FC2ブログ
    家族カウンセラーの想いつれづれ
    私は
    大学と卒業後の講義で
    「守秘」と「倫理」について厳しく教えられたので
    事例を扱うことにはとても慎重で
    それは当たり前の真ん中。
    現場を知りたがり
    事例を知りたがる学生は多かったが
    自分が何度でも研修対象になることこそが
    『現場』そのものだと、今振り返って思う。




    先日
    家族の研修に参加したが
    トイレから戻ると隣の受講生は杉渓先生。

    93歳になられる名誉教授のお立場でも
    謙虚な姿勢に感銘を受けました。

    私もそうありたい
    謙虚さをずっと持ち続けたいと思っています。





    その後ロールプレイになり
    杉渓先生が私の父親役でした。

    父親を知らない私にとって
    かけがえのない経験をさせていただきました。

    信頼している先生だから
    安心して私の禁忌の部分を開くことが出来たなと
    ここから私の世界の掘り下げが更に始まりました。





    その時の事例については
    話を作り替えられているとはいえ
    守秘があるので言えませんが
    子どもって
    本当に
    お父さんとお母さんの心配をして
    特にお母さんの顔色を伺いながら無意識に支えていること
    二人が仲良くしてくれることが
    一番の幸せで安心だということを実感しました。





    誰にもある承認欲求を満たされないまま
    子どもの成功を
    自分の手柄と勘違いする母親の気持ちも少しわかる気がしました。

    夫婦が良い夫婦連合を築いて
    おたがいに
    感謝の関係を作れたらもっと違うだろうにと思います。

    子にたいする責任は同じですが
    母を思う子の傷ましさは父親を上回ります。





    例外なく誰もに言えることですが
    油断するとすぐに脳内親は発動します。

    そして無意識に脚本が走り出します。

    近しい人と脚本vs脚本のバトルをします。

    それに気がついても
    代理親をやり込めたい脚本がいますから
    そこから降りるのは指南の技でしょう。

    その話題を中断すること
    その場を離れることを
    恐れないでください。

    頭を冷やしたら
    ごめんなさいを言う勇気を持ってください。



    (写真:夫婦岩)
    IMG_1056.jpg



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2015/04/20 07:26】 | 言の葉
    【タグ】 脳内親  代理親  人生脚本  承認欲求  夫婦連合  守秘  倫理  事例    
    トラックバック(0) |
    ★代理親ーA子さん夫婦の事例(許可を得ています)-------------

    A子さん夫婦がケーキを食べ終えて、一個余ったのでA夫さんが譲ってくれました。

    「わーい!明日が楽しみ〜。」
    冷蔵庫に入れて、翌日のおやつに食べようとしたらありません。
    (あれ?もしかして食べたっけ?おかしいなぁ。)

    狐につままれた気分で過ごし、A夫さんが仕事から帰って来ました。





    A子「ねぇ。私のケーキが無くなったの。」

    A夫「ああ、仕事していたら小腹が空いたから夜中に食べちゃった。」

    A子「どうして!?私が楽しみにしてたの知ってるでしょう?」

    A夫「ごめん、ごめん。」

    A子「信じられない!どうして?」

    A夫「いや、ちょっとお腹が空いたから。そっこまで君が食べたかったなんて知らなかったよ。」

    A子「嬉しそうにラップして仕舞ったの見てたでしょう?」

    A夫「ごめん!明日買って来るからね。」

    A子「もういい!昨日のケーキが食べたかったの!」





    A子さんは、どんなに謝られても、自分が大事にされていないようで哀しくて許せません。
    A夫さんが買ってくれるというのも断りました。
    A夫さんは、ただただ謝るしかありませんでした。


