FC2ブログ
    家族カウンセラーの想いつれづれ
    そういえば、白鷺を描いたのでした。
    先輩たちは、同じ絵を何枚も何枚も描いて、先生に添削(といっていいのでしょうか)をしていただいています。

    私は、お稽古の朝にささっと描くだけで、先輩の足元にも及びません。

    ただ、確実に自分の中の何かが変わっているのはわかります。

    苦手意識で避けていたのが“絵”でした。

    すっかり忘れていましたが、たった一度だけ母が女の子の顔を描いた時「私は絵が下手だから」と言いながら描いていました。

    後にも先にも母が絵を描いたのはこの時だけ。

    絵が下手かぁ。

    姉に遠慮してたけど、母にも遠慮をしてたんだなぁ。

    最近、初めて「デッサン」というものをやりました。

    筆より難しい。

    それでも、また描こうと思えることが嬉しい。

    山も木々も草花も、雲も空も海も波も、いろんなものが昔と違って感じる。

    虫たちが近く感じて、それらの風景に自分が溶け込むような感覚になります。

    しあわせです。

    IMG_4091.png


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2019/10/08 23:32】 | 自然
    【タグ】 インナーチャイルド  自由  あるがまま  水墨画    
    トラックバック(0) |

    こんばんは
    ハムさん
    こんな時間に、ムカデに足を刺されました。2回目で不安で仕方なく、真知子さんのご主人の自律の文章を読ませてもらい心を落ち着かせました。このサイトはホントに私の安定剤です。ありがとうございます。会社で年下の社会さんにハラスメントを受けていて、彼が居ると強張り肩こり頭痛になり、仕事中に発作が起き油汗が出ました。気持ち悪くてもどしたらどうしようとか、ipが攻めてきたからです。知らず知らずにコップの水が一杯になっていたようです。足の痛みはまだまだ引きそうに無いので、もう少し読ませてもらいます。

    コメントを閉じる▲
    あけまして、おめでとうございます。

    去年は義母が亡くなって、哀しい年でした。
    今では男3人と女は私だけー義母とのたわいのないお喋りと笑いで、ずいぶん気持ちが和んだなーと思い出します。
    コロコロと笑う声が大好きでした。


    義父母との同居は、私と母(と祖母)のことを深めるきっかけになりました。

    私は母親の手で育った記憶がなく、「おかあさ〜ん」という気持ちにならず「おばあちゃ〜ん!」と駆け寄って行く私しか浮かびませんでした。
    父は生後7ヶ月で離婚していますから、全く記憶にありません。
    言ってみれば、親なし子だったのです。
    おばあちゃん子と言われ、可愛がられ、子どもの頃は大人にちやほやされましたが、母に抱かれた記憶もなければ写真もない。感触もない。
    だから、本当の親子を目の前で見せてくれた夫と義父母には感謝しています。彼の努力が“本当の親子”を実現させたと思います。


    親子とは
    こんなにもぶつかり合うものなのか。
    大声で喧嘩するものなのか。
    暫くしたら何事もなかったかのように笑いあうものなのか。
    懐かしそうにアルバムをめくって笑ったりするものなのか。

    写真の量や作文の内容からして、莫大なエネルギーをかけて育ったことがわかりますが、夫が親にかけたエネルギーも莫大だったと思います。

    私の家庭はこんな風に裸の感情をさらけ出すことはなく、都会的でどこか取り澄ました養父と母に、私の気持ちが届かないことが悔しかったなぁ。
    諦めていくしかなかった。
    母が子にエネルギーをかけないのですから、私の母に向かうエネルギーも循環しないまま滞っていたのでしょう。
    それが抑圧された感情だし、結婚後には夫を代理母にしてぶつけました。
    そうして夫を怒らせては、夫とのことも自分から諦めていったのです。ぶつけた石つぶてはどれほど夫を傷つけただろう。申し訳ないことをしました。

