FC2ブログ
    家族カウンセラーの想いつれづれ
    カウンセリングは「申し込み要領」に則ってお申込みください。
    眞智子専用フォーム(女性のみ)からですと便利です。
    携帯アドレスの方はsodan@@jiritusien.com(←@を1つとる)を受信許可設定をお願い致します。
    2〜3週間経っても返信がない時は、申込み事項に漏れがないか確認の上 sodan@@jiritusien.com(←@を1つとる)にご連絡ください。

    ※英司の方は、父のことも色々とあり、振り返りも続いており、新規受付には至っておりません。


    ◯ぜひお読みください。
    中尾相談室のカウンセリング概要
    自分を取り戻す方法総目次
    援助者の心構え(人間関係の心構え)

    中尾相談室:中尾眞智子 
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2037/01/01 06:55】 | 相談依頼(女性のみ)
    トラックバック(0) |
    人生いつ何が起こるかわかったもんじゃございませんねぇ。

    新型コロナのおかげで、習い事も行けませんが、何より残念なのがオープンマイク。
    初めは緊張で声が上ずってましたが、下手でいいやって少し度胸がつきました。
    そして、仲間と楽しくやれるようになってきたのです。

    それが、新型コロナのおかげで、みんなと歌えません。

    私は大好きな相方の歌声を聞けず
    大好きな仲間のピアノやアコーディオンやギターや歌声を聞けず
    しおれたお野菜の気分です。


    とにかくハモりたい。
    そんな思いを知った友人(相方)は、知らない歌を覚えてくれました。
    曲を聞くとすぐにハモり出す感覚も同じで、とにかく楽しい。

    歌うたい
    ハモりたい
    歌いたい

    こっそりあげていたのを願掛けに貼っちゃおっと。
    もし良かったら、一緒に歌ってくださいまし。
    なんならハモってくださいまし。
    新しいハモりができたら楽しい。






    「たまには」草笛 ※音のみ
    作曲 Machiko.N
    作詞 Michiko&(小さなカタツムリになりたいー小さな恋のメロディより)









    君を迎えに来たよーバズ(コピー)by草笛 ※音のみ









    チェルシーby草笛 ※音のみ









    君のために歌う歌(ブックエンド) 歌ー草笛 ※音のみ








    さくら(カラオケ)by草笛 ※音のみ
    初めて相方から「ハモりたい」と言われ嬉しくて覚えました。最後の「上で」はほんとはもう一つ高い音です。(笑)








    「ありがとう」草笛 作詞 kina 曲 Machiko.N ※音のみ





    ありがとうーkinacomachi 作詞 kina 曲 Machiko.N


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2020/04/15 18:09】 | 未分類
    【タグ】 感情  自由  あるがまま  
    トラックバック(0) |
    3月25日からロックダウンを実施しているニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は、COVID-19の感染拡大状況について、自ら情報を発信したり、国民からの質問に答え、首相官邸や自宅から大人や子どもに普段着姿で語りかけ、国民の不安を和らげていますが、その動画が以下で見られます。

    ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相が自ら情報を発信

    あまりにも素晴らしくて涙が込み上げました。

    国にとって国民は大切な「こども」のようなもの


    このメッセージは、世界中に届いてほしいなぁ。




    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2020/04/11 06:47】 | 未分類
    トラックバック(0) |
    新型コロナウィルス感染・世界マップでは、1ヶ月前には日本よりも患者数も死亡率も少なかった欧米が今では死亡率10%の国もあることから、医療崩壊が起こったことは推測出来る。日本でも医療崩壊が起こったら、助かる命が助からないということ。

    コロナ闘病中の方のツィートより「レントゲンじゃ綺麗でもCT撮ったら両方コロナによる肺炎になっている事があります。」

    pu(コロナ疑似自宅療養中)さんのツィート

    新型コロナ疑似症 回復途中さんのツィート

    コロナ疑い療養中(回復期)さんのツィート

    回復に40日もかかること、治るまでの高熱やその後の咳の苦しさと関節通や筋肉の震え、耐え難い症状を、自分だけじゃなく家族に知人に遷してしまうこと、時に命に関わること。