    実際は、いつもA夫さんは譲ってくれますが、A子さんは、このケーキ事件で「大事にしてくれない夫」というレッテルを貼り、脚本人生を歩く切符を手に入れました。

    この時、哀しんでいる姿は夫を代理母親にした脚本ちゃんの姿。

    母親に大事にされなかった「怒り」と「悲しみ」を代理母親(夫)にぶつけているわ けです。(代償行為) 。



    A夫さんも、無意識にゲームを仕掛けていました。

    子ども時代に父親におやつを食べられた経験があるA夫さんにとって、それをするのはどういう気持ちなのか、それをされたらどうなるのか―その謎解きのゲームでした。

    同時に、その自分を大事にしてくれなかった母親の謎を解くゲームでもありま した。加えておかあさんに甘えたい思いもあったのでしょう。



    こんな小さな出来事でさえ、互いの脚本ちゃんは相手を代理親にしてゲームを仕掛けているのです。

    夫婦喧嘩は脚本VS脚本のバトルだと言っても過言ではないかもしれません。

    代理親にしている間は、夫婦連合は築けませんので、まずは、境界線を意識して下さい。





    子育ての愛に混じり気ないですか
    心のコップがいっぱいの親御さん
    どっち見てますか
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    ハラッサーとハラッシーのいたちごっこ
    いたちごっこから降りる
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2015/02/11 11:29】 | 人生脚本
    【タグ】 人生脚本  無意識  怒り  脳内親  心理ゲーム  夫婦連合  境界線  
    トラックバック(0) |

    yuiさん
    中尾真智子
    > 夫婦に限らず、このゲームって普段してることに気づきました。

    この例はたまたまご夫婦でしたが、違う立場でもありますね。

    > 何気ない日常のようですが、脚本VS脚本なんだ!
    > って、目からウロコです。

    脚本VS脚本は、女性同士でも起こりますよ〜。

    > 頭では分かっているつもりでも後で読み返すと大きな気づきあるものですね。

    ありがとうございます。

    > まずは境界線!
    > 意識します。

    はーい。応援しています。^^

    こんばんは。
    yui
    真智子さん、こんばんは。

    こちらの記事をふと読み返してみました。

    夫婦の記事なので、始めて読んだときは、私には関係無いなぁ。と思っていたのですが、夫婦に限らず、このゲームって普段してることに気づきました。
    何気ない日常のようですが、脚本VS脚本なんだ!
    って、目からウロコです。
    つきあってる彼氏との間でよくあることでした。

    決して大げさに表現してないんですよ。
    頭では分かっているつもりでも後で読み返すと大きな気づきあるものですね。

    代理親…
    そうだよな。レッテル貼り
    してるな。って気づきます。

    まずは境界線!
    意識します。

    コメントを閉じる▲
    まほろば講座、無事に終わりました。

    70名参加のうち、2名の方が急病で欠席の連絡がありました。
    キャンセル待ちでお申し込みいただいた方もいらしたのですが、携帯で連絡が取れる方3名にはお電話させていただきました。

    当日の連絡なしの欠席が4名いらっしゃいましてワークショップからの参加かも、質疑応答からの参加かも、とずっとお待ちしておりました。
    が、残念ながらお見えになりませんでした。
    IPに邪魔されてしまったかな・・・。むむ・・・。

    夜に
    「30日と思っていました。残念です。」というメールをいただいた方もいらっしゃいました。
    次の機会にお会い出来ることを楽しみにしております。


    12時半からの予定でしたが、20数名が遅れていたので、その時間をちょっと面白いゲームに参加していただきました。緊張がほぐれるのに効果があったのではないでしょうか。^^
    ほぼそろったところで、13時から講座が始まりました。
    準備の入念さも、講座の内容も、中尾相談室として密度の高いものになっていたと思います。
    皆様、時に笑いも起こりながらも、真剣に「今」という時間を大事に過ごされていることを感じました。



    「聞き方三態」は、感想を聞いてみると、色々違って面白かったです。
    人数が奇数だったので私も参加しました。
    このワークはあちこちで体験してきたので気楽に参加したのですが、横を向いて無表情で聞いた時、向き合って無表情で聞いた時、落ち着きません。
    やはりちゃんと会話出来たほうが全然気持ちがいいですね。