    母を諦めたのではなく、母に従って自分のやりたいことを諦め、自分の気持ちを封じていったのだから無念で仕方がない。
    だからやりたいことやります。
    好きな音楽も、苦手だと思っていた絵も続けます。
    最近始めた登山も楽しみます。
    朝日に夕日にときめきます。
    都会ではできなかった体験をして、最近では蝶が逃げずについてきます。
    不思議だけど通じ合っている気がします。
    不思議といえば1月に季節はずれのグラジオラスが咲いてました。
    グラジオラスは思い出の花。
    他にもいろんな「大切」を見せてくれる不思議に出会っています。
    都会育ちだろうが田舎育ちだろうが、差別なく自然は受け止めてくれる。
    ありがたいです。

    母を諦められるかというと諦めきれるものじゃないことを痛感します。
    無意識に代理母に期待する時に、母を諦めてい無いことが証明されます。
    それもひとつひとつ受け止めていくしかありません。



    そして、感謝してもしきれないのが孫のRちゃんです。
    我が子を産んだ時も、一生分の喜びと幸せをもらったと思いましたが、その後の脚本の発動で背負わなくて良いものを背負わせてしまいました。

    Rちゃんを見ていると、当時のことが蘇ります。
    当時の自分の孤独と、それを受け止めてきた子ども達に涙が溢れます。
    早々に夫や実家を諦めて自分から孤独になっていた(我慢と苦労の脚本)ことが悔やまれます。
    「やめな、その姿を脳に見せてるだけだよ。もっと一所懸命夫に言ってごらんよ、簡単に諦めるなよ。」
    届くものなら当時の私に言ってやりたい・・・。

    Rちゃんを見ていると、心が洗われます。
    きっと赤ちゃんには浄化の力があるのでしょう。
    可愛くて愛おしくて自然と笑みがこぼれます。
    見つめ合うだけで通じ合う喜び。
    遊んでいて飽きることがない。
    見ていて楽しくて仕方がない。
    気持ちのまんま表現します。
    命が輝いています。
    こちらが元気と勇気をもらいます。

    「育てた恩を忘れてなんちゃら」とはよく聞きますが、親が子どもを守り育てるのは当たり前のこと。死なせなかっただけでしょうが、と言いたくなる親もいれば、エゴを押し付けて子の心を殺し続ける親もいます。
    それに比べ、赤ちゃんはエゴを押し付けてきません。

    Rちゃんは存在だけで私を周りを幸せにしてくれます。
    Rちゃんが産まれてくれたことと、いくつかの奇跡は感謝してもしきれません。
    Rちゃんに、そして子どもたちに恩を返していくー出来る限りのサポートをするつもりです。


    それには元気でいなくちゃね。
    頑張りますよ〜。
    楽しみますよ〜。

    巷ではインフルエンザが流行っていますが、私は今のところ風邪の兆候はありません。
    皆様もうがいと手洗いでしっかり予防してくださいね〜。



    今年もどうぞよろしくお願いいたします。(^^)v




    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2019/01/08 06:02】 | 育児(育自)
    【タグ】 インナーチャイルド  人生脚本  無意識  脳内親  怒り  あるがまま  
    トラックバック(0) |


    iz
    うちも母親が働き祖母が私を育てた。大好きな祖母だったけど何故か私には家事一切を手伝わさず何でもやってくれた。楽ちんだった。大好きな祖母に嫌われたくないからいつも母と祖母に従った。反抗することも諦めた。学生時代も友達が何でもやってくれて楽だった。

    だから今でも自分で考える事をしない、出来ない。でもそれって、
    自分で考えたら「不安」まで考えなくちゃいけないから。

    「あの人は周りが支えてくれる人がいるから病気が回復している、あの人はお金を持ってるから回復してる」

    そんな馬鹿な考えしてる。自分で立ち上がらなくては駄目だ。

    コメントを閉じる▲
    あるがままの自分を取り戻す
    やーっと新着記事が出ましたね。私もかる〜く振りかえってみます。

    ★夫が退職した頃の私----------

    夫が退職してから、当たり前ですがずっと家に夫がいます。ある日スカパーで放送大学の講義を視聴しながら勉強していたら、大きなヘッドフォンをカポっと頭にはめられました。驚いて見上げたら、夫がにっこり笑っていました。「音が煩いからね。」と。その時にとても苦しく哀しくなり、とにもかくにも外に出ようと決めました。