    罹患しないためには、石鹸でこまめな手洗い、うがい、マスク(ハンカチやキッチンタオルで作ったマスクでもないよりまし。ゴムは捨てずに取っておいて使う等工夫。)、食事、睡眠、笑う、楽しむ、なにより3つの密を徹底して避けること。


    藤原辰史:パンデミックを生きる指針

    新型コロナ感染症対策ハンドブック #医療従事者向


    【2020/04/06 07:15】 | 災害
    トラックバック(0) |
    お久しぶりです。
    昨年の10月以来のご無沙汰です。


    10月といえば・・・
    sobacafe301”にて“オレンジカフェこんぺいとう”に出演させていただきましたが、お客様から「翼をください」のハモりが聞こえた時は嬉しかったなぁ。

    「好きなことをやるぞ」とJAZZ’N(ジャズン)クミコカーロ先生にピアノを、仲田晋也先生にギターを習い始め、そのご縁でスタジオかとり〜ぬ(旧はなぞの座)で、オープンマイクやカラオケ大会に参加させていただいてますが、オレンジカフェも仲田先生のお声かけがあってこそでした。
    余談ですが、sobacafe301のメニューはそば以外のメニュー、ご飯ものやおつまみも豊富でありがたい。(笑)


    オレンジカフェの二日後には、二人目の孫が産まれました。


    私は、生後7ヶ月で両親が離婚し祖母に預けられて育ち、多くの方が感じる「ママ〜」「おかあさーん」という思慕が湧きませんでしたが(「おばあちゃーん!」なら湧く)、孫のある場面に遭遇した後に、「おかあさんだいすきちゃん」が身体中に駆け巡りました。
    一人目の孫が生後7ヶ月の時です。

    二人目の孫は寝ているだけの新生児でしたが、あるシチュエーションの「小さいちゃん」を呼び覚ましてくれました。

    その夜の寝入り端、とても若い母の笑顔が浮かび、(このまま消えないようにとじこめたいなぁ、このまま写真を撮れたらいいのに)と思うほどでした。
    自分では覚えのない笑顔が、幼い記憶の片隅から出てきてくれた。
    嬉しかった。
    でもそれは、私や姉に向かっている笑顔ではなく、誰か大人に向いている笑顔でしたが・・・。
    自分を見ていない悲しみを封印するために、“忘れる”のでしょうね。

    このように、孫たちを見ていると、覚えのない眠っていた記憶が呼び覚まされます。

    「おばあちゃん子」と言われたのは、私だけ。
    その「おばあちゃん」さえも、私が“母親”だったと気がついてしまった悲しさ。
    大人は気がついていないけど、我が子も孫も“母親”にできるのです。

    “悲しみを封印”といえば、数十年前に作曲した私の歌詞に「涙が私に戻るまで」という言葉があり、姉の歌詞に「笑顔が私に戻るまで」があります。
    何気なく風呂場で口ずさんだ時「涙が私に戻るまで」という歌詞の切なさに嗚咽が漏れました。

    子どもの頃「泣き虫」と言われた姉が封印したのが「笑顔」
    「賑やかちゃん」とか「笑上戸」と言われた私が封印したのが「涙」
    それぞれ担った役割の象徴が「泣き虫」と「賑やかちゃん」だった。
    昔アンニュイな雰囲気を漂わせていた姉は、今や明るくよく笑うおばちゃんになり、私は昔嫌いだった悲しい曲を愛せるようになっています。




    さて、孫たちと歌に力をもらいながら、あれよあれよと数ヶ月が過ぎる中、もうひとつの趣味「水墨画」にも気持ちの変化がありました。

    「線一本でも満足に描けたと思いたい」と思い、続けてきましたが。
    花弁に満足したい。
    葉っぱに満足したい。
    筆と仲良くなりたい。
    いろんな思いがわくようになりました。

