけます。

    私は、こんな大きな原発事故が起こったのだから、地震も多い、活火山も多い日本では廃炉に向かうしかないと思っていました。
    それまで見させていただこうと、ツィッターにひっそり参加していました。
    皆さんの積極的な意見に賛同した時にリツィート(RT)するくらいでした。

    が、なかなか原発に「お疲れ様」って言って上げられない状況が続いています。
    そこで日常「プラスα」の発信で、地球にやさしいエネルギーが拡散されまいかと思い至りました。


    国民性で素晴らしいと思うのは、たとえばデモです。
    毎月11日には、全国的にデモが開催されます。
    主催者の配慮でしょうか、家族単位だったり、幼子連れで歩いたり、無理のない参加が出来る様子が伺えます。
    通りすがりで仕事の途中歩くだけの参加もありでしょう。
    デートの途中で参加してもいいでしょう。

    私がツィッターでも心がけていることは、日常と変わりません。
    戦う相手を間違えないことだと思っています。
    賛成、反対、その他人それぞれでしょう。
    そこで戦っても何も解決しません。
    私の中の戦いです。
    まず、実名で書いているブログに繋げることは普通に怖いですよ。
    生活圏全てのことですから、自分の生活の中の100を占めているけど100意識していたら生活が出来ません。
    継続するためには、ある程度の許容をしなくては生活出来ません。
    そこには、覚悟もいるわけです。
    矛盾との戦いが不意に沸き起こります。
    その怒りや哀しみの衝動と向き合って味わいつくします。
    これらを放置してきた知らなかった自分の罪深さを嘆きます。
    それでも、笑い楽しみ生きています。
    結局、自分との戦いです。

    私のツィッターの基準は単純です。
    ほしい情報を流している方や自分の興味のある情報を流している人をフォローする
    フォローして下さる方に「脱原発」姿勢があれば、フォローする
    それだけです。

    カウンセリングは契約をした人としかしませんが、生きる姿勢としてツィッターとブログと繋がることを決めました。
    そして、昨日、ツィッターも実名にしてみました。

    日本の子どもたちを、未来の子どもたちを守れるのは、今の私たちです。
    映画のネタにありましたが、一人1円募金したら1億は軽く超えるのです。
    一人の声が大事だと痛感しています。
    記事に賛同いただけたら、どうぞ@nakamachi07をフォローしてください。
    私から何も見返りがありません。
    お互いにネットでトラブルに巻き込まれても助けられません。
    意見の違いの議論は関わらないことだと思っています。(言いたい気持ちが沸き起こっても)
    ましてやトラブルに巻き込まれる気持ちはさらさらありません。(気持ちは動いても)
    ただ、脱原発、再生省エネルギーを願う仲間として繋がりたいと思います。
    自分を引き受ける覚悟がある方のフォローはありがたくフォローさせていただきます。

    フォロワーの数が多いからいいと思っていません。
    フォローフォロワー、どちらも大事に丁寧に繋がりたい、ここに来てまだそう思います。
    それをとっぱらっても今は大きく繋がるべきか?という衝動も沸きますが、やっぱり自分に無理しないことを大事にしたいのです。


    追記を閉じる▲
    web拍手 by FC2

    【2011/12/19 11:31】 | ツィッター
    トラックバック(0) |

    この記事にコメントをありがとうございます
    真智子
    夢じゃないですよー。
    テレビでもだんだん脱原発っぽさを出しているようですものね。
    ツィッターやネットでの影響が大きいようです。

    思いを声に出すか出さないか、それは天と地の差があると思います。
    チャイルドの気持ちを声に出すと、自分の耳から内側に入ってきます。

    「でもそんな私でもいい。
    どんな状態の私でもありだから。」

    どんな自分も認め受け入れることから始まりますものね。
    誰かに認められようとしないで自分が認めたことが声にしたと同じ作用になるのではないかな。

    お互い楽しく修練していきましょうね♪

    東海村の
    pao
    村長さんでしたか、が原発を誘致している自治体に払われるお金を受け取らないって宣言したと最近ニュースか何かで見ました。
    原発もやめるって。
    今回の震災で福島と同じに原子炉は壊れて、たまたま大事にならなかっただけだからって。
    嬉しいですね。
    (確かテレビで見た気がするんですけど夢だったらごめんなさい)

    ツイッターをやったことがないのでどんな仕組みになっているのか良くわからないけれど、真智子さんは勇気を出したんですね。
    恐怖を持ちながら自分の意志がおもむく方へ進んでいくのだから心は安らかになりますね。
    原発のことを含めて、本当に色々なことを自由に話せる世の中になるといいです。
    (私は考え無しに話してしまうところがあるのですが、最近は気をつけるようになりました。)

    コメントに返事があると嬉しいし、コメントすると返事があるかなって正直期待して、無いとがっかりしたりもします(正直に書いたけれど気にしないでください)。
    でもそんな私でもいい。
    どんな状態の私でもありだから。
    そうすると恐怖の中、自分の意志で行動することが出来るようになってきて世界が信頼できる気がします。

    コメントを閉じる▲