    反対に話す立場になり、横向きの相手には途中で話す気が失せてしまいました。前を向いても無表情の方を前に、やはり話す気が失せて、たった2分が話せないのでした。
    向き合って話したときは「ストップ」がかかっても話したりない気持ちでした。

    ほんの短いワークですが、色々見えるところもあります。
    どの聞き方、話し方が楽だったか、感想を聞いてみて、これも家族関係でで形成された日常が反映されているのかもしれませんね。



    30分遅れの分、「質疑応答」が短くなってしまいましたが、皆さんの声も反映させながら、私たちも応えてゆく形式で進めてまいりました。

    事例は守秘が生じますので、皆様お一人お一人の糧にしてお持ち帰りいただけたと思います。
    私も、皆様と共有出来た時間を糧に、これからも過ごしてまいります。


    最後に私が質問に手身近に答えた部分は私のことなので更に書いてみます。

    夫婦で仲良く棚卸しは出来ません。
    絶対出来ないかというと、それはわかりません。
    その人たちの覚悟と愛と懐の深さで出来るご夫婦や家族もあろうかと思いますが、私はまだその人々を知りません。
    私で言えば、ほぼ10年前に配偶者の実家からの電話に出れなくなりました。
    姑の息子への思いがとても深く、私に干渉されているようで重く苦しくなってしまったのです。
    夏に冬に夫の両親に会うのですが、私自身の実家には5年に一度か忌引きの時に帰ることの不満がありました。それも「北海道はお金がかかるから」と自分に言い聞かせて我慢していたのでした。
    当然のように、毎年「今年はいつ来るの?」と言ってくる電話に耐えられなくなり、丁度部活で忙しくなったわが子を理由に行かなくなりました。
    電話をうっかり取ったらすぐに夫に渡しました。
    薄情かもしれませんが、もう私のコップは色々な理由でいっぱいいっぱいだったのです。
    自らを悪妻を名乗ることで気が楽になりました。
    思えば、自ら勝手に長男の嫁と言われることに縛られていたのです。

    夫が仕事を辞めて家で書き物を始めた時は、家にいることが辛くて、放送大学は通信で出来る時間もあるのですが、わざわざ視聴覚室や図書室で勉強していました。
    それでも足りず、パートに出ました。
    家にずっと夫がいるなんて耐えられない・・・熟年離婚ってわかるなぁ・・・と思いました。
    お一人様というドラマがあったそうですが、もっと前にお一人様をやっていました。
    ドリンクバーの店で試験勉強、ネットカフェ、カラオケ(カラオケで個室を自由に使っていました)、ひたすら歩くなどで棚卸しの時間。
    大黒柱が無収入になった家計で教育費もばかにならない今後を見越すと、安く一人になれる場所を選んでいました。

    自分の問題に気付いてしまったからには、逃げ切れません。
    誰かのせいにして逃げているうちは、ずっともやもやとすっきりしないのです。
    ほぼ、夫のせいだと思っていた夫婦関係の下地に自分の生い立ちの影響があると気付いたからには、そこを掘り返さなくてはなりません。
    私自身は、悔いなく親から自立して18歳で盆暮れにも帰らず一人の部屋で過ごしたはずです。
    しかし、盆暮れにも帰らないあたりがおかしいといえばおかしいですよね。徒歩で行ける距離のアパートなのに、ほとんと足を運びませんでした。
    なぜなら、私はもう実家に頼られたくないと強く思っていたのです。
    高校まで出してもらって感謝はしているけれど、束縛された子ども時代や思春期はもう帰ってこない、その無念をこれからも過ごす気はない、私は私の人生を歩く!と勝手に決意していました。