    松井陽水先生は、とても気さくであったかいお人柄ですが、やすらぎの郷やすらぎの刻に水墨画を提供されている素晴らしい先生です。
    その先生の臨画を「日本墨画協会展」に出させていただいたのが、2/23〜2/29。
    「一度くらい記念に出させていただこう」くらいの思いでした。

    新型コロナ騒動も身近になった頃、ギリギリの展示会だったと思います。
    記念すべき第1作は“臨画(手本どおりに模写)”でしたが、いつか1から自分で描いたものを展示したくなるかも?な予感がしないでもないような・・・。
    元々好きだった“色”にも興味が湧いてきたような・・・。

    2020.2月初ー交通会館ー展示




    言えることは、日々楽しいこと、やりたいことをしていると、自然に感謝が湧いてきて暮らし(家事)が丁寧になります。
    苦しい時やしんどい時には“丁寧”を意識して行動すると、迷いや邪念が消えていきます。
    嫌いなことこそ丁寧にやります。
    嫌いだって思っていたことが好きになったり、そもそも好きだったことに気がつきます。



    新型コロナで自粛生活が強いられる今、家族と向き合い自分と向き合う最大のチャンスです。

    やむをえず外出される場合は、手洗いうがい、マスク着用、人と距離を空けるなどお気をつけてお過ごしください。

    花粉症で目が鼻がかゆくなっても我慢、どうしても触りたい時はトイレに駆け込んで手を洗いましょ。
    はい、私のことです。(^^)




    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2020/04/02 15:00】 | 未分類
    【タグ】 インナーチャイルド  無意識  脳内親  脚本  水墨画  育自  
    トラックバック(0) |
    そういえば、白鷺を描いたのでした。
    先輩たちは、同じ絵を何枚も何枚も描いて、先生に添削(といっていいのでしょうか)をしていただいています。

    私は、お稽古の朝にささっと描くだけで、先輩の足元にも及びません。

    ただ、確実に自分の中の何かが変わっているのはわかります。

    苦手意識で避けていたのが“絵”でした。

    すっかり忘れていましたが、たった一度だけ母が女の子の顔を描いた時「私は絵が下手だから」と言いながら描いていました。

    後にも先にも母が絵を描いたのはこの時だけ。

    絵が下手かぁ。

    姉に遠慮してたけど、母にも遠慮をしてたんだなぁ。

    最近、初めて「デッサン」というものをやりました。

    筆より難しい。

    それでも、また描こうと思えることが嬉しい。

    山も木々も草花も、雲も空も海も波も、いろんなものが昔と違って感じる。

    虫たちが近く感じて、それらの風景に自分が溶け込むような感覚になります。

    しあわせです。

    IMG_4091.png


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2019/10/08 23:32】 | 自然
    【タグ】 インナーチャイルド  自由  あるがまま  水墨画    
    トラックバック(0) |

    こんばんは
    ハムさん
    こんな時間に、ムカデに足を刺されました。2回目で不安で仕方なく、真知子さんのご主人の自律の文章を読ませてもらい心を落ち着かせました。このサイトはホントに私の安定剤です。ありがとうございます。会社で年下の社会さんにハラスメントを受けていて、彼が居ると強張り肩こり頭痛になり、仕事中に発作が起き油汗が出ました。気持ち悪くてもどしたらどうしようとか、ipが攻めてきたからです。知らず知らずにコップの水が一杯になっていたようです。足の痛みはまだまだ引きそうに無いので、もう少し読ませてもらいます。