    初めは、体作りのために我流でやっていたヨーガを習おうと思って、カリキュラムを見に行きました。その帰り道に、一枚の募集を見て、週1回のヨーガより、仕事の方が長く家を出ていられると思い決めました。17年専業主婦ですから心配でしたが、色々と別の場数を踏んでいたおかげと、教えてくれた先輩のおかげで、楽しくお仕事を始めることが出来ました。

    当時の私は、朝は5時起床でコーヒーを飲みながらネットタイム、これで脳と体を起こしてゆきます。その後、洗濯と弁当作りです。娘も息子も部活をやっていましたから、毎日の弁当は欠かせませんでした。特に陸上部は厳しくて盆暮れの数日以外は休みなしで活動していましたね。
    7時半には出勤、仕事休みには大学の視聴覚室や図書館と、子どもたちが学校に行った後は、とにかく外に出ていました。ネットカフェや一人カラオケや家まで数時間歩き続けたり、ひたすら外で棚卸ししていました。





    ★本の出版----------

    あきらめの壁をぶち破った人々(2003年11月出版)が出た時は、ほっとしました。が、まもなく、「もう一冊書きたい本があるんだ。どうしても書かずにいられないんだ。」と言われました。

    これから教育費がかさむ時期ですから、夫の収入の無い生活が続くのかと心配になりました。夫は、言い出したらひかないので、やると言ったらやるんだろうと思いましたが、2005年に出版にこぎ着けるまで、本当にいろいろなことがありました。自己都合の中途退職ですから、退職金は微々たるものです。「いつか辞める」と宣言して就職した夫ですから、コツコツと貯蓄し続けて本当に良かったぁ。その貯蓄と私の馬車馬のような働き(脚本に助けられました)と、夫が身につけた家事能力がなかったら、その数年は乗り越えられなかったでしょう。子どもたちには心配と苦労をかけました。

    表紙は自分で選びたいとこだわり、池田雅彦さんの絵に辿り着いたようで、なんと夫の高校の大先輩だったのです。表紙の絵の置き方を家族で見比べたり、本のタイトルを一緒に考えたり、ゲラチェックを頼まれたり、振り返ると懐かしいです。

    あれれ?なぜ、7500円もしているのだ?・・・そうか、新品がないからですね。懐かしいというか、絶版当初を思い出します。むむー。

    2007年に出版社倒産を知り、とても残念でしたが、1500円の本が中古で値上がりし、ついには2万円近くで販売されて胸が痛んだものでした。すると、読者の方から、復刊ドットコムに復刊リクエスト投票を出そうという動きがあり、復刊へのご協力のお願いをするに至ったのでした。そのおかげをもって、未だに復刊ドットコム様から、たびたび増刷いただいています。
    ありがとうございます。m(_ _)m

    復刊ドットコム様には34冊の在庫がありますので、宜しければこちらでどうぞ♪
    ↓ ↓ ↓
    あなたの子どもを加害者にしないために





    ★いつのまにか卒業そして現場へ----------

    大学では、心理学に関する科目ばかり選んでいて、認定心理士の資格を取得出来る単位を取得していました。

    大学卒業に必要な124単位のうち、66単位は心理学関係をやったんだなぁーと今更ながら驚いています。試験に論文、よく通ったもんだと思います。一番の思い出は、世田谷に通ったことです。遠いんですよねー。容赦なく落とすという厳しい教授で、3つの実験のうち最低2つの論文を提出する規定で、提出した論文が全部通らないとダメだったのかな、どうだったかな。「せっかく3つ実験したのだから、全部提出したい。」と言いましたら、「手堅く2つを提出した方が良い。」と仲間だけじゃなく教授にまで言われました。「落ちたら、来年また受けます!」と言って、必死で3つ提出して、3つとも合格した時の感動は忘れられません。