    なのに、ここへ来てまた親子の問題に取り組むほどのことはない、私は悔いなく過ごしてきた、と思いましたが、実は泣きたかった私、頑張りすぎていた私、怒りたかった私がいっぱいいました。
    常に母や義父やきょうだいを気遣う癖がついていました。
    こんなに我慢して過ごしてその不満を「仕方なかったんだもん。平気だよ。」と押し込めていたことに気がつきました。
    これらの思いは、誰かに向けて石つぶてとなって向かったこともあったでしょう。
    特に夫はお互い様とはいえ、私が一番苦しめた相手です。
    子どもには寛容に思われてきた私も、夫婦喧嘩を見せることで哀しい思いをさせた共犯者です。
    夫婦喧嘩を見せたら仲直りも知らせないと子どもは不安です。
    いつ勃発するかわからない夫婦喧嘩の原因が子育ての方針の違いだった日には、自分の存在がいけないんだ、と思いかねません。
    子どもの立場になってみたら、いつ戦争が勃発するかわからない夫婦、いつ仲直りしたのかわからない夫婦(仲直りなんか大抵してません。自分自身で折り合いつけて妥協して普通に過ごしているだけの夫婦です。)、子どもにとって一番辛いのは、「意味不明」なことではないかと思います。

    心理学ではフロイトから始まり、色々なスキルや理論を学びました。が、家族カウンセリング協会で「夫婦連合」を学び、「世代間境界」の必要を学び、自分自身でそこを変えてゆくことにまい進する日々でした。
    「夫婦連合」にたどり着くには、私自身の自律が必要です。
    はじまっていた旅とはいえ、更に孤独と向き合うことになりました。
    一人でやるのですが、実際一人では難しい。
    自分が一番自分を知っているようで、無意識な自分からは一番遠いかもしれません。
    周りからは見えても、自分は無意識だからわからない部分です。ここは鏡が必要でした。
    私は、カウンセリング協会のロールプレイ研修で、先生がたと仲間に支えられながら更に奥深く自分の中に入ってゆきました。この微妙な心のひだに入れるのは私しかいないし、それを安心出来る安全な場所で見守ってくれる先生と仲間の皆さんに今も感謝でいっぱいです。
    毎日が棚卸しの継続で、月に一回以上は研修に通い、何かを得ては日常で自分と向き合う日々でした。

    夫婦でお互いにカウンセリングが出来るようになるには、それぞれの熟練が必要ですから、私はまだまだその域にはいませんでした。彼を夫の部分とカウンセラーの部分を切り分けて見られない限りは無理ですし、彼も自分の役割を切り分けられなければ出来ません。
    そうこうして、お互いにそれぞれに自分と向き合って過ごしているうちに、憎しと思っていたはずの彼が、「受け止めてくれていた私自身の過去の因縁」に気付き、感謝までするに至ったのです。

    傷つける人がいるかもしれませんし、私自身も傷つきたくないので、書かない部分はたくさんあります。また、書ききれるものでもありませんので、簡単に(長いですが)書いてみました。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2011/01/30 11:25】 | 育児(育自)
    【タグ】 まほろば講座  夫婦連合  世代間境界  
    トラックバック(0) |

    ありがとうございます
    まゆみ
    自分がパートナーとやっていけるのかどうか、いろいろ考えてきましたが、まずは自分からなのだと、改めて気づかされました。

    真知子さんの率直な思いが淡々と語られて、その葛藤も行間にはつまっているように感じ、何回も読ませてもらいました。

    そして勇気をもらいました。
    まずは自分から・・(これがすごくつらい作業なのはよく知ってます。。。だから逃げていたんでしょう、無意識に)

    ブログ 読めてよかったです。
    ありがとうございます。


    WOLF
    内罰的な人
    無罰的な人
    外罰的な人‥‥

    16歳の息子が、保健体育の時間に、簡単な心理学を勉強してきたらしい。
    その話の流れで『ママは内罰的だね』と言われ、そこから息子と色々な話をした。


    正直、私はずっと恐かった。
    実家の人間達は、散々私の陰口を息子に聞かせていたようだし、何より、父親を奪い、寂しい思いや、辛い思いをさせ、勝手な都合を押し付けてきたので、息子には心底恨まれ、軽蔑されていると思っていた。


    話の最後に息子が私に一言、
    『ママ、泣いていいんだよ』
    と言った。


    なんだか、清々しく心地いい寂しさを感じた。

    コメントを閉じる▲