    コメントを閉じる▲
    お子さんのいるご家庭では、夏休みも折り返し地点でしょうか。

    お子たちにチャイルドを刺激されていることと思います。
    お子さんがいない方にとっても、小さいお子さんを見かける機会が増えると思います。

    可能であればつぶさに観察してみてください。

    大人の感覚を脇に置いて、その子の「気持ち」になって感じ取ります。

    自分が忘れていた赤ちゃんの感覚が蘇ったりします。

    体の細胞で、視覚で聴覚で触覚で蘇る記憶に出会ったりします。

    自分の置かれていた環境を実感したり、小さいちゃんが出やすくなったりします。

    気持ちのまま生きている赤ちゃんが、周りから多くを吸収して、自我を確立していく様子は圧巻です。

    そして、自分の生き難さが、こんな小さな頃に原点があるのだと思い知らされもします。

    思い知ることで、覚悟も深まります。





    さて、今日から9連休のお盆休みの方が多いのかな。

    私は面談で実質明日からお盆休みー墓参りと家族との団欒と趣味の時間を楽しみます。

    今月は2回のオープンマイクー手始めに友人の歌のピアノ伴奏をします。

    月末は、いつものメンバーで「夏色」セッションー楽しみです。






    趣味といえば水墨画
    「蕾」が描きたくて〜。

    IMG_3998_convert_20190810053703.jpg


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2019/08/10 06:18】 | チャイルド
    【タグ】 インナーチャイルド  人生脚本  夏休み  チャイルド  自由  
    トラックバック(0) |
    100均のお店で購入した「うちわ」に描いてみました。
    段差で隙間が空いてしまうのが難しいですね。

    次は色を付けてみたい。

    IMG_3866_convert_20190729103153.jpg

    【2019/07/29 10:37】 | チャイルド
    【タグ】 水墨画  
    トラックバック(0) |
    初色
    IMG_3700_convert_20190711220336.jpg






    初うちわ
    IMG_3694_convert_20190711220108.jpg



    描きたいようにかいてみる。
    失敗してもめげずに描く。
    気持ちが描きたいように描く。
    チャレンジした一回目の方が、慎重な二回目よりも勢いがあるらしい。

    【2019/07/11 22:08】 | チャイルド
    トラックバック(0) |
    前回の1枚目は道がまっすぐで面白みがなかったので、二枚目は道の広がりを工夫
    IMG_2754_convert_20190421060625.jpg











    1枚目ー花が描けない
    IMG_2751_convert_20190421060233.jpg

    花弁が描けなくて右手で左手で練習
    IMG_2753_convert_20190421060353.jpg

    二枚目 さて描くぞ!となると、手が緊張してしまった
    IMG_2752_convert_20190421061700_20190421061851f2d.jpg






    二枚目は右手(お稽古中に左で描いた1枚目と向きは反対)
    IMG_2755_convert_20190421060029.jpg




    筆は、向きが大事なので、右手のお手本を描くのは難しいです。
    必要に応じて右手左手を使って描くのですが、たまには反対方向で全部左で描いたりします。
    左利きの自分にとって、右利きの当たり前はいつも「当たり前」じゃなくて、常に脳で反対の像を描いて、手作業を覚えてきたんだなぁ。


    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2019/04/21 06:58】 | 未分類
    トラックバック(0) |
    少しはうまくなったかな・・・。
    なかなか思い通りに描けない。
    濃淡を筆に乗せる難しさよ。

    IMG_2241_convert_20190318215528.jpg

    【2019/03/18 22:01】 | チャイルド
    トラックバック(0) |
    1月のおけいこでした〜。
    全く思い通りになってなくてがっかりなんだけど、遠目には「絵」に見えることで、まず良しと。
    IMG_1640_convert_20190202095751.jpg


    雪山その後
    IMG_1812
    IMG_1812 posted by (C)machi





    IMG_1811
    IMG_1811 posted by (C)machi





    子どもの頃にいろんなことをやって、いろんな感性が磨かれていくのだろうなぁ。
    そういうものも含め外に出さない親に育つと、いろんな意味で社会性も育たないし、外で磨かれるであろう感性も育たない。当然自信もつかない。

    子どもには、絵本を読んであげたり、歌ってあげたり、気持ちがわくわくすることをしてあげたい。
    好き放題に画用紙に描きなぐって、いろんなぐるぐるや、もじゃもじゃを楽しんで欲しい。
    どのこどもたちもそんな風に育ってほしいなぁ。

    親の意向で習わされて、本当に好きなことができなかった人も、今からでも始めたいですね。
    好きじゃないからやらないでいたことは、無意識に誰かに遠慮してやらなかったことかもしれない。