    卒業後も、仕事を終えて家に夫がいると思うと気が重く、自称「家に居場所のないおやじ(男性に多いので自虐ネタ)」でした。冬は夫が鍋をよく作ったので、うどんを買って帰り、おいしい鍋うどんを戴きました。2006年の夏に駅から離れた静かなところに引っ越した後は、ボランティア相談に参加しました。ボランティアとはいえカウンセリングですから、守秘義務と傾聴と共感とその他の研修が常につきものです。毎回の研修で良い刺激を戴きました。

    2008年には、家族相談士の養成講座に通い始めました。
    受講資格を通った条件は、私の場合は、「認定心理士」と「ボランティア相談の臨床体験」でした。仕事を交代してもらったりしながら通いましたが、目白駅から結構歩くのできついきつい。いろんな先生方にお世話になりましたが、やはり杉渓先生のロールプレイが最高でした。

    2009年の筆記試験が通り、面接試験では、「合格したらどうしますか?」と訊かれ、「もっと研修をしたいと思います。」と答えました。「現場に出ないのか?」とか「ご主人のお仕事を一緒にしないのか?」のどっちで訊かれたか覚えていませんが(なぜならその後の研修でも同じ話題が出たので)、「自分自身をもっと深めてから考えたい。」と答えました。
    消極的に受け取れたかなぁと思いましたが、素直な気持ちを話したので後悔はありませんでした。とはいえ、合格が届いたときは嬉しかったですね。

    2009年は、研修のみに集中して、5年後のID更新が出来ちゃう勢いで学びまくりました。講師の方や専門家を交えながらの研修は、いちいち刺激的でした。杉渓一言先生のニューロールプレイは、いつ何が飛び出すのかわからない面白さがありました。大河原美衣先生は、それぞれの文脈に添ったアドバイスをされます。ここで、境界線の重要性を強く感じました。今も様々な研修で色々な先生に学ばせて頂いています。

    2010年、いよいよ中尾相談室のカウンセラーとして動き始めました。それまで、全ての事務に関わっていましたが、中尾相談室のカウンセラーになるには相当覚悟が要りました。中尾相談室の特色は、時間枠を儲けないところにあります。時間枠の中でやってきた私が出来るだろうかとか、中尾代表と衝突したら面倒だなぁとか、なかなか踏みきれなかったのですが、2009年の秋頃から、だんだん決心がついてゆき、2010年の春から、それまでの仕事を辞め、ボランティアも辞め、本格的に中尾相談室の看板を背負いました。あれほど、家で一緒にいられないと思っていたのに、気にならなくなっていたことは最も大きな理由かもしれません。





    ★あるがままの自分を取り戻す----------

    先日、英司が相談があるんだけど、と部屋に入ってきました。
    「ブログのタイトルをそろそろ変えたいと思うんだ。」
    実は、以前にも相談されたのですが、その時は、全く時期じゃない気がして賛成しませんでした。今回は、とても気楽に「いんじゃない〜?」と言えたんですよね。^^

    「ありのままの姿見せるのよ〜♪」が流行っているけれど、中尾相談室では「心の自由を取り戻し、あるがままの自分となって生きる」と決意した人を支援していますから、そのまま「あるがままの自分を取り戻す」に決まりました。

    今後とも、我がブログ「まほろば(中尾相談室)」とともにお付き合い下さい。
    よろしくお願いいたします。m(_ _)m



    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラスメント界にいるのは自分自身
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    どっち見てますか
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2014/08/19 23:30】 | 私の姿勢
    【タグ】 人生脚本  あるがまま  あなたの子どもを加害者にしないために    
    トラックバック(0) |
    「どうしたらいいですか?」
    自分のことなのに、どうしたらいいかわからない。



    せつないことですが、依存したりされたりの関係しか築いて来れなかったのでしょう。
    自分ありきではなく、相手のためにせっせと時間(=命)を注いできたので、相手の自律も妨げて来ました。
    それに気がついたのはいいけれど、じゃあ、「どうしたらいいの?」となるわけです。