    好きになるまでやってみるのも面白いかもしれない。



    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2019/02/17 10:03】 | チャイルド
    【タグ】 チャイルド  
    トラックバック(0) |
    まだまだですが、木を描く苦手意識が薄れている?
    これはとっても嬉しいで〜す。


    IMG_1653_convert_20190131082518.jpg

    ※第一第三水曜日は午後に出かけます。お電話は9時におかけくださいね〜。

    【2019/01/31 08:35】 | チャイルド
    トラックバック(0) |

    ハムさん
    中尾眞智子
    > やりたい事をなかなかめんどくさがって出来ずにいます。出かけるのがおっくうでしょうがありません。楽しい気持ちでちっちゃいちゃんを喜ばせたいです。

    「面倒くさい」と脳が言ってきたら、その足で外に出ちゃいましょう。そして歩きながら見えるもの聞こえるものを感じてください。思考(脳内親)に負けず行動することで小さいちゃんとの信頼関係が築かれていきますよ〜。


    らほいさん
    中尾眞智子
    > 一度手に丸め収めた紙を拡げ、その上に描いているのでしょうか

    そのとおりです。

    > 少しわびしさを感じさせ、冬の山そのものに思えました

    なんと嬉しい!
    ありがとうございます。(^^)



    ハムさん
    やりたい事をなかなかめんどくさがって出来ずにいます。出かけるのがおっくうでしょうがありません。楽しい気持ちでちっちゃいちゃんを喜ばせたいです。


    らほい
    一度手に丸め収めた紙を拡げ、その上に描いているのでしょうか
    少しわびしさを感じさせ、冬の山そのものに思えました

    コメントを閉じる▲
    あけまして、おめでとうございます。

    去年は義母が亡くなって、哀しい年でした。
    今では男3人と女は私だけー義母とのたわいのないお喋りと笑いで、ずいぶん気持ちが和んだなーと思い出します。
    コロコロと笑う声が大好きでした。


    義父母との同居は、私と母(と祖母)のことを深めるきっかけになりました。

    私は母親の手で育った記憶がなく、「おかあさ〜ん」という気持ちにならず「おばあちゃ〜ん!」と駆け寄って行く私しか浮かびませんでした。
    父は生後7ヶ月で離婚していますから、全く記憶にありません。
    言ってみれば、親なし子だったのです。
    おばあちゃん子と言われ、可愛がられ、子どもの頃は大人にちやほやされましたが、母に抱かれた記憶もなければ写真もない。感触もない。
    だから、本当の親子を目の前で見せてくれた夫と義父母には感謝しています。彼の努力が“本当の親子”を実現させたと思います。


    親子とは
    こんなにもぶつかり合うものなのか。
    大声で喧嘩するものなのか。
    暫くしたら何事もなかったかのように笑いあうものなのか。
    懐かしそうにアルバムをめくって笑ったりするものなのか。

    写真の量や作文の内容からして、莫大なエネルギーをかけて育ったことがわかりますが、夫が親にかけたエネルギーも莫大だったと思います。

    私の家庭はこんな風に裸の感情をさらけ出すことはなく、都会的でどこか取り澄ました養父と母に、私の気持ちが届かないことが悔しかったなぁ。
    諦めていくしかなかった。
    母が子にエネルギーをかけないのですから、私の母に向かうエネルギーも循環しないまま滞っていたのでしょう。
    それが抑圧された感情だし、結婚後には夫を代理母にしてぶつけました。
    そうして夫を怒らせては、夫とのことも自分から諦めていったのです。ぶつけた石つぶてはどれほど夫を傷つけただろう。申し訳ないことをしました。

    母を諦めたのではなく、母に従って自分のやりたいことを諦め、自分の気持ちを封じていったのだから無念で仕方がない。
    だからやりたいことやります。
    好きな音楽も、苦手だと思っていた絵も続けます。
    最近始めた登山も楽しみます。
    朝日に夕日にときめきます。
    都会ではできなかった体験をして、最近では蝶が逃げずについてきます。
    不思議だけど通じ合っている気がします。
    不思議といえば1月に季節はずれのグラジオラスが咲いてました。
    グラジオラスは思い出の花。
    他にもいろんな「大切」を見せてくれる不思議に出会っています。
    都会育ちだろうが田舎育ちだろうが、差別なく自然は受け止めてくれる。
    ありがたいです。

    母を諦められるかというと諦めきれるものじゃないことを痛感します。
    無意識に代理母に期待する時に、母を諦めてい無いことが証明されます。
    それもひとつひとつ受け止めていくしかありません。



    そして、感謝してもしきれないのが孫のRちゃんです。
    我が子を産んだ時も、一生分の喜びと幸せをもらったと思いましたが、その後の脚本の発動で背負わなくて良いものを背負わせてしまいました。

    Rちゃんを見ていると、当時のことが蘇ります。
    当時の自分の孤独と、それを受け止めてきた子ども達に涙が溢れます。
    早々に夫や実家を諦めて自分から孤独になっていた(我慢と苦労の脚本)ことが悔やまれます。
    「やめな、その姿を脳に見せてるだけだよ。もっと一所懸命夫に言ってごらんよ、簡単に諦めるなよ。」
    届くものなら当時の私に言ってやりたい・・・。

    Rちゃんを見ていると、心が洗われます。
    きっと赤ちゃんには浄化の力があるのでしょう。
    可愛くて愛おしくて自然と笑みがこぼれます。
    見つめ合うだけで通じ合う喜び。
    遊んでいて飽きることがない。
    見ていて楽しくて仕方がない。
    気持ちのまんま表現します。
    命が輝いています。
    こちらが元気と勇気をもらいます。

    「育てた恩を忘れてなんちゃら」とはよく聞きますが、親が子どもを守り育てるのは当たり前のこと。死なせなかっただけでしょうが、と言いたくなる親もいれば、エゴを押し付けて子の心を殺し続ける親もいます。
    それに比べ、赤ちゃんはエゴを押し付けてきません。

    Rちゃんは存在だけで私を周りを幸せにしてくれます。
    Rちゃんが産まれてくれたことと、いくつかの奇跡は感謝してもしきれません。
    Rちゃんに、そして子どもたちに恩を返していくー出来る限りのサポートをするつもりです。


    それには元気でいなくちゃね。
    頑張りますよ〜。
    楽しみますよ〜。

    巷ではインフルエンザが流行っていますが、私は今のところ風邪の兆候はありません。
    皆様もうがいと手洗いでしっかり予防してくださいね〜。



    今年もどうぞよろしくお願いいたします。(^^)v




    追記を閉じる▲
    関連記事
    web拍手 by FC2

    【2019/01/08 06:02】 | 育児(育自)
    【タグ】 インナーチャイルド  人生脚本  無意識  脳内親  怒り  あるがまま  
    トラックバック(0) |


    iz
    うちも母親が働き祖母が私を育てた。大好きな祖母だったけど何故か私には家事一切を手伝わさず何でもやってくれた。楽ちんだった。大好きな祖母に嫌われたくないからいつも母と祖母に従った。反抗することも諦めた。学生時代も友達が何でもやってくれて楽だった。

    だから今でも自分で考える事をしない、出来ない。でもそれって、
    自分で考えたら「不安」まで考えなくちゃいけないから。

    「あの人は周りが支えてくれる人がいるから病気が回復している、あの人はお金を持ってるから回復してる」

    そんな馬鹿な考えしてる。自分で立ち上がらなくては駄目だ。

    コメントを閉じる▲
    苦手なことも
    得意なことも
    生きているうちに
    楽しみたい

    自然と仲良くなりたい
    都会っ子で家の中に縛られていた私を
    解放して
    自由にして
    いっぱい遊ばせたい

    遊びたい
    地球で遊びたい
    もっともっと遊びたい


    【2018/12/09 06:47】 | チャイルド
    【タグ】 インナーチャイルド  自由  
    トラックバック(0) |