    ー「Do」ではなく「Be」で。ー



    ブログで読んで、わかった気でいたのに、カウンセリングを受けて問題が明確になってくると、自分がどう(Do)していいかわからない。心もとない思いで不安や恐怖で一杯になります。
    逃れることしか浮かびません。
    そして「どう(Do)にかしなくては!」と焦ります。



    「どう(Do)したらいいですか」と言っている時、すでに今現在の「在るがまま(Be)」を放棄しているのです。
    じゃあ、どうしたらいいの?ってどこまでも、どうしたらいいの?が続きますね。^^;



    ★どう(Do)したらいいかわからないと大慌てしている姿を俯瞰してみます。

    ★「どう(Do)したらいいかわからない気持ちに陥っている自分がいる(Be)」ととらえます。

    ★「どうしたらわからない気持ち(不安、恐怖等)」を抱きしめて味わいましょう。


    ※カウンセリングでは、問題を外在化したり、それを一緒に眺めて細やかに検証したり、その傷を見つけたり、ロールプレイをしたりと進んでいます。それらをどんな風に使うかは相談者さんの状況によります。この段階では、まだまだ親との問題に深く関われない状況ですから、まずは、自分の連鎖と生き癖を知ることです。




    不安や恐怖をあるがまま(Be)に、一人で受け止めるわけですが、誰か・・・助けて・・・と手を伸ばし(Do)たくなります。
    ここで手を伸ばしたら、ハラスメントの世界に引きずり込まれるか、自分が引きずり込んでしまうか、という瀬戸際です。
    救えるのは自分自身です。たった1人、あなただけが出来ることです。



    では、Doingな人が近くにいたら?
    それを受け入れて許してしまっている自分が居る、ということかもしれません。



    誰かのせいにして生きている間は、依存・共依存の世界にいます。
    人を道具にするハラスメントの世界にいます。
    人は、自分が行きたいところに行きますし、自分が居たい場所に居続けます。
    安住の地がハラスメントの世界だという人も珍しくありません。





    自分の生き癖や執着に気付く
    ハラッサーはもともとはハラッシー
    子育てが苦しい~(子どもはもっと苦しい)
    どっち見てますか
    アサーティブなあり方
    相談申込み要領納得戴いた上で、私専用相談申込(女性のみ)からお申込みください。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2013/09/16 12:00】 | ハラスメント
    【タグ】 脳内親  無意識  存在不安  あるがまま  ハラスメント  
    トラックバック(0) |

    こうめさん
    中尾真智子
    > 確かに(´・ω・`)
    > 今まであんまり親身に聞きすぎていたのかも…。「人の話をちゃんと聞け」(他にも何かある気がする)に縛られてるんだろうなぁ…。それもベクトル間違った方向で。だから頼られ?過ぎたり、狡い人には都合よく利用されたり。

    「親身に聴く」と「ちゃんと聞く」は違いますね。親身に聴いてあげていたのは、こうめさんが聴いて欲しかったからじゃないかな。

    > 心当たりは幾つかあるのですが、それ以来波風立てないようにと生きてきたものの、ふと気付けば自分がなくなっている、というか壊れてる。最近では好きだった事も出来なくなってしまってショックを受けたり。(ただのスランプですが今回は長いです…)

    波風立てないように・・・うわー。一分一秒神経が張りつめる感じでしんどそうです。

    > 何だか話が膨らんだり横道に逸れたりしてしまいましたが、軌道修正するいい切っ掛けになりました。

    だいぶ立ちましたが、良かったですー。 (^^)v


    こうめ
    >大丈夫じゃないことをお伝えするのは出来るかも(反論でも怒りでもなくアイメッセージで伝える)。
    >問題を切り分けながら離れることは出来るかもです。

    確かに(´・ω・`)
    今まであんまり親身に聞きすぎていたのかも…。「人の話をちゃんと聞け」(他にも何かある気がする)に縛られてるんだろうなぁ…。それもベクトル間違った方向で。だから頼られ?過ぎたり、狡い人には都合よく利用されたり。
    心当たりは幾つかあるのですが、それ以来波風立てないようにと生きてきたものの、ふと気付けば自分がなくなっている、というか壊れてる。最近では好きだった事も出来なくなってしまってショックを受けたり。(ただのスランプですが今回は長いです…)
    何だか話が膨らんだり横道に逸れたりしてしまいましたが、軌道修正するいい切っ掛けになりました。



    すみれさん
    中尾真智子
    > >記事にあるように、今はその時の自分の気持ちに寄り添うようにしています。
    > >いかに今まで自分を無視してきたか、わかりました。
    > >あと、Doしてくる人も減りました。
    > >不安が出ることが多くなりましたが、付き合いを制限したので、必要以上に他のことを気にすることなく、引きこもっています。
    > >私は反抗期がなかったので、今、反抗期なんだと思います。

    自分で自分を語れているところが、読んで気持ちいいです。^^


    こうめさん
    中尾真智子
    > 私になら(愚痴のゴミ箱になってもらっても・損を被ってもらっても・八つ当たりしても…etc)大丈夫、って相手に思わせる甘さがまだまだあるんだろうなぁ…。反論したり怒ったりすれば、その人たちと同じ土俵に立ってしまうような気がして、それはそれで癪だし、でも泣き寝入りもしたくないので、どうしたものか考え中…

    大丈夫じゃないことをお伝えするのは出来るかも(反論でも怒りでもなくアイメッセージで伝える)。

    > 立場とかしがらみとか(嫁姑小姑・仕事の関係・先輩後輩etc)、何にも考えないでシャットアウトしちゃいたいでーす(´д`)

    問題を切り分けながら離れることは出来るかもです。



    すみれ

    >記事にあるように、今はその時の自分の気持ちに寄り添うようにしています。
    >いかに今まで自分を無視してきたか、わかりました。
    >あと、Doしてくる人も減りました。
    >不安が出ることが多くなりましたが、付き合いを制限したので、必要以上に他のことを気にすることなく、引きこもっています。
    >私は反抗期がなかったので、今、反抗期なんだと思います。





    こうめ
    >では、Doingな人が近くにいたら?
    >それを受け入れて許してしまっている自分が居る、ということかもしれません。

    そうかも。今月はそれが特に酷くて、痛感中。
    大分減ったつもりなのに、何だか最後の悪あがきみたいなんですよ…。
    私になら(愚痴のゴミ箱になってもらっても・損を被ってもらっても・八つ当たりしても…etc)大丈夫、って相手に思わせる甘さがまだまだあるんだろうなぁ…。反論したり怒ったりすれば、その人たちと同じ土俵に立ってしまうような気がして、それはそれで癪だし、でも泣き寝入りもしたくないので、どうしたものか考え中…
    立場とかしがらみとか(嫁姑小姑・仕事の関係・先輩後輩etc)、何にも考えないでシャットアウトしちゃいたいでーす(´д`)

    風子さん
    中尾真智子
    > 私にとってあまりにタイムリーな内容で…ストンと心に落ちました。そして、少しずつ自分の姿が見えて来ました。

    そうですか。嬉しいです。

    > 沸いてきた気持ちをしっかり味わって抱きしめて、そこに居たらいいんだった。

    1人になって味わいたいですね。^^

    > 失敗。やっちゃった。方向転換です。

    気づけたら何度だって新しいスタートにたてます♪


    タイムリーでした
    風子
    私にとってあまりにタイムリーな内容で…ストンと心に落ちました。そして、少しずつ自分の姿が見えて来ました。
    わいてくる気持ちを、どうしようかと持て余し、人に向かって行っていたみたい。そっか、そういうことをしてたんだな、私は。
    沸いてきた気持ちをしっかり味わって抱きしめて、そこに居たらいいんだった。
    失敗。やっちゃった。方向転換です。

    コメントを閉じる▲